人気ブログランキング | 話題のタグを見る

奈良の子鹿、こつぶちゃんのニュースで涙が止まらない(訂正&追記)

親鹿から育児拒否をされてしまった子鹿のこつぶちゃんのニュースを昨日読んで、

もう思い出すたびに涙が止まらない。。。

奈良公園に生息している鹿たち。

子鹿は特に可愛くて、誰もが手で撫でたくなったり、

構いたくなってしまうけれど、

そうした人の手が入ってしまうことで、

こつぶちゃんは育児拒否されてミルクをもらえなくなって、

栄養をもらえず痩せた赤ちゃんのこつぶちゃんは、冬を越えられなかった。

甘えたい赤ちゃんなのに、ママ鹿の世話をしてもらえなくなったこつぶちゃん。

他の雌鹿からミルクをもらったり、毛づくろいをしてもらったり、

寒い中、大きな木の下で、落ち葉で自分の寝床を整えて眠っていたそうです。。。

そして、たった5ヶ月で虹の橋を渡っていったそうです。。。

記事にはこうあります。〜以下引用〜

2023年1月14日、奈良公園の子鹿が虹の橋を渡りました。

名前はこつぶ、生後5カ月でした。

人が触ったために母鹿が育てることを放棄。

母乳をもらえなくなり、小さくやせたままでした。

生きるために他の雌鹿から母乳をもらい、

寝床も自分で整え命をつないでいました。

こつぶちゃんを見守った川地祥介さんのTwitterアカウント

@ncbutwDsL0UC6np)は話題になり、

そこから「こつぶちゃん物語~5か月しか生きることができなかった子鹿~」

という写真絵本が生まれました。

「奈良公園の鹿は動物園のふれあい広場ではありません。子鹿には絶対に触らないで」

と伝えるために。

〜〜〜〜〜〜

もうすぐ子鹿たちが生まれるシーズン、そして観光客も増えるシーズン。

少しでも、子鹿に触ってはいけない、というルールを知ってもらいたいと、

こつぶちゃんの写真絵本を製作されたそうです。

野生動物の赤ちゃんを触ってはいけない、

カモや鳥たちのヒナも、人間の匂いがすると親鳥から捨てられてしまうそうです。

ぜひ、観光で訪れる際に、知ってもらえたらという思いに賛同して、

わたしもブログに書いてみました。。。

こつぶちゃんの可愛い写真を載せたかったけど、

転用禁止になっているので残念。

ぜひ、ご存知なかった方は「こつぶちゃん」を検索して記事を読んでみてください。


猫と同様に、無類のバンビ好きの私。

こう書いている間も泣けてくる。。。



名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2023-04-30 14:02 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30