人気ブログランキング |
明治に織られた柔らかな型染布に出会った。

「もう古くて良いものはなかなか出てこなくなりました」と

お店の方はおっしゃる。

残そうと思わなければ、あっという間に無くなってしまうものだけど、

少しでも、手から手へと繋いでいけるように、

無駄にしないよう、心ある物づくりをしていきたい。。。




機械で紡績した糸と、

ゆっくりと手で紡いだ糸はやっぱりふわふわ感が違う。

機械で紡いだものは、

やっぱり繊維の毛羽が削られたように無くなっていて、

その分、細く均等な糸なんだけど、

布になったときの柔らかさが全然違う。

明治の古い布が新しい布に比べて、

綿花を摘み取ったままのような柔らかさなのは、

それが手で紡いだ糸のみで手織りされたものだからだと思う。

そういう希少な布は日常使いの袋ものには向かないけれど、

でも、こうした布はなかなか出会える機会がないので、

手に取って楽しんで貰いたいと思う。。。

布の感触や染め色で目も楽しめて、

心和むものが出来たら、と思います。



by nazunanet | 2019-11-19 01:51 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)

フランネルのリネン

練乳色のフランネルリネンを手にとったら、

ふわふわとした、ほんのり起毛した手触りが、

まさにフランネル。

密に織られているけれど糸はとても繊細な生地なので、

柔らかな肌触りに。

そのまま布端を三つ折りしたり、フリンジを作って

ストールやひざ掛けにも良さそうだし、

ふわっと羽織るナイトガウンにも良さそう。

冬のおでかけにグレーのコートや、スモーキー色のガウンに合わせたい。。。

空いた時間のちくちく縫いなので、

いつ出来上がるかな。。。







by nazunanet | 2019-11-19 00:58 | 手縫いの服 | Comments(0)
洗いざらしも心地良いし、

水をくぐらせていくと布の風合いも良くなって、

と、言っていますが、

でも、やっぱり、

洗剤を使って洗濯機で洗うと、どうしても傷むのです。。。

ドライモードといえども、

回転洗いの際や脱水のときなどに、

洗濯槽の内壁に当たって傷んでくるのだと思うのです。

なので、お洗濯の回数をなるべく減らすのが

一番長持ちする秘訣、ではあるのですが。。。

シャツや肌着などは毎日のように洗濯するのは当然だし。。。

汚れがそれほどなければ重曹を使ったり、

襟や袖口など部分的に石鹸で手で洗ってから、全体を洗ったり。

そういうのがいいのかもしれないなあと思います。


ウールも使っていると毛玉が出来てしまって気になったりするけれど、

だからといって、出来た毛玉をカットしてばかりいると、

どんどん生地やニットが痩せていってしまうので、

それよりかは、洋服ブラシでブラッシングをするだけでからまりが取れるので、

その方がいいなあと思います。

白い馬毛のブラシがウールや純毛ニットに良いと言われたけれど、

結構高価なものなので、小さめの旅行用のサイズを試しに買ってみたけれど、

やっぱりブラッシングすると、ウールは革と同じで元気になる感じがします。


こういうのを書いていると、すごくキッチリした暮らしをしていると

思われてしまいそうでコワイですが。。。(笑)


薺nazunaで作っているものをご覧になっている方には、

結構すべてにキッチリと完璧主義なのでは、と言われたりすることがあるのですが、

全然、全然です。。。(笑)

基本、制作作業以外は、おおざっぱな性格なので、

布の洗いや手入れも、

不器用な自分が試してみて、

ちゃんと続けていけることだけをお伝えできればと思っています。



布でも何でも奥が深くて分からないことだらけです。

色々教わったことを試してみると、本当だなあと感心ばかりしているワタシです。

薺nazunaの製品をお求めくださった方々や、

私も含めて布を大好きなヒトたちが、

長く楽しんで愛用できればいいなと、

ちょっとずつ自分で実践して納得したものだけを、

ニッキに記していきたいなと思います。



by nazunanet | 2019-11-14 20:29 | 布のこと | Comments(0)
数年前に仕立てたリネンのシャツ。

洗うときは重曹や石鹸成分の洗剤と、

すすぐときにクエン酸を加えて洗うと心地よい仕上がりになる。

手で洗って、絞って、ハンガーに掛けて窓際に干したシャツ。

麻のカーテンから入って来る陽の光に当たっている。

ピンタックやギャザー、カフス、貝ボタン、襟の合わせ、

そんなシャツのパーツの一切合切が、洗いを重ねてくったりしながらも、

麻特有のパリッと感を感じられて、

どこも着古した感じやくたびれた様子がないのが、少し驚きでもある。

綿のシャツも心地良いけれど、綿の方が繊維が柔らかい分、

少し毛羽立っていき、くったりした感じが出やすいのに比べて、

リネンは何度も何度も水をくぐっても、どこか爽やかな気配をずっと保っている。

これがリネン、麻が愛されている所以なんだな、と思う。

お出かけにはアイロンで伸ばした方がいいんだろうけれど、

洗って干したままのシャワシャワとした手触りのシャツに、

袖を通したときの心地よさ。

そして着ていくにつれて、くったりとしてゆく。

リネン、麻を好きな人は夏も冬も季節を通して愛用しているのもうなずける。

少しずつ麻の衣類を増やしていきたいなと思う。









by nazunanet | 2019-11-07 22:16 | 手縫いの服 | Comments(0)

もうすぐ8月も終わり

d0221430_22103085.jpg

これは先週の空。ピンク色の雲と水色の空が美しかった。

アングルを決めている間に、秒単位でどんどん色が変わっていく。

夏至の頃は夜は7時でもまだ明るかったけど、

空はもうすっかり秋の気配。

5時には夕方の空に変わっている。

もう少し夏を堪能したいなあ。。。


腱鞘炎は少しずつ良くなってきた。

針を持って動かしている右手のときは、激痛ではあったけど結構早く治ったのに、

左手は慢性になっていたのでかなり掛かる。

これはもう長くお付き合いしていかなくちゃいけないものなのかもしれないなあ。

縫い物しない日々は結構つらいものがあるので、

様子をみながら、少しずつリハビリを兼ねてちくちく縫いを再開。

ちょっとガタつく縫い目でも自家用キルトなら大丈夫、ってんで、

三角形や四角を切りためておいた布を縫い合わせて作るキルトをリハビリに採用。

図柄を考えずに始めたけれど、

なんとなく出来上がっていくモチーフがまた楽しい。


d0221430_22384745.jpg


(画像は以前の記事から引用)

縫い物をしながら、音楽を聴いたり、ラジオを聴いたり。

音楽はインストゥルメンタルのものが好きな方。

全般的に洋楽派。

幼少時代に親の影響でジャズやR&B、フレンチポップス、カントリーなどなど、

ロックも映画音楽もクラシックも、

大人になってからは先輩方の影響でゴスペルも好きになって、

そしてフラメンコまで、どっぷりワールドミュージック派なので、

あまりJポップスは聴いてない方かも。。。

最近はバンブーサックスが再燃しているのでサックスのナンバーをよく聴いている。

コルトレーン、いいなあ、なんて。

樹脂製リードは思った以上に良いので、練習するのも楽しくて仕方がない。

バンブーサックスに使用するのは天然の葦リードの方が味わいがあるけど、

ポケットサックスにはぴったり。

手軽に使えて耐久性に優れているので、

扱いがまだまだの初心者にはもってこいだし。

時間のあるときに、30分くらいスケールとロングトーンの練習をして、

好きな曲を鼻歌を歌うように吹いている。(笑)

ちょっとずつだけど、軽やかに吹けるようになってきたのも、また楽し。

樹脂製リード、消費税アップする前に買っておかなくちゃ!(笑)



そろそろアイテム制作に取り掛かろう。。。





by nazunanet | 2019-08-28 22:58 | 日々のあれこれ | Comments(0)
カンタ刺繍のコメントを頂いて。。。

画像を撮ってみたけれど、

まだまだ作業の途中で、膝掛けサイズの布にちょっとしか糸を進めていないので、

余白がたんとありますが、一部分だけ。。。


d0221430_20514586.jpg
インドのカディ生成布に、

生成のガス糸で刺繍と地刺しなので、

光に透けさせて撮らないと写せなかった。

モチーフの刺繍と地刺しはどんどん増えていく予定。

下書きはせず糸と針の赴くままに、

というのが自分なりのカンタのコンセプト。

それが楽しい。



藍の古布をはぎ合わせたものに、白糸でカンタ刺繍。


d0221430_20583215.jpg

パッチワークや刺し子、刺繍とも違う”カンタ”に出会って、

自分なりのチクチクを続けているけれど。。。

これらをカンタ刺繍といったら異論も出そうだけど、

カンタ刺繍の懐の深さに甘えて。。。


カンタは飾るというよりも、肌に掛けたりして使うものだそうなので、

より柔らかな風合いの生地がいいのだとか。

インドのカディ布もまだしっかり感がある。

使い古しのシーツや布団カバーが一番いいらしい。

破れてトロトロにとろけるような布がカンタには最適なんだとか。

そういうシーツで肌掛けも作ってみたい。




by nazunanet | 2019-07-01 21:11 | 布のこと | Comments(2)
しばらく目が不調だったので、縫物制作はお休みしていたけれど、

やはり糸と針を持たないと心地よくない。

何か縫っていたい。

でも、凝視して縫えないので、

おおまかに、おおざっぱにでも楽しめるものを、と思うと、

そこはやはりカンタ刺繍!

 (追記:”おおざっぱに”というと、誤解が生じるかも。。。(笑)

 布の目を数えずに、きっちりステッチの糸足を揃えたりなど、

 フランス刺繍やこぎん刺しのようなキッチリした刺繍じゃなくて、

 とても自由で、自分流に進めていけるという懐の深いカンタ刺繍。

 そういう意味なのです。ぺこり)

自由が丘のギャラリーでインドのカンタ刺繍のアンティークの作品を観たとき、

あまりの繊細さに驚いた。

刺し子用の糸はルーペで覗かないと見えないくらいの細さ。

布の織り糸とほぼ同じ極細のものだった。

貧しいインドの地方の村では多分、縫い糸が豊富にないので、

布の端から糸を引いて、カンタ刺繍の地刺し用の糸にしたのだろうか。

ルーペで確認しなくては刺し子しているのが分からないほど

繊細な手仕事のものだった。

ステッチのピッチもとても手縫いとは思えない細かなものも。。。

そういう本場の本物のカンタ刺繍を、

とても真似することなど出来ないほどだけど、

布に糸でステッチしていくことの楽しさを

シッカと感じられたカンタとの出会いだったので、

自分なりのカンタ刺繍を続けている。


望月先生も「何もルールもない。刺繍枠もいらない。目を数えなくてもいい。

何でもいいの。好きなように刺すのがいいの」とおっしゃってた。

それで糸の赴くまま、針の進むまま、

眼があまり使えない状態だけど、

どんどん針を進めていって、

紋様が浮き上がってくるのが楽しい。

私は藍地には藍の糸、生成りには生成りの糸で縫うのが好き。

模様は太陽にかざすと、浮き上がってみえる。

それが楽しい。

模様、装飾的なものじゃなく、

布の陰影、布の手触り、そんなものが好き。

まだまだ布の余白がいっぱいある。

埋め尽くすにはどれほどかかるかな。

でも、それもまた楽しい。

by nazunanet | 2019-06-22 21:47 | 布のこと | Comments(2)
色んな切れ端の布は、

藍染めや生成、フラックスそのままの色など、

どれも同じような色なんだけど、微妙に色も織りも、

手触りも違うものだったりするので、

シンプルなピースの縫い繋ぎでも、

表情が出て面白い。

素朴なラグっぽいのソファカバーが欲しかったので、

ネイティブアメリカン的な紋様をちょっと入れてみた。



d0221430_16460843.jpg



ジグザグの幾何学紋様はアイダズラーという模様。(目眩し模様)


中央の赤い布は半纏などの裏に使われていた古布。

穴もありシミもあり破れもありで、

あまりにボロボロなので袋ものには使えなくて、

キルトのアクセントに使えるかも、と取っておいたもの。

古ぼけた色がキルトとして使ってみると逆にいい感じかも。。。



d0221430_16454524.jpg

縫い繋いでいるうちに、どんどん大きなひし形になってきた。

延々と同じパターンを作ってパターンを繋いで、

ソファ、またはベッドカバーに作れるといいけれど。



日中の作業を終えたあとの、空いた時間、

寝る前のちょっと空いた時間に、

少しずつカンタ刺繍や布繋ぎのキルトを作る。

なんだか心地よい時間になっている。



by nazunanet | 2019-04-09 17:16 | 日々のあれこれ | Comments(0)
布のはぎれが沢山ある。

その多くが、小さな袋物さえ何も作れないような切れ端ばかり。

捨てられてしまうような切れ端を、キルトのピースとして再利用。

ぬいしろをつけて三角形や四角に切ってためておいて、

時間の空いたときにちくちくと縫い合わせていく。

三角形を合わせて四角に、

四角を連ねて大きなピースに。。。

リネンやヘンプ、コットンの生成布のグラデーション、

藍の様々な色のグラデーション、

三角を縫い合わせていると、

ネイティブアメリカンの古いキルトのようなものが出来上がってきた。

あり合わせのハギレや切れはしで作るからこそ、

作りたいと思えるキルト。

わざわざデザイン画を描いて布を選んでは作りたいとは思わない。

韓国の昔のポシャギも、アメリカの古いキルトも、

日本の襤褸も、余り布を使ったものだから。



小さなピースを縫い合わせる作業が延々と続くんだけど、

妙な心地良さがあるのがキルトの面白いところ。。。

カンタ刺繍で制作途中のキルトと同様に、

出来上がりが楽しみだけど、いつ出来上がるのか見当もつかない。。。

それもまた面白い。

by nazunanet | 2019-03-23 23:05 | 布のこと | Comments(2)

生成りや白の帆布やリネン、ヘンプの衣料や袋ものは、


純石鹸成分で洗濯するに限るのですが、


経年のうち、洗濯を繰り返すうちに、黄ばみが出てくることがあります。


なんか黄ばんじゃった、とお嘆きのみなさまへ。


身体や手などの皮脂や石鹸成分が積み重なっていくうちに


酸化して黄ばんだりします。


そういうときは、


すすぎの時に「クエン酸」を用量に合わせて投入してみてください。


黄ばみが濃かったり、上記のすすぎのクエン酸でもダメなときは、


洗濯物を洗う前に、クエン酸を溶いた水に長時間浸しておくと良いです。


洗濯槽に溜めた水に多めにたっぷりのクエン酸を溶かして、


その中に布類を浸しておいてみてください。


黄ばみ具合によって長めにするといいです。


一晩とか半日とか丸一日でも。


このクエン酸が、石鹸成分などで酸化した繊維の黄ばみを中和してくれるようです。


タオルやTシャツの黄ばみなんかも、この方法で改善されると思います。


その後、クエン酸の水は一度脱水してから、


改めて、粉せっけんや純石鹸でお洗濯を始めてみてください。


念入りの場合は、


すすぎの時にクエン酸を少し入れてアルカリ成分を中和してもいいと思います。


これでかなり黄ばみがとれます。


重曹、クエン酸、酵素系漂白剤などを有効に使うと、


お洗濯後の心地良さが断然違います。


石鹸洗剤でリネンなどを洗ったあと、


クエン酸を投入してすすぐと、


洗いあがって、乾かしたときのあの気持ちよさ。


白いリネンなど、曇ったベールを脱いだような白さが際立つこともあります。


是非試してみてください。



 

生成りや白の布ものを


「汚れやすいから」と敬遠される人もいらっしゃるかもしれないですが、


洗いを重ねられるのが良いところです。


でも、たとえ洗えないアンティークやビンテージの生成りや白にも、


経年の味わいや美しさを感じて貰えたらと思ったりします。。。


どうぞご参考までに。


by nazunanet | 2019-01-18 17:38 | 布のこと | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30