人気ブログランキング |
今回はピザプレート使用せず、天板と焼き網とオーブンシートを使用。

オーヤマくんの会のレシピを参考に、

予熱も含めて20分とあるのが不安。。。

ちょい1~2分増やして、

250℃予熱8分、焼成下ヒーターのみ8分、上下ヒーターとファンで8分、と

24分焼いてみたけど、真っ白なパン。。。

それで焼き色がつくまで粘って粘って合計34分。レシピよりも14分も長く。

でも、結構白いし、オーブンからあのパンの焼ける芳しい香りもしない。。。

d0221430_14095956.jpg


ええーー、これでいいの?

一応、焼きあがったパンを切ってみたけど、

内部も詰まってしまって、水分も飛んでないし、表面も焼きあがってない。

それで考えた。

色々調べたら、予熱に天板も入れておくのはセオリーではないけれど、

ハード系パンをおうちの電気オーブンで焼くときは、

天板も一緒に熱しないといけないんだと判った。

天板が冷たいままだといつまで経ってもクープも開かないらしい。


バターや砂糖やクリームなどが入ったリッチなパンは、

幾分温度が低くても、時間が短くても良い焼き色になるけれど、

ハード系のシンプルな配合のパンは、

温度がしっかり上がってないとダメだってことを痛感。

予熱は温度がしっかり上がってからでないと生地を入れちゃだめ。。。


デロンギで焼いていたときは、ピザストーンを使ってた。

たっぷりの時間を使ってアツアツに熱して。

まるでナポリピザの石釜みたく熱したピザストーンの上に、

パン生地を入れて、オーブンの扉を閉めたら、

見る間に生地がぐんぐん盛り上がっていくのが分かった。

火(電熱だったけど。笑)とパン生地が化学変化を起こして、

魅惑のパンに変化していく感じだった。

デロンギのピザストーンはイタリアのレンガ素材を

1300℃で焼き上げたものらしいので、

それを予熱でアツアツに仕上げておくと、きっと遠赤外線効果も相まって、

私の適当なまでのパン生地でさえ、

プロ級のハード系パンに焼きあがってたんだなあ。。。

2回ともオーヤマくんでパンを失敗したので、

今はデロンギが恋しくてたまらない。嗚呼。。。

(アツアツのストーンに生地を載せてたら焦げると思うだろうけど、
 全然焦げ付かないし、逆にデロンギは天井が低いから、
 上部が焦げやすいのが玉にキズで。。。)


・・・・でも!ここでへこたれるわけにはいかない。

今度はタニタのオーブン温度計も用意して、

予熱時は天板も一緒に熱して焼いてみよう。

あと、オーブンシートを使うのも、あまり好きじゃないので、

天板を空焼きしたりして、そのまま直にパン生地を載せて焼けるようにしたい。

パン屋さんはオーブンシート使ってないもん。。。

扉の開け閉めでかなり温度が下がるようなので、そこも注意しなくちゃ。

結局、二回とも、温度が全く上がって無かったと思う。

丸パンもバゲットも、まるで”おやき”みたいになったのは悔しい。

まだまだクセを掴むまでには時間が掛かりそうだけど、

これが妙に面白いところなのだし。




# by nazunanet | 2019-07-28 17:53 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
今月上旬のこと。

両国の江戸東京博物館で毎年恒例の「発掘された日本」展へ。

d0221430_22364630.jpg

d0221430_22370458.jpg
ここのは真面目に全国津々浦々の遺跡発掘の調査報告を、

毎年行っているので、なかなか面白いものが展示されていたりする。

ミニチュアサイズの土偶や土器が、おままごと風でかわいいのです。

そんな展示を見ながら、

最上階のレストラン&カフェへ。


d0221430_22363208.jpg
窓際のカウンター席からこんな景色も見れて。

久しぶりにここに入ったので、あんみつを頼んでみた。


d0221430_22341659.jpg


アイスクリームはバニラビーンズが利いた感じの濃厚アイスだったし、

餡がほくほくしてて、果物もリーズナブルなのに豊富で、

全体に美味しかった。

両国の甘味処は今度からはここにしようと思う。

久しぶりの東京甘味処めぐりでした。。。



追伸;毎年のように、あんなにはまっていたかき氷は

もう全然食指が動かず。。。

あんなに量を食べられないのと、

ひたすら長蛇の列を待ち、そして後続のお客さんの為にと大急ぎで食べ、

そして、とにかく冷え冷えに、冷える。。。これがつらい。

もうかき氷は卒業なのかも。。。

家でぺんぎん型のかき氷機でちょこっとかき氷を削って、

ベトナムチェーを作って楽しむのが一番ですかね。。。





# by nazunanet | 2019-07-27 22:51 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
d0221430_22295964.jpg


留め具を彫ったり、縫ったりと、

過酷に動いているのは右手なんだけど、

なぜか左手が痛くなっている。

特に夜になると、1日の手の疲れなのか、痛みがドドーーンとやってきて、

眠れない日もあったけど、

冷やしたり、痛み緩和のローションを塗ったりして安静にしている。


過去に、右手の親指と手首の腱鞘炎も経験している。

その時は2日ほど寝込むくらいにひどくて、

ちょっとでも動かすと激痛で全く起き上がれなくなった。

そこまででは無いんだけど、なんだか鈍くしつこい痛みが続いて、

縫い物作業も木彫りも思うようにはかどらないし、ままならない。

手を使ったあとのストレッチや、腕や肘や手を適度に休ませないとなあ、と

なんだか、目に引き続きの不定愁訴で落ち込むけれど。。。

年齢的なものなのかなあ。。。

こうなってみて、左手を改めて意識してみると、

意外に使ってないようでどれほど使っていることか。

自分的にはもしかしたら隠れ左利きなのかっていうくらい、

左手を多く使っていることに改めて驚き。。。

手はどっちが利き手とか関係なしに、同じくらい酷使されてるんだなあ、と。



熱中すると時間を忘れてしまうのが、

私の良い癖でもあり、悪い癖でもあり。。。(笑)

ほどほどに、ゆるゆるにやっていこうと思うのだったーーー。


そんな私の最近の気分転換に効果的なのは、

もっぱらバンブーサックスなのです。

なんでもやってみたい欲求がある私は、音楽を聴くだけというよりも、

自分も挑戦してみたくなる方なのかなあ。。。

下手の横好きとはこのことなんだけど。

ストレス解消法も受動的な鑑賞するものよりかは、

能動的なものの方が効果があるみたい。

でも、マラソンやジョギングは嫌。(笑)

バンブーサックスに熱中しつつも、

時間を忘れるほど、とまではいかない。(笑)

まだまだ初心者なので、1時間も吹くと口周りと唇が痛くなる。

たいして上手く吹けないけど、なんだか楽しくって仕方がない。

手に入れたのはもう20年以上も前なのに、

マイブーム再びです。

ギターは今は指が痛くて使えないので、

マウイ・ザフーン(バンブーサックス)を吹くのがいいね。

音色もなんだかパオーとゆるくて、それがほんわかする。

樹脂製のリードが思った以上に良くて。

レジェールのスタジオカットの1.5だと私のようなのでも楽に吹ける。

スタンダードだと肺活量も唇の締めの力や腹筋ももっともっと必要だけど、

前者のはリコーダー並みにストレスフリーで吹けるので続けられる。

もっと早く知りたかったくらいに。(笑)

ちょっとずつジャズっぽいフレーズも練習している。

吹き終わったら、布で丁寧に拭いて、

ABS樹脂製のポケットサックスは水洗いして、

竹製の方には時々オイルを表を内部もしっかり塗布して、

蜜蝋ワックスで磨いてお世話しています。

やはり木製で出来た笛は音が柔らかくて耳に心地いい。。。

木製の楽器はお手入れでどんどん音色が深まると聞いたので、

せっせとバンブーサックスも手入れを欠かさず、

今や本当にいい艶が出てピッカピカになってきた。

最近の中で、一番の宝物ですかね。

どこへ出かけるにも持って行きたいくらい。(笑)

あまり磨きすぎると壊す恐れがあるので気をつけないとね。。。(爆)

部屋やカラオケボックスじゃなくて、

青空の下、海辺や野山で吹きたいけど、

海辺やキャンプ場で楽器って一番の迷惑になるので、

無人のところを探さなくちゃー。




# by nazunanet | 2019-07-27 18:56 | 日々のあれこれ | Trackback | Comments(0)
我が家では電子レンジは使わないので、オーブン単体に特化したものが欲しかった。

そして二ヶ月ほど前に見つけたのが、

アイリスオーヤマのコンベクションオーブンFVC−D15A(ホワイト)。

ピザプレート付きのコンベクションオーブンを探して、

アイリスオーヤマで見つけたけど、そこではとっくに販売終了していた。

まだデロンギを修理して使えるかもしれないという望みをつないでいたので、

すぐには買い換えを考えていなかったけど、

もう2ヶ月待っても届かないから、やっぱり新しいものをと。。。

2〜3日前にまたコンベクション機能付きで検索してみたら、

販売終了していたはずのアイリスオーヤマ製のオーブンがAmazonで出品されていた。

しかも最後の一個となってたからすぐに注文。

こんなに安くて大丈夫なのかと心配もあったけど、

到着するまで、このオーブンの機能や使い勝手などを

ユーザーがブログや何かで発信してないかな〜と検索してみたら。。。

こんなに大人気になってるオーブンだったなんて。。。

なんと、『オーヤマくん』という愛称で呼ばれるほどの

大人気コンベクションオーブンということが判明。

パンレシピやオーブンの焼成時間やコツを惜しげもなく披露されている方のSNSも!

パン教室も主宰されてる門間みかさん。

詳しいオーブンの癖を細かにレポートされて、様々なパンレシピまで。

びっくり!

#オーヤマくんを全国に広める活動(?)をしている@monma_mikaさん。

ユーザーの方々の情報もどんどん知りたい気持ちに。

もうなんだかちょっとした不安から今やワクワクしかない!


安いなりのオーブン機能だろうけど、

まあ、デロンギもオーブントースターと殆ど変わらない機能で、

あんなにちゃんと激ウマのおうちパンが焼けてたんだから、

電熱線がむき出しだろうと、ちゃちな機能でも、

使いこなせればいいのだ、と。

きっと本国イタリアでは一万円しないんじゃないかと思う。(勝手な憶測)

輸入品だから日本ではああいうお値段なんであって、

アイリスオーヤマのとデロンギも作りはほぼほぼ同じだと思うのよ。

(私が使ってたのは、EO1258J デロンギと通販生活がコラボしたものだった。)

なんせ、どっちもアナログなタイマースイッチ。

これがいいのよね。(笑)

そしてそして。。。

昨夕、やってきたアイリスオーヤマのオーブンを早速箱から出しながら、

デロンギよりも庫内の高さもあるので、

これならパンの焦げも角食パン型もゆうゆう入る、と満足感いっぱいに。

おととい久しぶりにパン生地を仕込んだので、

早速これで焼くことに。

オーヤマくん(私も遅ればせながら呼ばせて貰う)はサーモ表示機能がないので、

温度が250℃まで達しているかどうかが分からない。

門間みかさんは、温度計に頼らず発信しているデータで作ってみてと。

頼もしい〜〜。

色んなレシピがあるので、おいおいトライしてみようと思う!

でも、自家製パンの焼きは、どうしても高温でないと作れない自分の好きな味があるので、

それにはやはりオーブン用の温度計が必要。。。

はたして、このオーヤマくんA(オーヤマくんBもあります)は、

最高温度250℃まで上がってくれるのだろうか。。。ドキドキ。。。

ずっと10年以上使っていたデロンギは多分250℃以上だったと思う。

庫内の高さがないので、上下の焦げを無くすためにピザプレートで焼いていた。

まるで石窯で焼いたみたいなパンになってた。


初めてオーヤマくんでデロンギと同じようにやってみたけど、全然温度が足りない!

250℃予熱15分のあと、

250℃のまま上下ヒーター+ファン(コンベクション)17分と想定したけど、

焼き色を観察しながら時間を延長していって、

25分経ってようやく上部にうっすらと焼き目がつくほど。。。

予熱時間が足りてないのと、

デロンギと同じようにピザプレートで焼いたことが一番の敗因。。。

焼き色をつけるために上段に移動させてもよかったのかな。

ピザプレート使用で温度が上がらなかった要因だった気がする。

予熱15分を設定したけど、ピザプレートが熱くなるまでには時間が足りてない。

あと、コンベクション=ファンを回して焼いたのも、

ただただ生地が乾燥していって、温度が上昇しないまま。。。

ちょっと乾き気味の焼き目の薄いパンになってしまった。



今度はピザプレート無しで、

天板か焼き網にオーブンシートを敷いて焼いてみようと思う。

やはりオーブン用温度計も装着させて、250℃まで達する予熱時間も知らないと、

長時間発酵パンのおうちパンが焼けなくなっちゃう。。。

このオーブンの癖をどんどん把握していこう!

一回だけだけど、

デロンギとオーヤマくんAを比べると、

焼きムラが無いのはオーヤマくん。

高温に達する早さは断然デロンギ。

角食パン型やケーキ型を上部の焦げなく使えるのはオーヤマくん。

横幅はデロンギの方が広いけど、オーヤマくんは高さがある。これ大事!

ピザプレートの良さは断然デロンギ!質がいい!まるで石窯だもん。。。
(これが使えたらよかったのになあ。。。
 ちょっとデロンギの方が大きいから入らない。。。)

天板や付属品の豊富さはデロンギ!ステーキ用天板も深めのトレイもあるし、
トレイを引き出す金具(なんていうんだっけ?)もついてる。

でも、やっぱりお値段はオーヤマくん軍配あり。
なんてったって、巷のオーブントースターよりも安いんだもん。

オーヤマくんユーザーはAとBも両方とか、
何台も愛用してる人もいるみたいで。。。
すごいなあ。。。

私も昨日受け取って、一回しか焼いてないけど、

自分なりの好みのデータをどんどん増やしていこうと思ってる。

料理を作る中で、これがなんといっても楽しいのものなのよね。



自分で焼くパン、オーブンで焼けていく様子を眺める楽しさ。

パン職人の完璧なパンと違って、

欠点だらけかもしれないけど、おうちパンの楽しみがある。

パン生地を仕込んで冷蔵庫で寝かせる。

いつも48時間寝かせてから焼いている。

72時間経つと、ドライイースト独特のにおいが消えて、

小麦の香りがかぐわしいパンになるので72時間が最高に美味しい。

それ以上はどうかな。もうそれ以上待てないので試してない。(笑)


オーブンが壊れてた二ヶ月間、

買ってきたパンは、砂糖や油脂や余分なものがいっぱい入ってるのもあるし、

美味しいバゲットも角食も、

買ってきたパンは美味しいけど、だんだん飽きてくる。。。

自家製パンはいびつで素朴だけど、

自分たちが長年慣れ親しんでいるパンの味。

小麦と塩と水とサフだけのシンプルなパン。

我が家の味だから、

飽きのこない美味しさとはまさにこのこと。。。


パンライフ、再び!

オーヤマくんとのパン生活、楽しみです。。。







# by nazunanet | 2019-07-27 18:00 | 手作りパン | Trackback | Comments(0)
デロンギコンベクションオーブンのスイッチタイマーが壊れてから

はや2ヶ月。。。

部品のタイマースイッチをフィリピンに注文したけど、

やっぱり届かなかった。

で、もうそろそろ新しいオーブンを購入しないとパン生活に戻れないし。。。

でも、まだ届くかもしれないので、デロンギの処分は保留。

台所の隅に箱に入れて保管。(笑)

やっぱり、完全に把握しきったオーブンというのは、どうしても手放せない。

温度の変化、一番焼ける場所、色んな癖を完全にコントロールできて料理をしていたので、

新しいものに変えると、これまでのメニューを全てまた試しながら、

オーブンの個性を把握していかないといけないので、

これまでのおうちパンが焼けるようになるには時間がかかりそう。。。

新しいデロンギや他のメーカーのものも検討したけれど、

最高温度が220℃までだったり、庫内の高さが狭かったり、

やたらに高額だったりと、さんざ迷っていたら。。。

amazonでコンベクションオーブンを見ていて、驚きの安さのオーブンを発見。

アイリスオーヤマのコンベクションオーブン!

ピザプレート(これは必需!)もついて一万円もしないなんて。

ピザプレート無しのだと、5〜6000円という低価格。

こんなに安いなんて、大丈夫?

そう思いながら、ダメもとで注文してみた。。。

つづく。





# by nazunanet | 2019-07-27 16:19 | 手作りパン | Trackback | Comments(0)
オーブンのタイマースイッチが壊れてから一か月。。。

デロンギのサポート期間はとうに過ぎていて、

仕方がなく、ちょっと試しに内部を開けてみた私達。。。

デロンギコンベクションオーブンとは言うものの、

ちょっと大きめのオーブントースターな感じのもの。

日本製に必需といってもいい電子レンジはなくオーブン単体。。。

それが自分たちで修理できるかも、というか。

開けてみたら、

タイマースイッチにつながれてる線を繋ぐ部分のみが壊れていたので、

そのスイッチの部品を取り換えれば万々歳なんだけど。

日本製のものじゃないので、同じ部品は海外から取り寄せに。

なんとか扱っているところを見つけて、注文メール。

フィリピンから送ってもらうことになってるけど、

一か月が過ぎたけど、まだ届かない。

一応、向こうが気を使って代金を返金してくれたけど、

「たぶん、到着すると思うから、届いたらまた代金を払ってね」という

ようなメールが。

船便。。。?

製造国は多分中国。そこから船便?

そしてフィリピンの会社が受け取って、日本へまた船便?

ああ、その間、自家製パンはおあずけ。

ここまで待ったから、もうちょっと待ちたい・・・・。

さてさて、どうなる~~~、我が家のオーブン生活~~。

# by nazunanet | 2019-07-09 00:17 | 日々のあれこれ | Trackback(1) | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31