人気ブログランキング | 話題のタグを見る

さようならデロンギ。マレーシアから来るはずの部品はもう届かず。

壊れてしまったデロンギコンベクションを、

修理するつもりでずっと取っておいたけど、

一年経って、先日やっと棄てました。(悲)

10年以上使って壊れて、メーカーの補償期間が切れて修理して貰えず、

また昔の商品に使用された部品の保管もないらしく・・・。

イタリア製のため、日本のパーツ屋さんも扱いのないような部品だった。

「買い替えた方が安く済む」という昨今の世の中なので、

修理屋さんもない時代。

オーブンのタイマーだけを取り換えさえずれば、

まだまだ使えたデロンギオーブンなのに。。。


同じ部品を扱う会社をネットで探し出して、

海外のお店から取り寄せ注文したものの、

待てど暮せど商品は届かず。。。

船はどこへ?

積み荷はどこへ?

そういう経緯もあって、

半ばあきらめてアイリスオーヤマくんを買ったものの、

でも、もしかしたら部品が届くんじゃないかと、

ずっと取って置いたけど、いい加減もう諦めた。(苦笑)

狭いキッチンに壊れたオーブンをずっと置いていたけど、

正直邪魔でしようがなかった。(笑)

今ではデロンギに負けじと頑張って焼いてくれているオーヤマくんがいる。

デロンギのピザストーンを使って、かなり良い感じでハード系パンが焼けている。

リッチパンもクッキーもお菓子もお料理にも全く失敗しらずのオーヤマくん。

あのお値段で信じられないような大活躍。

でも・・・。

やっぱりハード系パンの味でいうと、

石窯ピザ焼きを再現しようとしていたデロンギコンベクションに軍配があがる。

通常サイズのものよりも、更にコンパクトに狭い庫内だったから、

焼成温度が設定よりも高温に出来たわけで。。。

狭いから焼きムラも焦げもあったものの、

ハード系パンの味は家で焼いたとは思えない出来栄えだった。

今売られている庫内が広くなったタイプのデロンギで、

果たして同じように焼けるかどうかは定かじゃないし。。。

いいんだ。

これからはオーヤマくんで我が家のパンを焼いていくよ。

さようなら、デロンギ。ありがとう。

合掌。。。



名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2020-05-25 15:59 | 手作りパン | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31