人気ブログランキング |

修理に出したオーロラシューズが戻ってきた

晦日の30日に修繕してもらったオーロラシューズを取りに行った。

やっと戻ってきたお気に入りの一足。

同じデザインのネイビーのもあるけれど、何故だかこの靴が一番歩きやすい。

個体の革によっても、染色によっても、きっと柔らかさの違いが出るのだな。


修理に出したオーロラシューズが戻ってきた_d0221430_13003049.jpg


すっかり新しいソールに変わってピカピカに。

sunshine+cloudではソールの交換は”オールソール”のみの扱い、とのこと。

踵だけとか、つま先だけとかは修理しないそうです。

私も他店のシューリペアで踵のみ修理して後悔したもの。

そのときは違う種類のソールだったからだけど、

でも同じソールでも部分的に古いのと新品が混ざってしまったら感触が変になる。

この靴の良さはソールに因るところも大きいので、

やはりオールソール交換がいい。

だから、土台近辺までギリギリすり減ったら修繕して貰った方がいいのよね。。。

修理代は多少高くつくけど、この履き心地と足の具合には代えられない。。。


修理に出したオーロラシューズが戻ってきた_d0221430_13001452.jpg


20年近くも履いているとは思えないと言って貰えたものの、

やっぱり、結構履き込んでますね。。。

でも、毎回帰宅したらブラシで整えて、

乾いてきたらオイルと、時々タピールのワックスで磨いたので、

こんなに長いこと頑張ってくれています。



修理に出したオーロラシューズが戻ってきた_d0221430_13004698.jpg


ベルトがひび割れてきたので交換して貰った。

靴はモス色だったのに、長年の使い込まれているうちにすっかりブラウンに。

靴修理の職人さんが違和感ないようにと

ブラウン色のベルトを装着させてくれた。(左)

右側の垂らしているベルトはモス色。

もともとはこういう色だった。同じモス色なのにちょっと違和感。

ベルトの交換は無料サービス。

一応モス色もお渡しします、と両方下さったので、

”ニューチャイニーズ”のサンダルがモス色なので、

それのベルトがひび割れたら使おうと思う。。。


やっぱり歩き良いし、足首がちょっと不安な私でさえ、

長いこと歩いても疲れない。

冬でもサンダルって、ちょっとドイツ人みたい?

真冬でも厚手の靴下やタイツを重ねていれば全然平気。

この靴なら安心安心。

雨くらいなら平気だけど、雪が積もったら苦しいかな。

靴下が濡れちゃう。(笑)


おばあちゃんになっても、ずっと履いていたい靴。

年内の修理に間に合わせて下さって感謝感謝です。










名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2021-01-07 13:56 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31