人気ブログランキング |

タグ:暮らしのこと ( 104 ) タグの人気記事

純石鹸スノールで作ったプリン石鹸を泡立ててシャンプー。

洗い上がりには、クエン酸パウダーで作ったリンスと、

タオルドライ時に、アルガンオイルでマッサージと毛先に少しつけて。

これまで普通のシャンプーで、

・・・・・といっても、弱酸性ミノンだけど。

通常のシャンプー生活で、まあ、年齢というのもあるけど、

去年の秋頃から乾燥がひどくなってた髪が、

純石鹸スノールのプリン石鹸シャンプーで、がぜん蘇ってきた。

かなり毛量のある私でも、このまま界面活性剤入りのものを使い続けていたら、

きっとこの先、年を経ていく毎に髪の毛がぺっしゃんこになって、

パサパサになっちゃう!と危機感を感じてしまった。

一切を思い切って変えてから、ふっくらと艶も帰ってきたような気がします。。。

でも、石鹸シャンプーはいくらクエン酸水でリンスをしても、

やはり髪に残ってしまうのです。

そこでつげの櫛でコーミングが必須だと思いました。

普段も、よおく粗目の櫛と細目の櫛で梳いているけれど、

石鹸シャンプーで洗うと、櫛がすぐに汚れます。

でも、しっかり梳いているとスッキリとした髪になって、

艶が戻ってきたように思うのです。

女性は年齢と共に、染めやパーマなど薬剤の染み込みが重なっていって、

髪や頭皮が痩せてくるんだと思う。

そして、ホルモンバランスもあるし。

髪は女性ホルモンの源と言うのを聞くし、

自分にとっては、女性的な気持ちを上げてくれる源のように思うので、

これだけは短くカットしたくないな、とロングを貫き通します。。。

なので、つげ櫛は無くてはならない宝物。。。

つげ櫛の日頃のお手入れはブラシで汚れを落として、

やはりアルガンオイルで艶を出します。

余分なものを髪につけたくないので、

ヘアリンス(クエン酸リンスは別)やヘアパックをしない派なので、

櫛で髪を梳く、木製ブラシでブラッシングするのが大事なヘアケア。

美容院で薬剤でケアをして貰っていた頃よりも、

ただ梳く、ブラッシングするといったシンプルなことの方が、

髪が健康になったと思う。。。

若い頃はカラーリングしたり、パーマやヘアスタイルを変える頻度も凄かった。

月に2回はサロンで薬剤を使っていたんだなあと思うと怖くなる。

そんな私でさえ、ある程度の年齢にいっても、

ましな状態に変わっていけるのだから、

気長に手入れすることと、余計は薬剤は使わないことが大事なんだなあと、

実感している。。。

綺麗な白髪のおばあちゃんになるのを目指している私。

なかなか難しそうだけども。。。

綺麗な白髪の方にちょっと秘訣を聞いたら、

「とにかく我慢」と。。。

白髪と黒髪のまじりあったときが一番辛かったと。

白髪が多くなってきてからが楽になったとおっしゃってて。

まだまだ私はチラホラで、これから辛く迷いの時期になっていくのかなあ。

とにかく、染めない。

これを貫きたいと思っている。。。





by nazunanet | 2020-01-17 13:41 | 日々のあれこれ | Comments(0)
セーグル粉でフランスパン_d0221430_12221707.jpg

いつもの自家用パン、作ってます。

見た目はまだまだなんだけど、試行錯誤を繰り返して、

ようやく好きな味になってきました。

オーブンの温度が最低でも250℃にならないと、なかなかハード系パンは難しい。

それに金属の天板やクッキングシートを使うと、フランスパンにならないし。

フランスパンを焼くためには、石床のオーブンでないと、

それを家庭で再現するためにデロンギのピザストーンを使う。。。


強力粉ベルムーラン400gに、

セーグル粉100gと、

水353g(グラム計測です。。。)、

サフ3g、塩10g、モルトパウダー1g、

ボウルに入れて水分が粉に行き渡るようにまぜる。

そして軽く蓋をして常温で5~6時間放置、

そして冷蔵庫で最低でも24時間、望ましくは48時間経て焼成。

これが我が家の”こねない長時間低温発酵パン”。

まぜないので楽々、思い出した頃に焼くだけ(笑)。


いつものレシピに、セーグル粉をブレンドしただけで、

家で作ったと思えない味のフランスパンになる。。。

このセーグル粉が普通のお店に扱いがないのが難点だけど、

富澤商店の通販で手に入る。。。

デロンギのピザストーンを最高温度250℃(270℃が望ましいけど)で予熱して、

生地は直にストーンの上に載せて焼く。

霧吹きしてコンベクションモードで18分。

オーヤマくんオーブン、冬場はなかなか最高温度に到達しないのがネックだけど、

それにしても、このパンで作ったバゲットサンドは本当に美味しい。

もう市販のパンは食べられない。。。

家パンは塩のみのリーンのパンなので、

市販のパンはものすごく甘く感じてしまう。

我が家のレシピの水分量は、少しもっちり系になる。

焼き立てはサックリふんわり。

時間が経ったパンは、霧吹きしてからトーストすると、

パリッパリになって、いわゆる”売っているような”バゲットになる。

焼きたてがこの状態だと、きっと当日に食べきらないと硬くなりすぎちゃう。

まあ、それが一般的なバゲットなんだけど、

焼きたても、一晩経っても美味しくなる感じにしたのが我が家のレシピ。

水分量はセオリー通りから限界ギリギリまで増やしたりと何通りも試してみて、

自分達の好きな量がこのレシピ。

粉によってもかなり変わってくる。

セーグル粉や全粒粉などは水分を吸収してしまうので、

ミキシングのとき、粉全体に行き渡らせるのに四苦八苦。

それを思うと、北海道小麦の吸収の良いこと、なんとスムーズか。

膨らみも驚くほど速いし。

セーグル粉は膨らみがゆっくりなので、

焼成するまで最低でも48時間から72時間がいい。

それでもやっぱりセーグル粉が入ったパンは、

風味も香りも焼き上りも格別。。。

中にクルミやイチジク、チーズやオリーブを入れたいときは、

セーグル粉をブレンドするのを断然おすすめします。

魅惑のパンに変わります。。。





by nazunanet | 2020-01-17 12:28 | 手作りパン | Comments(0)
山沢栄子生誕120年を記念して開催された写真展。

東京都写真美術館へ。

山沢栄子 「私の現代」 写真展_d0221430_11333918.jpg

写真をツールとしての”絵画表現”など、

戦前から活躍された女性写真家の草分け的な方の作品でありながら、

今にない作風が新鮮に感じる。

晩年1987年、アリゾナ大学創造写真センターからのインタビュー映像で、

(デボラ・アーマス、バーバラ・カステン両氏がインタビュアー)

そういった作品をご本人は、

「NO,NO....hahaha」と苦笑いされておられたけれど、

でも、そういう実験的な作品それこそが面白いと思ったものだけど。。。


山沢栄子さんという写真家を、この展覧会で初めて知った。

広告など商業写真家であったことが、あまり後世に認知されていなかったのかも。


戦前1941年にニューメキシコで撮影された「月の出 ヘルナンデス」

という作品が非常に美しかった。



1月26日まで恵比寿・東京都写真美術館にて開催






by nazunanet | 2020-01-17 11:56 | art、 music,movie,etc | Comments(0)
家のすべての洗剤を純石鹸スノールに変えてみて、

今のところ、ポジティブな結果ばかり。

手荒れや爪の割れも無くなったし、髪や頭皮も健康になった感じ。

排水パイプの詰まりも今のところ無い。

以前より汚れもたまりにくくなったと思う。

一番驚いているのは、マグカップや湯呑の茶渋がほぼほぼつかないことと、

コンロ周りを除菌もできる台所洗剤をスポンジにつけて洗っていたときは、

ある時からゴムのような接着剤のような膜が出来て、

こすっても取れなくなってたけど、

そういうのも全くつかなくなった。

今のところ、ネガティブな要素は何もないので、

このまま引き続き使っていこうと思う。


ずっと不思議に思っていたけど、

そういう洗剤を使ってできるゴムのような薄い膜が、

ステンレスやアルミの鍋のくすみにもなってたみたい。。。

アルミのフライパンの黒ずみがクレンザーやクエン酸でも

取れなくて困っていたけど、

純石鹸プリン洗剤で洗うようになったら、あっという間に黒ずみがとれた。

その上でクエン酸パウダーで磨くとピカピカに。。。

洗ってもこすっても取れないくすみや黒ずみは、

きっと界面活性剤が作ってしまう膜だったのかもしれないなと思う。。。

これまで使っていたスポンジ、

そういう膜がついている間は石鹸洗剤が泡立たなかったけど、

だんだん膜が取れてからちゃんと泡立つようになった。


そんな簡単に取れない膜が、

気づかないうちに何にでもついてしまっているとしたら、

食器やカトラリーから身体の中にまで入ってしまうだろうなと思うと、

結構怖いなと思っている。。。


パッとつけたら泡が沢山出来て、簡単に洗えて、

すべて汚れも落とせて除菌も出来る。。。

・・・って思いすぎていたけど、ほぼほぼ何も落とせていなかった。

逆に変な膜が知らない間についてしまっていたなんて。。。


台所なんて、口に入れるものだけを扱うんだから、

そんな高機能な洗剤じゃなくても大丈夫なんでは?と素朴な疑問から。。。

そもそも、台所に限らず、家庭の中のものなんて、

本当は古来から使っている石鹸だけの成分で充分なのでは・・・・?


家事を楽に便利に、作られたものなんだろうけど、

何か複雑なものになってしまっている。。。

何でも簡単に便利にしようとすることが、

却って身体や環境に無理が出て、

未来に跳ね返ってくるのかもしれないなあとも思う。。。


そんなにせっせとエコ生活をしているワケでもないけれど、

少しの手間で大切にできるものがあるなら、

ちょっとくらい手間がかかっても、

不便があってもいいんじゃないかな、

と、今更ながらにと思ったり。。。


ちょっとした不便さが、本当はいいのかも_d0221430_17592794.jpg


空気と水と土が、

どんどん清らかになっていく世の中になればと願うばかり。。。




by nazunanet | 2020-01-09 18:29 | 日々のあれこれ | Comments(0)

お正月のあれこれ



お正月のあれこれ_d0221430_16305717.jpg


昔はお正月になると、友人やらと連れ立って、

あちらこち神社仏閣に出かけたものだけど、

今では、初詣といえば、地元の氏神様へお詣りと決まっている。

年末年始のお詣りが出来たら、

近所のお寺のお不動さんへお参りに行く。

お正月のあれこれ_d0221430_16311750.jpg


お正月のあれこれ_d0221430_16313131.jpg



そして家でゆるりと過ごすのが心地よい感じ。


お正月のあれこれ_d0221430_16291396.jpg



子供の頃から実家ではお正月のお餅は手作りだったので、

やっぱり、今でも手作りのお餅でないと、と思う。

ずっとお米屋さんがお餅をついて持ってきてくれていたけど、

廃業されたので、市販の餅になってしまう。。。。と心配だったけど、

幸い数年前にホームベーカリーを頂いて、

自宅でも作れるようになった。

ダンナさんが年末から鏡餅とお雑煮用のお餅を作ってくれている。


お正月のあれこれ_d0221430_16284554.jpg


パックで売られている市販のお餅も美味しいんだろうけれど、

食べ比べてみると、市販のお餅は大型機械で、

石臼をこれでもかっていうくらいついて作られているそうなので、

こね方が糊のようにまで細かくなめらかになっている。。。

ホームベーカリーとかだと、そこまで練り込めないものだから、

そういう市販のものに比べると、かなりざらつきのある餅になる。

断然市販のなめらかな餅の方が美味しい、と思いがちだけど、

自分の好みでいうと、ちょっとざらついた感じの餅の方が、

雑煮にしても焼き餅にしても味が絡んで、絶妙に美味しい気がしてならない。

杵と臼でついた餅のように完全な手の仕事ではないけれど、

ホームベーカリーの餅作りはそこそこ手作り感のある餅に出来上がる。

たぶん、自分自身、子供の頃から餅といえば手作りの餅だったので、

市販のパックの餅はなめらかすぎて餅という感じがしないのかもしれない。。。

まあ、個人的な好みでしかないけれど。

ベーカリーは完全に餅専用に使っているけれど、本当に重宝している。

桜エビを入れた海老餅も、お正月が終わった頃に作るのが恒例。。。

煎った黒豆を入れた豆餅も美味しい。。。


七日は七草粥にゆがいた餅を入れて、

十日の鏡開きで餅を割って、

十五日にあずき粥を食べて、

祝い箸からいつもの箸に戻って、お正月は終わり。。。

一月行く、二月は逃げる、三月は去る、というように、

ここからあっという間に春がやってくる。

でも、十五日までの新春を、まだまだ楽しみたいね。。。


お正月のあれこれ_d0221430_16293510.jpg








by nazunanet | 2020-01-09 17:31 | 日々のあれこれ | Comments(0)
台所洗剤を粉石鹸のスノールで作るプリン石鹸洗剤に変えてから、

手荒れがほぼ無くなって、指の爪の縦の筋やひび割れも無くなって、

手の甲、指、爪の乾燥が改善されているのが驚き。

すぐに効果が表れたので使い続けられたんだと思う。

以前、髪も純石鹸で洗っていたけど、

純石鹸の固形石鹸を泡立てて使っていたので、

その方法は間違っていたことに今になって分かった。

それで長続きしなかったのだなあと。。。

今はプリン石鹸を使ってシャンプーしてみたら、

洗う感触も洗い上がりも全く違うものに。。。

(プリン石鹸のことは過去記事の粉石鹸その1、その2、その3に詳細あります)

石鹸を泡立てるネットでホイップして、モクモクのクリーミーな泡ができるし、

それで頭皮や髪をマッサージしながら洗うだけ。

お湯で流せばすぐにサッパリした洗い上がりに。

タオルドライのときにアルガンオイルを数滴手に取って髪と頭皮になじませて。

ドライヤーで乾かして、仕上げに柘植櫛で溶かせば、サラッサラでピカピカの髪に。

市販のシャンプーで洗っているうちに、洗い上がりのぱさつきや、

乾燥が気になってきて、だんだん髪の艶も以前ほど感じなくなってきて、

何かくすんだような感じだった。

でも、スノールで洗い始めてから、

また髪質が元気に、しっとりした感触に戻ってきた。

台所洗剤でも感じていた界面活性剤のダメージがあったんだと思う。

だんだん家の洗剤は純石鹸スノールがあれば、

なんでも対応できてしまうような気がしてきた。。。

手指と髪、そしてシンクやステンレス鍋、アルミ鍋などがピカピカになってきた。

石鹸にはクエン酸パウダーで作るクエン酸水も常備すれば万全なのだし。。。

もう我が家では欠かせないものに。









by nazunanet | 2019-12-28 00:12 | 日々のあれこれ | Comments(0)
毎年恒例の神田・まつやで年越し蕎麦。。。

今年も変わらず、みなさん並んでます。

毎年恒例の、神田・まつやで年越し蕎麦_d0221430_22200706.jpg

いつもはもうちょっと遅めに行くけれど、

今年は今日、ちょっと早めに行ってみました。

毎年、何故か申し合わせたように、

私達の前に素敵な感じの老夫婦がいつも並んでいたんだけど、

今年はイレギュラーなスケジュールになったので会えなかった(?)。

そういうのは、向こうは全然知らないことなんだけど、

毎年恒例行事になっていて、なんか良い感じだったのです。


30~40分くらい待つのかなと思っていたけど、

結構早く店内へ通された。

混雑してはいるけれど、まだそんなに団体客の忘年会グループはいないみたい。

大勢さんの飲み会グループが重なると、かなり外で待つことになるから、

今日は天気も良くて日差しも暖かかったので、待つのも苦ではなかった。

でも、時折吹きすさぶ強風があって、やっぱり日陰になると寒い。

そんなときは、やっぱり温かいつゆの天婦羅蕎麦ですね。

毎年恒例の、神田・まつやで年越し蕎麦_d0221430_22202281.jpg


天婦羅はサクサクカリカリ派だったので、私はずっと天せいろだったけれど、

美味しいつゆに浸った天婦羅の衣の、

シミシミの沁みる美味しさを知ってしまってからは、

もう年越し蕎麦は、温かい天婦羅蕎麦に限る!ってなことに。

時々、冷たいつゆで”もりそば”を味わいたいと思って、

天せいろにしたりもしたけど、店を出たあと寒風吹きすざぶ中を歩いていると、

「やっぱり冬は温かいお蕎麦にするんだった」と思うことに。

なので、今年は迷わず、しみしみの天婦羅蕎麦。

家に着くまで身体が芯からポッカポカに。

ああ、今年もまつやで年越し蕎麦を食べられて幸せだなあ、と大満足。

大晦日には、持ち帰りのまつやの乾麺を茹でて自家製の年越し蕎麦。

蕎麦を茹でて、天婦羅を揚げての大騒ぎで年越しに間に合わせるスリリング。

クリスマスが過ぎると、一気に大晦日への空気が高まってくる。

それも年中行事が良い感じ。

年末年始は寒くなってくるようなので、

暖かくして過ごしたいものです。。。

by nazunanet | 2019-12-27 23:41 | 日々のあれこれ | Comments(0)
25日、いわゆるクリスマスの日、

甘いものを買いに出かけたら、

クリスマスケーキを買う人々の列が色んな店で発生していて、

すごい熱気に。。。

今年はかなり盛り上がってる感じ。

でも今日は生クリームたっぷりのケーキの気分ではないけど、

何か、この日に食べるのにいいようなものがないかなあと探していたら、



クリスマスケーキはあんみつで_d0221430_22193965.jpg


船橋屋のあんみつがクリスマス仕様になってたので、これに決まり。

船橋屋名物のくず餅と、ツリー型のようかんがトッピング。

いつもは器に入れ直して食べるけどパッケージもトナカイなので、

このまま、いただきます。

ここの寒天は磯の香がすごい。(笑)

日本人は寒天というものが分かってるけど、

外国人の人がこれを食べたら、「なんでスイーツなのに生臭いんだ?」って

びっくりしちゃうかも。。。

それくらい海の香りたっぷりの天然素材で作った寒天ってことだから、

すごいと思う。。。

やっぱり我が家はクリスマスやバレンタインとかも、

なんだかんだいっても、あんみつ好きなんだなあ。。。



by nazunanet | 2019-12-27 22:53 | 日々のあれこれ | Comments(0)
先日ニッキに書いていたのが、これです。

スケルトン万年筆、fonte vol.2。


文具大好き。カラーインクが楽しめるスケルトン万年筆fonte vol.2_d0221430_22203727.jpg


最初に2本買ったけど、どうしても他の色違いも欲しくなって。。。

今日、お店から届いてカラー5色が揃いました。


全部がスケルトンのクリアボディのを含めて6色あるみたい。

でも、お店にあったのはこの5色なので、

またどこかで見かけたら、コンプリート出来たらいいなあと思います。



前バージョンの”fonte"が大ヒット文具らしくて。

全然知らなかった私。。。

でも、もし持ってたら、こんなに揃えてしまったかどうか。

なので、つい最近知って、良かったかも。

色分けして使うのが楽しくなりそう。

カートリッジは便利だし、コンバーターがあるのでインクボトルも揃えられるし。

革のペンケースに勢ぞろいさせて、

可愛い、可愛いーと眺めているところです。





by nazunanet | 2019-12-27 22:42 | 日々のあれこれ | Comments(0)
ちょっと前に、薺nazunaのアイテムで、

旅人のためのマルチケースや、

旅人のためのペンケースをおしなものにアップしましたが、

「旅屋」という名前の文房具屋さんでfonte vol.2をゲット。_d0221430_14374685.jpg

”旅”や、”旅人”というタイトルのシリーズのものは、

ショルダーバッグやボストンバッグ、小物入れなど様々に、

これまでずっと作ってきました。

出かけた先で使いたい、街歩きや旅の相棒としてのアイテム作りが好きで、

”羊飼い”シリーズと共に、”旅人”シリーズのものも、

これからもずっと制作していこうと思っているのですが。


つい先日、ネットで何かいい感じの文房具がないかなあ、と探していたときに、

ふと目に入った文房具店の屋号、”旅屋”さん。。。

旅屋?!

”旅を感じる文具雑貨店”というステーショナリーを扱うお店です。

旅、という名前の、しかも大好きな文房具屋さんと聞いたら、

訪れないわけにはいかなくて。。。



袋もの屋の薺 nazunaは幼少期からずっと文房具好き。

ノートや筆記具、消しゴムなど、とにかく近所の文房具屋さんに、

幼少の頃から入り浸っておりました。

大人になってもやっぱりノートを見たら、欲しくなってしまうのは変わらなくて。

でも、大人になったからといって、それほど高級文房具は興味はないのです。

唯一持っている高級文具ものといえば、

フィレンツェの老舗文具店”スクリプトリウム”の革装丁のノートや、

シーリングセットを持っているくらいで、

あとは子供の時からの好みのままなのです。。。

つばめノートや測量野帳、レトロなシャープペンや芯ホルダー、

東欧のボールペンなどに心躍らせているような文具好きです。。。


そうして、偶然出会った”旅屋”さん。

文具好きならワクワクする品揃え。

そして、そこで”Fonte"という万年筆を発見。

もっぱら鉛筆や芯ホルダー、ボールペン派で万年筆派ではないのですが、

その”Fonte"という万年筆の可愛さに釘づけに。。。

クリアボディに金色の金具、ペン先は金と銀のツートン。

私が一目惚れしたのは”fonte vol.2”というバージョンアップしたものだそうで、

確かに前のバージョンのも良いけれど、今回のものは段違いに断然イイです。

(写真、追って載せます。。。)

スゴク可愛いのに、1000円以下というプチプライスな万年筆。

これなら何本も揃えてしまいたくなる。。。

そんなわけで、色鉛筆のような感覚で、カラーインクを使いたくて、

色違いをまとめて購入してしまいました。。。

カートリッジとコンバーターが両方使えるので、

好きな色のインクをブレンドしたものとかも使えそう。。。

商品が到着したら、写真を載せようと思います。

薺nazunaのくるくる革紐で丸める”旅人のためのペンケース”、

万年筆の持ち運びにぴったりな気がします。

”旅”という名のお店に出会えて、なんだか嬉しくなって、

ブログに書いてしまいました。

書き味もなめらかで書きやすいし、見た目がとにかくいいのです。。。

万年筆派ではなかったので、カラーインクもそんなに興味無かったですが、

今は自分の好きな色を少しずつ揃えてみたい気持ちになりました。


(まだご存じなく、興味がおありの際は、
 ”fonte vol.2”で探してみてくださいませ。本当に可愛いのです!
 旅屋さんで前バージョンと共に扱っておられます。)



by nazunanet | 2019-12-26 21:04 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31