地域猫、風雨の中で。

二、三週間前に見かけたときは、
丸々して、毛艶も良くて、
ごきげんのていで、毛づくろいに熱中しているところだった。
いつものように名前を呼ぶと、
こちらを見て、ゆっくりとまばたきを返してくれた。

寒かった冬が終わって良かったなあ、と思っていた。

でも、その後から急に寒の戻りが激しくて。
次に近くを通ったときに、いつもの場所を見に行ったら、
晴れた日には毛づくろいしていたお気に入りの場所に、
黒っぽいタオルが落ちているだけ。
どこかに地回りに行ってるのかなと近づいてみたら、
平たいタオルだと思っていたのが地域猫だった。
「まさか!」と更に身を乗り出すと、ただ眠っているだけだった。
呼びかけにも顔をあげることなく、静かに眠っている。

私のことは”知った顔だ”と認識してくれてるけど、
あまり近づくといつも警戒して逃げようとする地域猫。
弱ってる時にそんなことをしたら体力を使ってしまう。
そんなわけで離れたところから見守っていた。

その後、お世話係の方に会ったら、
「どうも風邪をひいたみたいなの」と。。。
鼻がつまって呼吸しにくいらしい。
「もう12才にはなるからね。。。」とちょっと寂しそうに。

私はにゃんこ先生のことでペットロスになったことがあるので、
そういう話しを聞くと、チョイとつらくなってしまう。。。

「でもね、ご飯はちゃんと食べてるから、まだまだ大丈夫」
そんな風に言っていたので、ちょっと安心なキモチもあった。

今日、近くまで来たので地域猫の縄張りへ行ってみたら、
いつもの場所で地域猫が寝転んでいた。

元気になったみたい。

この間のような平たいタオル状態じゃなかった。
まだ毛艶は戻ってないけど、起き上がって毛繕いをしている。

なんという強さ。。。

一番最初、植え込みの中で佇んでいる猫を見つけたときは、
飼い主に置き去りにされたのでは、と思った。
ずっと同じ場所で待ち続ける忠犬ハチ公のように、
木の根元にお狐座りで来る日も来る日も佇んでいた。

男の人が通りかかると、甘えたような声で近づいていく。
でも、女の人には近づかない。
飼い主さんが男性だったのかなあ。。。と

それが数年前のこと。
まだ我が家のにゃんこ先生も健在だったとき。

保護して里親を見つけた方がいいんじゃないか、と最初は私も思った。
で、にゃんこ先生のご飯を失敬して、
何度かゴハンと水を持っていったりしたけど、
見知らぬ私を警戒して逃げてしまうばかり。(笑)

お世話係の人と一緒にいるときは撫でさせてもらえるけど、
独りで地域猫のそばに行くと、「シャー!」と怒られる。
でも、それでいい。
巷には色んな人がいるから、誰でも懐いてくっついていったら危ない目に遭う。

動物写真家の岩合さんが「自由猫」と呼ぶように、
彼は立派な自由猫。

彼は本当にすごい。
過酷な夏や冬、雨、風、雪を耐えて、
自由に飄々と生きている。
誰の束縛も、部屋の中に閉じ込めておくこともできない。

子猫の時代からお世話されてる方々がいて、
毎日、朝から昼、晩、そして夜中も、
天気が悪い日や寒い日は夜中に何度も避難場所を作ってやってる。。。

私などは時々、地域猫の姿を見かけるくらいの傍観者にすぎない。。。
そんなだから、勝手気ままにご飯をあげたりして、
近隣の迷惑になるようなことはしない。
いつもお世話している方々の邪魔をしないように、
彼が少しでも自由にのびのびと生きていけることを望む。
でも、見かけたら、愛情を示したくて名前を呼ぶ。
そしてちゃんと呼びかけにまばたきで返してくれる地域猫。

今日は会えてホッとした。

もうちょっとゆっくり休んで、元気になるんだよ。。。





[PR]
by nazunanet | 2018-04-16 17:16 | | Comments(0)

春の野花と地域猫

一気に春になりつつある。。。


この間まで花の気配さえ無かった辛夷の樹には、


大きな白い花が咲いていたし、



d0221430_22184962.jpg

 

鋪道の植え込みの中に、大好きなカラスエンドウの紫の花が咲いている。


d0221430_22190581.jpg

小さな野花好きにはたまらない季節がやってきた。


もっと気温が上がってしまうと、大きな植物が勢力を広げて、


スミレやカラスエンドウやナズナなんていう小さな野花たちは埋もれてしまう。


d0221430_22195742.jpg


でも、この季節は一番、小さき花々たちの可憐な姿が眺められるとき。


ほんの僅かな時間しかないけれど、それも季節季節の楽しみの一つ。


 

買い物帰りに、地域猫の出没エリアに立ち寄ってみたら、


草むらにゆったりとくつろぐ大きな猫の姿を発見。


またしても離れた場所から名前を呼んでみた。(笑)


毛繕いを念入りにしていたけど、こっちを振り返ってくれたので、


猫への好意の挨拶をする。(笑)


ゆっくりまぶたをとじて、ゆっくり目を開く、というやつ。。。


すると、地域猫もゆっくりとまばたきを返してくれた。(喜!)


可愛いーーー!


今回もじーーっと見てくれて、こっちも何度も手を振る。(笑)

 

こんな風に構っていたりもするけれど、


地域猫にご飯を持っていくことは、まず、ない。。。


というのも、


お世話の方々は既に長年に渡って毎日欠かさず活動されているし、


私が気まぐれに持っていっては、猫もカロリーオーバーになるし、


お世話の方達や、ましてや近隣の住宅に迷惑が掛るので、そういうのは自重している。


そっと物陰から元気な様子を気に掛けているくらいだけど。。。


ネコの方も「時々名前を呼んでくる中でゴハン係じゃないヤツがいる」って


分かっているだろうけど、


ちゃんと挨拶してくれる。ホントにナイスな猫なのだ。。。


久々にまた会えて嬉しかったなあ。



[PR]
by nazunanet | 2018-03-18 22:17 | 日々のあれこれ | Comments(0)
去年の春頃以来、会えなくなってた地域猫。

近所で元気に暮らしてるよと聞いてはいても、

今年の氷点下にもなってた寒い日々を、小屋もなくて如何に暮らしているのかと

時々姿を探しに行くけど、ずっと会えないまま。。。

 

今日、道で”猫のお世話係”のおばさまを見かけたので、

今日は会えるかも!と、頻繁に見かけるという界隈へ行ってみた。

空き地の奥に、真っ黒なまん丸い塊を発見。(喜)

枯れた草地の上に丸くなって寝ているので、

よく見ないと猫だと気づかない。(笑)

d0221430_23403996.jpg

名前を呼ぶと、ちょっと面倒くさそうに(笑)、

でもちゃんと顔を見せてくれた。

これが彼の愛敬のあるところ。本当にナイスな猫。

毛艶も良くて元気そうだった。

良かった、良かった。。。

 

我が家のスズメ温泉は現在閉館中。。。

外壁工事が遅れに遅れて、洗濯もままならない日々が長く続いて。

ネットやビニール、足場に覆われて、

先月からずっと部屋にも日が射さないので、なんだか調子もあがらないのだった。


時折、スズメ達は決死のダイブ(?)で作業員さんらがいるベランダにやってくるけど、

水盤のないのを確認すると、すぐに帰っていく。

「あっ!来てたんだ!」と思って急いで水盤を持っていくけど、

次はなかなか姿を現さない。。。

もうすぐ工事が終わるから、それまで達者で暮らせよー、と独り言。(笑)


工事が終わったら、戻ってきてくれるといいなあ。。。

 

ベランダの野花たちは部屋の中へ避難中。

でも、今年の冬は寒気が酷かったので、氷点下にさらされたら、

いくら強い雑草系のスミレ達といえどもダメになってしまってたかも。

サボテンだって、せいぜい0℃までだろうし。。。

 
d0221430_23405575.jpg

部屋の中に入れていたせいか、スミレやシャムロックたちが本当にたわわに育っている!

すっかり咲いてしまいました。(嬉)

知らない間に、こんなに可憐な姿になってた。。。


d0221430_23410976.jpg


どんどん鉢にすみれの小さな芽が沢山出てきてる。

スミレ、ベビーラッシュです。

可愛いー。


[PR]
by nazunanet | 2018-02-24 23:50 | 日々のあれこれ | Comments(0)

記述していた国芳の猫絵。


ポストカードをスキャンしたので、画像をアップ。


d0221430_19532363.jpg

これは上野の国立博物館のギャラリーショップで
見つけた国芳の「鼠よけの猫」のカード。


d0221430_19534550.jpg

国芳の名作”猫飼好五十三疋”のカードは

没後150年記念の展覧会のあった森美術館で。

 

お気に入りの猫や動物のカードが増えてきて、カードケースがたまっていく。


ギャラリーだけでなく、アンティークのカードも探したりもする。

今には無いデザインのものや、

丁寧な細密絵の猫やうさぎのものが可愛くて。

カード集めはやめられない。。。



[PR]
by nazunanet | 2018-02-13 20:11 | art、 music,movie,etc | Comments(0)
マンションの裏で飼われてた地域ネコ、自由猫。

悠々と近辺を散策し、

界隈の人から大事にされ、

でも、去年マンションの管理人と管理会社から追い出されてしまった。

猫小屋を撤去されたあとも、その場所に香箱座りしていたけど、

梅雨を迎えて、雨の夏になり、もうどこにも見かけなくなってしまっていた。

ずっと気になってあちこちの居そうな場所を探したりしたけど

会えないまま、年が明け。。。

おととい、道で偶然お世話係の方に遭遇。

「あっ!」と声を掛け、(名前も知らない)

向こうも、「あっ」と気が付いて。

猫は元気ですよ、との笑顔にホッとする。

まん丸になってますよ。さっきも様子を見てきたの、と。。。

今、行けばまだ寝てるかも、と言うので隠れ場所へ行ってみたけど、

もういなかった。

会えなかったけど、元気なんだったらほんとに安心した。


この辺は空き地も無くなって、

庭付きの一軒家や、緑の多い小道が無くなって

高層マンションやビルが建ち並んできたけれど、

猫も、犬も、ねずみも、

スズメも鳩も、カラスも、

ハクビシンだって(近所にいる!)住んでいる。。。

みんな都会に暮す生き物たち。。。



私が子供だった頃、

空き地や河原には野犬が普通に暮らしてた。

追いかけられもしたけど、

ちょっかい掛けなければ、子供らとも共存して(笑)、

時々、生まれたての子犬を見つけて抱き上げたりして、

激怒した親犬に死ぬほど追い回されたり。

(あんなに怖い思いをしたのは無かったなあ。。。)

日が落ちてから、公園や河原、もしくは校庭で遊んでると、

野犬が来るから早く帰った方がいい、なんて。。。

(学校の体育館裏にも住んでいたっけ・・・)

いまのようなクリーンで、

どこもかしこも除菌で整えられた世の中とは大違いな、

ものすごくアバウトな時代。。。(笑)

今は首輪のない犬、

登録されてない犬、飼い主と一緒じゃない犬は、

一匹だっていない。

そんな犬がもしいたとしたら、

彼らにとって、とってもコワイ場所へ連れていかれてしまう。


10年くらい前までは、猫も近所の公園にいっぱいいたけど、

今は殆ど見かけない。

地域猫や自由猫のことは人それぞれ色々意見もあるから、

なんとも言えないけど。。。


でも、人間だけの土地なわけじゃない。。。

地球は人間だけのものじゃないから。

森や川や海の恵みだって、

人間だけのものじゃない。。。

でも、殆どのものを人間だけが独り占めしている。



地球は色んな種族が暮してる場所。

だからこそ、人間も生きていけるんだと思う。

大きな話しになっちゃったけど。。。(笑)



大事にしたいね、小さな生き物たちのこと。。。




[PR]
by nazunanet | 2018-01-19 01:49 | | Comments(0)
一年の最後に氏神さまへお札を返しに。

普段は静かな境内も、

元旦には初詣客で大賑わいになる。

d0221430_00192158.jpg

お正月用のお花を買いに、

猫店長のいるお花屋さんへ。。。

遠目で見たとき、大きい犬がいるなあと思って近寄ると、

d0221430_00185435.jpg
こんなに小さなお馬さん。

ミニチュアホースという種類。

20キロまでのお子さんなら乗せてくれるんだそう。。。

花屋の猫店長は奥の猫ベッドでいつものごとく就寝中というので、

撫でさせて貰いにいく。。。

ぐっすり眠っていて、ぐわーーーっと撫でてもビクともしない。

「こんなに寝てるなんて珍しいわ」と女将さん。

結局可愛いお顔が見れなかったけど、思いっきり触れたので良しとしよう。。。

起きてるときは強引に撫でると嫌がられるし。(笑)


さっきのお馬さんは、毎日朝夕にお花屋さんに立ち寄って、

花屋のおにいさんから、ニンジンや野菜のおやつを貰ってるんだそうで。

農家の人から毎日お馬さん用の野菜を頂いてくるんだって。

本当に仲が良くて、可愛かった。。。

お馬さんはこの界隈では有名なペットショップの看板馬。

ふてにゃんも所属の、スターアニマルがいっぱいいるところ。。。。



[PR]
by nazunanet | 2018-01-05 00:35 | 旅と街歩き | Comments(0)

25. 師走(MON) 晴れ


駅近くのお花屋さんに立ち寄った。

猫好きの御家族で経営されているお花屋さん。

お店本体は離れたところに移転されたけど、

元の場所で少しだけ営業もされている。

植木のビニールハウスの中でこの界隈の保護猫、

改め地域猫たちをご主人が世話していて、

みんな近所の人たちのアイドル猫たち。


前に行ったとき、一番可愛がってる猫が

具合が悪くなっててねと言っていて。。。

口の中に出来た腫瘍でゴハンも食べられなくて、

鼻から息をするのもやっとだと。。。


手術しても助かるかどうか分からないし、

治療費もケタ外れに高額とのことで。

せめて呼吸しやすいようにする外科手術とか薬の投与だとか、

してあげられる限りのことはしてるんだけどね、

もう持たないと思う・・・、と言っていた。

 

今日、久しぶりに立ち寄ったので恐る恐る地域猫の無事を訊ねたら、

「あの猫ね!腫瘍が無くなって、元気になってきたんだよ」と。


もうびっくり!


「抗生物質が効いたのかなあ、なんでか分からないけど、よくなったんだよ」って。


もう、本当に良かった!!

あの毛並みのフワフワな猫ちゃんが、

どんどん具合が悪くなっていく様子を見てたので信じられない気持ち。

良かった、良かった。


フワフワ猫は数年前に、

ちょうど我が家のニャンコ先生ロスで落ち込んでいたときに、

花屋の御主人が、

「毛並みがホントにフワフワで気持ちがいいから撫でてみて」

と寝ているところを撫でさせて貰った猫だった。


野良猫とは思えないほどに毛並みがフワフワで、大人しくて可愛かった。


ニャンコ先生ロスだったのでフワフワ猫に癒されて帰ったのを覚えてる。


その後、本店で息子さんとそのことを話したら、

「ホントですか。

あの猫、オレには一切撫でさせてくれないんですよ。珍しいなあ!」

とびっくりされた。

(以前のニッキにも書いたけど)


「きっと私の猫ロスのキモチが分かって、

フワフワ猫が『しょうがねえなあ、ちょっとくらいなら撫でてもいいぜ』って、

慰めてくれたんだよ!」

とダンナさんに言ったら、

「すごい妄想~」と一笑されてしまった。(笑)


なんにせよ、嬉しいニュースが聞けたので、

今日は良い一日だなあとウキウキした気持ちで家路に着く。


[PR]
by nazunanet | 2017-12-26 19:54 | | Comments(0)

久しぶりに猫のはなし

マンションの裏にずっと住んでいた地域猫。

お世話係の方々が夏は雨をしのげるように、

冬は風、雪、寒さをしのげるように、

毎日朝昼晩、夜中も明け方も、

地域猫が無事かどうか、雨、雪で病気してないかと、

みんなが可愛がってた地域猫。

あるとき、猫禁止の張り紙と共に、猫小屋も撤去され。。。

それから全く姿を見かけず、

お世話係の方にも会えないまま。

夏の頃は好んで住処にしていたという繁みのところを見に行ったけど、

姿はない。。。


でも、先日の夜中に、

夜の闇をつんざくような猫のおたけびが聞こえた。

あの地域猫が同じ模様の猫(たぶん飼い猫)と喧嘩してる時の声とおんなじ。

どこかで暮らしてるのかな。

無事に暮らしてるといいな、と願う。。。


内田百閒先生の「ノラや」を読む。

妻や近所の人々、教え子、知人らを巻き込んでの猫探しの顛末を描いた作品。

毎日泣く、百閒先生。

お風呂場の蓋に寝ていたノラを想って、

風呂にも入れなくなったり、ちょっと思い出すと泣き続けてしまう百閒先生。

「ノラの話しをしたいのに、すぐに泣いてしまうから話せない」

などと奥さんにも言われる始末。

でも、こうして「ノラや」を読むと、

飼猫の失踪で泣き暮らす姿が滑稽で可笑しいと思うのだけど、

まさに私こそ、そんな百閒先生とおんなじだなと思う。

百閒先生の気持ちが痛いほどによくわかる。

猫ロス、ペットロスは本当に苦しい。

毎日泣いてしまう、と百閒先生が書いていた日記の通りに。

でも、やっぱりハタ目には、

「猫はいつかは飼い主よりも先に逝ってしまうものよね」とか、

「もういい加減、乗り越えた?」とか。。。

一方で、

「悲しみが深いのは愛情が深かったからですね」

と暖かい言葉を下さったり、

にゃんこ先生にお花を贈ってくれた友人もいて。。。


どうしようもなく悲しんでいるときに、

「そうだね、悲しいね」と共感して受け止めてくれたのは、

本当に悲しみが癒されていくんだなと感じた。


いつまでも悲しんでいるのは良くない、と思ったりすると、

どこまでも引きずってしまうのかもしれない。。。


そろそろ私も乗り越えたかも、と

百閒先生の「ノラや」をどっぷり漬かって読んだせいか、

その夜、にゃんこ先生が失踪してしまう夢を見た。


大きな三毛猫に威嚇されて恐怖で家から走り出てしまったにゃんこ先生が、

逃げ込んだのは近所のおうち。

そこの家に気に入られてしまって、

家から出して貰えず鳴いているにゃんこ先生の夢。


はっと目が覚めたら、夢の中のにゃんこ先生の模様が、

茶トラの白まじりの猫だったのを思い出した。

にゃんこ先生は黒白シマの白まじりのサバ猫なのに。。。。


あっ、あれは百閒先生のノラちゃんだったのか。(笑)














[PR]
by nazunanet | 2017-12-16 23:55 | | Comments(0)

猫の手、猫の足


d0221430_16423544.jpg
にゃんこ先生はマンション飼いの猫だったので、

木に登ったり、土やアスファルトの地面を一度も歩いたことがない足。。。

実家の猫たちは庭のある一軒家で近所に空き地もあるので、

半野良状態で、木に登るは近所にパトロールへ毎日出かけていたから、

猫の手足の大きさがにゃんこ先生とは全く比べものにならないくらい、

ガッチリ大きく、爪も鋭い。。。

にゃんこ先生の肉球は、

駄菓子屋で売ってる箱に入った「桜もち」のような小さい桃色の。。。


そんなにゃんこ先生の足は、よく寝ている私を踏む。(笑)

絶対、引っかかるハズがないのに、私の布団を跳んでまたぐとき、

「おっと、失敗」てな感じで、私の脇腹に着地する。

横で川の地で寝ているときも、

う~んと寝返りして伸びをしながら私の顔にグイと足をかける。

一度、ダンナさんと寝る場所を交代したことがあった。

クーラーの風が寒いので場所を代わって貰った時、

にゃんこ先生は寝床にいそいそやってきて、

いつものようにムギュっと踏んでった。(爆)

「こら!」とダンナさんが言う前に、

にゃんこ先生のハッとした息遣いが、

「あっ、しまった!間違えた!」という感じだったと、

やっぱりちゃんと相手を見て踏んでいるね、ってダンナさんが笑う。

なんでなのだー、と私は泣き笑い。
d0221430_17180377.jpg
猫下僕すぎると、あまりにご無体な態度にも出られるけれど、

落ち込んでるときはそっとそばにきて、

ちょんと尻尾を当てたり、背中に寄り添ってくれる、まさににゃんこ先生だった。

猫はクールで冷たいというけど、

本当に心優しく暖かいことは猫と暮らしたことのある人なら分かる。

飼い主である人間の、日々の暮らしの中の隙間にすっぽりとフィットして、

自分で独自の生活のリズムや楽しみを見出す、

本当にスマートで精神的に成熟した大人のシェアパートナーだなと思う。

d0221430_16425783.jpg
猫のお狐さま座り。
d0221430_16441113.jpg

猫ってなんでこんなに立ち姿も座り姿も美しいんでしょうか。

d0221430_16431546.jpg
有名な日本画の猫が、にゃんこ先生にそっくり。。。(猫親馬鹿ですかね)


[PR]
by nazunanet | 2017-08-13 17:21 | | Comments(0)
SOLD OUTなどの整理などして見やすくリニューアルしていたら、

おしなものの在庫が無くなっているのを改めて実感。。。

早く、仕上げなくちゃ、と焦り気味。

留め具も彫らなくちゃ。

猫の手も借りたい。
d0221430_13021515.jpg
d0221430_13024760.jpg

そういえば。。。

d0221430_12580824.jpg
猫のひげのあるふわふわの口元のことを

「ココロ」と呼ぶ、と以前友人が教えてくれた。


猫のココロ。

その所以は、

赤塚キャラのココロのボスの「ココロ」が大きいからだそう。(笑)



[PR]
by nazunanet | 2017-08-05 13:22 | おしらせ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31