2018年 03月 13日 ( 3 )

あとは商品撮影を待つばかり。

只今、撮影部(ダンナさん)のスケジュール待ち。。。(笑)


「麻の重ね」をちくちくと制作。

麻には麻。。。

出来上がった袋物に絹の組紐を合わせてみたら、

何かしっくりこない。

野趣溢れる麻の生地に、

絹のなめらかな組紐では負けてしまう。

色々な素材の紐を合わせてみた。

以前、織物の里、桐生で見つけた「通糸」と呼ばれる麻の糸。

織り機の高機の棹などに掛ける丈夫な糸だそうで、

現在では合成繊維が使われるけれど、

明治~大正、昭和の時代は滑らかで丈夫な麻糸を使っていたという。

その糸を使って四つ組の紐を編んでみた。

あまりに滑らかで編む指から何度もすり抜けてしまい、

編み続けることさえ困難に。

この糸は桐生の呉服屋さんで見つけたときに、

「貴重な糸です。どうぞ大事に使ってください」と念押しされたもの。

素朴な生成色の麻糸だけど、

本当に貴重な日本の織物の歴史の詰まった糸。

大事に生かせるように使います。。。

それから、革を縫うための堅牢な麻糸も組んでみた。

革縫い用の糸は滑らかでたっぷりと含んだ蝋が、

編み上げた紐を丈夫なものにしてくれる。

野趣溢れる麻や南部麻、ゴリゴリ麻、大麻布たちが、

麻糸を編み上げた紐と、

ガラスのとんぼ玉で飾られていく。。。



一見、素朴だけど、

もうどこにも見つけられなくなってきたものばかりで

仕立てた袋もの。。。

そんなささやかな宝物を喜んでもらえたらいいなあ、と思う。



おしなもの更新まで、

もう少しお待ちください。



[PR]
by nazunanet | 2018-03-13 17:02 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)

あれから7年。

もう7年というのか、それともまだ7年というのか。。。

まだまだ避難生活を余儀なくされている方も多い。

そして福島は地震と津波の爪痕のまま、まだ残されている地域も。

でも、日本各地の原発は次々と再稼働されていく模様。。。

原発事故、災害は想定外だったといいながら、

こうした惨事が実例としてあるのに、

何の解決もないまま、稼働していく。。。

もし同じ災害があって、制御不能になったら

間違いなく汚染地域は見捨てられてしまうのに・・・?




More
[PR]
by nazunanet | 2018-03-13 16:13 | 雑記 | Comments(0)
去る3月4日に急逝したイタリア代表DFアストーリ選手。

試合当日未明に、クラブが宿泊していた遠征先のホテルで、

就寝中に心臓発作で亡くなっていた、と伝えられた。。。

ついこの間、ユベントスと対戦したときにも元気な姿だったのに。

試合前にユーべの主将ブッフォンと言葉を交わし合っていた様子は、

人懐っこい感じの穏やかでにこやかな好青年。

それがひとたび試合が始まると、その集中力と鋭さたるや。。。

まるで別人のごとくチームを後ろから守る頼れるキャプテン。

まだ31歳。

亡くなる2週間前に女の子のお子さんが誕生していたという。。。

家族はどれほどの悲しみだったろうと思う。

フィオレンティーナのクラブは、翌日に契約延長を予定していたとして、

訃報を発表して、また、契約延長のサインをした、と。。。

今後の年棒は彼の奥さんとお子さんのために支払われるという。

本当にジェントルマンなクラブ。。。

アズーリもセリエAも長く応援してきたので、

本当に悲しい知らせだった。

その後に行われた欧州のすべての試合では黙祷が彼のために捧げられた。

そしてCLでのユベントスと英のトッテナムの試合でも。

試合前の黙祷で涙しているユーべの選手たち。

そして死闘の末、逆転での勝利を掴んだあとの選手たちのインタビュー。

「彼はずっと心の中にいる」

静かに語ったキエッリーニ選手。

そしてJリーグでも彼のために捧げられたゴールや勝利。。。

フォルツァ、フィオ。

フォルツァ、アズーリ。

それにしても、今年は各界で悲しい報せが相次ぐね。。。





[PR]
by nazunanet | 2018-03-13 14:15 | サッカー | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31