人気ブログランキング |

タグ:総手縫いのシャツ ( 11 ) タグの人気記事

水をくぐるほどに、

くったりと馴染んでくるフランスリネンで仕立てた手縫い服。

文字通り、ミシンを一切使わずに手縫いで仕立てたローブコート。


d0221430_21085354.jpg


表に縫い目を出さず、内側も肌に縫い代が当たらないように、

折り込んで縫って仕上げています。

襟や前立ての見返しにはリネンガーゼのテープでくるんで。

d0221430_21091392.jpg


ラグランスリーブと、脇マチのあるデザインは、

ゆとりがありながらも、布が縦のラインに落ちてくれるので、

すっきりと見え、後ろ姿がエレガントになるように、

センターベントのあるコートのデザインになっています。

ポケットも貼り付けではなく、内側に袋仕立てにしたのも、

リネン服を大人の服にしたかったから。。。

d0221430_21093815.jpg


d0221430_21230329.jpg


ポケットは共布で袋縫いにしてあります。

丈は115cm丈。

ワンピースやスカートの裾がコートの裾から出ないように、

また長すぎても重くなるので、標準サイズとしては丁度良い長さと思います。。。

センターベントが歩くほどに、動くほどに揺れて、

羽織った姿が恰好良く見えると思うのです。。。


寒い季節には、コートを重ねても。

お出かけは勿論、リビングウェアとしても心地良いです。

長くご愛用して頂けるように、

メンテナンスや修繕も承っています。

最初はおでかけ着にして、長年着込んだあと、

破れや擦り切れが出て来て補修のあとが目立ってきたら部屋着にして、

もっと繕いの跡や当て布が目立ってきたら、部屋着からアトリエコートや

ワークコート、ガーデニングコートなどの作業着にして、

ずっとずっと長くご愛用頂ければ、と思うのです。。。


そんな風に、ずっと愛着の持てる衣服を作ってみたい、

と思って仕立てた手縫い服のシリーズです。

手縫いで金具や合成芯地を使わない、

大量生産が始まる前の、

家内制手工業で仕立屋が手縫いして衣服を作っていた時代の、

そんな物づくりが信条です。。。

大量生産、大量廃棄が当たり前のような時代に、

こんな物づくりがあってもいいかなと思っています。。。

ナチュラルリネン色の「羊飼いのコート」と、

スカイブルーの「アトリエコート」は有り難いことに完売いたしました。

この「ローブコート」が最後の一着となりました。

お気に召しましたら是非。。。


  お求めは、薺nazunaのHPにてメールでのやりとりでも、

  ハンドメイドサイトのIICHIからもお求めできます。



-----------------------------

追伸・・・・。

少しずつ晩秋の気配ですね。

暖冬の年も多かったせいか、

ワタクシ、数年前に、もう冬のダウンコートをやめてみました。

とはいっても、寒い地方に住んでいればダウンは必需ですので、

私事のつぶやきなんですが。。。

住んでいるところは氷点下になる寒さは殆どないので、

シャワシャワと音を立てるダウンコートがちょっと苦手で、

思い切ってやめてしまいました。

冬はダウンと決めていた頃は、

とにかく下は薄着でも羽織れば暖かいので便利なことは便利だったけれど、

ナイロンやポリエステル系の肌触りが静電気もできるし苦手だったと思うのです。

そんなわけでそれ以来ウールのコートで冬を過ごしているのですが、

なんだか巷にあるコートの丈が中途半端な長さが多くて、

もっとロング丈が欲しいのに、なかなか見かけなくて困っていたりして。

流行りじゃないからなんだろうなあ、と。

思い切って、数年前にウールのコートを自家用で仕立ててみました。

そうしたら、ロング丈でも軽くて暖かで、

自家用手縫い服、冬もやめられそうにありません。。。(笑)


やっぱりコートは流行り廃りがあったとしても、

断然ロングをお勧めしたい、と思います。

女性も男性も、冬は特にロングコートが格好良いです。

何より、冬のロングコートはすっぽりと足元を覆ってくれるので、

軽めのウールのコートでも、暖かい空気の層が生まれるので、

都心などで大雪が降っていなければ、

ダウンコートを着なくても結構暖かくなります。

膝までとか太ももまでのミディアムやショート丈のコートは、

どんなに厚手のウールでも、そしてたとえダウンでも寒いと思うのです。。。

足をすっぽりとせめてふくらはぎまで覆ってくれるのが暖かいと思います。

今年は結構長めのロングコートをちらほら見かけるので、

そんなデザインも増えてきたかなと思います。

冷え性さんは、是非ロングコートを選んでくださいね。











by nazunanet | 2019-11-10 22:02 | 手縫いの服 | Comments(2)

リネンシャツは蒸し暑い日にも結構涼しく感じたりもする。


風があれば最高だけど、


無いときは何を着ていたって暑いに決ってる。


でも、合成繊維の冷感ウエアや汗で張り付かない高機能シャツはあまり着たくない。


確かにポリなのに張り付かない、通気性もいい、


でもなんか肌が落ち着かない感じがするのだ。。。


それは、まあ好き嫌いなので、機能性がどうのということではないけれど、


やっぱり、リネンやラミーの着心地が好きだからなんだと思う。

 

女性の場合、薄手のリネンやラミーのシャツやワンピースで下が透けてしまう時には、


同素材の麻やラミーのキャミソールなどを着込めるけれど、


男の人のアンダーシャツ、いわゆる肌着はコットンのタンクトップかTシャツが多いのだなと、


家で洗濯やアイロンを掛けながら、ふと思った。


着物などで、麻の着物には麻の下着が涼やかで気持いいと言うけれど、


メンズ用の麻の下着って高価なものなどであるにはあるけれど、


それほどポピュラーでは無いんだなと思った。


リネンの細番手のシャツなどはどうしても肌が透けてしまうので、


アンダーシャツを着込むとき、


薄手で風をはらんでこそ気持いいのに、


コットンのタンクトップでは、


その心地よさが台無しになってしまうような気がして。。。

 

なので、シャツを作ったときに残った余り生地でメンズの肌着も作ってみた。


シャツの型紙を流用。


袖ぐりを大きめに、衿なしのV開きにして


見頃はゆったりしつつももたつかないくらいの身頃幅で。


肌着だからボタンホールじゃなくてスナップにしよう。


まさに着物の肌着の応用って感じなので簡単。。。


チャチャっと作って試着して貰ったら、


着丈が短くて屈んだらズボンから裾が出る、というので、


裾に布を継ぎ足し(苦笑)、チャチャっと完成!

(画像は今度にでも。。。)


長襦袢用の麻の反物で作った方が、


襟ぐりや袖ぐりの見返しをつけなくても済む分、


もっと軽やかに仕上げることができる気がする。


着丈は長めに作るべし。


男子はボトムスに入れ込むので着丈を長めにしないといけないんだなあ。。。

 

これでリネンの白いシャツを着るときに、


肌着のタンクトップやTシャツが透けて丸見えにならずに済む。。。


素肌にシャツ派はそういう心配もないですよ、って。。。?


どうぞ、ご自由に(笑)。


by nazunanet | 2017-08-30 15:29 | 手縫いの服 | Comments(0)
蒸し暑い中、外を歩いていると、風があるとまだ救われるけど、

アスファルトの熱気とギラギラの太陽の光、

そして湿度が高いので、汗をかいてもすぐに乾かない感じ。

そんなとき、リネンのキャミソールとリネンシャツだけでいると、

本当に気持ちがいい。

コットンのキャミソールやカットソーは涼しいようで、

汗の吸収はいいけど、速乾性に劣る。。。

こんな季節はリネンのシャツやワンピースで過ごすのが心地いい。
d0221430_17552323.jpg
制作の合間に、自家用のシャツを縫ってきたけれど、

今年はまだ何も縫っていない。。。

そろそろ自家用ものが欲しい気持ちがふつふつと。。。


シャツもいいけど、やっぱりチュニックワンピースの部屋着が欲しい。

いつもちょっとずつ縫うので、今夏には間に合わないかもしれないけど、

また仕立ててみよう。。。


手縫いでシャツを作ろう、と思いたって、

結構な数のシャツやコートやジャケットなど縫ってきた。

やっぱり一番の難問はボタンホールだった。

どんなに本体をキチンと仕立てても、ボタンホールがガチャガチャしていたら、

酷い仕上がりになってしまう。

ミシンでのボタンホールだって、職人さん用のミシンでなければ、

ホームソーイング丸出しになってしまう。

なので、やはり仕立て職人を目指して、

手縫いでボタンホールを練習することにしたのが数年前。


初めてのボタンホールステッチはこんな有様。
d0221430_1985048.jpg
d0221430_1991667.jpg
ちょっとずつ細くなってきたけど、まだガチャガチャな糸足。

こんなんで本当にシャツが仕立てられるのかと、

途方に暮れる日々。。。

やっとコツが呑み込めてきて、

ミシン糸60番でもステッチできるようになってきた。
d0221430_19315757.jpg
細番手の生地を使ったメンズのドレスシャツの時には、

シルク糸でボタンホールを。
d0221430_18114731.jpg
絹の手縫い糸は撚りが強すぎるし、穴糸は太すぎる。

シルクステッチという糸だと綺麗に光沢もでる。

d0221430_17593371.jpg
剣ポロの閂止めもこの糸なら綺麗に決まる。

d0221430_1754590.jpg
d0221430_17563185.jpg
d0221430_14285104.jpg
ボタンホールステッチさえマスターすれば、

シャツもワンピースも怖いもんなし。。。



今度は羊飼いのリネンチュニックを作ろうと思う。。。


by nazunanet | 2017-07-12 22:17 | 手縫いの服 | Comments(0)
去年は製作の合間にちょっとずつ針を進めて、

シャツやチュニック、それからメンズシャツを作った。



わざと芯を入れないで縫うのが最近のお気に入り。。。

普通だったら邪道かもしれないけれど、

洗濯を繰り返したり、どんどん使い込まれていくと、

妙に、中の硬めの接着芯が浮いてきて、表布と違和感が出てくる。

生地は極上の麻、糸も絹という風に自然素材でこだわっているのに、

接着芯が合繊で接着剤付きなのはどうかなあ、と。

芯なしをたまたま作ってみたら、なんだか着心地がとても良くて。

それからは接着芯無しでばかり作るようになった。


猛暑の夏に、素肌に羽織ると気持ち良さそうなので、

ダンナさんにも芯無しのリネンシャツを縫った。
d0221430_14273659.jpg
なので、ちょっとお洗濯後のアイロンで布のゆらぎが出てしまっている。

でも、ピシッと着るシャツではないので、これでいいのだ。

それこそ洗いざらしのシワシワ感のあるシャツをふわっと羽織って貰いたいので。

d0221430_14285104.jpg

衿も前立てもカフスも芯なしだと、

本当に気持ち良いのです。。。
d0221430_14281640.jpg
ボタンは白蝶貝ボタン。

ボタンホールは絹糸で作る。

我流なので、本当はこんなんじゃないと思う人もあるだろうけど、

何枚も作ってみて、今のところ、一番良い感じの方法なので。



ボタンホールは最初は絹の穴糸を使ったけれど、

それでは糸目が大きすぎる気がして、あまり好みではなかった。

その後、絹の手縫い糸にしたら、まあまあ、良い感じに。

でも、細番手のシャツだったら、絹のミシン糸でも良いくらいだと思っている。


ボタンホールはサイズを測って、布に一文字の印をつけたら、

その線から1.5mmくらいの周囲をぐるりと、

かなり細かめの針目キッチリ縫っていく。

それから穴かがりの芯になる糸を上下に渡して、

細かに縫った縫い目に沿って糸足を揃えてボタンホールステッチをしていく。

単にひっかけるようなブランケットステッチではなく、

かがり目が結び目になるボタンホールステッチでかがるのがポイント。

ボタンホールが手縫いで上手くいかないのは、

次に出す針の場所が離れてしまっているとガチャガチャになってしまうので、

ゆっくり丁寧に、ステッチの細い糸が綺麗に並ぶようにするのがコツ。


ワタシはステッチが終わってから、ホール部分の切り込みをノミなどで開けます。

細かくギッチリとステッチしてあるので、

あとからホール部分の線をカットしてもほつれることは全然ないです。

リネンのホワイトワークの刺繍のような感じというのかな。

最初から穴を開けても布がよれないくらいに

厚みのあるものはセオリー通りでいいのかも。

ハサミでカットするのは綺麗に仕上がらないので、

ボタンホール用のノミがあれば言うことなし。

ワタシはデザインカッターの平刀なども使います。




最初は「シャツ本体なら楽に作れるのに、最後のボタンホールが~~」と、

手縫いシャツ最大の難関のように思っていたけど、

やり続けていくと、ある種、刺繍のような感じで楽しくなっていき、

最近は非常に楽しい作業になってしまった。

でも、コートやジャケットのボタンホールはまだこれから。

今度は冬物素材のボタンホールにもチャレンジしてみよう。。。


余談;

普通の大手手芸店の生地売り場には、

メンズシャツに向いた生地が売っていないのが残念。

神田などの紳士服専門の副資材屋さんだとあるのかもしれないけど。

シャツ用の細番手の生地自体、

海外輸入の高級服地屋さんでないと少ないし、しかも高い!

ハンドメイドブームというけれど、

服地屋さんは以前よりも減っている気がする。。。

洋服自体、ハンドメイドする人が殆どいないんだろうなあ。。。

「買った方が綺麗だし、安い。」

まあ、その通りなんだけど。

でも、既製品のリネンシャツと手縫いシャツを比べると、

着心地が全然違うので、どうしても作りたくなる。

布も好みのものを選んで作れるし、

着丈や袖丈も合わせられる。


通常も手縫い仕事をしているので、なかなか時間が取れないけど、

楽しいのでやめられない。


by nazunanet | 2017-05-29 15:34 | 手縫いの服 | Comments(0)

手縫いのシャツ その後

navy&natural&white.....

空いた時間を使って、ちょっとずつ手縫いで仕上げたシャツ。。。
d0221430_1754590.jpg

細番手のベルギーリネンを使ったシャツは夏にぴったり。
透けるので、同じリネン素材のキャミソールと合わせると、
風をはらんで汗をかいても爽やかに過ごせる。
d0221430_17544574.jpg

d0221430_17552323.jpg

d0221430_17563185.jpg

シャツは絹糸で全部手縫いで仕立てます。
ボタンホールも絹糸で手でかがったもの。
最初はぐちゃぐちゃになってしまったボタンホールかがりも、
猛特訓でボタンホールの練習をし続けてきた甲斐もあって、
何枚もシャツを仕立てるうちにちょっとずつ慣れてきた。
d0221430_17575444.jpg

d0221430_17583032.jpg

d0221430_17593371.jpg

ギンガムチェックの細番手シャツ生地で作ったメンズのイタリアンドレスシャツ。
肩もアームホールも手縫いならではの立体縫製。
アームホールをあとでいせこみながら縫いつけるので、
身体をタイトに包みながらも、窮屈にならない仕立てです。

メンズシャツは縫っていて、やっぱり面白い。
仕様のお約束があるので、ちゃんと仕立てるには膨大な知識を得ないといけないけれど、
でも、こうしたシャツ一枚でも、丁寧にきっちり縫うと、
ちゃんとその分、仕立ての見栄えが出てくる。

またそろそろ仕立てなくっちゃー。
by nazunanet | 2016-08-04 18:18 | 手縫いの服 | Comments(0)

手縫いのシャツ 

日ごろの製作作業が手縫いなので、

なかなか自家用のものを手作りする時間がない。。。

部屋着やパジャマも作りたいし、

夏用のウエアもそろそろ作りたいと思ってもいる。

勿論ミシンもあるので、大きなものはミシンで縫うけれど、

小さいものや洋服くらいは手縫いで縫うのが好きなのだ。

ミシンで作ったものより、手縫いで作ると長持ちするような、、、

多分、縫い糸も絹だったりするので、

洗濯機で洗わないで、手洗いにしたりと幾らか気を使っているのがいいのかな。

手縫いのシャツは殆どダンナさん用に作ったもので、

自分用には一着くらい。

今年の夏の自分用のシャツを縫ってみたいけど。。。

でも、なかなか時間が取れないでいる。

夜に縫い物や木彫り作業を終えるころには、

眼も手も疲れてしまって、何も作れる余裕がない。

ちょっと前までは平気だったけど、もう無理がきかない年齢なのか。。。(苦笑)

なので、ちょっとした時間に、「今日はピンタックを4本だけ」みたいな感じで、

ちょっとずつ作っている。
d0221430_11385490.jpg

d0221430_11401351.jpg

ピンタックの印がずれてしまったので、均等じゃない。。。(苦笑)
まあ、ランダムピンタックということにしよう。。。
d0221430_11414463.jpg

縫い目は極力細かくしようと思う。
一番最初に作ったとき、縫い目が粗くなってしまって、
洗いを重ねるうちに糸目が目立ったので反省。。。
市販のシャツなどの縫い目を見ても、普通のアイテムよりもかなり細かいピッチで縫われている。
d0221430_11473682.jpg

手縫いだと、表に返したときに、布と布の合わせ目がふっくらしているような気がする。。。
ミシンだとあっという間に出来るからいいんだけど、
ちくちく手で縫うのが好きなので、どうしようもない。。。

今から作り始めて、夏に間に合えば良いかな、という感じで作っている。
リネンの白と、ナチュラル色のシャツと、パンツを作りたいけど、
数が多いと間に合わないかな・・・・。
by nazunanet | 2016-03-31 11:54 | 手縫いの服 | Comments(0)
d0221430_17595349.jpg

d0221430_17593122.jpg


一番最初に作ったリネンシャツ。

ボタンホール、色々試行錯誤して穴糸では太すぎると思って、

60番ミシン糸で作成。

けれど、耐久性に心もとないような。。。

今回は、手縫いのナポリシャツに習って、

絹糸でボタンホールを作成。

最初、絹の穴糸で作ったら糸が太すぎる。

絹の手縫い糸にしてみたら、

今度は撚りが強すぎて穴かがりが綺麗に出来ない。

ためしに、30番手のシルクステッチにしてみたら、

撚りもきつすぎないので見目もまだ救われる感あり。。。

d0221430_18114731.jpg


まだまだ糸足が揃わない。ちょっと生地もツレてしまっている。。。

視力がかなり落ちたので、ルーペが必要なのかな。

「男のシャツの本」によれば、

ドレスシャツの一番下のボタンは、一つだけ横向きのボタンホールにするのだそう。

完成までもうちょっと。


手縫いで洋服を作るときは、ちょっとずつ時間を掛けて作るのがいい。

少しずつパーツを縫い、アイロンを掛けて仕上げていくのが楽しい。

こういうのがプラモデル作成の楽しみとよく似ているような気がする。

パーツの正確性を求められるメンズの仕立て屋さんは、

殆どが男性なのって、そういうことなのかな。
by nazunanet | 2014-10-21 18:09 | 手縫いの服 | Comments(0)
以前、作ったのはリネンのシャンブレー。

西荻窪のピンドットさんで買った手触りの良い生地。

当初、自分用のシャツにと買ったけど、

家に帰って当ててみると似合わないのでダンナさん用に変更。

初めてのボタンホール特訓など苦労しつつ仕立てて、

その後、自分用のも含めてシャツを全部で4着縫った。

縫い目のピッチやボタンホールなど、

色々反省しつつ、今度はドレスシャツに挑戦とあいなった。


シャツ生地の良いものが見つけられなかったので困っていたら

播州織りのメーカーのwebshopを発見。

そこでシャツ生地を購入してみた。

d0221430_17342495.jpg


番手は60番手だけど、なめらかな手触り。

慣れてきたら、もっと細番手のものにもトライしたいもの。。。


これまでは手持ちのお気に入りシャツから型紙を起こしていたけど、

今回はもっとちゃんと作ろうと思い、「男のシャツの本」を参考に。

衿と台衿もスムーズにいったし、

何よりヨークが背中にフィットするようなカッティングになっている。
d0221430_17545436.jpg

by nazunanet | 2014-10-21 17:57 | 手縫いの服 | Comments(0)

シャツの製作、習作

ワークウェアを縫う。

シャツにはやはりボタンホール。

手縫いのシャツボタンホールは超難関。

d0221430_1405748.jpg


でも、そういうのに挑戦したくなる気持ち、ある。

一般のミシンで作るボタンホールは、

ジグザグに縫っているだけだけど、

穴かがり専用ミシンはちゃんと縁を玉留めかがりになっている。

手でキュッと糸を引いてつくる穴かがりは美しいと思う。

そんなボタンホールのシャツを作ってみたい。
by nazunanet | 2013-09-16 15:24 | 手縫いの服 | Comments(0)
シャツのボタンホールは「ネムリ穴」と呼ぶそう。
d0221430_19315757.jpg


ジャケットやコートなどの厚地のものは「鳩目穴」など、

用途に合わせて縫い分けるそう。

なんとか、完成。

リネンのネイビーのシャンブレー。

西荻窪のピンドットで以前自分用に購入したもの。

メンズシャツに使ってしまった。
d0221430_19333460.jpg


今度はまた違った生地で作ってみよう。
by nazunanet | 2013-09-07 19:34 | 手縫いの服 | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30