人気ブログランキング |
スティーブン・キングの小説は怖くて、

でも、大好きなブラッドベリを思わせる世界感もあって、

長編小説”ダークタワー”も、見逃せなくて、

ついつい怖い怖いと思いながらも、

読んでしまうところがある。

結構昔の短編集で、一人で読んでいたらあまりに怖くて、

後から後悔したくらいの。

友人に話すと「読みたい、貸して!」というので貸したら、

やっぱり読んでる途中で「なんで読んでしまったんだろう!」と

思いっきり後悔した、という短編、「浮き台」。(本当に怖い)

でも、この短編、映画化されたんだけど、

それは非常に不出来なもので、

全く怖くない。

映画を見てから読んだら、きっとあんなに怖いと思わなかっただろう。(笑)

でも、スタンリー・キューブリックが映画化した「シャイニング」は別格。

あの冒頭の俯瞰図から雪山を背景にしたホテルへのシーン、

映画の中のすべてのシーンが美しく、恐ろしい。

原作の小説を読むと、かなりの部分が監督が作り直したものと分かった。

クライマックスの生垣迷路も結末も違う。

これは全く別ものの作品とでも感じるくらい。

だからなのか、キューブリック作品をS・キング氏は酷評だったし、

全く認めていないらしかった。

後にキング自身がメガホンを取って「シャイニング」を”完璧に映画化した”けれど、

なんだろうなあ~~。

なんだかギャグ映画のようにさえ感じる仕上がりになっていた。

作者の思い入れが強すぎて、映像化すると滑稽になってしまうのか、何なのか。。。

そして「ダークタワー」の映画化も、

どんな風に映像化したのか興味があったけど、

あの長編を短くしなきゃいけないんだし、こんなになっちゃったんだね。。。

と残念でしかない。

「ダークタワー」は「アトランティスのこころ」という作品にも出てくる

ちょっと謎な男たちが出てくるので、

どんな表現なんだろうと楽しみにしていたけど、

描き方がごくごく平凡な感じだった。

「アトランティスのこころ」(主演の少年がアントン・イェルチンなの!悲)

も小説は本当に面白くて、やはりブラッドベリの匂いがしていて。

アンソニー・ホプキンスもアントン少年のキャスティングも申し分ないけど、

暗黒からやってきた男たちの描写がねーーー。

原作を読んだものにとっては残念なのよね。


そんなこんなで、最近シャイニングの続編が映画化されるというのを耳にして、

「あー!まだ読んでなかった!」と焦ったのなんの。

映画化されてしまってから原作を読んだら、

配役も場所も背景もすべて映画のまんまになってしまう。

それでは楽に読み進められるだろうけど、あまりにもつまらなくなってしまう。

小説を読む面白さは自分の想像世界の羽ばたきにあるわけだし。。。



そう、その続編というのは、

「シャイニング」で脅威の第六感少年、ダニー君が大人になってからの話し。

大急ぎで「ドクター・スリープ」(分厚い上下巻、しかも一頁2段構え)を

手に入れ、丁度上巻を読み終わったところ。

最初はこんなに分厚いから大変、と怖気ていたけれど、

怖いというよりも圧巻のエンターテイメントで、

ぐいぐい引き込まれて読み進み、あっという間に上巻を読破。

もう下巻はどうなるのか、今からワクワクドキドキ。。。。

やはり巨匠の作品は面白い。

でも、これを映画化するって、また大変だなあ、、、と思う。

どんな風に、どこを切り取るのか、

そういうのが映画監督の腕の見せ所。

是非、楽しませてほしいね。

キングの作品の映画化はアタリはずれが大きいので。。。



そうそう、「砂の惑星」もリメイクするというので、

全巻読破しました。

面白い!

でも、航宙士ギルドや”香料=スパイス”で宇宙を航行する映像表現は

デビッド・リンチ独自のものと分かって、

やっぱりリンチは凄いなあ、と思いました。。。



タグ:
by nazunanet | 2019-09-07 23:08 | art、 music,movie,etc | Comments(0)


28. 神無月(SAT) くもりのち雨


(10月のHPのニッキから。

本の写真を撮ったので、追記としてアップします。)


昨日の神田散策、「竹むら」を出た後、てくてく神保町へ。


いつもの画材屋さんの「文房堂」をワクワクとひやかして、


すずらん通りをそぞろ歩く。。。


奇しくも古書まつりが丁度開催中。


本って並んでるのを眺めるだけで何か幸せな気持ち。


神田古書街は何時間でも遊んでいられる。

 

帰り道すがら、児童書専門店の「みわ書房」も覗いてみる。


童話、絵本好きな私にとっては、ここで何冊もの探しものを見つけて貰ったっけ。


子供時代に読んだ絵本や童話をもう一度読みたくて、


どこにも無いのでいつかは出会えるんじゃないか、と


何度も店に通って探したのも懐かしい。


今ならネット検索が使えるけど、本屋をあてどなく巡るのも無駄なものでもない。


知らなかった本や興味なかったジャンルのものに出会えるチャンスでもあるし。


ネットは目的のものをピンポイントに絞るので、


逆に知らないものはネットでは見つけられない。。。


本棚の片隅に、子供の頃に大事に持ってた「鏡の国のアリス」があった。


クラシカルな挿し絵が美しくて大好きだったなあと懐かしい。

 

挿し絵といえば、


あえて挿し絵を描かなかったという童話


「偉大なワンドゥードゥル 最後のいっぴき」を思い出した。


作者で女優のジュリー・アンドリュース氏が想像力を発揮して貰いたいから


挿し絵は一切入れなかった、という童話。


まさに想像力を発揮させることで冒険が進んで行くお話。


昔、学校で友人が「すごく面白いよ」と貸してくれて、どんなに胸をときめかせて読んだことか。


本は口コミで読みたがっていた何人ものクラスメートの手にわたって、


それぞれが読み終わったあと感想を綴った読書ノートを回しあって、


どんな風に感じたかをワクワクと話し合ったのを覚えてる。


大人になって、「またあの本を読みたい」と思ったとき、どこにも無くて。


やっぱり「みわ書房」で見つけたんだっけ。。。


偉大なワンドゥードル さいごの一匹 童話と詩と読書会の思い出(追記)_d0221430_18101941.jpg

 

当時はクラスメートに限らず他のクラスもまたいで面識の有る無し関わらず、


本や詩、漫画で色んなコたちと繋がってたというか。


ミヒャエル・エンデや五味太郎、谷川俊太郎、寺山修司、中原中也などなど、


どちらかといえば詩人の作品を好んで皆で回し読みしたり、詩を書いて読みあったり。。。


思い返すと懐かしさでいっぱいになる。。。


当時はスマホもタブレットもPCも無かったけど、


便利なものが無い割に、なんかイイ時代だったなあと思う。。。

 

「・・・ワンドゥードゥル」、何度も読んだけど、また読み返したくなってきた。


by nazunanet | 2017-10-29 18:10 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31