<   2016年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0221430_1361180.jpg


良いお年を。。。
[PR]
by nazunanet | 2016-12-31 01:36 | 日々のあれこれ | Comments(0)

年末年始のお知らせ

年末年始のお知らせ

12月29日(木)から1月5日(木)までお休みになります。

メールでのご注文は随時受け付けておりますが、

29日以降のお返事は年明け1月6日(金)からになります。

どうぞ宜しくお願いいたします。
 

今年も1年、沢山の御厚意御贔屓頂きまして有難うございました。

来年も良いものをお届け出来ますように、

精進して参ります。

どうぞ宜しくお願いいたします。

皆様、よい年越しを、良いお年をお過ごしくださいませ。

感謝

なずな
[PR]
by nazunanet | 2016-12-27 12:54 | おしらせ | Comments(0)
ずっと使っていた粉を変えて、色々試してみようという試み。
d0221430_134378.jpg


強力粉350gと準強力粉150gという配合は変えずに、強力粉だけ変えてみる。

これまではベルムーラン。前回は「春よ恋(特選挽き)」

今回は「はるゆたか」。

ベルムーラン」は素朴な感じ。ちょっとペリカンパンの味に似ている感じもする。

「春よ恋」は小麦の雑味を一切排除した特選挽きというものを試したら、

ヘラでミキシングして最初の発酵で、既にもうフワッフワっと柔らかな綿雪というかマシュマロのように膨らむのでびっくり。

「はるゆたか」も膨らみが非常にいい。3つの中で一番膨らむかも。

「春よ恋」は菓子パン用に良いかも。品の良い白パンとか。

私の作るのは、塩と水と発酵菌だけで作るシンプルなフランスパンなので、

この中では「はるゆたか」が皮がパリッパリで良かった。
d0221430_1351241.jpg


来年もまた違う粉を試してみて、これが我が家のパンというのを見つけなくちゃ。
[PR]
by nazunanet | 2016-12-27 12:53 | 手作りパン | Comments(0)
遅ればせのサッカー話しですが。。。


クラブW杯決勝で欧州チャンピオンのレアルマドリーと日本の鹿島アントラーズの対戦!

決勝まで駒を進めてきたアントラーズが誇らしい。

でも、私はレアルファン。

レアルに勝ってほしいような、でも日本のチームが活躍してほしいような、複雑な気持だった。

どっちが勝っても嬉しいけど、どっちが負けても悔しい。

でも、レアルは勝って当然という立場。負けたらもうトンデモナイことになるのは必至!

 

勢いのある鹿島は連日試合をしてきているので、疲れがたまっているかな、と思いきや、

レアルの要のモドリッチを常に三人で囲いこんで、前線のパスを出させないようにして、

CRロナを守備の植田選手と昌子選手が完全に押さえ込んでいた!すごい!

今まで日本代表及びJリーガーのディフェンスがユルくて目も当てられない感じだったのに(失礼!)、

彼らは素晴らしかった。何故、彼らを日本代表でもっと活躍させないのか、と思った。

サイドの西選手も良かったし、2ゴールを奪った柴崎岳の働きは素晴らしかった。

試合前からずっとレアルのメンバーの表情を見るからに、彼らは日本のクラブに対して完全に安心しきってるなと思った。

もういつものリーガのリーグ戦の試合前の表情の欠片もなかった。

そういうのが一番キケンなのに。

相手が格下だから力をセーブしようと意識的にか無意識にか分からないけれど、常勝クラブのメンバーはよくある。。。

もう絶対痛い目にあうし、ここでJリーグも意地を見せないと恥ずかしい試合だけは嫌だと思っていたら、

あわやレアルの敗北目前、といった内容だった。

勿論、日本のチームをなめきっていたレアルに一泡食わせた感じだったけど、

試合中に本気モードのスイッチがちゃんと入った御蔭でレアルは負けずに済んだ。

あのまま、南米チャンピオンと同様の道筋を辿ったかもしれなかったし。

鹿島アントラーズのプレイは誇らしかったし、レアルも怖い教訓を得られたと思う。(格下をなめちゃダメ!!)

 

レアルマドリーは辛勝したけど、ジダンの無敗記録が続いたのはジダンファンとしてはホッとしている。。。

ベンゼマは良い選手だなと改めて思ったし、クリスチアーノ・ロナウドのシュートはやっぱり凄かった。

植田くんや昌子選手は海外に出てほしいなあ。

できれば素晴らしいディフェンダーの選手が多く活躍しているイタリア・セリエA(ユベントスとか!)で、

もっともっとスキルを磨いてほしいー。
[PR]
by nazunanet | 2016-12-27 12:50 | サッカー | Comments(0)

鹿島、大金星!!

昨日のクラブW杯、準決勝。

南米チャンピオンのアトレティコ・ナシオナルとの一戦、

本当によく頑張ったと思う。

すごい、すごい!!

決勝にレアルマドリーが来てくれると信じてるけど、

こういう試合を見ると、何が起きるか分からないのもこわい。

決勝、レアルと試合になったら、

いちマドリーサポだけど、日本を代表するクラブの鹿島アントラーズも応援する!

(Jではガンバが好きだけど。。。)

どっちが勝っても嬉しいし、

また、どっちが負けても悔しい試合になるので、複雑。。。。

このまま鹿島が王手を掴んだら凄いことになるね。。。

ジーコが喜んでこれてるのも嬉しい。



事故にあったシャペコエンセと対戦するはずだったアトレティコ。

きっと色々複雑な思いもあったはずだけど、

鹿島に運が向いていた試合だった・・・・。

運と、力が加わっていたね。



金崎むう選手がまた日本代表に復帰できればいいなと思うばかり。。。

この大金星に免じて、もう許してあげてよ、ハリルさん。。。
[PR]
by nazunanet | 2016-12-15 11:23 | サッカー | Comments(0)
今年も残すところ、半月。。。


そして、今年も薺nazunaのHPへお越しくださり、

本当に有難うございました。

いつもご贔屓頂きまして、心より御礼申し上げます。

またこれからもちくちく製作して参ります。

お時間ございますときに、是非またお越しくださいませ。

心よりお待ち申し上げております。

感謝!!
[PR]
by nazunanet | 2016-12-15 11:11 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)
nazuna,netのおしなものページに、

新しいアイテムを更新しました。

ちくちく縫いがふんだんに施された今回のアイテム。

ガラスのとんぼ玉も、一点一点、薺nazunaの袋ものの為に、

オーダーして手作りしていただいたものなので、

全て一つだけのオリジナルです。

お時間ございましたら、是非お越しくださいませ。
d0221430_163371.jpg

,
.
.
.
.

.
[PR]
by nazunanet | 2016-12-12 15:57 | おしらせ | Comments(0)
ちくちく縫いの日々、

ようやく完成したものをアップしていきます。

針と糸の手仕事の袋もの。



年末までに、さらにもう一回、更新できればいいなと思っているけれど、

どうなることやら。。。



とにもかくにも、

商品撮影を終えて、更新するための作業中です。

少々、お待ちくださいませ。




[PR]
by nazunanet | 2016-12-11 22:18 | おしらせ | Comments(0)

01.師走 THU 雨のちくもり


なかなか前もって予定を立てられない我が家の事情の中、


予定をかいくぐって、急遽、箱根まで小旅行と相成った。


新宿駅で軽食を買い求め、小田急ロマンスカーの乗り場へ急ぐ。


しかし!


その後、待てど暮らせど列車が来ない。。。


1時間前に出るはずの列車すらまだ来ていないようで、


ホームには呆然とした人々の群れ。


駅員が何度もダッシュしながらの右往左往。


切符の払い戻し、買い戻しの人々。


どうしたのかと思ったら、駅のアナウンスで、


「乗客同士のトラブルにより、全線停車の指示が出て、


只今60分遅れになっております。」


ええーー???


結局、1時間以上遅れて出発できたけど、


トラブルで全車停まるって一体何があったんだろうと疑問符。


(帰宅後、ニュースでトラブルの原因を知って笑ってしまった。


「コートが顔に当って大げんかに発展」という理由だったようで。本当にハタ迷惑。。。)

 

到着するのがお昼を過ぎてしまいそうなので、


向こうでランチにありつけるかな。。。



駅弁屋さんで買った軽食。小さなあんパン一個ずつと、天むすを二人で半分コ。


向こうでお昼ご飯も食べるし、と思って少なめに。



 

以前、山梨県の塩山市へ観光に行った際、


夕暮れ間近になってからは、食事のできるお店が休日などはどこも営業していなくて、


しかも駅弁も売っていない(というかそもそも駅弁屋がないし、


土産物店の弁当は早々に売り切れ!)。


行きの列車内で駅弁を食べたあと、


東京に戻るまでご飯にありつけなかった。


住人&観光客の人口が少ない観光地では、


旅人は完全に食いっぱぐれることが有り得る、


というのを思い知ってから、とりあえず、必ずパンは買っておこうというのが癖になった。


最悪の状況でもパンならベンチや草の上、岩の上だって食べられる。。。


冬のハイキングならチョコやクッキー、クラッカー類、飲料水も必需だろう。。。

 

しかし、箱根は完全に都会なので、何の心配も御無用なのですよ(笑)。


自然もあるし、都会でもある。いい感じ。


住んでみたいとさえ感じる。なんてたって温泉があるんだもん。


そんな箱根は外国人の観光客でいっぱい。


その殆どがアジア系外国人。


駅前も結構変わったような気がする。


新たなお土産物屋さんや、新しいお店が色々出来ていて。


箱根に来ると、登山電車で山の方や芦ノ湖の方へ行っていたけど、


意外に、箱根湯本の界隈は殆ど廻ったことがない。


なので、今回は上には登らず、湯本の界隈、旧東海道などを散策するつもり。



どこでお昼を食べようかとウロウロ。


大通りの一本裏に、ちょっと気になるお店があった。


ハイカラ中華日清亭。


お店の自家製の手打ち麺が食べられるというので行ってみた。



旅行者も地元のお客さんも多いというのが良い感じ。


麺がツルツルピカピカ、モチモチで美味しい。


チャーシューも手作りで厚みがすごい。


旅行者の方々も箱根に来たらここに寄る、というような感じのリピーター多し。


うむうむ、いいとこ見つけたかも。。。




湯本橋を渡ると、紅葉が見えてきた。


都内ならともかく、箱根はもうとっくに紅葉が終わっていると思っていたのに、


ちょうど良い感じの紅葉があちらこちらで眺められる。


今年の秋は長いこと暖かかったからかな。。。


観光案内所で地図を貰っていたら、


係の人が「今年は紅葉がこの時期に見れるなんて今まで無かったことですよ」と。


「箱根は11月中旬頃までが紅葉のピークなので、


12月は冬の景色になっているところなんです。」


良かったー。今年は秋はバタバタで、


紅葉を見に行く時間が無くて残念に思っていたので、


本当にラッキー!!



雨だと聞いていたけど、良いお天気になった。


今年は梅雨で台風の時期でさえも、旅の行く先々でお天気に恵まれた。


感謝、感謝。

 

今回は何度も訪れたことのある箱根なので、


宿に着いたら何もせず、ひたすらゆっくりリラックスして過ごす予定。


巷の多くの主婦がそうであるように、家ではなかなかダラダラゴロゴロ出来ないもの。


「温泉旅館でゴロゴロしてみたいよー」と言っていたら、


箱根に連れて来て貰えることになった。


今回は観光というより、温泉療養でのんびり浸かってリラックス出来て良かった。


夏頃、腹痛が治らず精密検査を何度も受けたけど異常なしで、


結局、ストレス性なのかもね、というような感じで。。。


まあ、長年、甘えっこだったにゃんこ先生の御世話もあって


慢性的な睡眠不足だったのが、


今も殆ど改善されていないっちゃー、ないし。。。


睡眠不足は万病の元だな、と実感。。。

 

翌朝、朝食が済んでチェックアウト。(1泊2日はあっという間ね。。。)


宿の近くに美味しいお蕎麦屋さんがあるというので、開店時間まで近辺を散策。



滝通りの横を流れる須雲川。


そこに玉簾の滝があるというので行ってみた。


何やら大きな観光ホテルの敷地を入ってでないと、


滝や神社の方へは行けないらしい。


・・・かつては、滝通りを歩くと須雲川の背景に


美しい滝の流れる光景が見えてたのかも。。。




玉簾神社の滝のそばで。アヒル(多分♀)と鴨(♂)が


ずっと一緒。おしどり(?)夫婦な感じで可愛い!


撫でようとしたら、鴨ちゃんがアヒルを守るかのようにグイグイと前へ出て、


私の手を甘噛みする。


私を威嚇しているのか懐いて来たのかよく分からないアクションだった。。。



こんな立派で美しい滝が、こんな場所で見れるとは不思議な感じ。


本来ならばもっと山の上に登っていってやっと見れるような景観なんだし。


・・・そういうわけで、この反対側にはズラリと巨大ホテルの客室の窓が並ぶ。。。


そして滝の前の広場には、何故か下世話な仕掛けが幾つも並ぶ。(笑)


顔ハメ看板や、ボタンを押すと大音量で流れる


昭和の歌謡曲(玉簾の滝のテーマソング?)や、


リングの貞子の井戸まで!


そして花のフラワーゲートに


恋愛成就あらたかな神社のパワースポットと紹介されてる。。。


なんか、どうして日本の観光地ってこうなの~?と嘆いてしまうよ。


箱根の芦ノ湖の白鳥型の船。。。


(ダンナさんは「白鳥くらい、いいじゃない」と言うけれど)


大人が自然をそのままのロマンに感じられない、


妙なコテコテバラエティ感が失笑を呼ぶ。。。


箱根こそ、もっとシックな観光地を是非目指して欲しいものだけど。


どうなの??(笑)

 

もっと山を登るのかと覚悟していた玉簾の滝が


思わぬくらいに簡単に見学出来たので

お蕎麦屋さんの開店時間まで、まだ時間がある。


そういえば、箱根ベーカリーというパン屋さんがあった。


そこでパンを買って(お約束の)、朝の珈琲でも飲もうということになり。。。

 

パン屋さんの横に、


旧東海道へ抜ける石畳の道があると地図で知って、歩いてみることに。


上り坂を歩いていると、結構うっそうとした渓谷のような道になっている。


路地沿いに立ち並ぶ建物の多くが廃虚か今にも崩れ落ちそうな建物で、


でも普通に従業員宿舎として使われているようなので、ちょっと驚き。


この道も、旧街道や古い昔の道を歩くのが好きな人にとっては


格好の観光場所なのでちょっと勿体ないような気もする。。。


地図にある『猿沢橋』が近付いてきた。


そこには猿、ではなく、


二匹の茶トラの猫が橋のたもとに佇んでいる。可愛い!


長毛種の動じないお嬢様系にゃんこと、


そのコにひたすら甘えている若いオス(去勢済み)。



オス猫は私達を警戒して、ちょっと離れたところからチラチラ見ている。


パイプに乗っているお嬢の茶トラは、


目はしっかり私達を警戒気味にとらえているけれど、


逃げようという素振りは一切なし。堂に入ったもんです。


猫に後ろ髪を引かれながら橋を渡って、江戸時代に敷かれた石畳を歩く。


慣れない石畳に苦戦しつつ歩いている横を、


ホテルのスタッフらしき人々が足早にスタスタ歩いて行く。



猿沢の辺りの写真を撮ったり、猫を撮ったり、


そこかしこの巨石に驚いたりしているうちに、


もう時間いっぱい。お蕎麦屋さんへ急がなくちゃ。

 

「手打ち蕎麦 彦(げん)」


二八(ニハチ)蕎麦、なかなか味わえない種類のお蕎麦。


殻付きの石臼挽きのそば粉を打つのは至難の業だというお話。


大量に手打ちできるお蕎麦はどこででも食べられるけれど、


蕎麦好きが嵩じて店を始めた職人さんの、


商売っ気なしで作っているお蕎麦は贅沢な美味しさ。



おすすめの鴨(!)汁のつけつゆの蕎麦が美味しそうだったけど、


最初は一番シンプルな盛りそばで味わいたくて。


美味、美味。。。


今度箱根に来るときも是非、ここでお蕎麦を食べてみたい。


でも1日15食限定の二八蕎麦にありつけるかどうか。。。



旧街道をゆく。早雲寺は創建の古い、北条氏由緒深いお寺。



立派な本堂は重そうな板扉で閉じられていて、


中の御本尊を拝むことも出来ない。


お墓参りの地元の方々が「おはようございます」と挨拶してくださったので、


「ここの本堂はいつも閉まったままなんでしょうか?」と尋ねると、


「箱根の山からお猿が来てね、中のものをめちゃくちゃにしてしまうのよ」


「お供えもののお菓子や果物も全部、持っていってしまうの」


「観音様のところも大変だって言ってたわ」


「うちの家も大変なの」と。。。


そうなんだ。箱根の猿ってそんなに被害があったとは。


今のところ、お猿さんに遭遇していない。。。





箱根は水が豊かなせいか、コケの生育が非常にすばらしく。。。



箱根湯本の界隈を散策し尽くして、家路へ着く。。。



楽しかったし、ゆっくりのんびり出来たし、疲れも取れた。。。


温泉、最高ー!


ああ、また行きたい。。。

 

帰宅後、買ってきたパンを食べる。


箱根ベーカリーのクリームパン。



駅前のおまんじゅう屋さん「菜の花」の栗のおまんじゅう「月のうさぎ」。


大きな栗が入ってる。



箱根の駅前の干物屋さんで買ってきたサンマの一夜干し。



香ばしく焼いて、この間友人に貰った「旭ポンズ」で食べる。


美味しいー。



旭ポンズ、美味美味!


箱根旅の思い出に浸りつつ、舌鼓。。。





[PR]
by nazunanet | 2016-12-01 22:30 | 旅と街歩き | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31