人気ブログランキング | 話題のタグを見る

天沢退二郎

10代の頃、天沢退二郎の『靴をはいた青空1』を読んで以来、

妙にはまって他の著作も読みたくなったけど、

なかなか見つけられなかった。

当時はネットもないし、アマゾンもないし。

その後、また再び自分の中で天沢退二郎ブームというのがあって、

今度はネットで探し始めたけれど、異様なまでに高額になっていて手も足も出なかった。

それが20年くらい前だったかな。。。

古本街の神田神保町界隈をウロウロしながら、

見つけた!と思ったら8万円の値札に戦慄いた。

しきりに本屋の隅から隅までしつこく探している私に、店主さんが「何探してるの?」というので、

「天沢退二郎です」って言ったら、

「ああ、アマザワね。もしウチにあったら20万円かな」って。

ええーーー。

児童文学と幻想小説の間を行き来するような本よ、20万円って!

その後も根気よくネットで探したり、図書館で見つけたりして、

少しずつ読破。

やっぱりイイ、天沢退二郎。

『靴をはいた青空1』に収録の、『杉の梢に灯りがともるとき』は、

頭の中でめくるめく映像が生み出される。

ミステリアスで幻想的で謎めいたお話し。

読む者一人一人に何かを示唆されているような、心の奥深くにすーーっと入ってくる。。。

この続きが知りたい!と思ったけど、

謎を解きたくて、他の本を読めども読めども謎は深まるばかり。

すっかり天沢ワールドに引き込まれてしまった。

いくつか集めた天沢退二郎の本だったけど、

先日、ダンナさんと一緒に二人の蔵書をかなりの数を古本屋さんに送って処分。。。

ダンナさんの諸星大二郎の蔵書は高値がついたけど、

天沢退二郎本を全然評価してくれなかった。。。

あれれ、、、神田神保町に持っていくんだったかな。残念。。。

でも、本の人気も時の流れで相場は変わるものね。。。

お気に入りの天沢退二郎本は残してあるので、また冬のお楽しみで再読してみよう。



# by nazunanet | 2022-12-21 16:30 | 日々のあれこれ | Comments(0)
決勝でアルゼンチンが優勝するのを目に焼き付けるために、

家の何もかもを売り払って、カタールにやってくる、

そして終わったあとはどうやって国に帰ろう、お金なんてもう一銭もないよって、

本当に、すごい!!!

江戸時代の空前のお伊勢参りブームに沸いた江戸っ子たちと同じだなと思った。

夏に伊勢まで旅に出るなら、

布団も冬の着物も必要ないから質に出して旅の費用を作って駆けつけるよ!って。

冬のことは、その時に考えらあ〜って、

そして当然、冬に行くなら、夏ものを質に入れる。。。

宵越しの茶と銭は持たねえぜって、

細く長くじゃねえ、太く短く生きるんだ、っていうのが江戸っこの粋な生き様と。。。

ホント、江戸っ子気質だねえ。。。

先の先のことまで考えてたら、生きていけないよって教えてくれてるんだなあ。

確かに。。。

先の先のそのまた先のことばかり考えてたら不安になるだけだもんね。。。

お伊勢参り、自分たちは行けないから飼い犬に旅をさせたっていう記録もあるそうで。

行く先々で、飼い主代理でお詣り犬を、道中伊勢まで代わる代わる同行して旅をしてたって。。。

昔の日本人はおおらかで本当に楽しいことが大好きで、

お互いさまで支え合ってたんだな、と思う。

布団を質に入れてしまって冬に凍える住人を、

「もうしようがないねえ」と大家さんや近所で世話したって、書いてあったりしたものね。



それはそうと、アルゼンチン

決勝のフランスVSアルゼンチン、どんな試合になるか楽しみ。。。

でも、その前に今夜はクロアチアVSモロッコの3位決定戦、

これも見なくちゃ!!

ああ、でも、もう終わってしまうんだなあ、ワールドカップが。。。

寂しいけど、また各国のリーグ戦が始まるのも楽しみ。

C・ロナウドの行先はどこになるのか、どういう選択をするのか、

それも目が離せない。。。





# by nazunanet | 2022-12-17 15:44 | サッカー | Comments(0)

薺 nazunaも出店しております、ハンドメイドサイトiichiから、
冬のキャンペーンのお知らせです。
会員の方、また会員登録まだの方も、登録は無料です。
この機会にぜひぜひご利用くださいませ。


iichiからのお知らせです。_d0221430_18123393.jpg
iichiからのお知らせです。_d0221430_18123817.jpg



日頃の感謝の気持ちを込めて、iichiでのお買い物にご利用いただける10%OFFクーポンを2回分ご用意いたしました。
クリスマスの贈りものを選ぶのが楽しい季節。
大切な方やご自身への素敵なプレゼント探しにも、ぜひお役立てください。


ご利用期間

2022年12月12日(月) 00:00~12月25日(日) 23:59

※ご利用期間中にご注文いただいたお取引が対象となります。

ご利用方法

作品購入時の決済画面で

  • ・冬のキャンペーンクーポン1(10%OFF)
  • ・冬のキャンペーンクーポン2(10%OFF)

を選択してご利用ください。


  • ※ iichiでのお買い物が10%割引になるクーポンをご利用いただけます。(割引上限額 1,000円)
  • ※ iichi内のすべての作品にご利用いただけます。
  • ※ 各クーポン1度のみご利用いただけます。

# by nazunanet | 2022-12-12 18:16 | おしらせ | Comments(0)
モロッコとの戦いで敗退のポルトガル。

悲しくて、何もブログに書けなかった。。。

ずっとポルトガル代表も観てきて、

ルイコスタ、フィーゴ、セルジオ・コンセイソンmore,more....

名だたる名選手がW杯に何度もチャレンジして、

決定的なFWがいれば。。。という願いの中、

C・ロナウドが新星のごとく現れて、

彼がチームにいる間に絶対優勝してほしい、と願い続けてきた。

メンバーは揃ってると思われたけど、

なんか我も我もがてんでバラバラに後方からシュートを打って終わる、

FW達にボールが回ってこない、

でもFWもボールがきても外す。。。

ロナウドも外したし、簡単にボールを失ってしまうことも度々あった。。。

モロッコの選手の方が熱量が高かったし、よく走ってた。

スペインもブラジルも、ポルトガルも、

大量得点した後の試合はリズムが狂うのか、皆んな敗退してしまったね。。。


C・ロナの代表引退、こんなカタチは悲しすぎる。

でも、2006年ドイツ大会のジダンはもっと悲しかったし衝撃的な終わり方だったし。。。

めでたし、めでたし、で終わるのを望んでいたとしても、

勝ったら勝ったで、引退できないだろうと思う。。。

ダメだったな、と思ったときが引き際なのだろうか。

とにかく、とにかく、代表は引退でも、

もう少し現役を続けて欲しい。。。

まだまだ気持ちの整理がつかないです。。。

# by nazunanet | 2022-12-12 18:10 | サッカー | Comments(0)

大阪のお好み焼きを作る

元・大阪人なので、

粉モノが無性に食べたくなる。。。

最近は、美味しいタコ焼き屋さんが東京にもあるけれど、

でも、お好み焼き屋さんというと、

なんだか東京では、鉄板焼き屋さんとかちょいとオシャレで高めなお店が多い。。。

子供同士でわいわい鉄板を囲んで食べてたワタシとしては、

こんなのお好み焼き屋さんじゃないやい、と思っちゃう。。。

そんな訳で、

東京で暮らしてウン十年だけど、お気に入りのお店はまだない。。。

で、お好み焼きは家で作って食べている。

広島のお好み焼きも美味しいけれど、

やっぱりずっと食べてきているので、断然大阪のお好み焼きが大好き。



大阪のお好み焼きを作る_d0221430_20250772.jpg


この間久しぶりに作ったら、これまでで一番っていうくらい割と美味しくできたので、

ざっくりレシピを記しておかなくちゃ。。。

小さめ3枚分の分量。(およそ二人分の分量です)
粉80g、だし汁80ml、山芋のすりおろし大1〜2(多めが好き)、卵4個、
キャベツ1/4個弱を細かくみじん切りに。
桜エビ、天かす、
豚バラ肉は厚めにカットされたものがグッド。
明太子2腹を一口大にカット、切り餅2つ分もサイの目に切っておく、
かつお節、お好みソース、マヨネーズ

ボウルに80gの薄力粉と出し汁80mlを入れて。

配合は粉とだし汁で1:1になるように。

そこに山芋を大さじ1~2くらいたっぷり目におろして混ぜる。

かつおと昆布だしに加えて、鶏ガラだしの素も追加。

そして、まず生卵を一個加えてよく混ぜて、しばらく寝かせておく。


キャベツは多めにたっぷり細かくみじん切りにしておく。

広島風は千切りだけど、大阪はみじん切りにしないとだめ。


焼くとき、お好み焼き一枚分の目安として、

小さめのボールに混ぜた粉をお玉一杯分と、キャベツ、手でわし掴みくらい(笑)加えて、

揚げ玉、桜えび、適量、そして生卵を一個割入れて、

ふんわり、ふんわり、長めのスプーンで空気を入れるように混ぜる。


全部をあらかじめ混ぜないように。

一枚ずつ焼く毎に、寝かせておいた生地お玉一杯分、

キャベツ、天かす、桜エビ、卵一個をふわっふわっと混ぜ合わせて作ります。。。


あらかじめ熱したホットプレートに油をひいて、ボウルの材料は混ぜたらすぐに焼く事。

時間を置いたらべちゃとなっちゃう。


こんもりと混ぜたのをプレートに載せる。真ん中を少々へこませて。

上に明太子と餅を一口大にカットしたものを点在させるように置いて、

厚めに切った豚バラをどんと載せる。


表面がふつふつ穴が開いてきたら、ちょこっと焼き具合をヘラで軽くめくって確かめる。

良い具合に焼けていたら、両手に持ったヘラでひっくり返す。

思い切りの良さが成功の素。


下になった豚バラから脂がしみ出して、じゅうじゅう言い始める。

しっかり焼けたら、最後にもう一度ひっくり返す。

豚バラや全体も焼き目がついてるかを確認。


そこへお好みソース、マヨネーズをボーダー状(横縞ね)に掛けてから、

お箸で今度はそっと縦に縦に、となぞる。

すると、美しいマーブル模様が生まれてくる。これが楽しい!


鰹節を振りまいて、さあ、できあがり。

山芋入れる、入れないではもう全然違うのよね。

美味しいーー。

ヘラで切って、ヘラで食べるとより大阪っぽい。

うましーー。

粉モノはビールと抜群の相性です。。。


ふわふわっと軽やかに混ぜるのがポイント。

ひっくり返すのは思い切って。

市販の天かすに、おつまみで売ってる『いかの天ぷら』のおせんべいを、

粉々にして混ぜるとコクが出て美味しいー。


粉を100gで作るとおよそ4枚分くらい作れます。

一枚を焼くとき、あまり広げて大きくしちゃうと、ひっくり返すのが大変になるので、

直径15cmくらいが割れずに返せるんじゃないかなあ。。。


あとは人数に合わせて粉と出し汁を増量していけばOKです。


タコ焼きもお好み焼きも、だし汁じゃなくて水だけで作ってはダメですよ。。。

だし汁は濃いめに作る方が美味しくできます。

手軽につゆの素などを水で割ってもいい。

そこに鶏ガラスープの素を加えるのはおすすめ。


お好みの中に、餅を小さく切ったのと明太子の切ったのを入れると最高に美味しくて。。。

これは絶対外せない。


こんな風に書いていると、また食べたくなります。。。






# by nazunanet | 2022-12-11 20:56 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28