人気ブログランキング |
着物の着付けや布を広げての作業、

アイロンするときなど、毎日のように使っている衣裳敷。

パリパリする合成紙で出来た衣裳敷がどうにも好きでなくて。。。


子供の頃から実家にあったのは、和紙の衣裳敷だったっけ。。。

それをうちでは”畳紙”(たとうし)と呼んでいたと思う。

こちら(東京)では着物を包むもののことを言うようなんだけど、

大阪や京都ではそれは”文庫”と読んでいたなあ、なんてことを思い出した。

今はパルプ紙とか合成紙の衣装敷が一般的だし、

勿論安価で手に入りやすいし。

そういうご時世なので和紙で作られた衣裳敷なんて、

あったとしても高価なものになってしまう。

何か和紙を見つけて自分で作れないだろうかと思ったりも。。。

そんなとき、部屋の襖の傷みも気になってきて、

大きな和紙で破れた襖を貼ったり、衣裳敷も張り合わせて作れないかな、と。。。


そんなとき、ずいぶん前に購入したネパールのロクタ紙のことを思い出した。

数年前、小田原へ小旅行で訪れた際、

暮らしの道具屋さんで手漉き紙の束をみつけた。

ロクタという植物から作られた手漉き紙。まさに和紙と同じ製法で作られたもの。

しっかりした厚みもあって、しぼのある雰囲気もなかなか良い。

これを襖に貼ってみたら、皺が入ろうが歪んで貼ってしまったとしても、

非常に味わい深い雰囲気になって具合がいい。

あっという間に使い切ってしまったけれど、

ロクタ紙を西洋民芸のグランピエさんが扱っているのを知り、

早速取り寄せて、衣裳敷も作ってみた。

四枚をつなげて大きく拡げて真ん中に補強の一枚を貼り、

同じものをもう一枚つなげて、大きな二枚を貼り合わせて衣装敷の完成。

衣裳敷をロクタの手漉き紙で作る。_d0221430_23170816.jpg

ちょっと画像では分かりづらいかも。。。

でも、贅沢にも手漉き紙を貼り合わせて作った衣装敷は、

広げているだけでなんか心地良くて。

これに油を塗り重ねていったら”油団”になるのかなあ、なんて。。。


ロクタ紙はネパールでは国宝の書画にも使われるそうで、

防虫やカビにも強いというので、襖や壁紙としても安心。。。

ネパールの手仕事、とても良いものに出会えました。

まだまだたっぷりあるので、色々活用できそうです。



# by nazunanet | 2020-12-15 23:40 | 日々のあれこれ | Comments(0)
しばらくぶりの更新。IICHIでクリスマスキャンペーン中です。_d0221430_23145655.jpg


25日23:59までキャンペーン中です。

是非、覗いてみてください。



# by nazunanet | 2020-12-15 23:12 | おしらせ | Comments(0)
いつも薺nazunaをご覧くださり有難うございます。

ハンドメイドマーケットサイトのIICHIからお知らせです。

12月1日から25日まで、お買い物券がプレゼントされます。
薺nazunaも参加の、
IICHI内のハンドメイド作家さんの作品の購入でご利用できます。
会員の方も、そうでない方も、この機会にぜひ。
会員登録は無料ですのでお気軽に。


━━━━━━━━━━━━━━━━━
クリスマスキャンペーン2020 お買い物券プレゼント実施のお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━
キャンペーン期間中、お買い物券コードをご入力いただくことで、iichiでのお買い物が10%割引となります。

《ご利用期間》 2020年12月1日(火) 00:00~12月25日(金) 23:59(予定)
《対象》 iichiに会員登録されているすべてのお客さま、新規会員登録されたお客さま
《内容》 期間中1回、iichiでのお買い物が10%割引になるお買い物券をご利用いただけます。



もうクリスマスのお知らせなんですよね。。。
そういえば、すっかり秋めいて寒くなってきました。
どうぞ皆さま、温かくしてお過ごしください。

なずな

# by nazunanet | 2020-11-10 22:32 | おしらせ | Comments(0)

生成の布

藍や染めの布が好きだけど、

どうにも好きなのは、生成の布。

繊維そのものの色だからなのか、

染料が入らないので、洗うごとに柔らかく心地よくなっていく。

戦前に織られた日用の木綿のたっぷりした繊維の心地よさの布に、

また出会いたいと思うけれど、

なかなか出会えない。

カディなど手紡ぎ糸で手織りされている布などは、

甘く織られたもの特有の柔らかさがあって心地よいけれど、

袋ものなどに使うと傷みやすくなってしまうので、なかなか難しい。

丈夫で密に織られたものに出会えればいいなあと思う。



昔の日本の布の素晴らしいところは、

手紡ぎで手織りなのに丈夫で長く使えるということ。

なんて凄いんだろうと古布を手にして実感する。。。

そうは言っても、古布には寿命もある。

衣類や小物に使えても、重いものを入れるバッグにはなかなか向かない。

そこのジレンマもある。

見た目で古布が良くても、

耐久性を思うと新しい布がいいけれど、

どうしても昔の布を探してしまう自分がいる。

でも、

これまで新しい生成の布で小物入れやバッグを仕立てたりもした。

岡山にあった帆布を昔ながらの力織機で織っていたところのもの。

織られた糸が繊維豊かで、

風合いも表面の表情が使い込めば使い込むほど良くなっていく。

もう廃業されてしまっているのがいまだに惜しい。

定番のトートバッグやショルダーバッグは、今も毎日のように使っている。

何度も洗いを掛けたのでクタクタになってどんどん良い感じになってきた。

少しだけ残っている布で、またバッグを作ろうと思う。


古布の良さ、新しい布の良さ、

それぞれを上手く使い分けて、

手にするたびに心和むものを、

少しずつ作っていこうと思う。



腕の具合も良くなってきたので、そろりそろりと制作開始しています。










# by nazunanet | 2020-11-01 12:01 | 布のこと | Comments(0)

パンが丸焦げに。。。

昨日昼食後に冷蔵庫から半分量のパン生地を出して、

常温になるまで置いて、

膨らんだら分割して寝かせて、

成形して最終発酵、

そして珍しいくらいにカタチが崩れることなくオーブンへ投入できた。

こんなことは滅多に無くて、どんなに美味しいパンが焼けるだろう、と

ワクワクしながら膨らんでいく生地を眺めながらリビングへ。

オーブンのタイマースイッチは正確なものではないので、

適当にグルリと回して、ストップウォッチでいつも計っている。

頃合いになったらタイマーをオフにしてパンを取り出すという手順。

そうして焼けるまでの十数分間、

ちょいと見逃していた映画を録画しようとしたら、

見つからないのでムキになって検索しているうちに、

焼いていることをすっかり忘れてしまっていた。。。

どれくらい経った頃か、

チーンというオーブンの音がして、ハッと思い出した!

テーブルの上のストップウォッチを見たら28分を過ぎている。

あーーーー!

急いで取り出したら、茶色くなった野球ボールみたいなパンに。。。

割ってみたら、中はまだ柔らかい部分もあるけど食べられるのかな。。。

外の皮が硬くなってるものの、焼きたてなので何とか食べられた。

でも日にちを置いたら歯が立たないと思う。。。(泣)


せっかく美味しく焼ける予感がするほど大成功の準備が出来てたのに、

ぼーっとしてたというよりか、

つまらないことに集中してしまってすっかり忘れてた。

何かに熱中してしまうと、まあ、多々(?)そういうことがある。。。

ああ、、、残念。

焼き固めパンはスープかベシャメルソースか何かを作って食べることにしよう。



# by nazunanet | 2020-11-01 11:28 | 手作りパン | Comments(0)
自家製バンズと自家製パテで作るチーズバーガーーーー_d0221430_11524234.jpg


パンを焼くのはもうご飯を炊くのと同じくらい普通で日常の一部になっている。

買ってきたパンは職人さんが焼いたものであろうと、

一般的な市販のパンであろうと、

やはり、家のパンが一番口に合っている。

お米とみそ汁と同じくらい、

日々仕込んで焼いている自家製パンがほっと安心できるごはんになっている。

粉と水と塩とサフイーストだけで焼くパン。

皮が薄く何層にもなってパリパリで、

中身はふんわりもっちりして、味わい深いパン。

田舎パンや古代パンといわれるような、いわゆるハード系パン。

水分を多めに配合しているので成形しずらく、

しかも焼成するときにオーブンに投入しずらいのが難だけど、

焼きたてよりも、むしろ翌日、翌々日にも美味しくなっていく。

食べるときはオーブンでカリッと焼く。

でも、中身のふわふわもっちりは失われないまま。

普通のフランスパンだと日が経てば経つほど乾燥してまずくなるのに、

なぜ長時間低温発酵パンは日が経っても、

いや、経った方が美味しさが増すのだろうか。。。

ワタシもダンナさんも「不思議だね~」などと言いつつ、楽しんでいるのだけど。

冷蔵庫で長時間熟成発酵させることが大切な何かがあるんだろうと思う。

一般的なレシピで焼いたリッチパンは間違いなく美味しいけど、

シンプルな材料と”時間”というエッセンスを加えた長時間低温発酵パンのように、

生地の弾力、滋味な味わい、皮の食感、

そして何にもまして、日が経つにつれ美味しくなるなんてことにはならない。

本当に不思議なパン。。。

毎回、作る度に新たな発見と驚きと喜びがある。(ちょっとオーバー)



長時間発酵させるパンを仕込んだら、

コッペパンの材料を揃えて、順番通りにHBに投入。

自家製パンは仕込んでから2日目に焼くので、

それまでの間にパンを食べられないのは寂しいので、

簡単に作れるコッペパンを用意することにしている。

生地はHBがこねてくれるので楽々だし。

一次発酵が終わったら、台の上に出して分割して休ませる。

二倍に膨らんだら成形して最終発酵。粉をHBに投入して3時間後にオーブン点火。

自家製バンズと自家製パテで作るチーズバーガーーーー_d0221430_11530285.jpg


予熱6分、焼成12分。コッペパン、というかバンズが焼き上がり。

大きめのバンズを焼いたのは、

これでハンバーガーを作るため。

ハンバーガーがそれほど好きだったわけじゃないけど、

自分で作ってみたら、びっくりするくらい美味しく出来たので、

時々二人でジャンクなものが食べたいときは作ることにしている。

赤身の牛肉のみをひたすら刻んで叩いてパテを作り、

岩塩と黒こしょうで味付けて。

鉄のフライパンで焼いてつくる。

肉を焼く鉄のフライパンも大事なエッセンスの一つに。

何度もひっくり返しては肉は美味しくなくなるのでダメ。

返すのは一回限りで焼き目をつけるくらいしっかり焼く。。。

つなぎ一切無しの100%ビーフのハンバーガー。

スライスオニオンと、ホールトマトをひたすら煮詰めたトマトソース、

ブラックオリーブをスライス、酢漬けのケッパー、フリルレタス、

そしてなんといってもチェダーチーズを忘れずに。。。

(画像は後日UP。。。)



昔は、時折食べることもあったものの、

もう今では食べることはなくなってしまったファストフードやジャンクフード。

時々ダンナさんがチーズバーガーを食べたいと言っていたけど、

自家製バンズと自家製パテのハンバーガーを作るようになってから、

「もう外で食べようなんて絶対思わない」と言う。。。

まあ、それはそれで何というか。。。

ハードルを上げてしまったかなと。。。(苦笑)


ハンバーガーを作れても、どうしても上手く作れないのは”ポテトフライ”。

何度か作ってもカラッとできず、

あれは生のジャガイモを切って揚げているのじゃないんだ、と分かった。

マッシュポテトにしないとダメなのか。。。

うーん、そこまで作るのは面倒すぎる。。。

バーガーといえばフライドポテトなんだろうけど、ハイカロリー。。。!

しかし、カロリーを気にしていては、バーガーなんて食べないものね。

バーガーにポテトとコーラの取り合わせは?!

ヘルシー志向な世の中の時流を大いに逆行しているかも。

ジャンクなものなんてそうそう食べないんだから、

楽しむときは罪悪感抜きで思い切って楽しみたい。(笑)




# by nazunanet | 2020-10-29 15:24 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31