人気ブログランキング |

タグ:製作ニッキ ( 174 ) タグの人気記事

明治に織られた柔らかな型染布に出会った。

「もう古くて良いものはなかなか出てこなくなりました」と

お店の方はおっしゃる。

残そうと思わなければ、あっという間に無くなってしまうものだけど、

少しでも、手から手へと繋いでいけるように、

無駄にしないよう、心ある物づくりをしていきたい。。。




機械で紡績した糸と、

ゆっくりと手で紡いだ糸はやっぱりふわふわ感が違う。

機械で紡いだものは、

やっぱり繊維の毛羽が削られたように無くなっていて、

その分、細く均等な糸なんだけど、

布になったときの柔らかさが全然違う。

明治の古い布が新しい布に比べて、

綿花を摘み取ったままのような柔らかさなのは、

それが手で紡いだ糸のみで手織りされたものだからだと思う。

そういう希少な布は日常使いの袋ものには向かないけれど、

でも、こうした布はなかなか出会える機会がないので、

手に取って楽しんで貰いたいと思う。。。

布の感触や染め色で目も楽しめて、

心和むものが出来たら、と思います。



by nazunanet | 2019-11-19 01:51 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)
洗いざらしも心地良いし、

水をくぐらせていくと布の風合いも良くなって、

と、言っていますが、

でも、やっぱり、

洗剤を使って洗濯機で洗うと、どうしても傷むのです。。。

ドライモードといえども、

回転洗いの際や脱水のときなどに、

洗濯槽の内壁に当たって傷んでくるのだと思うのです。

なので、お洗濯の回数をなるべく減らすのが

一番長持ちする秘訣、ではあるのですが。。。

シャツや肌着などは毎日のように洗濯するのは当然だし。。。

汚れがそれほどなければ重曹を使ったり、

襟や袖口など部分的に石鹸で手で洗ってから、全体を洗ったり。

そういうのがいいのかもしれないなあと思います。


ウールも使っていると毛玉が出来てしまって気になったりするけれど、

だからといって、出来た毛玉をカットしてばかりいると、

どんどん生地やニットが痩せていってしまうので、

それよりかは、洋服ブラシでブラッシングをするだけでからまりが取れるので、

その方がいいなあと思います。

白い馬毛のブラシがウールや純毛ニットに良いと言われたけれど、

結構高価なものなので、小さめの旅行用のサイズを試しに買ってみたけれど、

やっぱりブラッシングすると、ウールは革と同じで元気になる感じがします。


こういうのを書いていると、すごくキッチリした暮らしをしていると

思われてしまいそうでコワイですが。。。(笑)


薺nazunaで作っているものをご覧になっている方には、

結構すべてにキッチリと完璧主義なのでは、と言われたりすることがあるのですが、

全然、全然です。。。(笑)

基本、制作作業以外は、おおざっぱな性格なので、

布の洗いや手入れも、

不器用な自分が試してみて、

ちゃんと続けていけることだけをお伝えできればと思っています。



布でも何でも奥が深くて分からないことだらけです。

色々教わったことを試してみると、本当だなあと感心ばかりしているワタシです。

薺nazunaの製品をお求めくださった方々や、

私も含めて布を大好きなヒトたちが、

長く楽しんで愛用できればいいなと、

ちょっとずつ自分で実践して納得したものだけを、

ニッキに記していきたいなと思います。



by nazunanet | 2019-11-14 20:29 | 布のこと | Comments(0)
久しぶりのおしなものの更新でしたが、

お越し頂きまして本当に有難うございます。

意図してスローペースで制作しているわけではないのですが、

もともとが少しずつのところにきて、

なんだか私事のハプニングがあって、

長いブランクのあと、やっとおしなものを完成させたところでした。

本当に有難うございます。


この数年、色々なことがあって、

思うように制作できなかったりすると、

これを果たして続けていていいのだろうか、

と思ったりもしてしまいますが、

またこれからも頑張ろう、と思いました。

有難うございます!


来年、東京オリンピックの年、2020年でオープン15周年になります。

長きに渡って薺nazunaを応援下さるお客様、

このブログで出会った皆さまや、

iichiに出店したことで初めて出会ったお客様へ、

これからも、心和むもの、心嬉しくなるものをお届けできますように、

また精進してまいります。

どうぞ今後とも薺nazunaをよろしくお願い致します。


感謝

なずな









by nazunanet | 2019-10-17 16:07 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)

樹と革と布と

布のアイテムを制作しているけれど、

木彫は切り離せない。

元は木彫がやってみたくて、始めた物づくりなので、

薺nazunaに木彫は無くてはならないものになりました。。。

それで小物入れや袋ものには、

木彫りした前飾りや留め具がついているのです。

d0221430_00562259.jpg


「樹と革と布と」という名前の小物入れ。

戦前の日本で作られていた生成の木綿布で仕立てたもの。

今のコットンに比べると、肉厚で木綿の繊維が豊かでフワフワしている。

織りや染めの凝ったものよりも、

こういう何でもない平織の昔の布にどうしても惹かれてしまう。


d0221430_00564790.jpg

この布に、ひたすら針と糸で施したカンタ刺繍。

内側は京都の青土さんが中国の工房で制作された大麻布と、

ポケットにはイタリアの大麻布。

生成尽くしの小物入れ。


汚れるから、と生成や白は敬遠されるそうだけど、

私は古布やアンティ―ク布も生成や白が好き。

古びた白を先人が一生懸命白く晒そうとした手間のあとや、

植物の繊維そのものの色がとても惹かれてしまう。

そして、樹のそのものの色を布に合わせるのが好きだなと思う。


d0221430_00570252.jpg



さあ、何を仕舞いましょうか。

それを考えるのが、また楽しいのです。

これは何に使うものなのか、どういうものに役立てるのか、なんて。

役に立つもの、機能性のあるものばかりも大事だけど、

特に、無くても、

なんとなく、このカタチが好きなので・・・

というのが、自分にとってはすごく大事だったりすることもあるのです。

何でもないものなのに、

手に取ったときに、なんだかホッと和むもの、

ちょっと嬉しい気持ちになるもの、

そういうものに、心惹かれるのです。



・・・・そういえば、


昨日、山崩れのことで専門家の談として話しているのを小耳に挟んだ。

日本の林業が衰退しているから山が崩れていく、と。。。

それを防ぐための林業なんだ、

というような話しだったけど、

でも、どうなんだろう。。。

まっすぐに伸びて、早く生育する杉の木ばかりを

植えてしまったこともあるのでは。

山の杉の木の根が岩肌の上の薄い表土しか這わなくて、

手入れもされずに伸び放題になって、

水を抱えきれずに山崩れが起こる。。。

近年、ずっと言われてきたのは、

太古の昔から山や森を作ってた広葉樹が無くなったからとか。。。

岩の隙間や割れたところに芽を出し、根をのばす、

広葉樹たちがいなくなったのもあるのだそう。。。

その中でも、

橅(ぶな)という木はその名の通り、

「木では無い」と言われ、

幹は不格好に曲がって、生育も遅くて、

製材できずに何の役にも立たない、薪にしかならないと言われて、

「橅」という名前をつけられたって聞いた。

同じような理由で沢山の橅の森が世界中から無くなって、

日本の秋田の辺りや、ヨーロッパでも

ほんのわずかの場所しか残っていないんだそう。


でも、その木では無いと蔑まれた木が、

山の水を守っているというのが、現代になってから分かったこと。

人間の都合で”役に立たない”と言われたものが、

本当は山を動物を水を、里の人の命を守ってくれてたんだな、と思う。

都合のいいもの、役に立つかどうかだけの物差しで見ていると、

大事なものがどんどん失われていくのだな、と思った。。。



それとはまったく関係ないんだけれど、

用途のないものの用途があってもいいよね、

と思ったりもします。。。(笑)








by nazunanet | 2019-10-17 01:34 | 小物入れ | Comments(0)
新しいアイテムが完成しました。

近々、おしなものへアップします。

また、最近参加していますiichiの薺 nazunaのshopへも

沢山来て下さってありがとうございます。

こちらの方へもアップします。



by nazunanet | 2019-10-08 12:32 | おしらせ | Comments(0)

革を縫う

文房具、筆記用具大好きの私としては、

ノートや芯ホルダーや鉛筆など筆記用具を持ち歩きたいけど、

なかなかピッタリのものを持っていなかった。

ポーチタイプのペンケースだと、

ペンを探すのにガチャガチャと音が出るので、

図書館や静かな場所には不向きだし、

自宅でも、箱に入った鉛筆などを選ぶときにカラカラと立てる音を

家人が気になったりもするみたいで。。。

そういう時など巻物タイプのペンケースだと

一目瞭然だし便利だなあ、とかねてから思っていた。

ちょっと作ってみようかなと、革の端材を棚から出してきた。

端っこの革なのでアイテムには使えないけど、

どんな小さな革も捨てたくはない。

ボタンや留め具を取り付ける際の補強にもなるし、

自家用で使う道具類のケースや小物を作るときに使っている。

以前アイテム制作のときに寸法を間違って失敗した革を取ってあった。

縫い目に開けた穴などがあるけれど、使えるところもありそうだ。

最近、そんな革を使って、自家用のものを縫ったりしている。

というのも、革を縫うときは両手を同じように動かして縫うので、

布を縫う時のように左手をホールドしないで済む。

このホールドする手首の角度や力の入れ具合がどうにも激痛になってしまう。

それならと革を縫ってみたところ、まずまずの感触だったので、

今回はペンケースを試作してみた。


芯ホルダーやシャープペンシル、ボールペン、ノック式消しゴム、小刀など、

いつもポーチや筆箱の中でごちゃまぜになってるものが整然と、

そしてクルクルと畳んでしまうとバッグの中で大騒ぎすることもなく、

薺nazunaで御馴染みの柔らかなプルアップレザーが手馴染みも良くて、

これはアイテムとしても作ってみよう、と思うに至り。。。

試作したものを元に改良してアイテム制作中。


前々から、文具好きとしては、ペンケースを作りたかったけど、

普通のポーチだとどこにでもあるし~と思っていたので、

なんだか嬉しい、新アイテムの完成。。。


自分で使ってみて、心地よく、長く使っていけるもの、

心ワクワクと愛着の湧くもの、

そんなものをお届けしたく思っています。

少しずつ完成しましたら、おしなものにアップします。




by nazunanet | 2019-09-07 17:06 | 日々のあれこれ | Comments(0)

もうすぐ8月も終わり

d0221430_22103085.jpg

これは先週の空。ピンク色の雲と水色の空が美しかった。

アングルを決めている間に、秒単位でどんどん色が変わっていく。

夏至の頃は夜は7時でもまだ明るかったけど、

空はもうすっかり秋の気配。

5時には夕方の空に変わっている。

もう少し夏を堪能したいなあ。。。


腱鞘炎は少しずつ良くなってきた。

針を持って動かしている右手のときは、激痛ではあったけど結構早く治ったのに、

左手は慢性になっていたのでかなり掛かる。

これはもう長くお付き合いしていかなくちゃいけないものなのかもしれないなあ。

縫い物しない日々は結構つらいものがあるので、

様子をみながら、少しずつリハビリを兼ねてちくちく縫いを再開。

ちょっとガタつく縫い目でも自家用キルトなら大丈夫、ってんで、

三角形や四角を切りためておいた布を縫い合わせて作るキルトをリハビリに採用。

図柄を考えずに始めたけれど、

なんとなく出来上がっていくモチーフがまた楽しい。


d0221430_22384745.jpg


(画像は以前の記事から引用)

縫い物をしながら、音楽を聴いたり、ラジオを聴いたり。

音楽はインストゥルメンタルのものが好きな方。

全般的に洋楽派。

幼少時代に親の影響でジャズやR&B、フレンチポップス、カントリーなどなど、

ロックも映画音楽もクラシックも、

大人になってからは先輩方の影響でゴスペルも好きになって、

そしてフラメンコまで、どっぷりワールドミュージック派なので、

あまりJポップスは聴いてない方かも。。。

最近はバンブーサックスが再燃しているのでサックスのナンバーをよく聴いている。

コルトレーン、いいなあ、なんて。

樹脂製リードは思った以上に良いので、練習するのも楽しくて仕方がない。

バンブーサックスに使用するのは天然の葦リードの方が味わいがあるけど、

ポケットサックスにはぴったり。

手軽に使えて耐久性に優れているので、

扱いがまだまだの初心者にはもってこいだし。

時間のあるときに、30分くらいスケールとロングトーンの練習をして、

好きな曲を鼻歌を歌うように吹いている。(笑)

ちょっとずつだけど、軽やかに吹けるようになってきたのも、また楽し。

樹脂製リード、消費税アップする前に買っておかなくちゃ!(笑)



そろそろアイテム制作に取り掛かろう。。。





by nazunanet | 2019-08-28 22:58 | 日々のあれこれ | Comments(0)

手仕事の道具

インドの職人さんの手造りのハサミ。



d0221430_17052243.jpg


小さな刺繍用のハサミくらいの大きさのもの。

インドのハサミは洋裁用の裁ちばさみも持っている。

どちらも火造りのキレ味抜群のもの。

裁ちばさみは持ち手が真鍮で出来ていて、

見た目も気に入っている。

この小さなハサミは一見すると玩具のようなチープ感があるのに、

刃先の先までパチンと本当によく切れる。

人形町で購入した糸切りハサミもあるけれど、

このインドのハサミの方がびっくりするくらい細かい部分まで切れるので、

パッチワークや布細工用に日々愛用。

かなりのお気に入り。


d0221430_17051096.jpg


愛用の道具にはそれぞれケースを誂えている。


d0221430_17045657.jpg


ぴったりと納まるのが何ともいえず心地良い。





by nazunanet | 2019-08-22 17:32 | クラフト | Comments(0)
d0221430_17422123.jpg

新しいアイテムが完成しましたので、

週末、土曜日にHPのおしなものページに更新します。

d0221430_17424112.jpg



by nazunanet | 2019-04-09 17:43 | おしらせ | Comments(0)
www.nazuna.net「薺nazuna」のおしなものに、

新しいアイテムをアップしました。


ちくちく縫いの手縫い服、

少しずつですが、

良かったら見てみてください。


------------------------------------------

以前から、自家用で仕立てていた手縫い服。

日常着やおでかけ着で愛用していて、

とても気持ちがいいので、

いつかアイテムとして加えられたらいいなと、

常々思っていました。

全て手縫いというコンセプトなので、

少しずつですが、

また増やしていこうと思います。

袋ものやバッグも、制作中です。






by nazunanet | 2019-03-02 00:58 | おしらせ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30