カテゴリ:身につけるもの( 3 )

発掘品のストーンビーズのブレスレットを愛用していたことがある。

いつも出かけるときはお守り代わりに手首に巻いて。

博物館を見学していて、

ふと左手を見ると、無くなっている。

いつ落ちてしまったのか見当もつかない。

落とし物で案内所に登録したものの見つからず。(悲)

そんなことが一度ならず二度、三度とあったとき、

落ちないブレスが欲しい。無いなら自分で作ってみようと思うに至った。


引き輪やホックなどの金具があっても、

輪っかになってなければ、

引っかかった拍子に金具が外れて落ちてしまう。

落下防止の極細チェーンをつければいいかもしれないけど、

極小ビーズのブレスに金属チェーンがついているのは違和感もある。。。

それで出来上がったのが、

金具を使わない、紐とビーズ、天然石だけのブレスレット。


d0221430_22591550.jpg
d0221430_13100360.jpg

1.5mmから2mmほどのビーズの小さな穴を通すための糸は、

強靭な繊維”シニュー糸”と呼ばれるものをごく細く裂いて編んだもの。

当初は天然素材の麻糸や絹糸を使いたかったけれど、

天然素材はどうしても切れやすい。。。

大事なビーズや石を落としたくないというのが作るキッカケでもあったので、

最も強靭で、ビーズや天然石に色や素材感が馴染んで、

身につけたときに、テグスやワイヤーのようなつっぱり感がなく、

絹や麻の糸を通したような自然な揺れを表現できるもの。。。

そんなあれこれを満たしてくれるのは、

数ある中でシニュー糸が一番だと思ったわけで。。。


そんなシニュー糸も貴重な糸になりつつあります。。。

製造元が長く続けてくださることを願うばかり。


d0221430_22571544.jpg


大玉に通して輪っかになっている紐を、

ビーズでキュッと絞る。

金具や引き輪でキッチリ止めるタイプじゃないので、

ちょっとルーズな感じ。

長くなった紐を本体にクルクルと巻き付けて。。。

その紐とビーズのルーズ感が、

手首にユラユラ、サラサラと。

なんか心地良いのです。。。

d0221430_13102157.jpg
合成繊維の強靭な糸なので、水に濡れても大丈夫。

海に入ったあとは、塩でビーズや糸が痛まないように、

よおく真水で洗ってから乾かしてください。

これからの季節、春夏にぴったりなブレスレット。

HPのnazuna.netのおしなもののページ、

”装身具 腕に巻くもの”に詳細が載ってます。

是非、チェックしてみてください。

[PR]
by nazunanet | 2018-02-26 23:09 | 身につけるもの | Comments(0)

羊飼いのシャツ

連休も終わり、

お正月気分も消えて、

すっかり街は通常モードに。


年末から制作途中だったアイテムの仕上げに取り掛かる。

深くて良い色に染められた藍染の木綿も、

最近は以前ほど見つけられなくなってきた。

骨董などでアンティークの着物を扱うお店屋さんも、

近年の外国人観光客に向けての、

派手な着物を多く扱うようになって、

薺nazuna好みの渋い藍染や格子や縞の

木綿や麻の着物は、あまり出回らないのかな。。。


でも、これまで少しずつ集めてきたものがあるので、

しばらくは制作に困らないと思う。



ちょっと前に、ヨーロッパやフランスの古着を扱う店で見つけたのは、

藍染めのアトリエスモック。

羊飼いが着ていたような、ギャザーたっぷりのかぶりのシャツ。

天然藍ではなくて、化学染料のインディゴ染めの。。。

仕事着にいいかも、と思って値札を見たら10万円!!

物凄く高価なものだったので驚いた。。。

ヨーロッパの古着、人気になってるなとは思ってたけど、

こんなに高価なものになっているとは。。。


アトリエシャツやショップコートを、

日々の作業や家事をするときのために、

もっと気軽に使えるように、

作れたらいいなと思っている。。。






[PR]
by nazunanet | 2018-01-09 17:46 | 身につけるもの | Comments(0)

少しずつ集めてきたアンティークビーズ。

これまでは袋物に飾ったりすることも。

麻糸や絹糸で組みあげたいと思いつつも、

あまりに小さなビーズは縫い糸を通すのさえ、やっとのこと。

天然素材の糸では切れてしまいそう。

かといって、ワイヤーやテグスでは、

繊細なビーズの柔らかな動きが死んでしまう。。。

そんなとき、革材料を探しているときに見つけたのが、

強靭な人工繊維の糸。

裂いて使うことで細さを好きなように変えることができるもの。。。

これを見つけて、やっとケシ粒サイズのビーズを組み上げることが出来ました。

d0221430_13105311.jpg

レモンイエローのビーズは19世紀頃に交易で使われていたもの。

ビーズの穴のサイズが0.3ミリ以下のマイクロビーズ。


小さなビーズは細い糸と一体になって、

手首に巻かれて、揺れ動く紐先が心地良いです。。。

d0221430_13110625.jpg
あまり見かけない白地のクロス模様のベネチアンビーズ。


d0221430_13100360.jpg

ベージュっぽい淡いオレンジとイエローのブレス。

現在製造されているものにはあまりない色が、

そして一粒ずつ違う形。

整然と揃っていないのが、アンティークビーズを好きな理由の一つ。

d0221430_13102157.jpg
色んな場所で、色んな国のビーズを少しずつ集めて、

一粒ずつ相性を読み解くように並べていく。。。

d0221430_13103411.jpg
南アジアの少数民族、ナガ族の古代水晶を使ったもの。

パワーストーンブレスにならないように、

アンティークのヴェネチアングラスビーズと、

チベットの高層が身に着けていたアンティークビーズを挟んで、

グラデーションに並べてみました。

d0221430_13104363.jpg







[PR]
by nazunanet | 2017-12-16 13:38 | 身につけるもの | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31