「大いなる沈黙、グランド・シャルトル―ズ修道院」の映画に引き続き、

そんな風に、映画や絵画を観るとき、

衣装や小物、布の質感などを見てしまう。

ヨーロッパやアメリカ映画の歴史ものは、

忠実に衣装を再現しているので、実に興味深い。


イタリア映画の巨匠ヴィスコンティの作品は、

貴族社会を描いたものなら、階級に忠実に、

全てが最上質のもの。

窓のカーテンに至るまで。

「ベニスに死す」に登場する避暑地にやってくるブルジョア階級の、

海辺の普段着の華麗なこと。。。

白とネイビーのストライプをあしらった白いレースのドレス、

レースも遠目にも上質なものばかり、

リネン、シルクなどのまるでアンティークかと見紛うまでの

見事な衣装を揃えていて、

それがふらっと画面を通り過ぎる登場人物であっても、

そこに滞在する人々は全員が上流階級、特権階級という設定なので、

どれを一つ取ってもなおざりにされているものがない。


今の娯楽作品の方が往年の映画よりも莫大な予算が掛かってるだろうけれど、

往年の名画など、細かく見ていると、

どれほどの手間とこだわりが詰まっているかは計りしれない。。。


少し前に観たのが、1965年制作の日本映画の「怪談」(小泉八雲原作)の、

衣装や小物、舞台設定、演出の美しいこと。。。

こういう映画はもう日本では作れないだろうと思う。。。

作品中に登場する市場のシーン。

今は高価な値で取引される日本の麻の反物がいっぱい並べてあって、

見ているうちに欲しい気持ちが湧いてくるほどに。。。

使われている機織りや染めの工房らしきシーンのものも、

時代や道具の考証の確かさも感じて、

本当に名作だなあと感動してしまう。。。


海外映画では、フランス宮廷を舞台にした「宮廷料理人ヴァテール」も、

小道具や衣装が面白い。

ストーリーは、太陽王ルイ14世の時代の僅か数日のお話し。

王が貴族の屋敷に逗留し、その晩さん会を任される野心家の宮廷料理人。

物語は失墜した王の信頼を取り戻そうとする主人に仕える料理人ヴァテールと、

権力争いの貴族ら、王妃の侍女と王との恋の駆け引き、

主人に翻弄される召使たちの悲哀、などなど、様々に入り組んで、

晩餐の趣向を凝らした演出や、食材を調達するために、

まさに名誉と命を懸けるほどの。。。


王や貴族らの招待客らが目にすることのない、

邸の台所、キュイジーヌで働く召使たちの衣装が心つかまれる。

フラックス色のリネンの長いローブのような上っ張り(!)、

エプロンも共布に、袖のカフスはどこまでも長く、

前合わせのボタンは小さいものが幾つも並んでいるのも素敵で。

貴族や王妃や侍女たちの煌びやかな衣装よりも、

料理長ヴァテールや職人達の衣装が気になった。


中世の時代ものの映画は、

リネンのシャツのギャザー使いや、

上着やコートの流れるようなドレッシーなラインが魅力。。。

生地もちゃんと当時存在しているものを厳選していたり。


古今東西を問わず、映画や舞台を見る時は、

必ず衣装と小物をチェックしているかも。。。

ここを雑に扱っている作品は大抵あまり良い作品じゃないことも多い。。。


衣装デザインが有名な映画というと、ちょっと昔の映画になるけど、

「アンタッチャブル」のアルマーニの衣装とか、

「炎のランナー」の衣装も良かった。。。

どちらもメンズ系なのが私好み。。。


ジャン・ジャック・アノーの映画「ラ・マン(愛人)」は、

センセーショナルな描写で話題になった作品だけれど、

戦前のインドシナの繁華街が描かれているシーンが美しい。

小さな路地にひしめきあう屋台や人々の当時の衣装が、

忠実に時代を再現していて、藍染めの長上着や真っ赤なチュニックなど、

当時の衣装を着ているインドシナの人々の姿に見とれてしまう。

屋台もフランス領だったインドシナらしく、

オリエンタルでエキゾチックな、シノワズリなデザイン。

吊るされているランタンの灯に、

照らし出される茶器や陶器の何と風情のあることか。

屋台の食堂の趣味がいいことといったら。。。


マルグリット・デュラスの自叙伝が原作なだけに、

セクシャルな描写が多い映画だけど、

衣装や街の景色の演出が凝っていて、

さすが、アノーの作品だなと。。。


また時代ものの佳作作品を観直さなくちゃ。。。





[PR]
by nazunanet | 2018-11-20 23:34 | art、 music,movie,etc | Comments(0)

以前、厳格な修道院を20年以上という長期にわたって交渉し、

ようやく1年を掛けて取材したというドキュメンタリー映画を見た。

『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』

フランスアルプス山脈に建つグランド・シャルトルーズ修道院。

創立以来900年の間、ほとんど変わることのない厳しい生活。

 

一人一人、個室を与えられて、

日々のほとんどの時間を沈黙と清貧と規律を守り、暮らしている。

(日曜日と祭日だけ談笑することが許される。厳しいー。)

修道院に入ってすぐの修道士に最初に衣服を与えられるシーンがある。

普段の生活で纏うローブやチュニックなどの衣類を賄う係の助修士もいて、

(助修士:修道院での暮らしを支える人達)採寸し、布を裁ち、仕立てていく。

きっと、中世と変わらぬやり方で。

ウンベルト・エーコ原作の「薔薇の名前」の映画

(ジャン・ジャック・アノ-監督、ショーン・コネリー主演)の世界と、

現代でも殆ど変わらないような。。。

 

厚手のフェルトのようなウールの生成り生地を、

フードつきのチュニックローブに仕立てていく作業も興味深く。。。

シンプルなカタチ、そして小さなポケット、ずっしりとした生地、

縫うこと、仕立てることも助修士の日々の勤めの一つであり、

沈黙のうちに仕立てられていく。

肉厚のフェルト生地のチュニックローブは見るからに重そうで、

それを着用して、ただじっとしたまま祈るだけで修行のようにも感じるけれど、

あの中世から変わらぬ暮らしの、静謐さと清貧の美しさが忘れられない。

 

ああいうチュニックやローブは暖かそうだなあ、なんて思ってみたり。

修道士の持つかばんや袋にも興味ある。

素朴でいながら、いつも肌身離さず持っていたくなる袋もの、仕立ててみたいなあとも思う。




[PR]
by nazunanet | 2018-11-20 23:09 | art、 music,movie,etc | Comments(0)

リネンを選ぶ

リネンで仕立てたバッグや衣服を愛用していると、

使うたびに、洗い込むごとに、

布の表情、仕立てた縫い合わせのところに、

どんどん味わいや風合いが生まれてきて、

さらに愛おしくなる感じ。

木綿も洗いにかけていくと、生まれる柔らかな風合いがある。

それも甲乙つけがたいけれど。。。

夏以外もリネンのシャツを纏う。

薄手の麻は二枚重ねて、

冬は羽織ものの麻をまた重ねて、

一番外にウールのコートを着込む。

空気をはらむ布を重ねると、

冬は特に暖かい。

少し厚手の麻は盛夏の頃には透けないので一重でも着られるし、

秋冬にはニットを下に着こんだり、カーデガンを羽織ったりも暖かい。


麻や木綿の品揃えが豊富な布屋さんで、

手触りのいい麻の布を見つけた。

一年を通して肌に心地よい麻や、

ざっくりした生成の麻も。

秋や冬にも着られる、ふわふわしたフランネル・リネンも見つけた。

ちくちく縫いながら、

出来上がりが楽しみになる。

少しずつ、少しずつ。。。








[PR]
by nazunanet | 2018-08-20 23:31 | 布のこと | Comments(0)
連日、サッカー話しのブログですみません。(笑)

日々、ちゃくちゃくとおしなもの完成に向けて作業中です。

「身につけるもの」は「装身具」のブレスレットを第一弾として

春にお披露目させて頂きました。

自分でも毎日使っている極細紐の天然石と交易ビーズのブレスレット。

軽くて、水に強くて、毎日ぐるぐる巻いても結構丈夫。。。

蜜蝋を施した強靭な繊維は、

ネイティブアメリカンが革細工で使用しているもの。

かつては動物の腱を細く裂いて糸として使っていたものを、

現代の技術で合成繊維で作り上げたもの。

極細のフィラメント様の繊維は切ろうと引っ張っても、

全く引きちぎれない強靭なシニュー糸というもの。

数あるシニュー糸の中でも、今では作り手が危機的状況にあるという

ネイティブアメリカン製の希少な糸。

(この貴重な糸の製造が続いてくれるように祈るばかりです。。。)

そんなシニュー糸を細く裂いて極細に編み、

一つ一つ細かなビーズを選んで組みあげたもの。。。

画像で見ると色がカラフルすぎると思われるかもしれないけれど、

手首に巻くと、色がすんなり落ち着いてくれるのも、

アンティークビーズならでは。。。

これからの季節に、幾つも重ねて巻いたりしても邪魔にならないのもいいです。



そして目下のところ、

「身に着けるもの」第二弾のウエアを制作準備中です。

心地よい衣類を仕立てられるよう、あれこれと試作しています。

さて、どうなることやら。

完成しましたらHPのおしなものへアップします。

是非またチェックしてみてください。






[PR]
by nazunanet | 2018-06-02 01:38 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)
HPのニッキの記事に、画像と文を更に追記。

苧麻、おお麻、南部麻などの布で袋ものを作る。

江戸期の南部麻(おお麻、ゴリゴリ麻)はまだハサミを入れていないけど、

是非、「麻の重ね」のシリーズとして仕立てたい。


日本のおお麻と韓国のサンベとくらべると、どちらも大麻布だけど、

韓国のものはモシ(苧麻)のような薄手に作られている。

柿渋染めのサンベ(大麻布)は日本の生成りの”アサ”にもよく合う。


d0221430_20370820.jpg


d0221430_21114827.jpg



d0221430_20372330.jpg



蚊帳として作られたという生成りの”アサ”。

大昔の手織のカヤ織りというのは、”蚊帳”ではなく、

植物の”カヤ”ではないのかな、と思うに至る。


江戸期の蚊帳と、

比較的新しい明治から昭和に掛けての蚊帳は、

織りや繊維の質が随分違っているように思う。



d0221430_20363219.jpg


これらの過去のアイテムは、
江戸期から明治・大正までのかや織りの生地で仕立てた小物入れ。
反物になった状態で骨董屋さんの棚に置かれてあった。
聞けば、江戸期のものだという。

”かや織り”と、”蚊帳織り”。

なんとなく同じものと思っていたけど、
江戸期のものという”かや生地”は、
いわゆる今でも”蚊帳生地として織られているものとは、
ちょっと違うものなのかもしれない。

古来から日本で”アサ”というのは
様々な草木から採取した繊維の総称をいうので、
もしかしたら、
大昔にはカヤを採取して繊維を採って、
績んだ糸で織っていたということではないのだろうか。。。

今でこそ、織り素材は豊富に手に入るけど、
江戸時代などは地方によっては資材に困窮していたところもある。
武士や裕福な商家や庄屋では上布の蚊帳を使うだろうけど、
衣服用の糸を自家栽培していたような農家はどうだったろうか。
上布などの着物に使う苧麻(カラムシ)を、
蚊帳のような日用の道具に使うだろうか、と思った。

原っぱや河原に無数に生えているススキや、
屋根材として使用した後の茅を、
繊維をなめして蚊帳として織っていたのじゃないだろうか、と推測。。。

素材や道具さえあれば、手間暇惜しまない日本人。
蚊帳の体裁を整えられるものなら
それくらいは簡単だったのではないだろうか。
繊維を採れるものなら何でも試していたのなら、
きっとあの長い長い茎をもつ、ススキや茅や葦も試したに違いない。。。

*かやは樹木のカヤではなく、イネ科の植物の”萱”もしくは”茅”。
映画「バンビ」に登場する、
ススキにぶら下がった小さなねずみの名前は”カヤねずみ”。(体長5センチ強!)


d0221430_20352472.jpg

この反物の”アサ”は比較的新しいもの。
それでも昭和初期頃のものと思われる。
使わずに保存されていたデッドストックの蚊帳生地。

最初はハリもあるし、粗目の織りなのでごわごわ感もある。
でも、使い古された江戸期のかや生地は、
ふんわりとガーゼのような柔らかさ。

袋ものにして大事に使い続けたら、
ふんわりとした手触りになってくるのかも。。。。

(画像の中で)下に置かれた生成の上布は江戸期の紋付の夏の着物。

生成の地に、家紋だけを染めている。

紋様の丸い円の枠を藍染めの紺と
家紋の松の紋様を浅葱色、
丸い紋の中の地色は精錬された”真白”、という色合いが絶妙で。。。

現代では夏の麻(上布)の着物に無地の生成なんて殆ど見かけないけれど、
あえて精錬もせず染めもせず、
家紋にさし色を入れるのが洒落てるなあと思う。
(後日、画像をアップしたいと思います)

d0221430_20340405.jpg
(左:生成上布。右:蚊帳生地。)


d0221430_20390846.jpg


そんなかや生地を使ってポーチや小物入れを仕立てたのが、

自分でも結構気に入っている。


プリミティブな風情を残したまま仕上げた袋ものなんて、

作るのはウチくらいなんじゃないかと。。。


おお麻や南部麻、昔の苧麻なども、

そんなプリミティブな風情のものを作りたい。


[PR]
by nazunanet | 2018-02-13 21:03 | 布のこと | Comments(0)
袋もの材料にしようと思って仕入れた着物や羽織や半纏など、

解いてしまえるものと、長いこと解けないままのものがある。

d0221430_19023336.jpg

東北の太い麻糸で織られた野良着や半纏など、
穴が開いていようが、痛んでいようが、
これを解くのは許されないんじゃないか、という気持ちになってくる。


d0221430_19025580.jpg

東北のおお麻の野良着。

穴の開いた風情まで、存在感が光っている。

手縫いのザクザクした縫い目にも、

洗いを重ねてアタリの出た藍染の色の妙が出ていて、

神々しいものにすら感じてしまう。
[PR]
by nazunanet | 2018-02-13 20:31 | 布のこと | Comments(0)
幕末武士の羽織。

やっと画像をアップしました。。。



何度も丸洗いを重ね、だんだんと本来の色が現れてきて。。

あの何色とも分からない色、

柿渋染めなんだか、深緑色なんだか。。。

というのが全て汚れや泥だった、という。。。

元の色は、なんと鮮やかな花田色。

d0221430_19550397.jpg

(洗いを重ねて、少々色落ちさせてしまったので浅葱色か。。。)

見違えるような爽やかな色を取り戻した羽織、

木綿だと思っていたけど、30倍スコープで覗いたら、
苧麻の緯糸と木綿の縦糸の交織りと分かった、というのが前回のこと。

骨董屋さんが「下級武士の羽織」と言ったわけは。。。
鮮やかな花田色に、こっくりした褐色の羽織紐。
この爽やかな色合わせの品の良さ。
それと、羽織の袖の長さがよく見かけていた平民の羽織と違って、
少し長めのようにも感じる。
ふわっと、たっぷり生地を使って仕立てられた感があり、
どこか若侍が着ていたもののような風情を醸し出しているような。。。(想像)

そして上級武士なら羽織に家紋は必定だろうし、
素材も単衣なら上布や葛布で仕立てるのでは、とも思う。
(葛布は和紙のように折り目がキッチリ出るので、お武家好みとのこと)

それにしても、幕末の武士の羽織。。。
激動の時代を歩んできたであろう藍染の羽織。
元の色が分からないほど泥だらけになった羽織は、何を見て来たのだろうか。。。

明治維新後は、失職した武士たちの怒濤の幕開けとなったろう。
布一枚、着物一枚に歴史を感じ、
ご先祖ルーツにも想いを馳せる。。。 

去年、鎧姿の戦国武将のご先祖さまの夢を見た。
黒髪ロン毛の額に、きりりと巻いた白い帯。
軍配か、白い房のようなものを手に、戦の野営幕の中で座っている姿。

戦国時代の山城の城主。
織田信長側だったのを本能寺の変で明智光秀に率いられ、
秀吉に破れた後、
流転の中でも京都で武士として、脈々と生きたご先祖方の逞しさ。

明治維新後は世の流れで武士から一転、裸一貫から商人となり、
その跡を継いで明治から昭和中頃まで曾曾祖父から祖父らが、
大阪でメリヤス貿易&メリヤス工場を経営して大奮闘。

大阪の西区の靫公園はご先祖が設立した会社の跡地が
後にそのまま公園になったと聞いた。。。
昭和になって土地を軍の用地として接収されたようだけど、
かつて会社と工場があった敷地にはトロッコが走っていたのだそうで。。。
糸の中国などとの対外貿易の取引価格は曾祖父が頷かないと
取引が始まらなかったというのを聞いたりも。。。

布や着物に携ろうなどと考えたことも無かったけれど、
小さい頃から布や着物に触れてきたのが、
今の薺nazunaに繋がっているのかな、と思う。。。
[PR]
by nazunanet | 2018-02-13 20:26 | 布のこと | Comments(0)

冬の「麻の重ね」

藍の麻と同じくらいに、

生成の麻、苧麻、大麻布も好き。

薺nazunaでは、冬でも夏でも季節に関係なく、

麻や苧麻や大麻布のバッグや袋ものを制作。。。



麻には麻を重ねる心地よさを、

袋物でも実践中。

麻に木綿を合わせるよりも、

麻を重ねた方がシルエットが美しく出る。

生地の張り感や折りのシャープさんが、

麻と木綿では糸の質が違うからなのだろうと思う。


「麻の重ね」をちくちく制作中。。。






[PR]
by nazunanet | 2018-02-08 01:44 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)

幕末武士の羽織 その2

深緑と黄土色が混ざったような何色とも分からなかった羽織が、

何度も何度も洗いを重ねて汚れと泥が取れ、

鮮やかな縹色の藍色に蘇った。

汚れを落とそうと、多少、洗いすぎた感もあるけれど。。。

乾かしたあとアイロンを掛けていたら、

「これは木綿じゃない」

ということに気づいた。

木綿はトロッとしてくるけど、パリッとした手触りがある。。。

30倍のルーペで覗くと、

経糸が木綿、緯糸は苧麻のようだ。

最初、葛の緯糸かとも思ったけれど、

布の耳が葛布の交織とは明らかに違うので、

これは綿と苧麻の交織りのもの。


汚れていたときは、「なぜ、これが”武士の羽織”というんだろう」と。

「商人や農民のものではないのは何故か」と思ったけど、

乾かして、アイロンを掛けて、外してあった羽織紐を結んだら、

これはいかにも武士のもの、としか言いようのない風情。

高価な作りでも家紋もないので、下級武士のものだろうけど、

縹色、もしくは浅葱色が本当に爽やかで。

襟幅が広いことや、袖のたっぷり感、

そんな羽織の姿カタチ侍のものだということが明白に感じる。。。

汚れが取れないときは、半ば捨て鉢になっていたけど、

処分しないで良かった。

こんなことってあるんだなあ。。。

宮崎駿の「千と千尋の神隠し」に出てくる、

湯屋で綺麗になった川の神様、という感じ。(笑)


(今度画像をアップします。

あ、ビフォーの画像は残していなかった。。。)





[PR]
by nazunanet | 2018-02-06 13:01 | 布のこと | Comments(0)

幕末武士の木綿の羽織

01. 師走(THU) くもりのち雨


ずいぶん前に手に入れた木綿の羽織りがある。

幕末の武士が着ていたものだ、と言われて物珍しくて購入したものの、

家に帰ってよくよく見たら、かなり色が変色していて状態が悪い。

「しまったなあー」

仕入れに失敗した、と思って、袋に入れて収納棚に置いておいた。

あとで洗いに掛けよう、と思いながらすっかり忘れてしまっていた。


今年になって、棚の整理をしていたら、

どこかで見覚えのある袋に入ったままの古い羽織。

出してみると、何色に染めたものなのか、

さっぱり見当がつかない色合いの木綿の羽織。


ちょっと洗ってみよう、と、

ぬるま湯にセスキ粉末を溶かしたものに浸け置き、

その後、純石鹸と酵素漂白剤を溶かしたもので丸洗い。

念入りに念入りに。

洗えば洗うほどに、藍の鮮やかな色が顔を出した。

 

あれま、これは藍染めだったか。。。

 

最初はお年寄りの下級武士が着ていたのかな、というような暗い地味な色だったのに、

これでもかというほど念入りに洗ってみたら、

鮮やかな花田色の藍色が現れた。

若いお侍さんが武道に励む姿をイメージしてしまうほどに、鮮やかな青。。。

でも家紋がないので本当に武士の羽織かどうかは分からないけど、

もう捨ててしまおうかと思ったほどだったので、

見違えるようになって良かった。。。

 

勿論、経年の木綿なので、色褪せも穴開きもあるけれど、

風情のある木綿の羽織に生まれ変わって本当に嬉しい。。。


[PR]
by nazunanet | 2018-02-03 22:20 | 布のこと | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31