人気ブログランキング |

2019年 11月 07日 ( 2 )

数年前に仕立てたリネンのシャツ。

洗うときは重曹や石鹸成分の洗剤と、

すすぐときにクエン酸を加えて洗うと心地よい仕上がりになる。

手で洗って、絞って、ハンガーに掛けて窓際に干したシャツ。

麻のカーテンから入って来る陽の光に当たっている。

ピンタックやギャザー、カフス、貝ボタン、襟の合わせ、

そんなシャツのパーツの一切合切が、洗いを重ねてくったりしながらも、

麻特有のパリッと感を感じられて、

どこも着古した感じやくたびれた様子がないのが、少し驚きでもある。

綿のシャツも心地良いけれど、綿の方が繊維が柔らかい分、

少し毛羽立っていき、くったりした感じが出やすいのに比べて、

リネンは何度も何度も水をくぐっても、どこか爽やかな気配をずっと保っている。

これがリネン、麻が愛されている所以なんだな、と思う。

お出かけにはアイロンで伸ばした方がいいんだろうけれど、

洗って干したままのシャワシャワとした手触りのシャツに、

袖を通したときの心地よさ。

そして着ていくにつれて、くったりとしてゆく。

リネン、麻を好きな人は夏も冬も季節を通して愛用しているのもうなずける。

少しずつ麻の衣類を増やしていきたいなと思う。









by nazunanet | 2019-11-07 22:16 | 手縫いの服 | Comments(0)
天皇陛下御即位記念で東京で正倉院展が開かれている。

いつもは奈良で、しかも開催時期は直前になってから発表されるので、

遠方にいると、なかなか観ることができなくて。

なので、今年の展覧会があると知って、大いに楽しみにしていた。

d0221430_21065117.jpg

d0221430_21070114.jpg


日によって、時間によって、超混雑していると聞いたので、

今日はどうなのかな、と行ってみたら。。。

やはり、やはり70分待ち。

でも、まあ、100分待ちのことだってあるそうなので、早い方なのかな。。。


d0221430_21071320.jpg


やはり長時間、ずっと立っているのは足に来る。。。

一時間以上待って途中で帰ってしまう人も。

真夏と真冬の時期はちょいと辛いね。


館内は思ったよりも混雑は無く、スムーズに拝観できるのも

誘導する係員がいつもより多い。

みんなのお目当て、螺鈿紫檀五絃琵琶。

撮影できたのはレプリカだから。

(最後のコーナーに撮影ポイントがある。)

d0221430_21074461.jpg

細かな螺鈿の細工はレプリカといえども素晴らしく、

これを再現する職人の方々の精緻な仕事に息をのむ。。。

d0221430_21075840.jpg
華やかで、雅ななかに愛らしさがあって、

色んな博物館で古来からの皇室ゆかりの品を拝見すると、

全ての手仕事の細かさと優美さと彫りや細工のなめらかさが、

将軍家、大名家ゆかりのものと一線を画する。

携わる職人も特別に抜擢された名人達なのだろうなあ。。。

d0221430_21072657.jpg
d0221430_21073672.jpg

d0221430_21081727.jpg


灯りのイベントがあって、ライトアップされた博物館。

すっかり日が落ちても、展示会場へ向かう人が途切れない。

さあ、次の後期の展示にも行きたいなあ。。。


帰宅後、足と腰がぐらんぐらんになった。(笑)

2日ほど、動けなくなってしまって、

もっともっと歩いてリハビリしないといけないなあ。。。










by nazunanet | 2019-11-07 21:32 | art、 music,movie,etc | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30