タグ:アーカイヴ ( 9 ) タグの人気記事

神田・万世橋にあるmAAch マーチ・エキュート。

d0221430_23212417.jpg
d0221430_23251526.jpg
かつてはここに交通博物館があった。

d0221430_23183953.jpg
そして、それ以前にはJR万世橋駅があったらしい。

交通博物館が閉館になって、昔の駅の跡地が公開されたときに

内部の見学会があったので、その時の写真をアップ。
d0221430_23222172.jpg
「まんせいばし(万世橋)」と書かれた駅表示も。

d0221430_23204564.jpg
長年閉ざされていた内部の階段。

でも、現在は商業施設としてよみがえってる。

同じ場所を写した現在の様子はこちら。
d0221430_23231553.jpg
でも、ところどころに昔の名残りをそのままにしている部分もある。。。
d0221430_23245252.jpg
d0221430_23235387.jpg
上階の展望台とカフェへ通じる階段は、

さっきの駅表示のあった階段と同じ場所。
d0221430_23222172.jpg
mAAch内にある雑貨屋さんに、

明治頃の万世橋のポストカードが置いてあった。
d0221430_23260257.jpg
d0221430_23254144.jpg
東京駅のレンガ造りの駅舎のようなハイカラな感じ。

様変わりしていく東京のいま、むかし。。。


[PR]
by nazunanet | 2017-07-22 17:36 | art、 music,movie,etc | Comments(0)
夏は動物園の季節。

以前行った多摩動物公園のライオンバスが廃止になったままというのが寂しい。

かなり面白かったので、また行ってみたいと思っていたのに。

再開するのがいつかは未定らしくて。。。
d0221430_11581719.jpg
バスに乗り込んでライオンのいる園内に入るとき、

係員さんの扉の開け閉めの緊迫感が結構あった。。。

やっぱり猛獣の檻の中に入るんだし。。。

d0221430_11593344.jpg
こんなに間近でライオンのアップも見れて、ドキドキとワクワク感がすごい。

d0221430_11591178.jpg
サバンナのハンターはメスたち。精悍な顔つき。

d0221430_11583993.jpg
縄張り争いで戦う機会もないので、オス達はご覧のとおり、ぼのぼのしています。


ライオンバス、早く再開されるといいなあ。。。

d0221430_11595055.jpg
多摩には他にも見所いっぱい。

ユキヒョウの子供達が遊びまくってたね。
d0221430_12001726.jpg
動かないコアラ。

d0221430_12010816.jpg
トラの美しいたて縞の模様はアジアのジャングルにぴったりな

笹や藪の保護色になってるんだなと分かります。。。


d0221430_12004298.jpg
心をぐぐっと鷲掴みのにくいヤツ。

d0221430_12013547.jpg
上野のパンダレジェンド、カンカン&ランランの剥製が多摩に。。。

d0221430_12015773.jpg
こちらは現在の上野のパンダ。

赤ちゃんが生まれて、めでたいめでたい!

また見に行かなくちゃ。




[PR]
by nazunanet | 2017-07-06 12:26 | 旅と街歩き | Comments(0)
梅雨で大雨の真っただ中、

過去のニッキから、

様々な空模様を記録した画像のアーカイヴを。

2009年7月19日の見事な虹。
d0221430_22230857.jpg
2009年7月22日の日食
d0221430_22140745.jpg
そして、

2012年5月21日の金環蝕がこちら。。。
d0221430_22142469.jpg

カメラにフィルターを被せているので、火星の空のようになっているかも。。。

金環食を観察しようと、周囲に高いビルのない、

空の抜け感があるガーデンプレイスの広場で撮影。

ベンチに座って大勢の人達と一緒に、

この大イベントを観察。
d0221430_22152187.jpg

太陽が黄金のリングになった瞬間、

歓声が沸き起こったのを覚えてる。。。




HPのニッキに載せていた過去の画像、

もう一度見たいと思っていた空や景色など、

”sky”のタグで”アーカイヴ”作成します。。。







[PR]
by nazunanet | 2017-07-05 22:29 | 日々のあれこれ | Comments(0)
HPの過去のニッキの中に埋もれているお気に入りの場所、

写真をアーカイヴにしてもう一度楽しもうと始めた、

ブログの整理整頓。

今回は、13年11月に一般公開されて見学に行った

桜新町にある駒沢給水塔。

明治に建造されたコンクリート造りの給水塔は、

11年の地震にもビクともせず。

山の良い土を使って造りあげた塔。

d0221430_01452055.jpg
d0221430_02031937.jpg
d0221430_02043869.jpg
最近の、どんな高層ビルを見上げたとしても、

これほど「壮観」な眺めはない、と思う。

またこれほど感動するものもないと思う。

d0221430_02052476.jpg
d0221430_01445131.jpg
d0221430_01442115.jpg
d0221430_02061136.jpg

d0221430_02065420.jpg
d0221430_02073518.jpg
d0221430_02084540.jpg
今も「何かあったときは」近隣の住民へ、ここで給水を行うのだそう。

この見学ツアーは、とても楽しかった思い出の一つ。

またいつか、可能ならば中を見て回りたい。。。


[PR]
by nazunanet | 2017-06-10 02:37 | 旅と街歩き | Comments(0)
昨日、追記として

15年に訪れた松本クラフトフェアのことを載せたので、

今日はもっと以前に訪れたクラフト系イベントのことも。。。


薺nazunaを始めるずっと以前のことですが、、

代官山にあった古民家ギャラリーで靴作家さんの展示があって、

そこのDMに写っていた作品が気になっていたものの、

もう終了した展示だったので、

一度、実物を見たいなあと思っていた。

当時はまだまだネット関係は今ほど情報量も少なくて。

どこでやっているのか分からないまま、年月が流れ。

個展が終了してからやっていたことを知る、という感じだったりも。

そんなとき、雑誌で見かけた記事から連絡先が分かって、

個展情報を教えて頂いた。

d0221430_13464104.jpg
d0221430_13490946.jpg

やっと作家さんが参加されているというアースデイに行けたのは、

その後、何年も経ってから。

ようやく作品を間近で見れて、

また、作家の相馬紳二郎さんにもお会いすることができて、

ようやく作品を注文させて貰いました。

今も愛用。。。

d0221430_14425980.jpg
d0221430_14424179.jpg
これは勝どき橋の倉庫ギャラリーでの靴作家さんのグループ展。

それぞれの作家さんの個性があって、

見ていて飽きない展示だった。


d0221430_13471158.jpg
品川の神社の手作り市にも行ってみた。

当時始まったばかりだったので、まだ出店ブースも少なめだったけれど、

今はきっと数も増えているのでしょうね。。。

ここの神社の鳥居がなんといっても、ゴージャスで驚きます。


そして、開催間もない頃のもみじ市(多摩川)へも行ったっけ。
d0221430_13475929.jpg
当時も結構な人出で、見渡す限りの青空の下。

もみじ市なので秋開催なのに、かなり暑くて。

カフェブースも大人気で満員で、なかなか入れず、

お弁当と飲み物を持参すれば良かった、と。
d0221430_13482928.jpg
とにかくすごい人出だったのを覚えてる。

帽子屋さんで注文したり、靴屋さんでオーダーしている様子を見たり。。。


やはり、帽子とか靴とか、

自分が作っていないものに興味シンシンなわたし。。。



野外会場で一番困ったのはトイレ。

当時は河川敷の会場内になくて(今はあるのかも)、

来る途中にあった競輪?の京王閣(今は無くなったような)か、

道路沿いの公衆トイレだけでどこも長蛇の列。

結局探しながら駅まで行ってしまって、

そのままもう家に帰って来てしまったという苦い思い出。





画像のは、まだハンドメイドブームが到来する以前のイベントなので、

もう今は様変わりしていると思うけれど。


ハンドメイドブームで今はどんな手作り市になっているか、

ちょっと見に行ってみようかな、とも思っている。。。



[PR]
by nazunanet | 2017-06-06 14:55 | クラフト | Comments(0)

あと、3時間ちょっとでCL決勝が始まる。

大方の予想ではユーべに軍配か。

アンチレアル派が多いのかもしれないけど。

どうなるか、面白いゲームになってほしい。

そして、どっちが勝っても、いい。。。

でも、どっちも負けてほしくない。(本音)


今からドキドキ。

下の画像は、4年前、2013年に実現した

JリーガーレジェンドVSアズーリレジェンド。

バッジョも来日したんだよーー。
d0221430_23342265.jpg
ピッチでプレイして欲しかったけど、バッジョは膝の具合が相当に悪いそうで、

それは叶わなかったけど、来てくれただけでも嬉しい。
d0221430_23351794.jpg
今はもう解体して工事始まってる(ハズ)、千駄ヶ谷の国立競技場で。
d0221430_23344123.jpg
カズさんも、ジェノアにいたからちょっとだけアズーリのメンバーになって。。。
d0221430_23340673.jpg
ここは監督役のバッジョと、Jリーガーとしてのカズ対決。
d0221430_23334503.jpg
あのヴィエリもプレイしていたし、バレージさんも今でもディフェンスにかけては

容赦なかった。

往年の、とかそういうの全く関係なく、

絶対負けるか、点を取られるかっていうプライドがあって格好いい。
d0221430_23332235.jpg

d0221430_23350034.jpg
この二人、ほんとにサイコー!

[PR]
by nazunanet | 2017-06-03 23:47 | サッカー | Comments(0)
HPのニッキや写真をブログに保存して、

記事を探しやすいように、

以前撮影した旅の写真、風景など、

さまざまなものがおもちゃ箱に全部一緒に詰まってる状態なので、

ちょっとずつ画像をブログのフォルダにアップして、

”追記”として、当時のニッキをその画像に載せて、

という作業をちょこちょこやっています。

d0221430_23063586.jpg

久しぶりに、見たかった写真や記事を思い出せて、

参考にしたかったものなど、

自分自身のファイリングとして活用したくて。

なので、追記と称するアーカイヴが忽然と出てくる感じですが、

タグは細かく分けて見やすいようにしようと思います。

それと、日々のブログやニッキもアップしていきます。。。
d0221430_23065532.jpg

[PR]
by nazunanet | 2017-06-03 23:31 | 日々のあれこれ | Comments(0)

03.皐月 FRI 晴天


寒くなると聞いていたけど今日は本当に過ごし易い良いお天気。

中央線特急に乗って、いざ山梨へ。

勝沼ぶどうの郷駅で下車。

電車から降りた途端、爽やかな空気に包まれる。空気が美味しい!

d0221430_22494834.jpg

きっと山の上へ登るともっと清清しい空気が待っているのかも。

ワイナリーツアーに出かける人々のタクシーを待つ列を通り過ぎて目的の場所へ。

d0221430_22435943.jpg
 
d0221430_22442554.jpg

駅のすぐ横にある公園。その奥にあるのは昔のレンガ造りの大日影トンネル。

明治に建設された中央本線大日影トンネルが現在は遊歩道になって歩けると聞いてここに来たのだ。

左は中央本線。右が今では使われていないトンネルの遊歩道。

d0221430_22444698.jpg

d0221430_22451918.jpg

当時のままのレンガや壁にこびりついた煤などもそのまま残っている。

蒸気機関車が昭和6年に電化されるまで走っていた痕跡もそのままに。

全長およそ1.4km。内部はひんやりとして当時の写真など展示されている。

ところどころに標識なども残っていて興味深い。

d0221430_22454372.jpg

薄暗くてひんやりして真夏には程よく過ごし易いのかも。春はまだ肌寒ささえ感じるほど。

 

トンネルを抜けると絵に書いたような風景が拡がっていた。

d0221430_22460544.jpg

売店で買った「大菩薩峠の水」が冷たくて美味しい。

どこででも買える類いのミネラルウォーターとは別格のうまさ。

 

ここから来た道をまた戻って電車に乗って一駅。「塩山」で下車。

甘草屋敷なる重要文化財の建物が見るものを圧倒。

d0221430_22462972.jpg

しかし、ここがこんなに駅の目の前にあるなんて誰が想像出来ただろうか。

敷地内には小屋や厩などが点在しているが、どこも綺麗に保存されてある。


d0221430_22511062.jpg
d0221430_22465812.jpg

母屋の骨組みや茅葺きの屋根も修復したばかりなのか非常に綺麗。

往時の繁栄ぶりが伺われる豪奢な造り。

d0221430_22472358.jpg

一画に子供図書館なるものがあって、今日はイベントが開催されていた。

本を読んで庭内のイベントカフェを利用できるのだそう。

家族連れがお気に入りの場所で子供達に読み聞かせしながら、のんびりくつろいでいる。

古民家に手入れの行き届いた庭。それも眺めるだけの庭ばかりではなくて、

芝生や野の花の中でくつろげるという空間もあるのが素晴らしい。

またゆっくり来てみたいと思う。

 

今度はバスにのり、恵林寺へ。

武田信玄の菩提寺という由緒ある名刹。


d0221430_22474260.jpg
d0221430_22480411.jpg

塩山は歴史深い町だけれど、それほど観光地化されていないので、

この恵林寺界隈も静かで趣きがある佇まい。

d0221430_22482754.jpg
d0221430_22485370.jpg

門前界隈の風情もお寺自体もこんなに片田舎にあるのに(失礼!)、

いや、それだからこそか、

手入れも行き届いていて境内に流れている小川の水が清らかで美しい。

本堂のうぐいすの廊下(キュッキュと鳴きます!)や

信玄縁りの不動妙王像など興味深いものばかり。


d0221430_22492448.jpg

山梨は東京都心からそれほど遠く離れていないのに、

自然が豊富で、それでいて荒々しいわけではなく、心安らぐ緑の里といった感じ。

ここにのんびりと山と空とぶどう畑を眺めているだけで、

日頃たまった心身の塵芥が洗い流されるようで気持ちが良い。

連休中は東京にいても観光地は何処へ行っても人々でごった返すけど、

ここに来れて良かったなと思う。

駅周辺で帰りの駅弁すら買えないくらいに静かで小さな町だったけど、

ここに来れて楽しかったなと本当にそう思う。

 

いつか西沢渓谷を訪れてみたい。

それまでに山登りができるように鍛えないと行けないね。


[PR]
by nazunanet | 2013-05-03 22:51 | 旅と街歩き | Comments(0)

HPのニッキ アーカイブ

母屋のHPのnazunaニッキは2年分だけ残してあるので、

以前のニッキをブログにアーカイヴとして残すことに。


私が初めて東京に住み始めたときから(ン十年前)、

九段下に異様な迫力をもって存在していた九段下ビル。

仕事の行き帰りに通る度に、

一度入ってみたいと思いながら、叶わなかったけれど、

ビルが解体されることになったと聞いて、

是非とも見ておきたかった場所。


丁度東日本大震災があった年。

このビルのそばにある九段会館でも天井が落ちて大変な被害があった。

この地震があって、耐震の規格にそぐわないビルは

この後、幾つも解体されていくことになる。


(神田のフルーツパーラー万惣のビルも解体されることになった。残念)


東京は関東大震災や空襲があって古いものが殆ど無くなってしまった都市。

それでも震災や空襲をなんとか免れて残った古い建物も、

3.11以降、

耐震性の問題や再開発でどんどん姿を消していく。。。


国内も海外も、

旅行や街散策していて思う。

真新しい箱のような、

同じようなデザインのコンクリートのビルが建ち並んだ街は、

ホントに味も素っ気もない。。。

古い道、石畳の道、曲がりくねった江戸時代以前の道、

時代を経た建物、建造物、年月を経て手入れされ続ける木造の家、

そういった時を重ねた面影の残るものが、

大事にされているところほど、面白いものはない。。。


東京こそ、

できることなら、古いものも残していってほしいと思う。



-----以下はHPのニッキから----------


26.師走 MON 晴れ


九段下にある今では異質な雰囲気を漂わせていた九段下ビル。

それがもうすぐ取り壊されることになってしまった。

住人である画家の方がギャラリーとして一部の内部の公開をされていると聞いたので、

これは是非見に行かねばと行ってきた。

d0221430_18093863.jpg

公開は今日まで。12月26日月曜日最終日は17時まで。


d0221430_17562655.jpg

いまはネットでビル全体を覆われているけど、

上京して初めてこのビルを見た時もこのレトロな雰囲気が大好きだった。

青山、代官山の同潤会など様々なレトロな建物が耐震構造や老朽化が原因で

取り壊されていくのを眼にして、寂しい気持ちになったものだけど、

ここも遂に無くなってしまうのかと思うと、

どんどん東京は新しい街になっていくんだなと思う。

こういう昔の面影を残しつつ、変えていけないのかなと思うけど、

その方が何倍も費用が掛かるんだろうな。

d0221430_17570547.jpg


中で公開されているアーティストさん達の展示もさまざま。 

d0221430_17572354.jpg

フロア全面に砂で覆われていました。

d0221430_17574277.jpg

内部の様子も、建設当時のまま、という感じ。

d0221430_17575947.jpg

屋上も一部公開されていました。

表の様子からもっとボロボロなのかと思っていたけど、

階段も屋上も部屋も頑丈でビクともしないって感じでした。先の大地震でも何の被害も無かったそうです。

明治や大正のものは、100年以上持たせてやるぞ!という気概で作られていたんだと思う。

東京の鉄橋や石組みも明治時代のが現役で何の損傷もなく残っているもの。

いまもそんな明治の人たちと同じ気概を持って作って欲しいな。

d0221430_17564246.jpg

[PR]
by nazunanet | 2011-12-26 18:59 | art、 music,movie,etc | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31