いいお天気の日は洗濯日和。

でも、ベランダに出ようとすると、

ひっきりなしにスズメ達がプールにやってくるので、

慌てて部屋に戻る。(笑)

「スズメに遠慮してる。にゃんこ先生にあきれられるよ」とダンナさん。

確かにね。。。

でも、最近は安心してるので、みんな”スズメの行水”じゃない。

たっぷり、ゆっくり浸かってる。

先客のいるところへ大騒ぎで入ってくる、いつものオス。

小さめの若いスズメを水盤の縁へ追いやって、

バッサバッサと羽を広げて、水もバシャバシャと跳ね上げている。

力の差をみせつけているのかな。(笑)

さんざん大騒ぎのコが帰っていくと、

先客の若いスズメがまた静かにゆっくり浸かっている。

そして、洗濯物と洗剤を片手に部屋の奥で待機している私。。。(笑)

これからはこういうのが増えてくるのかな。(嬉)

洗濯をする私に構わずやってきても全然大丈夫なのに。

そういう気持ちは当然野生動物には届かないので仕方がない。

でも、前は洗濯機が注水や脱水で音を立てると慌てて逃げていたけど、

最近は全然動じなくなってきた。

ここに住んでいる人間=私のことも気にしないでくれるといいな。。。

いつも小鳥が肩や手に止まりに来る白雪姫が羨ましいこの頃。


日曜日だけど、今日は針を休ませず。

ちくちく試作が続きます。


[PR]
by nazunanet | 2018-04-22 14:54 | 日々のあれこれ | Comments(0)

昨日は雪が降って、気温も真冬並に逆戻り。


せっかく全ての足場や覆いが完全に取り払われたけど、

植物たちを暖かい室内から雪の降る真冬の気温の中に出してしまったら、


絶対だめになる。。。


で、今日の午後まで表に出すのはストップしておいた。


案の定、午後からよく晴れて気温ぐんぐん上っていく。


天気予報では17~18℃にまでなると言っていたけど、


そこまでは上がらなかったものの完全に春の陽気。


そして、おととい、マンションの外壁のネットが完全に取り払われてすぐに、


早朝、スズメ達が早速様子を見にベランダに舞い降りてきて騒いでいたけど、


まだスズメ温泉用の水盤を用意してなかったもんだから、


ちょっと遊んだだけで帰ってしまった。


その後、水盤を置いておいたけど、


どうだったかな。来てくれたのかな。。。

 

今日はすっかり晴れて心地よい天気の中、


二人で手分けして植物達をベランダに設置したり、水をやったりしていると、


すぐ目の前の木々の中で雀たちが鳴いている声が聴こえてきた。


1月から長いこと工事で作業員の人達がマンションの足場を行き交っていたので、


スズメ達の鳴き声も以前ほど近くで聴こえたりしていなかった。


スズメの警戒心は半端じゃ無い。。。


けれども、すっかり工事も終わって


元通りになったことが彼らにも分かったみたい!


掃除していると、ベランダの柵のすぐ近くを


スズメ達がひゅんひゅんと飛び交い始めた。


上の部屋のベランダに斜めに飛んで上がっていったり、


木からこちらの柵ギリギリに飛んでいったり。


絶対、このベランダをチラ見して行ってるに違いないと思う。(笑)

 

3ヶ月もの間、ネットやビニールで覆われていた状態だったから、


スズメ達や小鳥達が以前のように


水飲みや水浴び場として戻ってきてくれるか不安だった。


きっと温泉再開に気付くまで時間が掛るかな、と思っていたけど、


結構、様子をすぐに見に来たってことは、


スズメ温泉の再開を待ち焦がれてたのかな。(喜)

 

作業を終えて部屋へ入って窓を閉めた途端、


雀が1羽、2羽とベランダへやって来た!


まだ警戒しているみたいで、スズメ温泉の水盤には入ってなかったけど、


柵に止まったり床の端ッこから様子を伺っていたので、


そのうち他の仲間に温泉再開の報告が伝わっていくと思う。

 

また以前のように気軽に遊びに来てくれるといいなあ。


スズメは警戒心が強いから、公園の水飲み場や大勢人のいる場所の噴水や、


水たまりがあっても、ゆったり浸かって遊んでくつろぐなんて出来ないと思う。


スズメの行水という言葉通りに、落ち着きないことといったら。


でも、ここに来るコたちが、通ってくるうちに本当に安心しきって、


ゆっくりとのんびりと水に浸かっているのを見ると、


安心できる場所になって来たんだなと思う。。。


彼らがのんきにキャッキャと遊べる数少ない場所の一つだと思うので、


いつも綺麗な水を準備してあげようと思う。

 

餌はあげてないので、大群がたむろしてるわけじゃないので大丈夫。


せいぜい数羽のスズメ達にとっての穴場のオアシス。。。


彼らもここを利用するのは限られた仲間同士にしているみたい。


やってきた他のスズメをすごい剣幕で追い払ってるのを見たりしたこともあるので、


きっと彼らだけの会員制の温泉なのね。。。

 

でも、小さな渡り鳥たちも来てもいいんだよ。


メジロやウグイスもカモン、カモーーン。


あ、ヒヨドリはスミレをパクパク食べちゃうのでちょっと困るけど。。。


まあ、水を飲み来るのは全然構わないからねーー。


[PR]
by nazunanet | 2018-03-22 21:51 | 日々のあれこれ | Comments(0)
去年の春頃以来、会えなくなってた地域猫。

近所で元気に暮らしてるよと聞いてはいても、

今年の氷点下にもなってた寒い日々を、小屋もなくて如何に暮らしているのかと

時々姿を探しに行くけど、ずっと会えないまま。。。

 

今日、道で”猫のお世話係”のおばさまを見かけたので、

今日は会えるかも!と、頻繁に見かけるという界隈へ行ってみた。

空き地の奥に、真っ黒なまん丸い塊を発見。(喜)

枯れた草地の上に丸くなって寝ているので、

よく見ないと猫だと気づかない。(笑)

d0221430_23403996.jpg

名前を呼ぶと、ちょっと面倒くさそうに(笑)、

でもちゃんと顔を見せてくれた。

これが彼の愛敬のあるところ。本当にナイスな猫。

毛艶も良くて元気そうだった。

良かった、良かった。。。

 

我が家のスズメ温泉は現在閉館中。。。

外壁工事が遅れに遅れて、洗濯もままならない日々が長く続いて。

ネットやビニール、足場に覆われて、

先月からずっと部屋にも日が射さないので、なんだか調子もあがらないのだった。


時折、スズメ達は決死のダイブ(?)で作業員さんらがいるベランダにやってくるけど、

水盤のないのを確認すると、すぐに帰っていく。

「あっ!来てたんだ!」と思って急いで水盤を持っていくけど、

次はなかなか姿を現さない。。。

もうすぐ工事が終わるから、それまで達者で暮らせよー、と独り言。(笑)


工事が終わったら、戻ってきてくれるといいなあ。。。

 

ベランダの野花たちは部屋の中へ避難中。

でも、今年の冬は寒気が酷かったので、氷点下にさらされたら、

いくら強い雑草系のスミレ達といえどもダメになってしまってたかも。

サボテンだって、せいぜい0℃までだろうし。。。

 
d0221430_23405575.jpg

部屋の中に入れていたせいか、スミレやシャムロックたちが本当にたわわに育っている!

すっかり咲いてしまいました。(嬉)

知らない間に、こんなに可憐な姿になってた。。。


d0221430_23410976.jpg


どんどん鉢にすみれの小さな芽が沢山出てきてる。

スミレ、ベビーラッシュです。

可愛いー。


[PR]
by nazunanet | 2018-02-24 23:50 | 日々のあれこれ | Comments(0)
有楽町で小さな可愛いパンダに遭遇。

d0221430_21151689.jpg

あまりに可愛かったので、つい声を掛けて撮らせて貰った。

ワンちゃんはじっとしててくれるから、

懐に入れたままお散歩出来るのは羨ましい。。。

猫はじっとしててくれないから、抱っこしたまま長時間はまず不可能。

前に猫を肩に載せてお散歩している人に遭遇したことがあるけど、

小さい時から、ポケットや懐に入れて

しょっちゅうお散歩していたそうで。

そんな風にしていけば、お散歩猫に育ってくれるのかな。


あと、アンテナショップでの画像を追記。


d0221430_21153743.jpg

有楽町のわしたショップで選んできた沖縄そば。

スタッフさん一押しの「照喜名製麺所」の生麺と、

とんこつ味の沖縄そばだし。


早速夕飯に頂きました。

確かに「照喜名」のそばは美味しかった。

今度からこれにしよう。。。

シークヮサー胡椒はかなり好みの味。

ゆず胡椒やスダチ胡椒も美味しいけど、

酸味とさわやかさと辛みが両方の良いところ取りな感じで◎。

肉料理や魚料理にも、

沖縄そばはもちろん、ラーメン、うどんにも良さそうです。





[PR]
by nazunanet | 2018-02-04 21:38 | food | Comments(0)
今月は街を歩くと、至るところでマンションの外壁工事。

平成の年号が終わってしまうから??

住んでるマンションも工事の足場とネットで覆われて、

ベランダの植木鉢もみんな移動させなくちゃいけなくなった。

裏の通りに出しておいてくださいと管理の方に言われたけど、

スミレの苗やシャムロックの群生など、

小さな野草たちの小さな植木鉢なので、

表に置くのは忍びなく、部屋の中へ全部避難させることに。

小さな鉢は困らないけど、アボカドと巨大なサボテンが。。。

もう部屋の中は大変です。

それと、

水を求めてやってくる小鳥たちのために、

我が家のベランダにいつも置いている水盤。

d0221430_19411095.jpg

d0221430_17402528.jpg


ちっぽけなお皿の水盤だけど、

いつもスズメやヒヨドリや、冬の時期には小さな渡り鳥たちが、

お水を飲みにやってきます。

d0221430_17400036.jpg

でも、植木鉢の緑も無いし、工事の人たちが右往左往しているので、

もうここへは当分やって来ないと思う。。。

それで水盤を引っ込めていたら、

昨日、マンションの最上階のネットの隙間を

下の方の我が家のベランダまで真下へまっ逆さまに

ダイブしてきたスズメがいた。

チュン、とベランダの柵に留まって、

一瞬水場がないのを見て、

すぐさま真上に上昇して飛んでいってしまった。。。

ごめんね。

もう遅いかもしれないけど、水盤にお水を入れて置いておいたよ。。。

スズメ温泉、開店休業状態だけど、

工事が終わったら、またおいでね。

毎日、綺麗なお水を用意しておくからね。


[PR]
by nazunanet | 2018-01-27 19:35 | 日々のあれこれ | Comments(0)
マンションの裏で飼われてた地域ネコ、自由猫。

悠々と近辺を散策し、

界隈の人から大事にされ、

でも、去年マンションの管理人と管理会社から追い出されてしまった。

猫小屋を撤去されたあとも、その場所に香箱座りしていたけど、

梅雨を迎えて、雨の夏になり、もうどこにも見かけなくなってしまっていた。

ずっと気になってあちこちの居そうな場所を探したりしたけど

会えないまま、年が明け。。。

おととい、道で偶然お世話係の方に遭遇。

「あっ!」と声を掛け、(名前も知らない)

向こうも、「あっ」と気が付いて。

猫は元気ですよ、との笑顔にホッとする。

まん丸になってますよ。さっきも様子を見てきたの、と。。。

今、行けばまだ寝てるかも、と言うので隠れ場所へ行ってみたけど、

もういなかった。

会えなかったけど、元気なんだったらほんとに安心した。


この辺は空き地も無くなって、

庭付きの一軒家や、緑の多い小道が無くなって

高層マンションやビルが建ち並んできたけれど、

猫も、犬も、ねずみも、

スズメも鳩も、カラスも、

ハクビシンだって(近所にいる!)住んでいる。。。

みんな都会に暮す生き物たち。。。



私が子供だった頃、

空き地や河原には野犬が普通に暮らしてた。

追いかけられもしたけど、

ちょっかい掛けなければ、子供らとも共存して(笑)、

時々、生まれたての子犬を見つけて抱き上げたりして、

激怒した親犬に死ぬほど追い回されたり。

(あんなに怖い思いをしたのは無かったなあ。。。)

日が落ちてから、公園や河原、もしくは校庭で遊んでると、

野犬が来るから早く帰った方がいい、なんて。。。

(学校の体育館裏にも住んでいたっけ・・・)

いまのようなクリーンで、

どこもかしこも除菌で整えられた世の中とは大違いな、

ものすごくアバウトな時代。。。(笑)

今は首輪のない犬、

登録されてない犬、飼い主と一緒じゃない犬は、

一匹だっていない。

そんな犬がもしいたとしたら、

彼らにとって、とってもコワイ場所へ連れていかれてしまう。


10年くらい前までは、猫も近所の公園にいっぱいいたけど、

今は殆ど見かけない。

地域猫や自由猫のことは人それぞれ色々意見もあるから、

なんとも言えないけど。。。


でも、人間だけの土地なわけじゃない。。。

地球は人間だけのものじゃないから。

森や川や海の恵みだって、

人間だけのものじゃない。。。

でも、殆どのものを人間だけが独り占めしている。



地球は色んな種族が暮してる場所。

だからこそ、人間も生きていけるんだと思う。

大きな話しになっちゃったけど。。。(笑)



大事にしたいね、小さな生き物たちのこと。。。




[PR]
by nazunanet | 2018-01-19 01:49 | | Comments(0)

15日は小豆粥

餅入り小豆粥。

d0221430_23254335.jpg

そう、今日は15日。今日でお正月はおしまい。。。

ささっと食事を終えたら、祐天寺へ用事で出かける。

 

以前訪れたのは、もう随分むかし。。。

駅が新築されて、駅前もかなり様変わりしていたので驚きつつも。

駅前の商店街を歩いていると、やたらに目につく不動産屋さん。

中目黒、代官山、恵比寿にも近いし、人気の場所になっているのかも。。。

 

てくてく歩きながら家路に着く途中、

以前関西のうどん屋さんがあった場所が魚屋さんになっていた。

新鮮なお魚をその場で切り分けてくれたり、瀬戸内の小魚も新鮮なものが揃っている。

今日のおすすめはサメの切り身!

そういえば、サメは白身でクセもなく、煮込むとトロトロになったりするので美味しい食材。

早速購入。

カレイと一緒に煮付けると相乗効果でどっちもトロトロになって旨味最高なんだけど。。。

と、見るとカレイが一切れ千円以上もしたので、今日はやめておこう。(笑)

サメは味が淡白でもあるのでしっかり下味をつけてから調理するのがいい、と魚屋のおにいさんが教えてくれた。

 

目黒川沿いを歩く。

小さな鳥たちが群れて鳴いている。

d0221430_23260613.jpg

雀のように見えるけど、あれは渡り鳥。

くちばしがちょっとオレンジっぽいような。何と言う名前なのかな。。。(調べなきゃ)

冬になると、都会のあちこちに小さな渡り鳥を見かける。

それも季節の楽しみ。


d0221430_23261913.jpg

水鳥たちが休憩中。

大きな白サギもいたけど、写真に撮れなかった。。。

船着き場跡地からもう少し下流にいったところで、

河川の川床を修復する工事をやっていて、

この寒さの中、ダイバーの方が水中に潜って、

クレーンで釣り下げられていく大量の石を川底に沈める作業が行なわれていて、

つい唖然と見入ってしまった。。。

大変な作業だなあ。。。

 

のんびりと見慣れた風景の道を歩いて帰る。


d0221430_23262911.jpg

桜の蕾みは固く、固く綴じられてるね。

花の季節はまだまだ先。。。

 

今日はサメのトマト煮込みパスタ。


d0221430_23280293.jpg
追記;翌日の晩ごはんはサメの竜田揚げ、白ごまソース掛け。

d0221430_23281656.jpg

醤油ニンニクベースの下味でカラっと揚げたのが美味しい。

白身でジューシーな肉質なので何にでも合う感じ。

美味美味。。。



[PR]
by nazunanet | 2018-01-16 23:24 | 日々のあれこれ | Comments(0)
一年の最後に氏神さまへお札を返しに。

普段は静かな境内も、

元旦には初詣客で大賑わいになる。

d0221430_00192158.jpg

お正月用のお花を買いに、

猫店長のいるお花屋さんへ。。。

遠目で見たとき、大きい犬がいるなあと思って近寄ると、

d0221430_00185435.jpg
こんなに小さなお馬さん。

ミニチュアホースという種類。

20キロまでのお子さんなら乗せてくれるんだそう。。。

花屋の猫店長は奥の猫ベッドでいつものごとく就寝中というので、

撫でさせて貰いにいく。。。

ぐっすり眠っていて、ぐわーーーっと撫でてもビクともしない。

「こんなに寝てるなんて珍しいわ」と女将さん。

結局可愛いお顔が見れなかったけど、思いっきり触れたので良しとしよう。。。

起きてるときは強引に撫でると嫌がられるし。(笑)


さっきのお馬さんは、毎日朝夕にお花屋さんに立ち寄って、

花屋のおにいさんから、ニンジンや野菜のおやつを貰ってるんだそうで。

農家の人から毎日お馬さん用の野菜を頂いてくるんだって。

本当に仲が良くて、可愛かった。。。

お馬さんはこの界隈では有名なペットショップの看板馬。

ふてにゃんも所属の、スターアニマルがいっぱいいるところ。。。。



[PR]
by nazunanet | 2018-01-05 00:35 | 旅と街歩き | Comments(0)

猫の手、猫の足


d0221430_16423544.jpg
にゃんこ先生はマンション飼いの猫だったので、

木に登ったり、土やアスファルトの地面を一度も歩いたことがない足。。。

実家の猫たちは庭のある一軒家で近所に空き地もあるので、

半野良状態で、木に登るは近所にパトロールへ毎日出かけていたから、

猫の手足の大きさがにゃんこ先生とは全く比べものにならないくらい、

ガッチリ大きく、爪も鋭い。。。

にゃんこ先生の肉球は、

駄菓子屋で売ってる箱に入った「桜もち」のような小さい桃色の。。。


そんなにゃんこ先生の足は、よく寝ている私を踏む。(笑)

絶対、引っかかるハズがないのに、私の布団を跳んでまたぐとき、

「おっと、失敗」てな感じで、私の脇腹に着地する。

横で川の地で寝ているときも、

う~んと寝返りして伸びをしながら私の顔にグイと足をかける。

一度、ダンナさんと寝る場所を交代したことがあった。

クーラーの風が寒いので場所を代わって貰った時、

にゃんこ先生は寝床にいそいそやってきて、

いつものようにムギュっと踏んでった。(爆)

「こら!」とダンナさんが言う前に、

にゃんこ先生のハッとした息遣いが、

「あっ、しまった!間違えた!」という感じだったと、

やっぱりちゃんと相手を見て踏んでいるね、ってダンナさんが笑う。

なんでなのだー、と私は泣き笑い。
d0221430_17180377.jpg
猫下僕すぎると、あまりにご無体な態度にも出られるけれど、

落ち込んでるときはそっとそばにきて、

ちょんと尻尾を当てたり、背中に寄り添ってくれる、まさににゃんこ先生だった。

猫はクールで冷たいというけど、

本当に心優しく暖かいことは猫と暮らしたことのある人なら分かる。

飼い主である人間の、日々の暮らしの中の隙間にすっぽりとフィットして、

自分で独自の生活のリズムや楽しみを見出す、

本当にスマートで精神的に成熟した大人のシェアパートナーだなと思う。

d0221430_16425783.jpg
猫のお狐さま座り。
d0221430_16441113.jpg

猫ってなんでこんなに立ち姿も座り姿も美しいんでしょうか。

d0221430_16431546.jpg
有名な日本画の猫が、にゃんこ先生にそっくり。。。(猫親馬鹿ですかね)


[PR]
by nazunanet | 2017-08-13 17:21 | | Comments(0)

地域猫のクロ猫が最近とんと姿を見せなくなった。

お世話されている人も、

以前はしょっちゅう通りで見かけていたのに

この頃は全く遭遇しない。


夜、クロ猫がいつもいた場所に、時々違う猫が大の字で寝そべっている。

黒地に白い模様の若い猫。遠目で見るとクロ猫にそっくりなんだけど、

クロ猫と違って全く警戒する素振りがないので、どこかの飼い猫のよう。

夜の寝場所としてクロ猫のお気に入りのスペースに、

これ見よがしに仰向けに寝転がってゴロゴロとくつろいでいる。

「あれはワザとだな。。。」とダンナさんが言う。

前はそこへクロ猫が戻ってきて一悶着あるのを

二人でこっそり笑っていたりしてたんだけど、

クロ猫は戻ってこない。

暑いからどこか涼しいところを見つけたのかもしれない。

お世話の人が「昼間は静かな場所でお昼寝している」と言っていたっけ。。。

いつも無事を確認していた猫がいなくなると、ちょっぴり寂しい。

(母屋のHPのニッキ7月26日より)



街歩きすると、あちらこちらで猫に出会う。

慣れている猫に出会ったら、大抵いつも撫でさせてもらう。

大丈夫かどうか、ご機嫌を伺いながらなので、

猫パンチされることは殆どないけど、

にゃんこ先生にはご機嫌伺いもなく、

しょっちゅうベタベタしていたので結構嫌がられていたなあ。。。

思春期の娘が妙に近寄ってくる父親を嫌がるような感じ、といったらいいのか。(笑)


過去に街歩きして、出会った猫たちをご紹介。

浅草ロック裏の蛇骨湯近くの喫茶「アロマ」の前でくつろいでいた猫。

d0221430_16035582.jpg
下町猫の貫禄あり、やさぐれ感あり、でも人懐っこいメス猫さん。
近所の人たちに可愛がられていた模様。今も元気かな。。。

お次は、
神田明神下の風情ある通りにある、
ふぐ料理屋さん『左々舎』の看板猫の三毛猫さん。
d0221430_16041344.jpg
もう8年前になるのかな。
神田明神のお祭りを見に行った帰り、
通りかかったお店の前に、鉢巻き姿の三毛猫さん、可愛かったなあ。


お次は同じく東京下町、根津の街角で。
d0221430_16044381.jpg
丁度、通りの四つ角にお狐座りで佇む猫。

静かな街角で撮った一枚、といった感じだけど、

実際は猫の周りには観光客が沢山いた。。。

写真を撮っていたら通りをゆく人々が、

「猫よ、猫!」と我も我もと写真を撮り始めたというのに、

この落ち着きようといったら。。。

禅の境地。まさに長谷部主将のごとく心を整えておられます。

流石、観光地の猫は違う。。。


街歩きで出会った猫、追記です。

日比谷線神谷町駅にある愛宕神社。

急こう配の階段で有名な。
d0221430_00172154.jpg
出世の階段と呼ばれています。

江戸時代、馬に乗って上まで駆け上がったというツワモノの逸話から。。。

d0221430_00175101.jpg
ワイドパンツで上ったので、途中でけつまづいてしまって危なかった。。。

上から見下ろすと、おしりがムズムズします。
d0221430_00181295.jpg
出世のご利益もあるというからパワースポットとしても有名なんだそうで。

ここの神社に行ったとき、なんとも綺麗な猫がいました。
d0221430_00183497.jpg
すごく人懐こくて、綺麗な白猫さん。

神社の看板猫なんでしょうか。


そういえば、有名作家の藤城清治さんちの猫たちも。。。

d0221430_16075119.jpg
6年前に藤城清治さんの自宅アトリエで作品展があって、

飼い猫やペットたちがお客さんを迎えてくれたんだけど、

全く動じず、騒がず、ゆったりくつろいでいて驚くばかりだった。

d0221430_16053716.jpg
でものんびり寝ている猫たちを、

ゲージの柵ごしにお客さんたちがあまりにも触るので、

猫も藤代さんもちょっと迷惑そうな感じで困ってたっけ。。。(苦笑)
d0221430_16055736.jpg
アトリエの入り口(玄関)入ってすぐに、鳥かごの中のフクロウと、

台の上に籠もなくそのまま置かれたワライカワセミ。
d0221430_16061617.jpg
人数制限で中に入るまで、お客は玄関でずっと立って待っていた。

わたしはカワセミのすぐそばに立っていたので、

結構まじまじと眺めていた。

他の動物たちは籠に入れられているし、

カワセミは鳥籠もなくむき出しのままなので

カワセミは死んじゃって剥製になったのかしら、などと誰でも思うわけで。。。


そしたら突然羽をバサバサっと動かして身づくろいをしたので、

そこにいた全員、私も含めて飛び上がらんばかりに驚いた。

かなりの長い時間、全く身動きもしなかったので、

至近距離にいた私でさえ生きているとは思わなかった。

誰も思ってなかったに違いない。あんなに皆で驚いたんだもの。


それにしても、ワライカワセミがあんなに大人しくて可愛らしいなんて。

他にも、大型犬や沢山の猫や動物たちがアトリエに住んでいて、

皆、藤城さんの作品の中でも生き生きと遊んでいる。

またあのワライカワセミに会いたいなあ。。。





[PR]
by nazunanet | 2017-08-01 17:50 | | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31