<   2017年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧


28. 神無月(SAT) くもりのち雨


(10月のHPのニッキから。

本の写真を撮ったので、追記としてアップします。)


昨日の神田散策、「竹むら」を出た後、てくてく神保町へ。


いつもの画材屋さんの「文房堂」をワクワクとひやかして、


すずらん通りをそぞろ歩く。。。


奇しくも古書まつりが丁度開催中。


本って並んでるのを眺めるだけで何か幸せな気持ち。


神田古書街は何時間でも遊んでいられる。

 

帰り道すがら、児童書専門店の「みわ書房」も覗いてみる。


童話、絵本好きな私にとっては、ここで何冊もの探しものを見つけて貰ったっけ。


子供時代に読んだ絵本や童話をもう一度読みたくて、


どこにも無いのでいつかは出会えるんじゃないか、と


何度も店に通って探したのも懐かしい。


今ならネット検索が使えるけど、本屋をあてどなく巡るのも無駄なものでもない。


知らなかった本や興味なかったジャンルのものに出会えるチャンスでもあるし。


ネットは目的のものをピンポイントに絞るので、


逆に知らないものはネットでは見つけられない。。。


本棚の片隅に、子供の頃に大事に持ってた「鏡の国のアリス」があった。


クラシカルな挿し絵が美しくて大好きだったなあと懐かしい。

 

挿し絵といえば、


あえて挿し絵を描かなかったという童話


「偉大なワンドゥードゥル 最後のいっぴき」を思い出した。


作者で女優のジュリー・アンドリュース氏が想像力を発揮して貰いたいから


挿し絵は一切入れなかった、という童話。


まさに想像力を発揮させることで冒険が進んで行くお話。


昔、学校で友人が「すごく面白いよ」と貸してくれて、どんなに胸をときめかせて読んだことか。


本は口コミで読みたがっていた何人ものクラスメートの手にわたって、


それぞれが読み終わったあと感想を綴った読書ノートを回しあって、


どんな風に感じたかをワクワクと話し合ったのを覚えてる。


大人になって、「またあの本を読みたい」と思ったとき、どこにも無くて。


やっぱり「みわ書房」で見つけたんだっけ。。。


d0221430_18101941.jpg

 

当時はクラスメートに限らず他のクラスもまたいで面識の有る無し関わらず、


本や詩、漫画で色んなコたちと繋がってたというか。


ミヒャエル・エンデや五味太郎、谷川俊太郎、寺山修司、中原中也などなど、


どちらかといえば詩人の作品を好んで皆で回し読みしたり、詩を書いて読みあったり。。。


思い返すと懐かしさでいっぱいになる。。。


当時はスマホもタブレットもPCも無かったけど、


便利なものが無い割に、なんかイイ時代だったなあと思う。。。

 

「・・・ワンドゥードゥル」、何度も読んだけど、また読み返したくなってきた。


[PR]
by nazunanet | 2017-10-29 18:10 | 日々のあれこれ | Comments(0)

布を探す

インターネット以前は、「調べる」といったら、

図書館、書店、古本屋さんで文献探し、だった。

書店は今や「売れる本」しか置いてないといっても過言ではないので、

調べものには適してないかもしれない。。。

ネットでの調べものも、検索機能が変化してしまったので、

巷の流行でないものは、なかなか出てこない。

そう考えると、今も昔も大差ないのかもしれないけれど。。。


でも、今は本当に便利だなと思うのが、

日本各地の織物のことがネットで容易に調べられること。。。


薺nazunaを始めた頃は、

繊維街の問屋さんや呉服屋さん、古布を扱う骨董商の方に、

布のことなどを教えて頂いたりもして、

手で触って、教えて頂いて、少しずつ少しずつ知っていって。


でも、足で回っても、

なかなか欲しい布が見つからないことが多々あった。。。

最近は、地方の織物産業など、物づくりを復興しようとしている新世代が活躍。

これまでは業者間同士の流通や情報のみだったものが、

今では一般の一消費者にも開かれている。

個人で手縫いで制作しているので、大量に布を仕入れることはできないので、

開かれた市場が本当に有り難いなあと実感。。。


絹のことでも書いたけど、

紡績や生地を織る際に、薬品類を使わないで織った布を探していた。。。

そういう布は時代を経ても劣化や変色が少ないだろうし、

何より、ふわん、ふわんと心地良いに決まっている。。。



そういう布がやっと見つかった。。。

布合わせするのが楽しみでならない。











[PR]
by nazunanet | 2017-10-23 02:26 | 布のこと | Comments(0)
薺nazunaの袋物の中で、

木綿帆布やリネンのバッグなどは、水洗いできるように仕立てている。

使って汚れてしまったら洗いたくなるのは当然だし。


これからは絹布を使った場合でも、

なるべく自宅で洗えるようにしたいと思う。



母屋のHPのおしなものページの、

長門の小物入れの詳細に、

絹のことを少し書いていたけれど、

-------------------------- 以下は抜粋 -----------------


絹は弱いと思われがちですが、意外に強い素材でもあります。


  *余談ですが、絹はその昔、ヒマラヤなどの氷の絶壁に挑む登山家の命綱でもありました。

  細い絹糸が沢山寄り集まって縒られた綱はどんなものよりも強靱だったようです。

  パラシュートの布も、昔は絹製の布で作られていたそうです。

  本来は絹という繊維は水をくぐればくぐるほど強くなるといいます。

  水洗い出来る絹こそ、本物の絹かもしれません。

-----------------------------------------------------------

確かに、絹糸の撚り合わさったものや布を水に通すと、

より強靭なものに変わったと聞いたことがある。

でも、絹製品の衣料品など殆どが水洗いではなく、

石油系溶剤の中で洗うドライクリーニングでお洗濯を、と指定してある。

でも、江戸時代はドライクリーニングなど無かったわけだし。。。


袋ものに使う古布のはぎれや、着物などは解いて、

水に中性洗剤を溶かして洗っているのだけど、

大抵のものは水洗いしたからといって、

色が変色したり縮んだりということはなかった。

勿論、水に濡れて様子の変わってしまうようなものは、

基本的に素材として避けているからだけど。。。


戦後など物資の無かった時代に作られたものなどは、

濡れてしまうとたいそう縮んでしまうものが多く出回ったと聞いたことがある。

染色の際の色止めや、洗いが充分になされていないものや、

または、布を織る最初の最初、糸を紡績する時に、

薬品を用いているものなどは水で洗ってしまうと、

形や色が崩れてしまうものがあると。

あと、時代を経て黄変したり変色したりも。。。

生糸をひくときに、水だけでひく職人さんが少なくなったからと、

随分、昔に父から聞いたことがあった。

薬品を使ったり、洗いが充分でない絹生地は、

水洗いが出来ないんだとか。。。

(この辺は私自身の知識が専門的ではないので、

間違っていることもあるかもしれませんが。。。)


でも、絹も木綿や麻と同様に水洗いした方が、生地自体が傷まないし、

溶剤で洗うと臭いが鼻につくし、

ふんわり感も無くなって、繰り返せば繊維がどんどん痩せてくるというし。。。


ただ、思案中なのは、

絹の水洗いするときの洗剤は、

今はドライマーク用の中性洗剤だけど、

どういった洗剤が一番ベストなのか。。。



でも、石鹸で洗うのだけは良くない。

絹のセリシンや天然素材で染色されたものなどは特に、

完全に成分が変化してしまうので絶対に石鹸で洗うのはNG。。。



江戸時代は植物の種や米のとぎ汁、灰汁などで洗濯していたそうだけど、

う~む、どうなのかなあ。

絹の水洗いと洗剤は、ちょっと宿題ということに。


余談。。。

大事なセーターもなるだけ水洗いすることにしている。。。

お気に入りのセーターなどは、

特別仕様のドライクリーニングに出したりしていたけど、

仕上がりはぺったんこ、溶剤の臭いが気になって。。。

風合いも違ったものになってしまった感じだったので、

思い切って、その後は自宅で手洗いしてみた。

最初はウール用洗剤で漬け置き洗い。

平干ししてアイロンで仕上げたら、かなりいい感じ。

二回目は、重曹を水に溶かして漬け置き。

これもいい感じ。

ふんわり感が元通り。

でも、気をつけないといけない。。。

ウールは上手に洗わないとケモノの臭いというか、

アンモニア臭が出てくるそうなので。

手紡ぎ毛糸の手編みのニット帽を中性洗剤で洗濯したら、

まさに羊のお尻のニオイになった。(笑)

イタリアの農家の女性が自分の飼っている羊の毛を刈って、

毛糸に紡いで手編みしたものだったので、

もしかしたら、毛糸の脱脂が不十分だったのかもしれない。


純石鹸だとウールも洗えるそうだけど、

ウール製品の手洗いは絹と同様に、ちょっと冒険ではある。。。










[PR]
by nazunanet | 2017-10-23 01:17 | 布のこと | Comments(0)

黄金の絹布

以前、インドのアッサム地方で織られたという

自然のままの黄金の繭の糸、

「ゴールデンムガ」という山繭の糸で織られた布を手に入れたことがある。

極細番手で織られた黄金の絹の布は軽くてしなやかで、

どんなに水洗いをしても色褪せることもない。


仕覆用の美しい裂を探しているときに見つけて手に入れたものだったけど、

とてもハサミなんて入れられるものじゃない。。。


身にまとうための布だから、

肌に触れる感触が心地良くて。

今もとっておきの時だけに羽織るショールとして大事にしている。。。


でも、一度は袋物に使ってもみたい。

宝石のような布で仕立てられたら素敵だろうと思うから。

それと同じの布を探しているけれど、

見つかりそうで、見つからない。。。


手仕事のものは本当に一期一会だな、と思う。

[PR]
by nazunanet | 2017-10-23 00:18 | 布のこと | Comments(0)

ようやく回復。。。

今日は痛み止めを飲まないでも過ごせた。

朝から痛みも、ほぼ無い。。。

良かった。



でも、安心するのはまだ早い。

「やった、治った」というと、ぶり返したり再発することも多々あり。

油断は禁物。

でも、明日から制作作業も出来そうなのでホッとする。


腰痛でうなっているとき、ダンナさんから

「何か体にいい、とかいう運動や体操をやるとこれまで腰を痛めてると思う」

とポツリと。

確かに私もこれまで、何かで体の深部に効くとか、

基礎代謝が上がるとかいう運動などを続けていると、

どうもあちこちの具合が前より悪くなる、というか。。。

他の人には効果的だったとしても、

自分には効かない、向かないものもある。

なんせ、私は頸椎から腰まで背骨のカーブが殆ど無い。。。

かなり真っすぐな背骨。

昔からボサーーっとしていても、

「いつも姿勢がいいね」とよく褒められたものだった。

ストレートネックならぬ、ストレートバックなので、

なんでも鵜呑みにして、闇雲にやっているといけないのだった。。。

これから寒くなるので、腰には気をつけなくちゃ。


そうそう、これは制作ニッキ。

新しいアイテムは、完成しましたらおしなものへアップします。










[PR]
by nazunanet | 2017-10-15 20:41 | 日々のあれこれ | Comments(0)

腰痛が。。。

二~三日前から腰から足のつま先にかけて、痛みとしびれがすごい。

数年前も、机を持ち上げた途端にぎっくり腰になり。

今回もそれに匹敵する痛みと動けない感じ。。。

もともと、腰痛の他に坐骨神経痛も時々あった。

長時間硬い椅子に座っていると、痛くなったり。。。


今回のはぎっくり腰と同レベル並みのがやってきた。

痛み止めを飲まないと日中はおろか、眠れないレベル。

臀部から大腿部に掛けてマッサージをしたりしたら、

ちょっと収まってきたけど、

座ったまま、立ったままというような同じ姿勢を続けていると、

痛んでくるので、転がったり、歩いたり。

腰痛の特効薬がないので、安静にするしかないかも。

とほほ。。。






[PR]
by nazunanet | 2017-10-14 00:55 | 日々のあれこれ | Comments(0)

藍染の帆布

密な織り目の厚手の木綿。

帆布のような、タイプライタークロスのような。

そんな硬派(?)な生地がしっかり藍染されている古布を手に入れた。

何に使われていたのか定かではないけれど、

バッグを仕立てたくなる布だということには間違いない。


藍染のトートバッグや羊飼いのカバンが作りたかった。

このしっかりした生地や、

様々な藍木綿を使って、

シックで使い心地の良いバッグを作りたい。

目下のところ、ちくちく作業に没頭中。


[PR]
by nazunanet | 2017-10-12 22:38 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)

網代編尽くしの小物入れ

和紙を紙縒りした堅牢な糸で織られた布=長門の小物入れ。

d0221430_18171812.jpg

見れば見るほどに、まるで煤竹を極細に裂いて編んだ竹細工のような風情。

d0221430_18193882.jpg

そんな布の織りから、賛崩しを合わせた網代編尽くしにしようと思い立ちました。

d0221430_18183705.jpg

明治期に織られた上布(麻)の算崩しは、琉球のもの。

d0221430_18185135.jpg
同じく明治期の木綿の算崩し。生成り糸と藍染の糸で織られた柔らかな布。

d0221430_18192145.jpg

花田色の算崩しは昭和頃のもの。
d0221430_18181859.jpg
こちらも昭和の初期頃の、

様々に先染めした手紡ぎの糸で手織りされた風合いの良い布。

算崩しのアレンジが美しい織りのもの。

d0221430_18190989.jpg

アクセントに前ポケットには、太綱をべんがら染めした木綿布。


d0221430_18195329.jpg

かぶせの前飾りも網代編み文様を、

30年以上乾燥させた山桜を使って、彫刻刀で手彫りしています。

d0221430_18200798.jpg

緒締玉は、noriko yamamotoさんの作品。

古布や藍染などの布に合うように、色や艶など気遣って作って下さったもの。

穴も紐が痛まないようにと、何度も手を掛けて磨いて頂いています。

  今年でとんぼ玉制作を一旦お休み、とのこと。

  なんとも残念な限り。。。

  手元に残ったとんぼ玉、大事に使わせてもらいます。


長門を使ったアイテムを仕立てることが出来て楽しかったです。

手に入れることが出来たのは、わずかなハギレ。

古い時代のものなので、ところどころの穴や破れも多くて、

まとまって無傷な部分が取れるのは、

小物入れが少しだけ作れるほどのもの。

ほんの少しだけのご紹介となってしまいました。

是非、楽しんで頂けたらと思います。





[PR]
by nazunanet | 2017-10-07 18:52 | 小物入れ | Comments(0)
新しいアイテムをアップしました。

少しずつですが、

完成した順に、アップしていきます。

お時間ございましたら、

母屋のHP nazuna.net をチェックしてみてくださいませ。

[PR]
by nazunanet | 2017-10-06 23:30 | おしらせ | Comments(0)
本日、商品撮影を済ませて、

只今、母屋のHPの更新作業中です。

準備が整い次第、おしなものへアップします。


d0221430_18285361.jpg

少しずつの更新ですが、

出来上がったものから、アップしていこうと思っています。

お時間ございましたら、是非チェックしてみてください。


薺nazuna なずな

www.nazuna.net





[PR]
by nazunanet | 2017-10-06 18:25 | おしらせ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31