人気ブログランキング |

タグ:文房具 ( 3 ) タグの人気記事

かなり長いこと、ノートやメモに書くのはシャープペンシル愛用派だったけれど、

その後、芯ホルダーにはまって、

コーヒノールの芯ホルダーなど愛用していたけれど、

最近はもっぱらボールペン。

シャープペンや芯ホルダーで書いているうちに、

芯を補充したり、削ったり、どうにかしないとしないといけないのが

ちょっと面倒にもなり。。。

外出先で芯ホルダーの芯を削るのも、ねえ。。。

それで、しばらく愛用していたのが東欧のボールペン。(下左)

書き味なめらか。見た目のレトロでグー!

最近のお気に入りの文房具、”スキルクラフト”のボールペン。_d0221430_23173376.jpg

あと、三菱の証券細字用ペン。

これもいいけど、クリップがないので困るときもあった。

しかも、廃番になってしまって生産終了なのが悲しい。。。


そこで最近のヘビーユーズなボールペンは「スキルクラフト」(上右)


最近のお気に入りの文房具、”スキルクラフト”のボールペン。_d0221430_23174156.jpg

東欧のレトロペン以上に書き味なめらかで軽い!

しかも、愛用のfilofaxの細いペンホルダーにすんなりと納まってくれる細さもいい。

数年前に文具界で紹介されて人気だったみたいだけど(私は知らなかった)、

最近は扱うお店も無くなってきたみたい。

リフィル芯を扱うお店も一軒しか見つけられなかったし。。。

リフィル芯の互換性はシュナイダーエクスプレス75なら合うみたいだけど、

それは高価なのでスキルクラフトの本体より高くなっちゃう。

いまのうちにリペア(訂正)→リフィルを買っておかないと、とも思う。

それくらいお気に入り。

ちなみにレトロペンはスキルクラフトの芯が合うけど、

逆は合わなかった。残念。



チープな文房具が大好きなので、また何か見つけたらご報告まで。

(映画”パターソン”の中で詩を書くのに使われているのは、

たぶんこのスキルクラフトの昔に作られてたものだと思う。

今のデザインは口金がないけど、

以前のものはペン先の口金があったみたいだから。

映画の中でパターソンがスラスラと書いていたように、

本当に紙の上を滑るようにインクが乗ってくれるのが気持ち良い。)





by nazunanet | 2020-12-16 00:18 | 日々のあれこれ | Comments(0)
先日ニッキに書いていたのが、これです。

スケルトン万年筆、fonte vol.2。


文具大好き。カラーインクが楽しめるスケルトン万年筆fonte vol.2_d0221430_22203727.jpg


最初に2本買ったけど、どうしても他の色違いも欲しくなって。。。

今日、お店から届いてカラー5色が揃いました。


全部がスケルトンのクリアボディのを含めて6色あるみたい。

でも、お店にあったのはこの5色なので、

またどこかで見かけたら、コンプリート出来たらいいなあと思います。



前バージョンの”fonte"が大ヒット文具らしくて。

全然知らなかった私。。。

でも、もし持ってたら、こんなに揃えてしまったかどうか。

なので、つい最近知って、良かったかも。

色分けして使うのが楽しくなりそう。

カートリッジは便利だし、コンバーターがあるのでインクボトルも揃えられるし。

革のペンケースに勢ぞろいさせて、

可愛い、可愛いーと眺めているところです。





by nazunanet | 2019-12-27 22:42 | 日々のあれこれ | Comments(0)
ちょっと前に、薺nazunaのアイテムで、

旅人のためのマルチケースや、

旅人のためのペンケースをおしなものにアップしましたが、

「旅屋」という名前の文房具屋さんでfonte vol.2をゲット。_d0221430_14374685.jpg

”旅”や、”旅人”というタイトルのシリーズのものは、

ショルダーバッグやボストンバッグ、小物入れなど様々に、

これまでずっと作ってきました。

出かけた先で使いたい、街歩きや旅の相棒としてのアイテム作りが好きで、

”羊飼い”シリーズと共に、”旅人”シリーズのものも、

これからもずっと制作していこうと思っているのですが。


つい先日、ネットで何かいい感じの文房具がないかなあ、と探していたときに、

ふと目に入った文房具店の屋号、”旅屋”さん。。。

旅屋?!

”旅を感じる文具雑貨店”というステーショナリーを扱うお店です。

旅、という名前の、しかも大好きな文房具屋さんと聞いたら、

訪れないわけにはいかなくて。。。



袋もの屋の薺 nazunaは幼少期からずっと文房具好き。

ノートや筆記具、消しゴムなど、とにかく近所の文房具屋さんに、

幼少の頃から入り浸っておりました。

大人になってもやっぱりノートを見たら、欲しくなってしまうのは変わらなくて。

でも、大人になったからといって、それほど高級文房具は興味はないのです。

唯一持っている高級文具ものといえば、

フィレンツェの老舗文具店”スクリプトリウム”の革装丁のノートや、

シーリングセットを持っているくらいで、

あとは子供の時からの好みのままなのです。。。

つばめノートや測量野帳、レトロなシャープペンや芯ホルダー、

東欧のボールペンなどに心躍らせているような文具好きです。。。


そうして、偶然出会った”旅屋”さん。

文具好きならワクワクする品揃え。

そして、そこで”Fonte"という万年筆を発見。

もっぱら鉛筆や芯ホルダー、ボールペン派で万年筆派ではないのですが、

その”Fonte"という万年筆の可愛さに釘づけに。。。

クリアボディに金色の金具、ペン先は金と銀のツートン。

私が一目惚れしたのは”fonte vol.2”というバージョンアップしたものだそうで、

確かに前のバージョンのも良いけれど、今回のものは段違いに断然イイです。

(写真、追って載せます。。。)

スゴク可愛いのに、1000円以下というプチプライスな万年筆。

これなら何本も揃えてしまいたくなる。。。

そんなわけで、色鉛筆のような感覚で、カラーインクを使いたくて、

色違いをまとめて購入してしまいました。。。

カートリッジとコンバーターが両方使えるので、

好きな色のインクをブレンドしたものとかも使えそう。。。

商品が到着したら、写真を載せようと思います。

薺nazunaのくるくる革紐で丸める”旅人のためのペンケース”、

万年筆の持ち運びにぴったりな気がします。

”旅”という名のお店に出会えて、なんだか嬉しくなって、

ブログに書いてしまいました。

書き味もなめらかで書きやすいし、見た目がとにかくいいのです。。。

万年筆派ではなかったので、カラーインクもそんなに興味無かったですが、

今は自分の好きな色を少しずつ揃えてみたい気持ちになりました。


(まだご存じなく、興味がおありの際は、
 ”fonte vol.2”で探してみてくださいませ。本当に可愛いのです!
 旅屋さんで前バージョンと共に扱っておられます。)



by nazunanet | 2019-12-26 21:04 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31