人気ブログランキング |

<   2020年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

修理の代わりに新品のオーヤマくんBがやってきて、

パンライフは夢のように激変。

これまで温度が上がったり下がったりで大変だったのがウソのように。

オーブントレイを使って焼くリッチパンは問題なく焼成できるのは言うまでもなく、

最高温度250℃は最低限必要だった長時間低温発酵パンの焼成にも成功。

非常に満足満足な出来栄え。。。

オーヤマくんBでハード系パン_d0221430_16551097.jpg

オーヤマくんBでハード系パン_d0221430_16552414.jpg


マッシュルームとハムを刻んでバターソテーして、

パルミジャーノチーズもスライスしてサンド。


長時間低温発酵パンは生地の仕込んでから最低でも24時間寝かせるので、

その間、パンがないと寂しい。。。

で、HBを使ってコッペパンを作ってオーヤマくんBで焼き、


オーヤマくんBでハード系パン_d0221430_16544908.jpg

オーヤマくんBでハード系パン_d0221430_17220588.jpg

オーヤマくんBでハード系パン_d0221430_17213129.jpg

オーヤマくんBでハード系パン_d0221430_17214842.jpg


コッペパンレシピを我が家流にアレンジ。

牛乳を半量にして水を加えたり、

バターも少なめにしてオリーブオイルをその分加えたり、

砂糖を減らしてリッチからリーンなコッペパンに。

サクサクの皮にもっちりフワフワな生地。

ホットドックやハンバーガー、トリッパパニーニにぴったり!!

ジューシー感のある中身もしっかり受け止めてくれる。

我が家ではテレビの欧州サッカー観戦のおともはホットドックが多い。(笑)

オーヤマくんBでハード系パン_d0221430_16540369.jpg

オーヤマくんBでハード系パン_d0221430_16543388.jpg
長時間低温発酵パンはハード系パンなので、

チーズやトマトが合う、合う。

最近のお気に入りの具はやっぱりマッシュルームとチーズ。

ガーリックのみじん切りとマッシュルームと

プチトマトをオリーブオイルでソテーして、

最後にチーズをスライスしたのをフライパンに載せてとろけるまで焼く。

軽くトーストしておいたパンをカットして開いたところに、

マッシュやトマト、チーズのとろけたのをパンにはさむ。

チーズがところどころカリっと焦げたのがたまらなく美味!

一日一個くらいおやつでパンを食べる。

手づくりしたパンでサンドイッチを作っているせいか、

小さいパンでも満足感たっぷり。

おなかも心も満足感あるせいか、市販のおやつは殆ど食べなくなったのもいい感じ。



食事はゆっくり作って、ゆっくり食べて、

作る過程がまた楽しい。

食べたものが身体になっていく。

大事に大事にしていきたい。














by nazunanet | 2020-07-26 17:44 | 手作りパン | Comments(0)

サボテンの花芽

サボテンの巨大な花が咲いてびっくりしたのは去年の6月のこと。

サボテンの花芽_d0221430_21170609.jpg
去年6月のサボ花


そして今年も咲いたらいいなと思っていたら、

サボテンの花芽_d0221430_16554380.jpg

大きい方の幹じゃなくて両側にある小さい枝葉(?)の方に花芽がついた!

またあの花が咲くのかと思ったらワクワク。。。


サボテンの花の様子はこんな感じだった。

最初は上のような小さな芽からどんどん成長していって、

闇夜に開花しはじめる。。。

サボテンの花芽_d0221430_21081310.jpg

てのひらよりも二回り以上大きい花。

サボテンの花芽_d0221430_21074262.jpg



サボテンの花芽_d0221430_21070764.jpg

そして夜のうちに花が閉じて、その後、閉じた花芽はしぼんで落ちてしまう。

一夜だけしか咲かない。

人知れず咲こうとするので、気が付かないと花が咲いたことも知らないまま。

今年も咲いてくれたらいいなあと思っていたので

花芽がちょこんとついたときは嬉しかったけれど、

その後真夏とは思えない気温と長雨続きで、花芽が育たないまま萎んでしまった。

残念。。。

またきっと花をつけてくれると思う。

期待しよう。。。

p.s.

このサボテンは24~5年くらい前に、

近所にあった「サボテン相談室」というサボテン専門店で種を買って育てたもの。

サボテンって花が咲くまで20数年かかるんだなあ。。。

きっと環境や育て方にも影響されると思うけど、

最初はずっと部屋の中で育てていたものの、

にゃんこ先生も同居始めた頃から手狭になり、

サボテン達は全部ベランダに出してしまった。

冬の凍てつく寒さも雪も雨も耐え、梅雨の湿度にも耐え。。。

野良サボテン状態なので、手厚く育てていたわけじゃないけど、

それでもあんなに美しい花を見せてくれるなんて感動もの。。。

毎年咲いてくれたら最高。

今年は開花したら筆か何かで花粉を受粉させないと、と思っている。

そうしたらきっと種をつけてくれると思う。。。

さて、どうなるかなあ。ワクワク。










by nazunanet | 2020-07-26 17:09 | 日々のあれこれ | Comments(0)
さきほどオーヤマくんBを加熱してみたら、

10分ほどで250℃まで一気に上がった!

こんなに速く、しかも最高温度まで楽々アップするなんて。

ハード系パン焼き派はオーヤマくんBの方がいい。

絶対こっちがイイです。

オーヤマくんAで250℃まで上げるために、

夏場でも30分以上も掛かっていたのがウソのよう。。。

それでも3回に一回くらいしか上がらなくて、大抵が230℃ほど。

Bなら時間も電気代も節約できること間違いなし。

はやくいつものパン生地を仕込まなくちゃ。

その前に粉を仕入れに行かないと、もう小麦粉がない!





by nazunanet | 2020-07-09 17:47 | 手作りパン | Comments(0)
とりあえず昨夜は自家製レシピのコッペパンを焼いてみた。

焼きあがったパンを頬張りながら、

「やっぱり、全然違うね!」と二人でほほ笑む。

オーヤマくんが無い間、先日どうにも待ち切れずに

市販のロールパンを買って食べてしまった。

やっと昨日オーヤマくんが帰還したので自家製パンを焼いて食べたら、

もう全然違う!

家で作るパンも市販のパンも同じように小麦粉で作っているはずなのに。

何かパンの中身のぎっしり&もっちり感が全然違う。

そして夜遅く食べても、何故かお腹にもたれない。

自分で作ったパンを食べると、

脳内にぎゅーっと幸福ホルモンが出てくる感じがする。(笑)

砂糖の多いパンじゃないので、糖分の影響ではないことは確か。

またこれからも自家製パンを焼いて楽しんでいこうと思う。

そして今日は250℃到達するかも検証しなくちゃ。

オーヤマくんBを壊さないように、丁寧に使っていこうー。







by nazunanet | 2020-07-09 17:14 | 手作りパン | Comments(0)

タコのパスタ

最近、近所のスーパーの魚介コーナーがイイ感じになってきた。

これまでは(申し訳ないけど)購買意欲が湧かないような品揃えだったけど、

これを使って料理したい!と思わせてくれる品が並ぶようになった。

先日喜々として魚介を選んでいると、

スーパーの鮮魚担当の人が声を掛けてきた。

「買って貰ってホントに嬉しいなー!」

と言うので、

「こういうの、あんまり他に売ってないのでこちらも嬉しいですー」

「これからもどんどん仕入れますので楽しみにしててくださいね!」


なんだかウソみたい。。。

ここのお店は結婚以来20年以上は通っているけれど、

こんな風に話し掛けてくれた店員さんはこの人が初めて。

そしてこんなにやる気に満ちて、

明るく爽やかな人はいなかった。(失礼~。笑)

ヨカッター。

最近はコロナの影響で自宅で手料理をする家庭が増えたみたいだけど、

魚を料理する人は近年どんどん減ってるとも聞く。

なんでも魚を扱うとキッチンが汚れるという人もいるとのことで。。。

(食材なのに汚れるって、なんだかなあ。。。)

それだからなのか、鮮魚コーナーもこれまで悲しい感じだった。

やる気に満ちた店員さんらのモチベーションが上がるためにも、

どんどん魚介が売れてくれるといいなあ、と私も応援している。。。


そういえば。。。

ひと昔前までは色んなお店の店長さんや店員さんって、

明るくて話し上手で爽やかな人達がいっぱいいて、

お店の人達とのやりとりも買い物する楽しみの一つだったけど、

いつからか、

いろんな制度や物事が大きく変わってしまって、

店長さんや従業員さんらが楽しく仕事が出来ない環境に変わっていったりして、

黙々と仕事をして、お客さんから話し掛けられたくないオーラもあったりして。。。

賑やかな商人の街、大阪で育った私はそういう東京の雰囲気が少し寂しくもあった。


今なんてまさにコロナ禍で見知らぬ者同士の会話も無くなっていく風潮だけど、

こういうホッとするひととき、なんか嬉しかったなあ。。。



そんなワケで、その日はタコのパスタが晩御飯に。

タコのパスタ_d0221430_15502546.jpg



タコは火を通しすぎると小さく固くなってしまうので、

スライスしたタコは、

みじん切りのガーリックと鷹の爪をじっくりオリーブオイルで熱したところに、

サッとくぐらせて、ザルを通してボウルに取っておく。

マッシュルームやキノコ類、プチトマトを切って、

さきほど熱したオリーブオイルだけを少しフライパンに移して、

ジュージューとソテー。

あまりかき混ぜないように焼き色をつける感じで。

ゆで上げたパスタをゆで汁も少し加えて、フライパンへ。

よおくオイルを乳化させるようにあおって、

塩胡椒を味を見ながら加えて。

お皿に盛ったら、上から取り分けておいたガーリックと鷹の爪とタコをまぶす。

お好みでタコをわさびを溶いた醤油にチラッとくぐらせてから載せても美味しい。

仕上げはバジルを散らして。


これはタコをイカに代えても美味しく出来る。

ホタルイカでもいい。

魚介を使ったパスタ、もっともっと作りたい。






by nazunanet | 2020-07-09 16:39 | キッチン | Comments(0)
青梅の豊かに実る頃、

しとしと長く振り続くのが「梅雨」だった。

樹々や草花の緑が雨に濡れて、

夏を前に野山が輝く季節でもあった。


もはや、梅雨というような雨じゃなく_d0221430_16282122.jpg


いつのころからか、

豪雨、暴風雨、洪水、

そんな雨の季節が来るのがこわくなって。。。

夏から秋も台風ばかりで、

去年の秋は都心でも酷い洪水被害が相次いだ。


ちょっと前までは、

空を飛行機が何千と飛び交うような世界じゃなかったし、

工場や発電所の稼働率だって、

今ほどじゃなかったし。

当然のことながら、

動き回るとエネルギーが生まれる。

エネルギーは熱をもたらして、

海も、空も、大気も大地も熱くなる。

そして結果として気候が荒れて不安定にもなって。。。



コロナで人の活動や移動が抑えられて、

海や空や大気の汚染が減少していたようだけど、

海水の温度、大気の渦、地球の地熱や地磁気、

そんな惑星規模の大きな動きまでは止めようがない。

病や災害は人の活動や行動と連動して起こってるとしか思えないことも。。。


平穏な大地、空、雲、海、雨にするには、

人も平穏さを保つ日々が必要なのかも。





by nazunanet | 2020-07-09 15:44 | 日々のあれこれ | Comments(0)

帰ってきたオーヤマくん

昨日、まだ帰ってこないと言っていたら、

ついに戻ってきたオーヤマくん。

FVC-D15Aは廃番になっていたのでD15B、

いわゆる”オーヤマくんB”となって帰還。

ユーザーさん方の話しでは、オーヤマくんBの方が温度が上がると言っていた。

やはり後継機種なので様々な問題箇所がマイナーチェンジされている。

Aには存在していた致命的なドアの隙間も無くなっているし、

コンベクションモードにした際に熱風を内部に取り込む「熱風吸気口」が、

Bでは内部側面下部に設置されている。

Aでは「熱風吸気口」が側面中央にあり、

これでは下段にトレイやプレートをセットしたときに熱風が下段まで届かず、

さらに遮られる形になるので、最高温度まで到達しなかったのは納得。。。


また、Bでは「熱風吹き出し口」は以前より開口部が大きくなって上部に一つある。

A機種の「熱風吹き出し口」は上下に設置されていて、

細いスリット状のものだった。

ここが改良されているので、AよりもBを選んだ方がいいんだなと思った。

・・・Bは後継機種という説明が無かったような。。。。

 う~~ん、見逃したのかもしれない。

コンベクションオーブンを探していたとき、

ピザプレートがついているのが条件でもあったのでAを選んだんだけど、

後でデロンギのピザストーンがサイズ的にも使えるものを見つけたので、

Bに付属していなくても全く問題なし。。。

プレートが無いせいでAの半額ほどの値段だし、

しかもオーブントースターより安いくらい。

こんなことなら最初からBにしておくんだった。(笑)


新品のBが送られてきたけど、

一応修理品として代わりのものなので保証期間は変わらず。。。

同じ箇所が壊れたなら延長3か月保証らしいけど、

機種が違うのでその例外には該当しないことになるから、

数年はもってくれるといいんだけど。。。


ゆうべは嬉しくなって早速自家製コッペパンをHBで仕込んで焼成。

焼き上がりも問題なし。

昨日はリッチパンを焼成したので

最高温度250℃まで上がるかどうかはテストしていない。

今日辺り試してみようと思う。。。

ハード系パンが焼けることを祈るのみ!




by nazunanet | 2020-07-09 11:19 | 手作りパン | Comments(0)
オーヤマくんを修理に出して、

今週には送ってくれると言っていたので、

今か今かと待っている。。。

しばらくパンを食べていないのが寂しくて、

つい、昨日は市販のパンを買ってしまった。。。

やっぱり自家製パンの美味しさが懐かしくなって、

市販のパンじゃ満足できない。。。

オーヤマくんのコンベクションオーブンはホワイトで、

ピザプレートがついていたタイプのものだけど、

それは既に廃番になっていたとのこと。。。

「ホワイトよりシルバーのオーヤマくんの方が温度が上がる」

そんな風なユーザーさんのコメントを多く見かけたので、

オーヤマくんシルバーの新品がやってくるそうなので、

ちゃんと250℃まで上がってくれたらいいなあ。わくわく。

コンベクションモードも大事だけど、

何よりも温度が上がるのがとにもかくにも大事。


早くパンを焼きたいな。

グラタンや焼き魚、焼き鳥だって作りたいもんね。

早く帰って来ないかな~、オーヤマくん。



by nazunanet | 2020-07-08 17:55 | 日々のあれこれ | Comments(0)

東京甘味巡り 船橋屋


こういう時期なので、

大好きな甘味屋さんへも行けないのが寂しいなあ。。。

駅のアトレに幸い船橋屋さんが入ってる。

昨日、ダンナさんが仕事帰りに、

「七夕だから」とあんみつのお土産を買ってきてくれた!!!


東京甘味巡り 船橋屋_d0221430_16292479.jpg


くず餅が本命の船橋屋なので、あんみつにもちゃんと入ってる。

これが寒天とミックスされて美味しくなっててGOOD。

こし餡のあんみつ。

粒あんが好きだけど、たまにこし餡を食べるとまたこれはこれで美味しい。

舌触りが滑らかなので品の良い味わいなのね。

我が家はどちらかというと洋菓子よりも和菓子、あんみつが好き。

また早く下町の甘味巡りに出かけたいなあ。。。


p.s.
今年の七夕も雨でした。

機織りする女性が増えると晴れてくれるのかな?



今は雨や川の洪水で大変なとき。。。

疫病退散祈願のアマビエじゃないけれど、

水の神様、雨や川、海を治めてくれる龍神さまにもお祈りしたい。。。









by nazunanet | 2020-07-08 17:36 | food | Comments(0)
青ゆずが出回っていたので、

今年も柚子胡椒を作ることに。


唐辛子と柚子の皮を同量にして、

塩はその総量の20%にする。


今年も柚子胡椒を作る(追記)_d0221430_16283631.jpg

柚子皮は白い部分を入れないようにするらしいんだけど。。。

固かったせいか、皮むきしていたらごっそり入ってしまった。。。

そして微塵切りにする。


今年も柚子胡椒を作る(追記)_d0221430_16285221.jpg

青唐辛子もみじん切り。

手袋しないで切ると、手に灼熱感が長時間取れなくなるので要注意。。。


今年も柚子胡椒を作る(追記)_d0221430_16290695.jpg


去年は青柚子じゃなくて、秋ごろに黄色くなった完熟柚子で作った。

それもまたフルーティーで美味しかった。


柚子胡椒はいつも買っていたけど、

自分で作ってみたら驚くほどに簡単に出来上がるし、

こんなに自家製が美味しく出来るなんて知らなかった。

手間も掛からないので本当におすすめ。


うどんやそうめん、焼き鳥にも。

ちょちょっとつけて食べると美味しいー。


今年も柚子胡椒を作る(追記)_d0221430_11290042.jpg

瓶詰した柚子胡椒と、柚子の砂糖漬け。

皮だけ取って中身がもったいないので、今回も果肉の部分は砂糖漬けに。

果肉の同量のきび砂糖を瓶に交互にいれて。

一日ほど置いたら柚子シロップとして使えます。

紅茶に入れても、パンやパンケーキにも、

ソーダで割っても、お湯で割っても、美味しいーー。

ジャムにするほど果実の量がないときは砂糖漬けが手軽で簡単。

かき氷にジャムよりもシロップがさっぱりとしていいかも!










by nazunanet | 2020-07-08 17:22 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31