人気ブログランキング |

<   2020年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

晩御飯を食べてから、

冷蔵庫から生地を1/3分を切り分けて取り出し、

常温にするまで寝かせて、

膨らんだところから一次発酵、

パンチして丸め直してベンチタイム。

カットして丸めて休ませて、

成形して最終発酵。。。。

なんて、やっていたら、なんだかもう真夜中なんですが。。。

日頃の仕事柄、我が家はほぼ昼夜逆転傾向にあるので、

さほど違和感はないのだけど、

こんな時間になってますね。。。

まあ、焼きたてをすぐに食べなくても、

我が家のおうちパンは一日経っても美味しく、

2日経っても美味しいので大丈夫。

勿論焼きたてじゃないときは、霧吹きしてからオーブンでトーストします。

これがまた美味しくなるので驚き。

冬場は粉500gに水を353gで配合していたけど、

だんだん湿度も上がってきたので、今は350gの水にしている。

たったティースプーン半分にも満たない差なのに、

これが結構違いが出てくる。

季節によって、天気によって、水の量を変えるのがいいね。

さあ、今日の焼き上がりはどうなのかな。

ワクワクと楽しみです。



by nazunanet | 2020-05-26 00:39 | 手作りパン | Comments(0)
何やら呪文のようだけど、

我が家で大人気の最強パスタは「ウニイカ明太子海苔」で決まりです。


明太子パスタが大好物なダンナさんと一緒に、

昔からあちこちの美味しいパスタ屋さんで食べていたけれど、

一度私が作ったのを食べさせたら、

「もう外に食べに行く必要ない」って。。。(手前味噌!)


明太子パスタは簡単なので、誰が作っても美味しく出来るのが不思議。。。

ヘルシーにしようとか変に迷ってバターの量をケチらないことが、

美味しく仕上がるコツですかね。(笑)

通常の明太子パスタに、

ウニとイカ刺しと焼海苔を追加したら、

もう言うこと無しの美味なるパスタに大変身します。

ホントに、誰が作っても美味しくなるという不思議なパスタ。



ボウルに明太子を入れてナイフで切れ目を入れて、

そこへ日本酒をひたひたと少し入れる。

お酒が無ければ牛乳。濃厚にしたいときは生クリーム。(ひえっ)

フォークで明太子をゆすって中の粒粒が出てくるように、

そこへバターを投入。一人当たり10gくらい?もっと?

まあそれくらいが目安。

そしてウニを一人前辺り大匙1から2杯。

ウニは生が最高だけど、無くてもビン詰めの塩粒ウニで大いに結構!

そして生のイカをスライスしておく。

スルメイカよりは甲イカなどの柔らかめのものがおすすめ。

無ければスルメイカで大いに結構!!

そこへアルデンテに茹でたパスタを投入。

アツアツのところを手早くかき混ぜて、

お皿に盛りつけて、

焼海苔を炙ってからちぎって散らして出来上がり!

我が家の最強パスタは、うにいかめんたいのり_d0221430_23402293.jpg

あまりの美味しさにクラクラします。



書いてたら食べたくなってきた!



by nazunanet | 2020-05-26 00:00 | キッチン | Comments(0)
蓮茶やスパイスを買いにてくてくと中目黒へ。

桜の季節には大混乱の川沿いの道も本当に静か。。。


不定愁訴や古傷の痛みにハーブの力を借りて。。。_d0221430_15273799.jpg


ここへ来るまでの坂道の上り下りが私にとってはかなり過酷なので、

長いこと来れなかった。

焦らず、休み休み歩く。

帰宅したら足首にシャワーで水を掛けて冷やして、

オイルでマッサージ。

これまでは痛みが出たら、処方された塗り薬や、

市販の筋肉痛や痛みに効くというジェルや湿布に頼ってきた。

だけど、はっきり言って、効いているとは言い難くて。


まず、炎症の対処法の基本。水で冷やすことから始めてみた。

靴と靴下を脱いだら、シャワーで足に水を掛けてサッパリさせる。

でも、水で冷やしすぎても良くないみたい。

一度、桶に水を張って足を2~3分ほど冷やしてみたら、

逆に冷え過ぎてしまって、今度はカイロで温めなくてはいけない羽目に。

さっと流す程度でいいみたい。


その後は乾燥防止にオイルを手に取って足をマッサージ。

足指からかかと、足首、ふくらはぎ、膝までゆっくりマッサージしていたら、

意外に良い感じ。どんどん痛みが遠のいていく。。。

いつも塗り薬を塗っても、殆ど痛みを抑える効果を実感したことが無かったのに、

抗炎症作用のあると書いてあったボタニカルオイルを塗ってマッサージしたら、

その薬よりも効果をまざまざと実感!

植物の力、おそるべし。。。

これまでハーブの精油は香り成分を楽しむくらいの感じだったのが、

こういう長引く不調を抱えていると、

効果のある無しが如実に分かる。

元気で健康なとき、若い時なんかは特に(笑)、

精妙な植物の力をはっきりと分からなかったりするけれど、

原因の分からない不定愁訴や古傷や持病なんかが積み重なってくると、

ケミカルな薬や外科的治療では決して改善されないものがある。

そんなとき、精妙なハーブや漢方ってやっぱり良いのだなあと実感。

人生の半分くらい頭痛の持病で悩まされてきたけど、

お医者さんから「試しに使ってみますか?」と漢方を処方されて、

3か月ほど服用してみたら、あの頭痛は何だったんだろうと思うほど。

時折痛くなるけど、予兆を感じたら漢方のお薬を飲めば大丈夫。

(私のは急激な気候の変化ややってくる低気圧で痛くなる”天気頭痛”だったから)


頭痛もこんなに効果があるし、

抗炎症作用があるというオイルでマッサージすると、

足や腕も痛みが確かに引いていくので、

これに薬効成分のあるハーブや漢方が入ったら、

もっといいんじゃないかと思ってきた。

でも、でも。。。

それだからって、市販のものが全部いいとは限らないと思う。

広く市販されているものって、

誰にとってもそれなりに問題なく使えるものなワケで。。。

そういうもので自分の症状にピンポイントに効果があるとしたら、

本当に信じられないくらい幸運なこと!

年齢、性別、体質、性質、症状もみんな違う。

ヨーロッパでは薬屋さんで一人一人に合わせて処方してくれるハーブ薬があって、

国からも治療薬として認められている長い歴史がある。

日本では漢方はあるのに、ハーブはまだまだ雑貨扱いになっている。

ハーブ治療もそろそろ日本で認められたらいいのになあ、と切に思う。

とりあえずの理想としては、

体質や症状に効くハーブを自分で育てて収穫して乾燥させて、

それを使って浸出油やチンキを作って、

軟膏やローションを作るのって、良いなあと思う。

でも、ベランダでラヴェンダーやハーブを育てるのに失敗してるし。。。

湿気や夏の暑さもある日本でハーブを育てるのは難しい。

そういうときこそ、精油や乾燥ハーブの力を借りたりするのがいいのかも。

体質&性質別に有効なもののヒントをくれるアーユルヴェーダで、

自分のタイプを照らし合わせて、ハーブを選べば更に効果ありだと思う。

乾燥が苦手なタイプ、熱がこもりやすいタイプ、冷えて重くなっていくタイプ、

それぞれに有効なもの、苦手なものがあって、

自分の好きなものが本来はあまり摂るべきではなかったり、と

目からウロコなことが山ほど出てくる。

今はネットで検索すると丁寧に教えてくれるサイトがいっぱい。

本当に便利で有り難い。

そういうインドのアーユルヴェーダやBIOの陰陽の食事療法も、

以前に本を読んで学んでいたこともあったけど、

知識で頭いっぱいになると、

しんどくなりそうな所へ行ってしまいそうだなあと思って、

学びすぎないようにしたこともあったっけ。。。

時が過ぎて、

ぐるりと回って、

現在の自分に、その興味がもう一遍やってきた。

昔は張り切った感じで、「何か自分の身体に、地球に優しいことがしたい」

なんて思ったりして。。。

でも、これまでの色んなことを経て、年を経て、

今こうして、色んなものがすんなり入ってくる。

そのときではなく、今、だったんだなと思う。

今の何でもない日々の暮らしに、

何の気負いもなく、自然に扱っている今のこのときが、

一番良いタイミングなんだなと思う。。。

植物と様々な力を借りて、

ゆるり、ゆるりと暮していきたいと思う。。。















by nazunanet | 2020-05-25 17:37 | 日々のあれこれ | Comments(0)
粉買いパニックはもう治まっているのかな。。。

爆発的に流行っては急速に冷めていくのが世の流行りでもあるので、

好きならば、地道に淡々とやっていけばいいのですよね。

スーパーノヴァの粉が終わって、

粉をなかなか買えずに、待ちに待ったベルムーラン。



我が家のパンの味が一番大好き_d0221430_15272537.jpg


ほんとに素朴で無骨な粉です、ベルムーラン。

ハード系パン専用の準強力粉だけだと、軽すぎてちょっと物足りないので、

ベルムーランくらいもっちり感があるのが我が家の好きな味。

これまで使った中で一番美味しいなと思ったのは、

フランス産の粉”トラディショナル”。

これで焼いたパンは最高に美味しいけど、

ほぼ毎日のように焼くので、お値段も張ってくるし。。。(苦笑)

その点、ベルムーランはリーズナブルながら粉の風味とぎっしり感もあって、

美味しいハード系パンが焼ける。

輸入粉なので国産の方が安心だし、と、

北海道小麦の粉を使っていたこともあったけれど、

なんだろう。。。すごく美味しいしふくらみや柔らかさは抜群なんだけど、

何か物足りない感じ。

ハード系やシンプルなリーン系の丸パンにしたときに。

風味が淡泊すぎて、やっぱりベルムーランに戻ってしまった。

我が家のパンの味が一番大好き_d0221430_16152936.jpg

家の味はそれぞれの個性があって、

レシピも配合も工夫も家庭ごとに違うはず。

色々やって、自分や家族の好きな味を作り上げていく楽しみ。

シンプルな素材、シンプルなレシピのものほど、

美味しく作ろうとすると本当にむずかしい。

だからこそ楽しい。








by nazunanet | 2020-05-25 16:16 | 手作りパン | Comments(0)
壊れてしまったデロンギコンベクションを、

修理するつもりでずっと取っておいたけど、

一年経って、先日やっと棄てました。(悲)

10年以上使って壊れて、メーカーの補償期間が切れて修理して貰えず、

また昔の商品に使用された部品の保管もないらしく・・・。

イタリア製のため、日本のパーツ屋さんも扱いのないような部品だった。

「買い替えた方が安く済む」という昨今の世の中なので、

修理屋さんもない時代。

オーブンのタイマーだけを取り換えさえずれば、

まだまだ使えたデロンギオーブンなのに。。。


同じ部品を扱う会社をネットで探し出して、

海外のお店から取り寄せ注文したものの、

待てど暮せど商品は届かず。。。

船はどこへ?

積み荷はどこへ?

そういう経緯もあって、

半ばあきらめてアイリスオーヤマくんを買ったものの、

でも、もしかしたら部品が届くんじゃないかと、

ずっと取って置いたけど、いい加減もう諦めた。(苦笑)

狭いキッチンに壊れたオーブンをずっと置いていたけど、

正直邪魔でしようがなかった。(笑)

今ではデロンギに負けじと頑張って焼いてくれているオーヤマくんがいる。

デロンギのピザストーンを使って、かなり良い感じでハード系パンが焼けている。

リッチパンもクッキーもお菓子もお料理にも全く失敗しらずのオーヤマくん。

あのお値段で信じられないような大活躍。

でも・・・。

やっぱりハード系パンの味でいうと、

石窯ピザ焼きを再現しようとしていたデロンギコンベクションに軍配があがる。

通常サイズのものよりも、更にコンパクトに狭い庫内だったから、

焼成温度が設定よりも高温に出来たわけで。。。

狭いから焼きムラも焦げもあったものの、

ハード系パンの味は家で焼いたとは思えない出来栄えだった。

今売られている庫内が広くなったタイプのデロンギで、

果たして同じように焼けるかどうかは定かじゃないし。。。

いいんだ。

これからはオーヤマくんで我が家のパンを焼いていくよ。

さようなら、デロンギ。ありがとう。

合掌。。。



by nazunanet | 2020-05-25 15:59 | 手作りパン | Comments(0)
食材も好みのものがあったりなかったりで、

毎日のメニューもマンネリになりがちだったりして。

そういうときは、アジアン&エスニック風味におまかせ。

夏がくる!やっぱり暑いときはアジアン&エスニックごはん!(追記あり)_d0221430_13085660.jpg

我が家のすり鉢はインドネシアのチョベックという石臼。

てのひらサイズなので気軽にしょっちゅう使えるし、

ニンニクやオニオンなど匂いのあるものを使ってもガシガシ洗えて、

おまけにすぐに乾くので本当に便利。


夏がくる!やっぱり暑いときはアジアン&エスニックごはん!(追記あり)_d0221430_20204582.jpg



石臼のチョベックで唐辛子とニンニクと黒こしょうと天塩をすり潰して、

プチトマトと玉ねぎを少し足して。

鶏もも肉や豚肉や牛肉や魚介など、

お好みのものにすりつぶしたペースト状のスパイスをもみ込んで、

冷蔵庫でしばらく寝かせてから焼いたり、蒸したり、煮込んだり。

たったこれだけでこれまでと全然違った味になる。

そのペーストにライムの絞り汁と沢山のトマトを加えて潰すと、

サルサソースになってメキシカンに!

これで鶏肉、豚肉、牛肉でもなんでももみ込んで、

青唐辛子(あればラテンアメリカ産の大きな唐辛子)やじゃがいもなどと

ソテーしたり、グリルしたり、ローストしてもgoo!

トウモロコシ粉を水でこねて焼いて作ったトルティーヤで巻いて食べたら最高ー。

特別な野菜や具が無くても、スパイスをちょっと足したりするだけで

いつもと全く違うご飯になって楽しくて美味しい。

アボカドを潰して作るワカモレもこの季節にぴったり。

メキシコの石臼「モルカヘテ」は深さがあるので、

サルサやワカモレ作りにぴったり!

今度探すならモルカヘテかも。。。


エスニックやアジアの一見チープ感漂う台所道具に何か心を鷲掴みされてしまう。

旅番組や秘境旅などで現地の台所や市場が映ると、

そういうのばっかり目で探してしまう自分がいる。(笑)

工芸品や有名ブランドの料理道具は日本でも買えたりするけど、

現地の大衆的な市場でしか売ってないものって、なかなか買えない。

なので偶然出会ってしまったら買わずにはいられない。

タジン鍋やクスクス鍋も欲しいと思いつつ、どうにも置き場所に困るし、

ネパールの”モモ”を作る蒸し鍋もいいなと思うけど、

これこそ同じく置き場所に困ること請け合い。


我が家は極力少ない料理道具しかないけれど。

それでも、色んな国の独自の料理道具があると妙に欲しくなる。

タイのアルミの平たいフライパン、「ガタ」もその一つ。

夏がくる!やっぱり暑いときはアジアン&エスニックごはん!(追記あり)_d0221430_20154373.jpg



日本製のテフロンのフライパンの方が高機能だってわかっていても、

どうしてもあのフライパンでないと出せない味がある、と思ってしまう。

探してもどこにもなくて、数年前に代々木で開催されていたタイフェスで、

タイ雑貨屋さんのオーナーに「ガタが欲しい」というと、

今度の仕入れで現地で買ってくる、と言って売ってくれた!
(''17年7月14日のニッキから)

そんなタイからやってきたガタは我が家で毎日のように大活躍。

中華鍋は重すぎるけど、ガタなら大丈夫。

ナシゴレン、ミーゴレン、ビーフン炒めに空芯菜炒め、

ガタで作るとまた楽しい。

夏がくる!やっぱり暑いときはアジアン&エスニックごはん!(追記あり)_d0221430_20162185.jpg

これも過去記事からですが。。。

ガタに合わせて使うアルミの炒め用ヘラが欲しくて探して、

神戸のアジア雑貨屋さんで発見したアルミのペナペナの炒めヘラ。

スープをすくったりも出来る取り分けスプーンにもなる炒めヘラ。

これがまた薄くて軽くてホントに便利で毎日愛用。

もう手放せない。。。



夏はアジアン&エスニックがいいね!


追記;

IHコンロではアルミ鍋などが使えなかったりするかもしれないけれど。

何故だか、アルミの台所道具は心をくすぐるものがある。

ステンレス製品は使っても使っても風情が出てこないけど、

アルミは使い込まれていくと本当にイイ味が出てくる。

それは丁度アクセサリーでいうと、シルバー製品に似ているのかもしれない。。。

プラチナのアクセサリーは変化がそれほど無いけれど、

シルバーは磨いたり、手にしているうちに風情がどんどん深くなっていく。。。

そんな風に使い手の愛情によって変わっていくものが、なんかイイなと思う。

銅、鉄、木製、ホーローやガラスもいい。

毎日使ってこそ、愛着の湧く台所道具に。。。

 






by nazunanet | 2020-05-13 18:43 | キッチン | Comments(0)
先月、粉がセールで安く買えた、なんて喜んでいたのもつかの間。

もう残り僅かとなったので、

やっぱりいつもの粉を買おうとネットショップでカート入れようとしたら、

もう受付終了。。。。

そういうのが半月以上続いて。

パン焼き出来ないのはつらいけど、

買えないなら仕方がない。

他の手作りおやつを考えよう。。。

餅かな?などと、ほぼほぼあきらめていたら、

ダンナさんが「ここで売ってるよー」とネットで探して教えてくれた。

その時はゴールデンウィーク中ということもあって、

注文したけどお返事はないまま一週間近く。

ダメかもなあーと諦めていたら、連休明けにお返事がきて、

発送しましたとのこと!

こんな粉買い困難の時期に、すぐに送って下さって感謝感謝です。。。

聞けば、この時期パン粉の転売も横行してると某ショップのメールにもあった。

なんだか皆が大変なときに、そういう大変なことをしてしまう人もいるのだなあ。

そろそろ落ち着いてくれればいいけれど。


しばらくセールで買った「スーパーノヴァ」を使っていたけれど、

ハード系パンにはもう一つ向いてなかったので、

やはりハード系のリーンにもリッチパンにも応用できる「ベルムーラン」がいい。

輸入粉なので割安なのと、国産にはない風味と無骨さがあって、

これにセーグル粉を少しだけ配合すると、

非常に滋味深いパンが焼きあがる。

(そんなこんなでセーグル粉など買えない状態です。。。)

もう色々手一杯、手を使えないので、

こねる作業はしたくないから、

混ぜるだけの「長時間低温発酵パン」。

ボウルに材料を入れて全部混ぜたら常温で5~6時間放置。

その後は軽く蓋をしてビニール袋に入れて冷蔵庫で24時間以上寝かせる。

長い時間を掛けて発酵させることで、目いっぱいこねたのと同じくらい、

もしかしたらそれ以上の美味しいパン生地を熟成してくれるので、

カンタン楽ちんパン作り。

長時間寝かせられないリッチパンのときはHBで一次発酵までやってもらう。

HBは生地をこねるだけ。オーヤマくんで焼きます。その方が断然美味しい。


粉買い困難はいつまで続く??_d0221430_13091734.jpg


色々パンレシピを試してみて、

家で作るパンの好みはやっぱりリーンなパン、ハード系パンが大好き。

リッチパンでも牛乳やクリームの入らないパンが好きみたい。

でも、たまに買ってくるクロワッサンやデニッシュはやっぱり好き。

繊細なパイ生地のパンやお菓子はどうしたって職人さんにはかなわない。

もうちょっと世の中が落ち着いたら、

美味しいクロワッサンやデニッシュを買いに行きたいなあ。。。

それまでは。。。








by nazunanet | 2020-05-13 17:37 | 手作りパン | Comments(0)
手をよく動かす右手の方は大丈夫なのに、

ホールドしている左手の方がどうも傷んできている。。。

最初は手首の腱鞘炎かなと思っていた。

ただ、動かすというよりも、抑えている力の具合で不具合がきている感じ。

彫刻刀で留め具や前飾りを彫るとき、

左手で材を支えて彫っている。

台を使って彫るといいのかもしれないけど、

細かく角度を変えて彫るので、固定していると彫りにくくて。

結構力を入れて彫刻刀を当てているので、

支えている左手で長年衝撃を受け止めていたせいか、

去年辺りから、掌の奥に痛みが出て、

それがそのうち親指の付け根に移動して、

筋肉を伝って、今は肘の骨にきてる。。。

左腕を曲げてポットや鍋を持つのが激痛。

料理するときの鍋振りも上手くできない。

なかなかこういうご時世なので治療院にも行けないし、

塗り薬で様子を見ていたけど治まらないので、

しばらくの間、縫い物と彫刻はちょっとお休みしている。

しばらく手を使うのを控えて、悪化するのを防げればいいなあ。。。

でも、何か作っていないとどうも調子が出ない。

そういうのもあってのパン作りに精を出していたっていうのもあるので。

(急にパン作りの人気が出たみたいで、粉が容易に買えなくなってしまって大変!)


それで編み物を思いついた。

棒針を使った編み物は両手を動かすので、痛みが出ないかも!と。

やってみたら、案外イイ感じなので続けることに。



以前、アロー(イラクサ)の機織り用の細い糸を手編みしてマフラーを編んでいた。

何本か編んでアイテムで出していたら、

出来上がるのを待って下さる方もいらっしゃって。

せっせと時間をみつけて手編みしていた。

アローの糸はその後、手紡ぎ糸が手に入らなくなって制作を休止してしまったけど、

山繭(ワイルドシルク)の織り糸がある。

以前、一本だけ編んでストールを作ったもの。

山繭の生成糸は、ハチミツバニラ色でやさしい色合い。

日本のお蚕さんの糸は純白の絹糸だけど、

山繭はそういう正絹の繭と種類も違って、

また製糸する方法も全く違う。

編み物用の糸ではないのでとても細いけれど、

またストールなどを編んでみようかなと思う。

シンプルな編地のストールだけど、

出来上がったら心地よいものになりそうで。

夏は冷房の効いた部屋で、

秋冬は勿論暖かく、シルク100%なので肌にも乾燥防止にも良いみたい。


動物系繊維は虫に喰われてしまう、というけれど、

それはウールに多くて、

シルクは虫が寄ってこない。びっくりするくらいに。

シルクも肌の汚れやたんぱく質がついたまま仕舞うと虫が来るかもしれないけど、

たぶん、同じ虫族(?)だからかな?



山繭のはちみつバニラ色のストール。

出来上がりましたらおしなものにアップする予定です。




by nazunanet | 2020-05-13 14:30 | 日々のあれこれ | Comments(0)
先日、自家製ハンバーガーをランチに作った。

コッペパンのレシピで、丸いバンズを焼いて。。。

自家製バンズと自家製パテでハンバーガー_d0221430_13075473.jpg


ハンバーガーのパテは牛肉100%をつぶして、

塩胡椒でタマネギもつなぎも一切無し。

前にハンバーグを作ってハンバーガーにしてみたら美味しくなかった。

柔らかすぎてもいけない。

そして牛肉100%で肉を食べる感じでないと、ハンバーガーじゃない。(笑)

自家製バンズと自家製パテでハンバーガー_d0221430_13083461.jpg

オニオン、トマト、チーズ、ピクルス代わりのケッパーで。

うん、美味しいーーー!

自家製チーズバーガー、最高。

by nazunanet | 2020-05-13 13:15 | キッチン | Comments(0)
先月載せたスズメの写真。

自宅そばの信号機に留まって、いつも啼いている。


スズメがいつもそこにいた理由_d0221430_22363464.jpg

先日、丁度通りかかったので、しばらく眺めていたら、

信号機のパイプの中を出たり入ったり!

巣を作ってたんだ!

出入りしているところをあまり見ていると警戒するといけないと思って、

写真は撮れなかった。

都会は日本家屋の軒先が無くなって、色んなところに巣をつくると言っていたけど、

信号機にまで作っているとは。。。

金属製のパイプだから、これから暑くなっちゃう。。。

そうしたら、またお引越しなのかな。


我が家のバードバスは毎日大盛況。

初めの頃は警戒して水盤に入っても、

ひっきりなしに出たり入ったりを繰返していたけど、

最近はゆったりとチャプチャプしている。

おひとりさまのスズメたちが多い。

大勢で来るコたちは大騒ぎして、場所取り合戦が賑やかで。

でも、ここはマンションそばで巣を作っているグループの秘密のオアシスみたい。

ベランダのプランターの中を探ったり、くつろいでる様子なのがたまらなく可愛い。

どんどん暑くなってきそうで、毎日水盤の掃除と水の入れ替えは欠かせない。

我が家はお水の提供だけで、ゴハンはあげないモットー。

でないと、大群がやってきちゃってご近所さんに大迷惑になっちゃう。

お水だけだと平和に和んでいるくらいなので安心、安心。






by nazunanet | 2020-05-13 13:03 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31