人気ブログランキング |
ザフーン マウイバンブー&ポケットサックス用には、

テナーサックスのリードを使用。

d0221430_18133258.jpg

天然の葦を削って作られたリードは、

すぐに劣化して使い物にならなくなるというのに、

どれだけ使っていたことか。。。(笑)

リードの先が割れたような音になってる。。。

それで購入したのが、樹脂製のレジェールのサックスリード。

初めて購入するので、”スタンダード”の強度2番にしてみたけど、

ザフーンで使用するには硬すぎた。

一度限りで強度の違うものを交換して貰えるというので、

グローバル社に送って、スタンダードの最も薄いものに交換してもらうことに。

金曜日に送ったら、週明けて火曜日には新しいものが届いたので驚いた。

こんなに早く送って貰えて感激。

スタンダードの”1 3/4”、早速吹いてみた。

かなり楽々に吹けて、音色も悪くない。

スタンダードはクラシックやポップス向けだそうで、

音色が正統派。まさにブラスバンドのサックスといった感じ。

最初にサックスを習ったとき、先生がこういう音色のものを好まれて、

お勧めされていたので、やっぱり自分もこういう音色が好きなのかなあ、と。


でも、ジャズサックスのように格好良く吹けるようになるまでは、

どれくらい掛かるか分からないけど(笑)、

スタンダードよりもスタジオカットのもっと薄いリードの方が、

軽やかに吹けるのかも。。。。

レジェールの樹脂製リード、悪くない。

むしろ好きな感じ。

ただやっぱり、ポケットサックスじゃなくて、

竹で作られたバンブーサックスには、天然の葦のリードが良いと思う。

練習用には耐久性を考えると、樹脂製リードはもっともっと試してみたい。

これで練習して、葦のリードを吹くと、もう楽々に感じるし。

レジェール社のジャズ用のものやプロ仕様のものなども試してみるつもり。

楽しみ~~。

d0221430_18122943.jpg




# by nazunanet | 2019-06-22 21:04 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

ザフーンは小さなリコーダーくらいの笛なのに、


テナーサックス用のリードを使用します。


ケーンという葦で出来たリードを吹き口に装着して吹くので、


そこはかとなくサックスやクラリネットのような音がします。


川のそばで吹いていたら、「それは何という楽器なんですか?」と


興味しんしんで聞かれること多数。。。


見た目もとても可愛いので、本当に私の宝物です。


最近はリードがケーン(葦)のもの以外に、樹脂製のものもあるとかで。


葦のリードを一箱買って使えそうなのが一枚、二枚入ってたらいいようなモンだけど、


樹脂製のは平均的に使えるレベルのもので、


しかも長時間使ってもヘタれないと聞いて買ってみた。


カナダの会社、レジェール社の樹脂製リード。


サックスは勿論、クラリネットやオーボエ、ファゴットのリードまであるんだそうで。


試しにテナーサックス用のスタンダードの2番を買ってみた。


早速吹いてみたら


天然素材のケーンのリードに比べて硬くて、


最初は思いっきり吹いても音が出なくて困ったけれど、


だんだん慣れてきたら普通に出せるようになった。


”スタンダード”はクラシック向きというのはうなずける。


正統派なまっすぐの音がでる。


これまで使っていた天然リードのバンドレーンやマルカジャズの2 1/2よりも


2ランクくらい硬く感じる。


レジェールで練習してからバンドレーンの天然リードで吹いてみたら、


もう軽くて軽くてスイスイ吹けちゃう感じ。


これまでは鳴りの悪いリードもあって、選んで吹いていたけど、


どれもこれも、レジェールの2番を吹いた後だと、へっちゃらで吹けてしまうから、


やっぱりスタンダードの2番は硬かった。


代理店のグローバル社に送付すれば、


一回だけ違う強度のリードに交換してくれるそうなので、


HPの交換用チケットをプリントして、購入店の領収書などを同封の上、


交換希望で送ってみることにした。


スタンダードの一番薄い番手の『1 3/4』に交換してもらおう。。。


普通のサックスだったら2番は軽いくらいなんだろうけど、


軽量楽器のザフーンには軽くて薄い方が吹き易いとのこと。

 

リード一枚で天然葦リードの一箱~2箱分くらいの値段だけど、


1時間吹き続けてもヘナヘナにならないので、


長く練習できそうなのでお徳感はある。


ただ、リードと吹き口の間に水分がたまってしまうのが難ではある。


ケーンは水分を吸収してくれるから、拭いたりしないでも大丈夫だったけど、


長時間吹くと水滴の処理がちょいとね。。。


でも、交換して貰うリードがバッチリだったらいいなあ。。。ワクワク。


しばらく練習して上達してきたら、


最上位モデルの”シグネーチャー”や、


ジャズに特化した”スタジオカット”を試してみたい。。。




何故か、取り立てて楽器が出来るわけもないのに、


色々チャレンジしてきた私。。。


三味線、ピアノ、フラメンコギター、ウクレレ、ボンゴ、


サックス、そしてザフーン。。。


色んな楽器を触ってみたい、というのがあるのかも。。。


音楽を聴くだけじゃなくて、トライするのも、また楽しい。


# by nazunanet | 2019-06-07 18:46 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

過去、ハタチくらいの頃、「楽器が出来るようになりたい」と、


アルトサックスをやるんだ!と鼻息も荒く、


「やるなら断然本物を選んだ方がいいよ」と


サックス演奏でライブもやってる友人に薦められて、


セルマーのサックスを清水の舞台から飛び下りる気持ちでローンで買って、


神保町にあるサックス教室へ通った過去がある。


でも、もう先生が怖くて怖くて。。。(苦笑)


まあワタクシは不出来な生徒だったので、しょうがないんだろうけど、


(今の習い事の先生は誉めてくれて物凄く優しいと聞くので、


私の青春時代の習い事は振り返ると、先生はみんな厳しかったなあ。。。)


スタンダードジャズが好きだったので、


ビッグバンドなサックスやってみたくて習いに行ったけど、


実技もあるものの、コード進行のジャズ理論が主でもうチンプンカンプン。。。


「さて、このコードの次はどう展開する?」と問われ、


毎回鉛筆を片手にウーーン、ウーーンと


コードを楽譜に書いていくレッスンがもう苦痛で。。。(笑)


ジャスをやる上で、アドリブに必要なコードの展開は勿論大事なんだけど、


まだまだジャスも音楽も何にも分かってなくて、


楽譜が読めない私にはハードルが高すぎた。


そんな超初心者なのに、吹き方を習うよりも理論の授業が多かったのも


早々に辞めてしまった敗因かも。


最初は好きな曲を練習しながら習うのが良かったなあ、なんて。。。


その後の独身時代の金欠状態のときに、


泣く泣く宝物のセルマーを売ってしまったこともあり。。。


ちょっとサックスはトラウマになってたけど、


ザフーンと出会って、トラウマが吹き飛んでったかも!(楽)


d0221430_18132049.jpg

まだまだ音階練習と、簡単な童謡を吹くレベル。(たは!笑)


だけど、妙に楽しいのだ。



ということで、もう少し続きます。。。


# by nazunanet | 2019-06-07 18:25 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
今年に入ってから、右目の瞼の痙攣がしょっちゅう。。。

リーディンググラスを何時間もかけっぱなしで、

縫物などしていたからかなあ。

どうも疲れ目がとれないので、ここしばらく細かい作業や、

読書やPCはしないように心掛けていたら、

瞼の痙攣が収まってきた。(ホッ)

でも、針と糸を持たない日々は苦しいー。(笑)

ちくちく縫いがこんなに大好きだったのね、私って。

と再認識。。。


そういう日々なので、ちょっと息抜きに戸棚にしまいっぱなしの

「ザフーン」を出してみた。


d0221430_18122943.jpg


リコーダーのようでいて、リード楽器なのですよ。

始まりはハワイで竹でハンドメイドで制作されたバンブーサックス。

渋谷の路上でディーンさんが売っているのを見かけて、

ダンナさんにプレゼントして貰ってからもう25年にはなるかも。

その後、竹製のザフーンは入手困難になっていって、

壊れたらもう手に入らないかも、と思って、丁度廉価版の樹脂製のが出始めたので、

それもゲット。

d0221430_18130157.jpg


最近、目を休ませているので、

ちょこっと空いた時間に、このザフーンにすっかりはまっている私。



ザフーンのこと、続きます。。。。

# by nazunanet | 2019-06-07 18:19 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
パン作りに最適な季節になって、

角食パンにも挑戦し、

数日おきに自家製パンを焼く日々に、

うきうき状態だった先月中頃、

完熟トマトソースのピッツァを焼こうとしたら、

オーブンのスイッチが切れたまま。。。

何故に?と焼く直前のピッツァ生地を

とりあえず余熱されたオーブンとピザストーンで焼き上げて。。。

冷めてからオーブンの後ろを開けてみたら、

タイマースイッチにつながる線の根元のプラスティックが、

熱で焼き切れている。

デロンギオーブンは電子レンジがなくて、オーブン単体。

その分、ものすごく簡単な作り。

タイマーだって、イマドキ、リンと鳴るゼンマイ式のスイッチなのだ。

いい加減な分、設定240~250℃のはずが、

かなりの高温まで上がってくれる。

なので、家庭用オーブンとしてはピザまで焼けてしまう優れものなのだ。

焼き具合がムラが出たり、庫内が狭いので焦げやすいとかあるけれど、

もうクセを知り尽くしているので、これでないと困る。

このオーブンでクッキーやケーキやフランスパンに角食パン、

グラタン、ピッツァ、焼き豚、焼き鳥、なんでも作ってきた。

今更、電子レンジ付きの生はんかなオーブンには戻れない。

タイマースイッチ以外、どこも悪くなってないけど、

10年くらい前に買ったものなので、もう販売元のサポートは無くなっている。

イタリア製のオーブンだからか、国内に同じ部品がないらしい。

ネットで探し回って、扱っている商社を発見。

でも一個だけ送ってくれるところがなかなか無くて、

やっと見つけたのはフィリピンの会社!

注文メールで送ってもらうように手配したのが先月中旬。

まだまだ到着する気配がない。

3週間から1か月はかかるとのこと。

船便?!

とにかく、待つしかないので、部品の到着を待って、

あとは組み立て直すだけ。。。

また再び動いてくれたらいいけれど、

ダメだったら新しいオーブンを探すしかない。

早く自家製パンを焼きたいなあ。。。


# by nazunanet | 2019-06-07 17:52 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
先月28日頃、紫陽花が咲き始めた頃はまだ色がうっすらだった。


d0221430_17290355.jpg


それが、今月に入って暑さも真夏並みになってきたら、

もうこんなに濃く色づいて。。。

d0221430_17292235.jpg

d0221430_17295120.jpg
d0221430_17301371.jpg

梅雨の時期はジメジメだけど、

鮮やかな花が雨に濡れて一層輝くのが見れて嬉しい感じ。。。。

近所の通りの両側には、いつの間にか紫陽花がいっぱいに。

この時期だけのお楽しみ。



# by nazunanet | 2019-06-07 17:35 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31