人気ブログランキング |

<   2019年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

アメリカのキャット・ヘルパーの番組を録画していたのを観る。

ジャクソン・ギャラクシーの猫ヘルパー。

猫が部屋中におしっこするとか、獰猛に爪を立てて引っ掻くとか、

噛むとか悪さをするというお悩みに、

猫ヘルパーのジャクソンが解決に導いてくれるという番組。

ずっと見てるけど、猫(犬などペットは全部)の悪さやおしっこなどの問題行動は

全て飼い主に原因がある。

飼い主が自分や家族の問題でイライラしてたり、不安でいっぱいだったり、

猫やペットの扱いが粗雑だったり粗暴だったり。。。

もう見ていて、そういう問題行動多発の飼い主達にだんだんモヤモヤしてくるので、

ダンナさんなどは「もう見たくない」とまで。(笑)

でも、本当に猫に限らずペットを大事にしてるつもりで実際は大事にしてないんだなあ、と。

気付かないうちの人間の身勝手が如実に暴かれる。。。

自分の反省も含めて考えさせられる。

これまで出会った自分の猫たち、ごめんね、と思ってしまうよね。。。

 

あと、猫同士の問題行動も、時に人に置き換えられるのかなと思う。

一匹が他の猫をいじめるというか上位に立つようにマウントしたがる行動も。

ちょっとしたことで不安感を覚えた猫に対して、

別の猫が獲物に似たニオイを感じてハンター役になってしまう。

そして、狩るもの、狩られるものという図式が出来上がってしまう。

これって、猫や動物に限らず人間もこういった感じでイジメたりするなあと思った。。。

そう考えると、イジメをする人間というのが

いかに中身が動物的本能のままなのかっていうのが分かる。

 

イジメという言葉で思うこと。

夏休みが終わって新学期になる頃に、

子供たちのイジメを苦にする自殺が多いというニュースを聞いて本当に痛ましく思う。。。

つらい思いをしている子供たちが、

そういう人と関わらなくてもいいように学校生活を送れたらいいのになと思う。

自宅や別の場所でストレスなく学業に専念出来たらいいのにな、と。。。

私が子供だった頃と今の時代は友人関係や教師との交流も違うだろうし、

イジメも全然違うんだろうと思う。。。

でも、世代を超えても言えることはある。

イジメをする人は動物の本能のまま、まだ人間に成れていない人。。。

暴力や暴言だけでなく、

根も葉も無い噂や悪口、陰口を言う人も、無視する人や傍観している人も同じ。。。

イジメをすることで一目瞭然なのは、

いかに人間としての知性や理性を持ち合わせていないか。

それが誰に対しても丸見えなのに本人達だけが気付いていない。

大人になっても、きっと死ぬまで、

自らそうした傾向や性質に気付くことは殆どないんだろうと思う。。。

 

またこういうこともあったりする。

子供の頃、さんざんイジメを受けたという人が、

「こんなことをされた」ってしきりに訴えるんだけど、

自分がそうされたという同じやり方で、今度は自分が加害者になっていることに気付かない。

心の痛みを一番知っている筈なのに。。。

 

自分も気付かないことがいっぱいあると思う。

無意識のうちにしてしまったたくさんのことがあるだろうと思うと怖くなる。。。

色々考えても、そういう心の問題は根が深い。。。

もはや社会問題になっている『イジメ』。

子供の問題じゃない。大人のこと、大人のやり方、言うことを真似て子供も同じようにする。

親と子の関係。親が子供だったときの親との関係、家族、人との関係。。。

行政や教師が『いじめの問題』をどんなに議論してルールやきまりごとを作ったって、

アンケートでどうこうできる問題じゃないんだと思う。

当事者だけのことじゃなく、

すべての人間という生き物の心の問題。

そして、心の深い深いところにあるものだから。。。


by nazunanet | 2019-08-29 20:15 | 雑記 | Comments(0)

先日、ダンナさんが三軒茶屋に行ったのでお土産にと、


『豆商』の煎りピーナッツなどを買ってきてくれた。


三軒茶屋の昭和レトロな商店街の一角に、タイムスリップしたようなお店は、


昔から豆ひとすじの専門店


d0221430_20044644.jpg



冬でも開け放たれた店は、昭和初期(知らないけど)のような佇まい!

(過去記事にも載せたと思う。。。いつだっけなあ。。。)


ここのピーナッツやピスタチオ、本当に美味しいーー。


これでハイボール、水割りといきたいものだ。。。しかし!


虎の子のバレンタインが無くなってた。。。ガックリ。

 

『豆商』はたまにしか行けないけど、


こういう豆屋さんが手作業で煎る豆の味、もっと知って貰えたらいいなあと思う。


大手スーパーやコンビニで扱う安価な大量生産の煎りピーや


ピスタチオと全然味が違うから。


こういうお店がずっと営業してくれますように。


by nazunanet | 2019-08-29 20:06 | food | Comments(0)

もうすぐ8月も終わり

d0221430_22103085.jpg

これは先週の空。ピンク色の雲と水色の空が美しかった。

アングルを決めている間に、秒単位でどんどん色が変わっていく。

夏至の頃は夜は7時でもまだ明るかったけど、

空はもうすっかり秋の気配。

5時には夕方の空に変わっている。

もう少し夏を堪能したいなあ。。。


腱鞘炎は少しずつ良くなってきた。

針を持って動かしている右手のときは、激痛ではあったけど結構早く治ったのに、

左手は慢性になっていたのでかなり掛かる。

これはもう長くお付き合いしていかなくちゃいけないものなのかもしれないなあ。

縫い物しない日々は結構つらいものがあるので、

様子をみながら、少しずつリハビリを兼ねてちくちく縫いを再開。

ちょっとガタつく縫い目でも自家用キルトなら大丈夫、ってんで、

三角形や四角を切りためておいた布を縫い合わせて作るキルトをリハビリに採用。

図柄を考えずに始めたけれど、

なんとなく出来上がっていくモチーフがまた楽しい。


d0221430_22384745.jpg


(画像は以前の記事から引用)

縫い物をしながら、音楽を聴いたり、ラジオを聴いたり。

音楽はインストゥルメンタルのものが好きな方。

全般的に洋楽派。

幼少時代に親の影響でジャズやR&B、フレンチポップス、カントリーなどなど、

ロックも映画音楽もクラシックも、

大人になってからは先輩方の影響でゴスペルも好きになって、

そしてフラメンコまで、どっぷりワールドミュージック派なので、

あまりJポップスは聴いてない方かも。。。

最近はバンブーサックスが再燃しているのでサックスのナンバーをよく聴いている。

コルトレーン、いいなあ、なんて。

樹脂製リードは思った以上に良いので、練習するのも楽しくて仕方がない。

バンブーサックスに使用するのは天然の葦リードの方が味わいがあるけど、

ポケットサックスにはぴったり。

手軽に使えて耐久性に優れているので、

扱いがまだまだの初心者にはもってこいだし。

時間のあるときに、30分くらいスケールとロングトーンの練習をして、

好きな曲を鼻歌を歌うように吹いている。(笑)

ちょっとずつだけど、軽やかに吹けるようになってきたのも、また楽し。

樹脂製リード、消費税アップする前に買っておかなくちゃ!(笑)



そろそろアイテム制作に取り掛かろう。。。





by nazunanet | 2019-08-28 22:58 | 日々のあれこれ | Comments(0)

手仕事の道具

インドの職人さんの手造りのハサミ。



d0221430_17052243.jpg


小さな刺繍用のハサミくらいの大きさのもの。

インドのハサミは洋裁用の裁ちばさみも持っている。

どちらも火造りのキレ味抜群のもの。

裁ちばさみは持ち手が真鍮で出来ていて、

見た目も気に入っている。

この小さなハサミは一見すると玩具のようなチープ感があるのに、

刃先の先までパチンと本当によく切れる。

人形町で購入した糸切りハサミもあるけれど、

このインドのハサミの方がびっくりするくらい細かい部分まで切れるので、

パッチワークや布細工用に日々愛用。

かなりのお気に入り。


d0221430_17051096.jpg


愛用の道具にはそれぞれケースを誂えている。


d0221430_17045657.jpg


ぴったりと納まるのが何ともいえず心地良い。





by nazunanet | 2019-08-22 17:32 | クラフト | Comments(0)
カードケースやバッグのコーナーなどに使っているのは、

オイルレザーやプルアップレザー。

特にオイルをたっぷり含ませたプルアップレザーは、

表情も手触りも好きで、繰り返し使っている素材。

ガマ口を作っていた時、試しにこれで作ってみた。

かなりハードな見た目なので、木彫りの瑞雲の飾りをつけたもの。

開き具合が革の厚みであまり開かなかったので、

アイテムにはせず自家用でダンナさんに使って貰ったところ、

どんどん革が柔らかくなって、色艶も増していい感じになってきた。


d0221430_17044389.jpg


大きいガマ口は最近作ったものなので、

使い込まれた小さいガマ口と比べると、

まだまだ艶も味も出てないけれど。

ちょっと近所のお買い物や、

山葡萄の籠バッグや華奢なバッグなどで、

お財布を薄めにしたい時なども良さそうかも。。。

また機会があれば、アイテムに加えてみたいなと思います。







by nazunanet | 2019-08-22 17:21 | クラフト | Comments(0)
d0221430_15472253.jpg

何度もトライして、ようやく焼けたフランスパン。

天板トレイなしで、最高温度の250℃になるまで予熱。

そして焼網にシートを敷いて、パン生地を載せたら

すばやくオーブン庫内へ。

温度が下がらないように、無駄なくスピーディに。(笑)

16分から17分焼成。

d0221430_15474401.jpg


パンを拳で軽く叩くと、甲高い音。

皮のパリパリ感、中の気泡もあり、軽くて柔らかくて。

低温発酵で48時間~72時間経った頃の小麦が、

自分的には良い味になってると思う。

今度は、ハード系の角食パンを焼かなくちゃ。

ハード系、ミルクと油脂の入らないタイプなので、

また温度と焼成時間を色々試して最適なのを見つけなくちゃ。

何でも、一度では出来ないし、

きっとどんなに優れもののオーブンでも、

自分の好きな味になるように、何度もやってみるのが一番なのね。

また小麦を買いに行って、角食を焼こうー。



by nazunanet | 2019-08-22 16:22 | 手作りパン | Comments(0)
昨日、たまたまネットで見つけたツインピークスについての記事。

去年の段階でこんな映画評が出てたんだ、と驚いた。

町山智浩氏と滝本誠氏の対談。

ツインピークスのこと、デビッド・リンチのこと、

そして、続編があるのか無いのか、

モヤモヤしてしまった「ツインピークス リターン」のことをぶった斬ってた。

tsutayaのサイト内の去年の記事です。

https://tsutaya.tsite.jp/news/kaidra/i/40406912/index
(2018年8月26日 (日) 16:18 配信)

結構面白いのでツインピーカーは是非ご一読あれ。。。

個人的には、このシリーズをまた撮って貰いたいものだけど。


でも、欲を言えばリンチ氏の新作を観たいなあ。

年齢と共に、作品が難解になってきて、

どんどん大衆の喜ぶようなものから遠ざかっている感も無きにしもあらず。。。

そういうリンチ氏と反比例するかのごとく、

アメリカ映画はどんどん娯楽&コミック要素が増していくし。

私の大好きな映像作家であるデビッド・リンチもクエイ兄弟も、

アメリカ人の映画作家で、

しかも、同じフィラデルフィア出身ときている。。。

フィラデルフィアはかつて工業都市だったけど、

工場はもう閉鎖されて街が廃れきっていると聞く。。。

そんな廃れ乾いた街から、あんな稀有な芸術家が生まれ育つのか。。。

綺麗で心地よく、幸せな土地から芸術なんか生まれっこない、

と誰かが言っていたけど。。。




そういえば、「砂の惑星」がまたハリウッドでリメイクされるとか。

リンチ作品の中ではこの作品は辛辣に酷評されていたけど、

個人的には好きな作品なんだけどなあ。

SF小説としては古典で有名な作品なのに、

いまだ原作を読んだことがない。

リメイク作品が公開される前に読んでみようかな。

かなり長編と聞いているので、間に合うだろうか。。。



by nazunanet | 2019-08-09 23:31 | art、 music,movie,etc | Comments(0)
やっと、出来た感じがします。。。

自家用ハード系パン!

今回も、これまでの試したことを踏まえてチャレンジ!

まず、オーヤマくんAを250℃の予熱に設定。

ストップウォッチで計りつつ温度の上昇を見ていたら、

突然、キッチンの電気が消える。

家人がアイロンをつけてしまってヒューズが飛ぶアクシデント。(苦笑)

そんなこんなで、30分以上経っても230℃以上上がってこなかったので、

やむなく230℃で焼き網を投入。

今回は、天板トレイではなくて、焼き網にクッキングシートを敷いて、

そこにパン生地を載せて焼くという作戦。

これなら温度が上昇しきらなくても、カバーしてくれそうなので。

ます最初、

門間みかさんのレシピ通りに250℃設定で下ヒーターのみで焼く。

6分経ったところで、クープも開いてきたので、

上下ヒーター/ファンの250℃設定で焼成を開始。

トータル20分経ったところから、次第に焼き色が付き始めた。

これまでモルトパウダーを配合するのをうっかり忘れていたのが、

焼き色がつきにくかった一因。。。

今回は1gの筈がちょっと入りすぎた。(なんたるアバウトな)

でもこれで焼き色はバッチリつくはず。

22分30秒で焼成終了ーー。

d0221430_22201703.jpg

今回の出来上がりは、見た目もちゃんとフランスパン。

モルトパウダーのおかげで焼き色もグッドグッド。

焼きたての味は。。。

バッチリ、ハード系のパンの焼き上がりです。

皮を叩いたときの乾いた音といい、

ちぎったときの皮のパリパリ感、そして中が軽くフワッと柔らかく、

これまで食べてきた自家用フランスパンの味になってきました。

まだまだ改良の余地はあるけど、

光が見えて来たので嬉しいです。


高温を保つこと。

クープが開いたら、一気に焼き上げて、

短時間で仕上げること。

今回は21分で焼成完了でも良かったかも。

ほんのちょっとの差で皮の厚みが増して水分が飛びすぎてしまうから。

でも、天気や温度、湿度も考えて毎回様子を見ながら焼いていくのが、

ハード系パン、フランスパンの醍醐味なので、

もっともっとオーブンのクセを把握して調整していかなくっちゃ。

良かった、良かった。。。

何と言っても、焼き網だけを使うのが良かったかも、です。




by nazunanet | 2019-08-09 22:49 | 手作りパン | Comments(0)
前回のパン、これまでの中で一番フランスパンっぽかった。

でも、焼き固まってしまってて、

生地の膨らみがなく、水分もかなり飛んでしまっていた。

それで今回は「リッチとリーンで30日」のレシピを参考に、

10番のレシピ”バゲット風”の焼成を参考にすることにした。

でも、あくまでも自家用パンは油脂が生地に入らないハード系パンなので、

ちゃんと焼けるかどうか。。。

予熱250℃設定で6分後、
中段にトレイを入れて、
下ヒーターのみにダイアルを回し、温度設定そのままで7分、
その後上下ヒーター/ファン 温度250℃設定のまま13分、
トータル20分で焼いてみた。


・・・・やっぱりハード系は温度が低いとダメだった。


d0221430_22200357.jpg

ナマコ的おやきパンになってしまった。

やっぱり、やっぱり、完全フランスパンのレシピは、

高温で短時間で焼き上げるのが鉄則なのだと思い知りました。

でも、クープを開くために、最初は下ヒーターのみにするという、

門間みかさんのレシピはすごい。

私のクープを入れ方が悪いのでちゃんと出来てないけど、

オーブン内では、ぐいぐいと開ききっていたので、

やはり下からの熱で最初に焼くのは正解!

またトライあるのみ。

まず、自家用パンの焼成データを把握してから、

「リッチとリーンで30日」のパンレシピを試してみたい。。。



by nazunanet | 2019-08-09 22:38 | 手作りパン | Comments(0)
8月1日に発売された「リッチとリーンで30日」ぱん工房くーぷ×オーヤマくん

を早速注文してゲットしました。

30のレシピはどれもおいしそう。

しかも、オーヤマくんを使って作れるのが心強い。

でも、まずは、これまで作っていたハード系の自家用パンが、

ちゃんと焼けるようにならないと、なんだか安心できない。

もんみかさんのレシピはこれから少しずつトライしていくつもり。

それが非常に楽しみ。。。


今回、自家用パンで使ったのは

「春よ恋」500g
 水   355g
 サフ    3g
きび砂糖 大1と1/3
 天塩   10g

ボウルで混ぜて、常温で5時間ほど。
その後、冷蔵庫で24時間低温発酵させてから、
生地を半分カットして冷蔵庫から出して、
常温に戻して、
分割して、休ませて。
成形して最終発酵後、焼成。
予熱250℃
そのままの温度設定で20分。。。
でも、やはり物足りずに24分まで焼いてみた。

(画像をのちにアップします)→(8/9アップしました。↓)

d0221430_22195045.jpg
前回もそうなんだけど、
オーブンに入れてから、ぐぐーんと膨らむ(窯伸び)が無いのよ。。。
それが無いまま、乾いていく。。。
今回も、パンの焼けるいい匂いもあまりしないのよ。。。
バターも牛乳も入らない完全なハード系パンは、
オーヤマくんでは難しいのかなあ。。。
monma_mikaさんのレシピにも、
予熱のあと、最初はオーブン下火のみでクープを開かせ、
窯のびさせるとあったので、
やっぱり上にある電熱線の熱の温度が高すぎて、
生地が膨らむ前に焼き固まってしまうんだなあ。。。
でも、低い温度だと、ハード系パンの焼きが美味しくならないのだし。

焼きあがったのを晩御飯で食べてみたら、
今回は味は結構良かった。
ダンナさんは皮部分のパリパリ感も、
中の気泡のあるハード系の軽い感じもすごくいいと言う。
春よ恋は本当によく膨らむので、
ハード系パンの生地の膨らみにくい特長を補ってくれてるんだと思う。
イースト・サフも新しいのを買ってきた。

(最近、歩いて3分の距離に「富澤商店」が出店したので、
本当に嬉しいー。
昔、あったんだけど惜しまれながらも閉店してしまってた。
でも、また同じ場所で復活されたので本当に良かった。
ずっとネット注文だったのでまとめて沢山買ってたけど、
これからは少量ずつ新鮮な粉を買いに行ける!(嬉))


まあ、今回はまずまずそれなりに美味しく焼けたんだけど、
でも、まだ何か物足りない。

また明日のパン焼きのために色々思案中。。。

オーブンの開閉時に温度が20~30℃も下がってしまうので、
天板も中段で予熱させておいて、
焼き網にオーブンシートを載せた上にパン生地を載せて、
それを天板の上に載せるようにしようと思う。
これなら、開閉が一回で済む。。。

上の電熱避けにアルミホイルの覆いをつけると、
それを外すときにまた開けなきゃいけないので、
やっぱり、レシピ本の通りに、
予熱のあと、最初は下のヒーターだけで焼くのがいいのかも。。。

粉500gで仕込んだ半分を今日焼いたので、
明日、もう一回トライしてみよう。

早く門間みかさんの本の色んなレシピを
焼いてみたい気持ちがいっぱいだけど、
まずはおうちパン。。。

オーヤマくんを使いこなすための、自家用のデータを把握しないとね。



by nazunanet | 2019-08-04 23:50 | 手作りパン | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31