人気ブログランキング |

2020年 02月 15日 ( 1 )

石鹸だけでシャンプーをして、どのくらい経ったろうか。。。

1か月くらいになるだろうか。。。

やっと、頭皮も髪の毛も、界面活性剤の影響から脱して、

心地よく泡が立つようになって、

クエン酸リンスしたら、全くきしまないし、

ドライヤーをかけても、サラサラとしっとりとした髪の感触に、

ほっと安堵している私。。。

石鹸はずいぶん前に固形石鹸をネットで泡立てて、というのをやっていたけど、

途中、挫折してしまって、ミノンシャンプーに舞い戻ってしまった。

でも、今回は、ひたすら我慢。

台所洗剤で石鹸というものの機能を見てしまったので、

もう家の洗剤はすべて「石鹸」でいいんじゃないかと思って。

台所、洗濯、浴用、家の中の洗剤はすべて純石鹸の粉せっけんで洗剤を作って、

快適な暮らしになってきた。

キッチンの、特にアルミや鉄製品への市販の除菌洗剤の影響がすごかった。

うっすらと茶色いゴムのような薄い膜が出来て、

どんなにクレンザーでこすっても取れなかったのに、

石鹸で洗ったら、スッキリピカピカ。

アルミの鍋蓋なんて、シルバー製品かと見紛うばかりに輝いて。。。

その威力と、妙な”ゴムのような膜”の存在に気づいてしまったら、

髪や頭皮、流れ落ちて触れてしまっていた顔や身体にも、

きっと”膜”が出来てる。

それが落ちるまでは、石鹸が泡立たないことはキッチンのスポンジで実証ずみ。

髪も頭皮も手も、長年の界面活性剤入りのシャンプーや洗剤で洗っていたので、

アルミ鍋や包丁のようには目に見えないけど”膜”があるから、

それが落ちるまでひたすら我慢しようと石鹸で洗髪するのを続けてきた。

やっと、やっと一か月ほど経って、快適石鹸でシャンプー生活になってきた。



プリン石鹸を泡立てて洗髪していたけど、

水で溶いた粉石鹸のプリン石鹸なので、洗浄力はちょっと弱いかも。

なので、毎日洗うならこれでもいいけど、毎日洗剤で洗うと痛むので、

固形石鹸をネットでよおく泡立てて洗髪している。

とにかく、泡がたっぷり髪と頭皮を覆うくらいまで泡立てて。

髪の毛先はそんなに洗わなくても、流れ落ちてくるから大丈夫。

頭皮をしっかりもみこんで洗うと本当に気持ちがいい。

クエン酸水で流せば、スルッスルの洗い上がりに。


よおく乾かしてから、櫛やブラシを通すこと。。。

少しでも濡れたときにブラシや櫛を入れるとキューティクルが傷ついてしまう。

完全に乾くとキューティクルが閉じるので、それから念入りなブラッシング。

最初は粗目のつげの櫛で、そのあとは細かめの櫛で梳くと、

髪にわずかに残った石鹸かすもすっかり取れる。

市販のシャンプーやリンスは髪をコーティングする成分が入っているので、

ほこりを寄せ付けないけど、そういうのが入ってない分、

毎日髪を丁寧に梳かすのは大事。


ツルツル、ピカピカにしてくれる化粧品。。。

いつの頃からだろうか、顔や髪などにつけるものに、

”ポリマー”という名の物質が添加されるようになったのは。。。

ポリマーは、紙やカードなどをパウチするような素材と聞いている。

身体や顔につけるものに加えられるようなものではなかったのに、

ツルツルした肌に感じさせるためだったり、

髪や顔をピカピカに見せるためだったりして、

何にでも入っているのだそう。。。


それも”膜”になっていくものの一つなのだろうか。。。

随分昔に、化粧落としも洗顔も石鹸一つですることにしてから、

やっと髪の毛も。

石鹸一つで洗うようになるまで長かったなあ。。。



そして、あと、やろうとしてるのが一つ。

化粧水を使わないこと。

洗髪、洗顔後はアルガンオイルを少し肌に載せるだけにする。

そんな風にしてから、丁度一週間ほど経った。

自然派化粧水といえども、様々なものが入ってる。

とにかく、それをつけないで、どうなっていくか試してみようと思う。

化粧水をやめた最初は乾燥が辛かったけど、数日したら慣れてきて、

それほど乾燥しなくなってきた。

これもひたすら我慢が必要なのだと思う。(苦笑)


敏感肌でちょっとしたアレルギーがあったりするので、

どんどん改善されれば、と思う。。。



追記;
石鹸について、色々調べてたら、

石鹸メーカーと販売サイトによる石鹸戦争みたいなものが過去に勃発していたり。

何の成分が入ってる、否、入ってない、と大揉めだったみたい。。。(驚)

使う側からしたら、タオルや衣類の汚れやにおいもスッキリ落ちて、

気持ちいいのが一番なワケで。

ワタシは色々使ってみて、今のところは純石鹸スノールで決まりです。。。

どのくらいの洗剤量が入ってるか大事だなと思って。

洗剤の助剤がどうの、と言っていたりするようだけど、

何か足りないと思ったら、自分で工夫して使えばいいし、

他にも色々試して、また気に入ったものを見つけたらいいし。

どの会社も暮らしを少しでも快適に、と作っているんだから、

揉めることなんか何もないのにね。(笑)



でも、本当に、

鉄製の包丁を使っている人は石鹸でゴシゴシ洗ってみたら驚くと思う。

あと、ステンレスやアルミ鍋も。

こんなにピカピカになるのか!って。

料理人で界面活性剤の洗剤を使ってる人は少ないかもしれない。。。

鍋も鋼の包丁も、それで洗えば洗うほど、

どんどん膜が積み重なって曇ってくるから、すぐにわかると思うから。。。






by nazunanet | 2020-02-15 02:03 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29