<   2017年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

今月25日、友人と自由が丘の岩立フォークテキスタイルミュージアムへ。

カンタ刺繍作家の望月真理さんの講演とワークショップに。 

カンタ刺繍、というものを初めて目にしたのは、十数年前。

上野桜木にあるインドの手仕事に溢れた

ウエアやストールなどを製作されている「アナンダ工房」だった。

そこで目にしたインドの布は、極細番手の糸で手織りされた絹や木綿の布ばかり。

当時、巷に溢れていた派手な色のインドの布ものとは全く違ったものだった。

そこで、黄金の繭から紡がれる自然のままの黄金の絹、ムガシルクというのも初めて見た。

薺nazunaを始める前の頃、布というものに興味を持ち始めて、

色んなものを見聞きしたい欲求に駆られて様々に歩き廻っていた頃だった。

そこで見せて頂いたのはインドの職人さんの丁寧で緻密な仕事ぶり。

あまりの細かさに感嘆したものだった。

上等の絹布に、絹糸で動物や花々を刺繍して、

その周りや空白の地の部分もビッシリと細い絹糸で地刺しされた生地。

それが「カンタ」というもので、これほど手の込んだ手仕事がインドの技なのだ、と

感動すら覚えた記憶がある。

世界中に刺繍や刺し子など、布と糸の手仕事があるけれど、

中でも、日本の東北の「どんさ刺し」とインドの「カンタ」に、グッとくるものがあった。

規則的に布の目を数えて刺す刺繍や刺し子の美しさにも感動するけれど、

自由に刺していく、技法や手法、

こうしなければいけない、というルールのない刺し子が

「どんさ」だったり「カンタ」だったりする。

布の補強や魔除けなど、生活に密着して生まれたのが漁師の「どんさ」刺し子だとしたら、

カンタは日常のものとは違う、ハレのものであり、作り手の芸術作品に他ならない。

世界中の貴重な布の芸術を蒐集、展示、保存されているミュージアムの

オーナーのお話しがまた深い。。。

「カンタが誕生したインドのベンガル地方は、貧しく苛酷な土地。

なのに、他のどの土地にも生み出されない芸術が生まれる場所。

気候も良く、心地よく、満たされた場所からは芸術は生まれようがない」と。 

インドの名も無い女たちが

どれほどの年月を掛けて生み出したのか計り知れない「カンタ刺繍」。

生まれた娘が嫁ぐ日のためになのだろう。

そこには、極楽図とも言えるような美しい世界が一面に、様々に糸で描かれている。

ボロボロになったサリーやシーツ、日用の布を重ねて糸で刺しただけのものなのに、

見た瞬間に、感嘆とワクワクとした喜びが胸に溢れてくる。

特に、このミュージアムで目にした古いカンタの縫い糸の軌跡は、

布と渾然一体となっていて、見るものを驚愕させること間違いなし。。。。

巷にカンタ刺しの布が溢れているけれど、本物はこんなにも繊細で緻密。

今はインドでも「カンタ」を生み出せる人はいなくなっているのだとか。


d0221430_18570091.jpg

望月さんは、そんな手仕事大国のインドから「カンタ」の教えを請われているほど。

90歳を超える高齢にもかかわらず、糸と針の仕事は続いていく。

望月さんの作品は布から糸から全て手で触って探しながら、

一日一日少しずつ縫い続けて生み出される宝石。

「布の目を数える刺し子や刺繍だったら出来なくなっていたかもしれない」とおっしゃる。

技法もルールもなく自由だから続けられる、と。

私が「どんさ」や「カンタ」を見た瞬間に惹かれたのも、

「こうしなくちゃいけません」とか「このように目を数えます」とかのルールの枠がなく、

刺繍の動物や花たちの表情がユーモラスで、

目立たないように刺した地の色と同じ糸の地刺しに愛情を感じたのかも。

早速帰宅してから、ありあわせの布に糸でカンタをしてみたものの、

何度も何度も解いては縫っての繰り返し。。。。

「まず、やってみる。やってみないと、何も分からない」

望月さんの言葉が何度も耳にこだまする。

やってみて凄さが分かる。困難さが分かる。途方もない手仕事なのだと分かる。

やってみて、分からないことがいっぱい出て来る。

ため息をつきつつも、何かワクワクがとまらない。。。

白い布、生成、キバタの布が好きな私に、

「白の刺し子、カンタ」の展覧会とワークショップに

声を掛けてくれた友人に感謝しなくては。。。

ここで昔のインドの女性たちが生み出した作品を間近で見て、

また、望月さんが製作された作品を直に手で触れ、

お話しをお聞きすることが出来たのは、

(自分自身の経験がまだ年浅いとしても)布に携ってこれた者にとって、

本当に宝ものを頂いたような気がします。

感謝
[PR]
by nazunanet | 2017-04-30 19:02 | art、 music,movie,etc | Comments(0)
新着の中からご紹介。

d0221430_22452626.jpg
”オブジェになったひょうそく”

油皿とセットになったひょうそく。

豆皿なのだけど、厚みと焼かれた肌合いがとても良い。

細かな貫入が味がある品です。
d0221430_22483211.jpg




[PR]
by nazunanet | 2017-04-27 22:49 | おしらせ | Comments(0)

木の道具

nazuna_antique、先ほど更新しました。

その中から、新着ご紹介。


くりぬきの漆の盆。

d0221430_22340234.jpg
d0221430_22343086.jpg

何にでも合う、優れもののお盆なのです。

普段使いの漆もの。






[PR]
by nazunanet | 2017-04-27 22:36 | 木の道具 | Comments(0)

nazuna_antiqueを更新します

今日の夜、アンティークの商品をアップします。

久しぶりの更新です。

お時間ございましたら、是非チェックしてみてください。

[PR]
by nazunanet | 2017-04-27 13:25 | おしらせ | Comments(0)
nazuna_antiqueからのお知らせです。


今月末からの連休中に、

久しぶりに、nazuna_antiqueをアップします。

d0221430_23133161.jpg
朱漆の器、盆、金物、ランプや灯りもの。。。

更新準備を整えて、アンティークのおしなものへアップします。
,
,
,
,
,
,
,
,,
,
,
,,
,
,
,,
,
,
,,
,
,
,


[PR]
by nazunanet | 2017-04-21 23:18 | おしらせ | Comments(0)

バッグ・BAG・鞄・袋物

考えてみたら、子供の頃から何かしら作っていたワタシ。。。

子供の頃はテレビを見て過ごすよりも、

絵を描いたり、工作したり、手芸して過ごすことの方が多かった。

一番は絵を描くのが大好きだったけど、

他にはぬいぐるみや人形を作ったり、お面を作ったり、マフラーやひざ掛けを編んだり。

何か物を作るのが好きだったのと同じように、

色々と物を壊したり分解したりもした。

時計の中の歯車がどうなっているのかを知りたくて、

祖父から貰った腕時計を分解したときは、結構な剣幕で叱られたっけ。。。

「物を大事にしないんだったら、もうあげない!」って。。。

好奇心からのことだったので、複雑な思いでしょげてしまったけど。



中学生の時には、重い革の学生鞄を持っていくのがつらくて、

布でファスナー開閉の箱型のボストンバッグを作ったっけ。

なので、こういう手仕事をしはじめたのも、

ある意味、自然な成り行きなのかもしれない。

男性が自動車や時計にはまるように、

女性はジュエリーはもとより、

バッグやお財布やポーチにはまるんだとか。。。


私も、鞄はどうにも惹かれてしまう。

革バッグの宝庫、イタリアに行ったときなど、

鞄を買い求めるのは観光と同じくらいの至上命題だった。


でも、その後、ゆったりした生活を好むようになって、

手織りの布や、昔の手仕事された布や籠の袋物などに接するうちに、

どんどん生活スタイルも洋服の好みも様変わりして、

これまで持っていたバッグがどうも合わないように感じてしまって。。。

市販のバッグを探してみても、何かそぐわない感じがあって。

そんな頃、

たまたま入った骨董屋さんの、

片隅にあった古布の藍染布に眼がいった。

その掠れた青の美しさ、藍の染めというものに出会って、

いっぺんで魅了されてしまった。

こんな色の布は、どこにも売ってないんじゃないか。

こんな透明感のある色の生地で仕立てた服なんて、どこにもないんじゃないか、って。


そんな古布の藍染布を使った鞄を作って出かけていたら、

知らない人から「あなた、それ、すごくイイわ」とほめられたりして。

だんだんと鞄作りに夢中になっていった経緯。。。


柔らかな手織りの布や手縫いで作ったバッグは、

重い荷物をバンバン入れて使い潰すようなカバンではないけど、

手に持っているだけで、心の奥で思わずハミングしてしまうような気分になれると思う。



先日出来上がったバッグは、

昔ながらの力織機で織られた上質な厚手木綿のバッグ。

赤耳のある帆布は、綿糸が豊かで織り目も詰まった手触りの良いもの。

真鍮とオイルレザーを配して、

薺nazunaのバッグで今まで作っていなかったタイプ。



生成や白の帆布は汚れるからと敬遠されがちだけど、大丈夫。

汚れたら水洗いできるので綺麗に使えます。

他にもこれからの季節にぴったりなバッグや袋物、

布仕事のものを仕上げていきます。

お品の数が揃ったらHPのおしなものページでお披露目します。

[PR]
by nazunanet | 2017-04-16 17:35 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)
冬に手縫いのコートを作った。

nazunaの製作が終わってから、夜寝るまでの間の作業なので、

ちょっとずつ進行していくので、出来上がるのも時間がかかる。。。

圧縮ウールのニット生地などは、布端の処理がいらないので、

結構簡単に出来る。

内側にポケットを作ったので、裏地を作らなくちゃいけなくなったのが誤算だったけど、

なんとか乗り切る。

寒い冬はどうしてもダウンコートの出番が多くなるけど、

ダウンを着ると、下に大好きなニットやセーターが着れなくなってしまう。

でも、結構たっぷりしたセーターだったりすると、

普通のコートでは脇の部分がぴちぴちになって、窮屈になってしまう。

ドルマンコートや袖つけがたっぷりしたコートが欲しいなあ、と探したりしても、

なかなかコレというものが見つからなかった。

ならば、手縫いで作るか!とあいなった。

ベースはバーバリーのラグランのウールコート。

これはブラックで冠婚葬祭用のフォーマルなものなので、普段のお洒落着にはむかない。

でも、ふんわりしたウールの生地を使用しながらも、

フォルムがスッキリしていて、袖や肩に沿うようなフィット感もあるので、

ハトロン紙をコートにあてて型紙をおこす。

型紙を取っていると、12枚以上もの細かなパーツで構成されているのが分かった。

袖と身頃だけで10枚も。。。

だからなのかな、

簡単で少ない型紙のみで仕立てると、

厚めのウール地では折り紙を折ったような見た目になってしまうんだなと。。。

幾つものパーツはゆるやかに身体に沿うようなカーブがあって、

だからゆったりした中にもフィット感があるんだなあ、と感心。。。

ゆったりしつつ、軽くて暖かいコートが出来ました。

(今度、画像をUPしなくちゃ。。。)



でも、シャツと違ってコートやジャケットはなかなか難しい。

特に裏地のゆとりを取る部分は今後の課題。

ミシンでダダーーっと縫うと、ウールのふんわりした織りが固くなってしまうけど、

手縫いで調節しながら仕立てると、袖つけと肩のラインのフィット感が出ると思う。。。

手縫い服は時間が掛かるけれど、ちょっとずつ仕上げていく楽しみがある。

お気に入りの上質な生地を、惜しげもなくたっぷり使って作ることが出来る。

時間の空いたときに、少しずつ縫い進めて、

そのうち出来上がればいいかな、と心に余裕を持って。(笑)



日々、袋物など縫っているので、そんなに作れないけど、

ゆくゆくはメンズジャケットも作ってみたい、と思う。。。

メンズものはハードルが高いね。。。




[PR]
by nazunanet | 2017-04-16 16:35 | 手縫いの服 | Comments(0)

桜ももうおしまい。

地面には桜の絨毯。

見上げると、頭上には満開の桜。

10日に行ったお花見散歩の画像をUP。。。
d0221430_15552319.jpg
d0221430_15553807.jpg
d0221430_15554978.jpg
d0221430_15560109.jpg
d0221430_15561317.jpg
d0221430_15563784.jpg



[PR]
by nazunanet | 2017-04-16 16:04 | 日々のあれこれ | Comments(0)
先に書いたアナログLPレコードのこと。

聞けば聞くほど、だんだん盛り上がってくる。

アナログというと、何か性能が劣ってるような誤解を受けるけど、

音源ファイルデータよりも、

CD盤よりも、

クリアで深いサウンドだと思うので、まだまだ捨てがたいレコードプレーヤー。

今度、神保町や中古レコード屋で知られざる名盤を見つけなくちゃ。。。

それと、何よりもジャケットがいいんだよね。。。

音源ファイルダウンロードだとジャケットとか関係ないとか。。。?

ジャケ買い、レコードを飾るというのもLPならではの楽しみもあった。


子供の頃、父親が夜中にほろ酔いで帰ってくると、

居間のステレオセットでお気に入りの音楽を掛けてるのを、

寝床の中で毎晩聴いているうちに、

いいなあ、と思っていたりした。

フレンチポップやカントリー、R&Bまで色々だった。

10代になって、それらがのちに名曲、名盤といわれるものだったと知って、

「なんで、このアルバム選んでたの?知ってたの?」と聞くと、

「知らん。全部ジャケットを見て買ってただけや」

恐るべし、ジャケット買い。。。

やっぱり、音楽とジャケット=写真は繋がってるよね、と思った。

どんどんツールが進化していくけど、

いいものはずっと楽しみたいし、残ってほしいと思う。

中古もいいけど、わざわざ発売されてるLP盤も見てみよう。。。




[PR]
by nazunanet | 2017-04-10 12:17 | art、 music,movie,etc | Comments(0)

今は音楽も殆どが配信が主流で、

CDそのものを買う行為が廃れているらしいけれど、

旧世代としては、どうしても欲しいときはCDで買うし、

イヤホンじゃなくてスピーカーから聞きたい方。。。

今は家でスピーカーの前でじっくり聴くよりも、

データとしての”音楽ファイル”をダウンロードして、

かつてのウォークマンのように、外で手軽に聴く時代。。。

まあ、スピーカーで聴こうとすると、

アンプやらスピーカーだの、周辺器材に高額なお金が掛ってしまうけれど、

手軽な音楽ファイルをイヤホン、ヘッドフォンで聴くと

それなりにイイ音にさえ感じることもある。。。

 

自分は音楽や音源ファイル形式などに疎いので

詳しいことは分からないけれど、

mp3などに変換されてしまった音楽が,

スカスカでシャンシャンした軽い音に聞こえてしまうのだ。。。

かといって、我が家のステレオ環境は究めて普通のもので、

こだわっているわけでもない。。。

 

ただ、元がアナログ好きな私は

曲をバラで買うのがどうも馴染めないのもある。

アルバムは一曲目から最後まで一つの”物語”になっているので、

アルバムを通して聴きたいと思ってしまう。


「そーいうの、オヤジ趣味っぽい」とダンナさんには言われるけれど

(いえいえ、古風なんですよ。)。。。(笑)

そういうダンナさんは配信世代に近い感覚なんだろうなあと思う。

CD全盛時代から音楽は気に入った曲をシングルで買うことが多かったし、

アコースティックな音楽が好きな私と違って、

10代の頃からデジタル音楽を好んでいたそうなので、

音楽の好みは夫婦で正反対。(笑)


気持ちがノリノリになる音楽って、本当に人それぞれ違うのが面白い。


デジタルで作られた音楽で好きなものはあるけれど、

基本はギターやバイオリンなどのストリングスや木管、金管楽器など

アコースティックで演奏された音楽が大好物。

レゲエも今のものよりボブマーレーの頃の方が好き。


流行りの音楽を次々に手に入れるより、気に入った音楽を長く楽しみたい方。


なので、どこかで耳にして「すごく好き」と思った曲が、

一体誰の曲なのか分からないまま何年も、ということがザラにある。


昔、WAVEが六本木にあった頃、

そして渋谷のタワーレコードが宇田川町にひっそりとあった頃、

アーティスト名が分からない曲を小声でワンフレーズ口ずさんだら、

即座に教えてくれたり、

一生懸命さがしてくれるカリスマ店員さん達がいた時代が、

嗚呼、懐かしい。。。(笑)

 

そんな私なので、10年以上前にチラっと聴いて「いいなあ」と思った曲が何だったのか、

やっと最近分かりました。(苦笑)


d0221430_11574956.jpg

カナダの女性アーティスト、k.d.ラングの『hymns of the 49th parallel』。

2004年に発売された(13年前!)名曲のカバー集なんだけど、

抑えた演奏。好みのアコースティックで。。。

 

買う前にネットで試聴した時、あまりにアコースティックなのが良くて、

「アナログレコード盤で出してたらいいのになあ」と思った。

それで探してみたら、去年LPレコードで発売されてたそうで。

逆に今見つけて良かったのかもしれない。

アコースティックな音楽をアナログLP盤とCDやmp3などのいわゆるファイル形式とで聴き比べたら、

断然アナログLPが気持良く聴こえると思う。

もちろんコンピューターで作った音楽はデジタル手法で聴くのが良いのかもしれないけれど、

 (追記:昔のシンセサイザーで作った音楽もアナログ盤で聴くのが良いらしい。ダンナさん談)

ドラムやベースやギター、ピアノ、ヴァイオリンなんかはアナログ盤が良いよね。。。

電子楽器はどこまでも同じ音を一定の音量で揺らぐことなく出せるけれど、

人間が鳴らす楽器や声は、ずっと一定の音ではないから、そんな”揺らぎ”の部分を、

データファイルでは圧縮されてしまうし、CDでも狭い幅でしか再現出来ないけれど、

アナログレコードはあの黒い円盤に刻まれた単純にさえ見える溝が、

実は非常に複雑で多様で豊かな音源を再現してくれる、というようなことを聞いたことがある。

人が聴き分けられる”音の波長”は非常に狭いだろうけれど、聴こえていない筈の揺らぎの音も、

人の脳は確かに受け取っているんだとかで。。。

そういうあいまいな領域にある音まで再現してくれるアナログレコードの音が、

人は分からないなりに”心地よく感じる”ことが出来るのかもしれない。

 

13年越しのk.d.ラングの『hymns of the 49th parallel』。

B面1曲目の「ハレルヤ」、ウィスキーを片手に、ゆっくり聴くのが心地良いよね。。。

(またしてもオヤジ趣味といわれそう。。。)


[PR]
by nazunanet | 2017-04-10 12:01 | art、 music,movie,etc | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30