人気ブログランキング | 話題のタグを見る

不定愁訴や古傷の痛みにハーブの力を借りて。。。

蓮茶やスパイスを買いにてくてくと中目黒へ。

桜の季節には大混乱の川沿いの道も本当に静か。。。


不定愁訴や古傷の痛みにハーブの力を借りて。。。_d0221430_15273799.jpg


ここへ来るまでの坂道の上り下りが私にとってはかなり過酷なので、

長いこと来れなかった。

焦らず、休み休み歩く。

帰宅したら足首にシャワーで水を掛けて冷やして、

オイルでマッサージ。

これまでは痛みが出たら、処方された塗り薬や、

市販の筋肉痛や痛みに効くというジェルや湿布に頼ってきた。

だけど、はっきり言って、効いているとは言い難くて。


まず、炎症の対処法の基本。水で冷やすことから始めてみた。

靴と靴下を脱いだら、シャワーで足に水を掛けてサッパリさせる。

でも、水で冷やしすぎても良くないみたい。

一度、桶に水を張って足を2~3分ほど冷やしてみたら、

逆に冷え過ぎてしまって、今度はカイロで温めなくてはいけない羽目に。

さっと流す程度でいいみたい。


その後は乾燥防止にオイルを手に取って足をマッサージ。

足指からかかと、足首、ふくらはぎ、膝までゆっくりマッサージしていたら、

意外に良い感じ。どんどん痛みが遠のいていく。。。

いつも塗り薬を塗っても、殆ど痛みを抑える効果を実感したことが無かったのに、

抗炎症作用のあると書いてあったボタニカルオイルを塗ってマッサージしたら、

その薬よりも効果をまざまざと実感!

植物の力、おそるべし。。。

これまでハーブの精油は香り成分を楽しむくらいの感じだったのが、

こういう長引く不調を抱えていると、

効果のある無しが如実に分かる。

元気で健康なとき、若い時なんかは特に(笑)、

精妙な植物の力をはっきりと分からなかったりするけれど、

原因の分からない不定愁訴や古傷や持病なんかが積み重なってくると、

ケミカルな薬や外科的治療では決して改善されないものがある。

そんなとき、精妙なハーブや漢方ってやっぱり良いのだなあと実感。

人生の半分くらい頭痛の持病で悩まされてきたけど、

お医者さんから「試しに使ってみますか?」と漢方を処方されて、

3か月ほど服用してみたら、あの頭痛は何だったんだろうと思うほど。

時折痛くなるけど、予兆を感じたら漢方のお薬を飲めば大丈夫。

(私のは急激な気候の変化ややってくる低気圧で痛くなる”天気頭痛”だったから)


頭痛もこんなに効果があるし、

抗炎症作用があるというオイルでマッサージすると、

足や腕も痛みが確かに引いていくので、

これに薬効成分のあるハーブや漢方が入ったら、

もっといいんじゃないかと思ってきた。

でも、でも。。。

それだからって、市販のものが全部いいとは限らないと思う。

広く市販されているものって、

誰にとってもそれなりに問題なく使えるものなワケで。。。

そういうもので自分の症状にピンポイントに効果があるとしたら、

本当に信じられないくらい幸運なこと!

年齢、性別、体質、性質、症状もみんな違う。

ヨーロッパでは薬屋さんで一人一人に合わせて処方してくれるハーブ薬があって、

国からも治療薬として認められている長い歴史がある。

日本では漢方はあるのに、ハーブはまだまだ雑貨扱いになっている。

ハーブ治療もそろそろ日本で認められたらいいのになあ、と切に思う。

とりあえずの理想としては、

体質や症状に効くハーブを自分で育てて収穫して乾燥させて、

それを使って浸出油やチンキを作って、

軟膏やローションを作るのって、良いなあと思う。

でも、ベランダでラヴェンダーやハーブを育てるのに失敗してるし。。。

湿気や夏の暑さもある日本でハーブを育てるのは難しい。

そういうときこそ、精油や乾燥ハーブの力を借りたりするのがいいのかも。

体質&性質別に有効なもののヒントをくれるアーユルヴェーダで、

自分のタイプを照らし合わせて、ハーブを選べば更に効果ありだと思う。

乾燥が苦手なタイプ、熱がこもりやすいタイプ、冷えて重くなっていくタイプ、

それぞれに有効なもの、苦手なものがあって、

自分の好きなものが本来はあまり摂るべきではなかったり、と

目からウロコなことが山ほど出てくる。

今はネットで検索すると丁寧に教えてくれるサイトがいっぱい。

本当に便利で有り難い。

そういうインドのアーユルヴェーダやBIOの陰陽の食事療法も、

以前に本を読んで学んでいたこともあったけど、

知識で頭いっぱいになると、

しんどくなりそうな所へ行ってしまいそうだなあと思って、

学びすぎないようにしたこともあったっけ。。。

時が過ぎて、

ぐるりと回って、

現在の自分に、その興味がもう一遍やってきた。

昔は張り切った感じで、「何か自分の身体に、地球に優しいことがしたい」

なんて思ったりして。。。

でも、これまでの色んなことを経て、年を経て、

今こうして、色んなものがすんなり入ってくる。

そのときではなく、今、だったんだなと思う。

今の何でもない日々の暮らしに、

何の気負いもなく、自然に扱っている今のこのときが、

一番良いタイミングなんだなと思う。。。

植物と様々な力を借りて、

ゆるり、ゆるりと暮していきたいと思う。。。















名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2020-05-25 17:37 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31