タグ:地域猫 ( 2 ) タグの人気記事

地域猫、風雨の中で。

二、三週間前に見かけたときは、
丸々して、毛艶も良くて、
ごきげんのていで、毛づくろいに熱中しているところだった。
いつものように名前を呼ぶと、
こちらを見て、ゆっくりとまばたきを返してくれた。

寒かった冬が終わって良かったなあ、と思っていた。

でも、その後から急に寒の戻りが激しくて。
次に近くを通ったときに、いつもの場所を見に行ったら、
晴れた日には毛づくろいしていたお気に入りの場所に、
黒っぽいタオルが落ちているだけ。
どこかに地回りに行ってるのかなと近づいてみたら、
平たいタオルだと思っていたのが地域猫だった。
「まさか!」と更に身を乗り出すと、ただ眠っているだけだった。
呼びかけにも顔をあげることなく、静かに眠っている。

私のことは”知った顔だ”と認識してくれてるけど、
あまり近づくといつも警戒して逃げようとする地域猫。
弱ってる時にそんなことをしたら体力を使ってしまう。
そんなわけで離れたところから見守っていた。

その後、お世話係の方に会ったら、
「どうも風邪をひいたみたいなの」と。。。
鼻がつまって呼吸しにくいらしい。
「もう12才にはなるからね。。。」とちょっと寂しそうに。

私はにゃんこ先生のことでペットロスになったことがあるので、
そういう話しを聞くと、チョイとつらくなってしまう。。。

「でもね、ご飯はちゃんと食べてるから、まだまだ大丈夫」
そんな風に言っていたので、ちょっと安心なキモチもあった。

今日、近くまで来たので地域猫の縄張りへ行ってみたら、
いつもの場所で地域猫が寝転んでいた。

元気になったみたい。

この間のような平たいタオル状態じゃなかった。
まだ毛艶は戻ってないけど、起き上がって毛繕いをしている。

なんという強さ。。。

一番最初、植え込みの中で佇んでいる猫を見つけたときは、
飼い主に置き去りにされたのでは、と思った。
ずっと同じ場所で待ち続ける忠犬ハチ公のように、
木の根元にお狐座りで来る日も来る日も佇んでいた。

男の人が通りかかると、甘えたような声で近づいていく。
でも、女の人には近づかない。
飼い主さんが男性だったのかなあ。。。と

それが数年前のこと。
まだ我が家のにゃんこ先生も健在だったとき。

保護して里親を見つけた方がいいんじゃないか、と最初は私も思った。
で、にゃんこ先生のご飯を失敬して、
何度かゴハンと水を持っていったりしたけど、
見知らぬ私を警戒して逃げてしまうばかり。(笑)

お世話係の人と一緒にいるときは撫でさせてもらえるけど、
独りで地域猫のそばに行くと、「シャー!」と怒られる。
でも、それでいい。
巷には色んな人がいるから、誰でも懐いてくっついていったら危ない目に遭う。

動物写真家の岩合さんが「自由猫」と呼ぶように、
彼は立派な自由猫。

彼は本当にすごい。
過酷な夏や冬、雨、風、雪を耐えて、
自由に飄々と生きている。
誰の束縛も、部屋の中に閉じ込めておくこともできない。

子猫の時代からお世話されてる方々がいて、
毎日、朝から昼、晩、そして夜中も、
天気が悪い日や寒い日は夜中に何度も避難場所を作ってやってる。。。

私などは時々、地域猫の姿を見かけるくらいの傍観者にすぎない。。。
そんなだから、勝手気ままにご飯をあげたりして、
近隣の迷惑になるようなことはしない。
いつもお世話している方々の邪魔をしないように、
彼が少しでも自由にのびのびと生きていけることを望む。
でも、見かけたら、愛情を示したくて名前を呼ぶ。
そしてちゃんと呼びかけにまばたきで返してくれる地域猫。

今日は会えてホッとした。

もうちょっとゆっくり休んで、元気になるんだよ。。。





[PR]
by nazunanet | 2018-04-16 17:16 | | Comments(0)

久しぶりに猫のはなし

マンションの裏にずっと住んでいた地域猫。

お世話係の方々が夏は雨をしのげるように、

冬は風、雪、寒さをしのげるように、

毎日朝昼晩、夜中も明け方も、

地域猫が無事かどうか、雨、雪で病気してないかと、

みんなが可愛がってた地域猫。

あるとき、猫禁止の張り紙と共に、猫小屋も撤去され。。。

それから全く姿を見かけず、

お世話係の方にも会えないまま。

夏の頃は好んで住処にしていたという繁みのところを見に行ったけど、

姿はない。。。


でも、先日の夜中に、

夜の闇をつんざくような猫のおたけびが聞こえた。

あの地域猫が同じ模様の猫(たぶん飼い猫)と喧嘩してる時の声とおんなじ。

どこかで暮らしてるのかな。

無事に暮らしてるといいな、と願う。。。


内田百閒先生の「ノラや」を読む。

妻や近所の人々、教え子、知人らを巻き込んでの猫探しの顛末を描いた作品。

毎日泣く、百閒先生。

お風呂場の蓋に寝ていたノラを想って、

風呂にも入れなくなったり、ちょっと思い出すと泣き続けてしまう百閒先生。

「ノラの話しをしたいのに、すぐに泣いてしまうから話せない」

などと奥さんにも言われる始末。

でも、こうして「ノラや」を読むと、

飼猫の失踪で泣き暮らす姿が滑稽で可笑しいと思うのだけど、

まさに私こそ、そんな百閒先生とおんなじだなと思う。

百閒先生の気持ちが痛いほどによくわかる。

猫ロス、ペットロスは本当に苦しい。

毎日泣いてしまう、と百閒先生が書いていた日記の通りに。

でも、やっぱりハタ目には、

「猫はいつかは飼い主よりも先に逝ってしまうものよね」とか、

「もういい加減、乗り越えた?」とか。。。

一方で、

「悲しみが深いのは愛情が深かったからですね」

と暖かい言葉を下さったり、

にゃんこ先生にお花を贈ってくれた友人もいて。。。


どうしようもなく悲しんでいるときに、

「そうだね、悲しいね」と共感して受け止めてくれたのは、

本当に悲しみが癒されていくんだなと感じた。


いつまでも悲しんでいるのは良くない、と思ったりすると、

どこまでも引きずってしまうのかもしれない。。。


そろそろ私も乗り越えたかも、と

百閒先生の「ノラや」をどっぷり漬かって読んだせいか、

その夜、にゃんこ先生が失踪してしまう夢を見た。


大きな三毛猫に威嚇されて恐怖で家から走り出てしまったにゃんこ先生が、

逃げ込んだのは近所のおうち。

そこの家に気に入られてしまって、

家から出して貰えず鳴いているにゃんこ先生の夢。


はっと目が覚めたら、夢の中のにゃんこ先生の模様が、

茶トラの白まじりの猫だったのを思い出した。

にゃんこ先生は黒白シマの白まじりのサバ猫なのに。。。。


あっ、あれは百閒先生のノラちゃんだったのか。(笑)














[PR]
by nazunanet | 2017-12-16 23:55 | | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31