人気ブログランキング |

タグ:製作ニッキ ( 188 ) タグの人気記事

藍染めという美しいもの

藍染め木綿の上質な布。

藍の色が深く濃く、木綿の厚みも豊か。

なかなか現代の布では探せないもの。

どれほど流行り廃りが繰り返されても、

この美しさは不変。

時代を超えて残っていくものが、日本の藍染め。

音楽で言えば、

華やかなメロディが色やテキスタイルデザインだとしたら、

藍染めはドラムスやベースにあたるもの。

古代から現代までずっと紡がれていっている布の歴史の中に、

これがずっとベースにある。

殆どの先進国は古来からの布作りをやめてしまっているところも少なくないのに、

日本やインドやアジアはずっと古代からのものづくりが続いている。

これほどの科学技術が発展して大都市を保有する日本が、

布に限らず古代からの製法にこだわるものづくりを続けているのは、

本当に素晴らしいな、と思う。

その藍染めの良さ、素晴らしさがもっと広がっていけばいいなと思う。。。

でも、あんまり流行ってしまうのも。。。

価値を知っていて、大事にされる方に届けたいから、

流行り廃りの波に藍染めは乗せたくない、というのが本当の気持ち。

薺 nazunaのような小さなものづくりをしているところには、

上質な布が回ってこなくなっちゃうのも困るね。。。(笑)






by nazunanet | 2020-01-17 12:41 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)

布合わせと留め具作り

新年仕事始め。

布と布を合わせて、

作っていくものを決める。

使うのはやっぱり昔布。

木綿だったり、麻だったり、絹だったり。

古布で作るアイテムと、

リネンやコットンで作るアイテム。

どれも手触りの良いものばかり。


木彫りの作業も合間に続ける。

彫刻刀で彫る作業は布を縫うのとはまた違って楽しい。

山桜を彫る。

彫って磨いていく作業がまた楽しい。

今年もどんなアイテムが出来上がるか、

自分自身も今からワクワクしているところ。。。



完成しましたら、おしなものとIICHIへアップします。




by nazunanet | 2020-01-09 18:37 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)
旧年中は大変お世話になりました。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。


新年あけましておめでとうございます_d0221430_16285937.jpg




令和二年ということで、

令和の実感がまだまだ湧かない私ですが、

今年は2020年、東京五輪も開催される年なので、

賑わいのある年になりそうです。


何はなくとも、

平和で安心して過ごせる良き年となりますように。。。








by nazunanet | 2020-01-06 11:26 | おしらせ | Comments(0)

平成から令和元年に変わった2019年もあと一日になりました。

今年も沢山のご贔屓頂きまして有難うございました。

来年2020年春に15年目になります。

15年も続けてこれたのは皆々様の御蔭です。

本当に有難うございます。

またこれからも薺nazunaをどうぞ宜しくお願いいたします。

よいお年をお迎えください。


薺 nazuna


12/31~1/5までメールでの返信、配送業務はお休みになります。
HPとIICHIの受注メールは受け付けておりますが、
お返事と発送は6日からになります。
どうぞ宜しくお願いいたします。


今年も一年有難うございました!_d0221430_20493700.jpg



by nazunanet | 2019-12-30 20:50 | おしらせ | Comments(0)

年末年始のお知らせです

年末年始のお知らせです。

12月31日から1月5日までお休みになります。

 

おしなものの発送は30日の午前中にご入金が確認出来た分は、

30日の最終発送になります。

それ以降は、1月6日からの受付になります。

メールでのお問い合わせなども30日を過ぎますと、年明け6日からになります。


どうぞ宜しくお願いいたします。


年末年始のお知らせです_d0221430_22511810.jpg

by nazunanet | 2019-12-26 22:51 | おしらせ | Comments(0)

年末年始のお知らせです

年末年始のお知らせです。

12月31日から1月5日までお休みになります。

 

おしなものの発送は30日の午前中にご入金が確認出来た分は、

30日の最終発送になります。

それ以降は、1月6日からの受付になります。

メールでのお問い合わせなども30日を過ぎますと、年明け6日からになります。


どうぞ宜しくお願いいたします。


年末年始のお知らせです_d0221430_02050353.jpg

年末年始のお知らせです_d0221430_02061174.jpg




by nazunanet | 2019-12-24 02:07 | おしらせ | Comments(0)
暖かかったり、寒くなったりで、

こういう気温の上下動が激しいと、

体内の様々な器官が温度差に対応しようとして、

自分で思っている以上に体力を使うのだそうです。

疲労感や倦怠感、眠気や痛みなどでサインを出しているみたい。

体力を奪われると免疫力も下がってしまうので気をつけなくちゃ。


ここ数年、とても用心しているのに、

毎年のように流行りのインフルに当たって(?)しまうので、

本当に自分に言い聞かせています。

大勢の人が集まるところはマスクしたり、外出時も手洗いしたりと

注意してるんだけど。。。

インフルのタイプで罹りにくいのと、罹りやすいのがあるみたい。

人それぞれ、きっとインフルの相性が合う合わないってあるのかも。

合っても全然嬉しくはないですが。

私はどうやらA型タイプのインフルが合ってしまうみたい。

A型インフル、かなりの威力でダメージがきます。

もう寝込みたくないので気をつけようと思います。。。



すっかり冬になってきました。_d0221430_03154327.jpg



昨日、IICHIのショップの方へ新しいアイテムをアップしました。

2.5mm厚のオイルレザーを手縫いしたショルダーバッグです。

一見、シンプルなリネンのバッグに見えても、

アンティークの金具が他にはない印象のものです。

そして、薺 nazunaのトレードマークの山桜の留め具がアクセントに。

冬にリネンヘンプ?と思う方もおられるかもしれませんが、

もはや、今はリネンやヘンプは通年のアイテムになりました。

白や生成りの冬のコーディネートに合わせると素敵ですし、

ラフに軽やかに出かけたい街散策のバッグにも丁度いいですよ。。。


おしなものの更新、

いつもは薺nazunaのHPの更新が先だったりするのですが、

丁度IICHIがクリスマスキャンペーン開催中ということで、

先に、IICHIのショップへアップしてみました。

以前に出品した作品も、画像をリニューアルして分かりやすくしましたので、

是非、チェックしてみてください。

そして、

只今、薺nazunaのHPの方へもアップするために更新作業中です。

HPの方にも日々のあれこれを綴ったnazunaニッキや、

アンティークや古道具を扱ったショップもあるので、

是非、また覗いてみてください。

IICHIのショップには出品していないものもあったりします。


薺nazunaのHPではメールでのご注文をお受けしたあとに、

送料を含めた合計金額をお知らせするのですが、

IICHIではご注文と同時にお支払いまで一度に決済なので、

同時に二つのサイトで販売してはいますが、

売り切れてしまうこともあります。

その際はどうぞご容赦下さいませ。。。



IICHIは決済方法が色々選べるショッピングカートや

キャンペーンなどの特典もご利用できるので便利です。。。

またHPの方はというと、

アナログですがメールでのやりとりなので、

発送方法や支払い期限や、オーダーなど様々にご相談に応じられますし、

ゆるゆるとしたお買い物ができます。。。


少しずつの更新ですが、

また順次アップしていきますので、どうぞ宜しくお願いします。



by nazunanet | 2019-12-19 18:41 | おしらせ | Comments(0)

ありがとうございます

新作の小物入れのお品二つ、

干支と吉祥紋の前飾り。。。

ありがとうございます_d0221430_03330177.jpg


ありがとうございます_d0221430_14170300.jpg


福ねずみと波うさぎ、

めでたく、どちらもお嫁入となりました。

ありがとうございました。


感謝!





by nazunanet | 2019-12-14 23:15 | 小物入れ | Comments(0)
来年の干支にちなんで、

ねずみの留め具を彫りました。

福ねずみと縞の大麻布の小物入れ_d0221430_18253567.jpg


ねずみもうさぎと同様に、多産の繁栄の吉祥紋です。

令和二年の干支と吉祥のモチーフなので、「福ねずみ」としました。

おおあさで手織りし、縞を型染した大麻布。

内布には、やはり干支の柄が染められた木綿の布。

ユーモラスなデザインが素敵な布なのです。


福ねずみと縞の大麻布の小物入れ_d0221430_18255178.jpg


現代の華やかで派手な色の取り合わせのものとは違って、

一見すると地味に思われる色合い。



福ねずみと縞の大麻布の小物入れ_d0221430_21092480.jpg


でもそれは化学染料ではなく、

天然の藍染めや草木染めで染められた着物に、

しっくりとくるように選ばれた柔らかな色合いだからです。

本当は日本人の肌の色には、こうした繊細な色のグラデーションや、

藍や草木染めの柔らかな色が品良く似合うのだと思うのです。



江戸時代の染め見本には、

一見すると同じ色に見えるほど微妙な色の違いにも、

全てに粋な名前がつけてあって、

ことに、贅沢華美を禁じられた時期に、

ねずみ色や茶、藍や黒しか着用を許されなかった庶民らが、

許された色の中でのお洒落を競うように、

数えきれないほどの美しい”質素な”色を生み出したとされます。

今でも日本の色辞典でその一部を見ることができます。

それほど、昔の日本人は微妙なまでの色の違いを見分けられるほどの

繊細な美学を持っていたのだろうと感心してしまいます。


そんな江戸のお洒落は、表は地味な色の着物でも、

長襦袢や肌襦袢をめいっぱい派手にしてお洒落を楽しんだのだそう。

それが”江戸の粋”、と言われるものなのでしょうか。。。



薺nazunaは、生まれ育ちは”派手の大阪”ですが、

好みは長年暮している東京好み、まさに江戸好みです。

なので、薺nazunaの商品の見た目は一見地味かもしれないですね。

見るヒトが見れば細部が凝っている、

珍しい布で作られている、

そんな”粋”な合わせが大好きです。。。



福ねずみと縞の大麻布の小物入れ_d0221430_18260600.jpg

小物入れのかぶせには、出雲の山で間伐採された山桜を手彫りした前飾りを。

何十年も乾燥されたものを留め具の材として使っています。

材から糸鋸で切り分け、彫刻刀の平刀で彫っています。

機械は使わず、全部手仕事で作りあげるのが薺nazunaの信条です。


福ねずみの小物入れはスッキリとした布合わせなので、

男性も女性もお使いになれます。

札入れにもよし、

お守りた数珠入れ、お年玉やご祝儀入れに、

また、革紐を取り外せば、お茶席の際の懐紙入れにも素敵です。

(お茶席などでは革紐の先の留め具が、お道具に当たってしまうかもしれないので、 お外しになってお使い下さい)


薺nazunaのHP、またはIICHIで扱っております。

IICHIはクリスマスキャンペーンのお買物券プレゼント企画が開催中です。

是非、チェックしてみてください。


by nazunanet | 2019-12-14 21:26 | 小物入れ | Comments(0)
新しいお品を薺nazunaにアップしております。


波うさぎと珊瑚の小物入れ_d0221430_14170300.jpg


波うさぎと珊瑚の小物入れ_d0221430_14193698.jpg


波うさぎと珊瑚の小物入れ_d0221430_14171664.jpg


「波うさぎ」は、古来から日本人に好まれてきた吉祥の紋様です。


「波うさぎ」は、醍醐天皇の時代の演目の能の謡曲「竹生島」から生まれたと


伝えられています。

  

「緑樹影沈んで魚木に登る気色あり 


月海上に浮かんでは兎も波を奔(はし)るか 


面白の島の景色や」


     ~醍醐天皇の臣下が琵琶湖の竹生島へ弁財天を詣でるためにやって来ます。

      湖畔で出会った老漁師と若い女が乗る釣り舟に乗せてもらい、

      くだんの歌は、その舟から見えた景色を詠んだものです。

      若い女は弁財天の化身、老人は龍神の化身という、吉祥尽くしの演目です。~

 

「波うさぎ」の紋様は、そのめでたさにあやかろうと古来から愛されてきたモチーフです。


「うさぎ」は多産で繁栄を意味して、「波」などの水に関わるモチーフは火伏せの紋様。


内布には、ぴょんぴょん跳ねるウサギに掛けて、


テニスのラケットの模様が並ぶ藍らしい昔木綿を。


仕切りポケットにはなでしこ紋の藍の型染め布、


前ポケットにはおもちゃ尽くしの華やかな絹布を合わせました。


かぶせを開けると、弁天様をイメージして、


珊瑚と珊瑚玉の飾りが眼を喜ばせてくれるように配しました。


令和元年から令和二年へ、


新年のお祝いにふさわしいお品が完成したように思います。


IICHIのショップにもアップしました。


クリスマスキャンペーンのサービスもございます。


お時間ございましたら、是非、お越しくださいませ。



薺 nazuna




 



by nazunanet | 2019-12-14 14:23 | 小物入れ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31