人気ブログランキング |

竹で編んだお茶碗籠

我が家で使っているお茶碗籠は、

もう20年以上前に、合羽橋の荒物屋さんで見つけた竹製のもの。

籠やざる、花籠から市場かごまで扱っていたお店は、

数年前には無くなってしまったみたい。。。

合羽橋へ行くと、必ず入ってみたくなるお店の一つだった。

竹製のお茶碗籠は、縁の部分を真鍮のワイヤーで補強してあるような、

無骨で素朴な長方形の籠。

編まれた竹も、裂いてあるけど、しっかり厚みと幅のあるもの。

なので、大きな洋皿やお茶碗、カップなど、どっさり入れてもビクともしない。

この籠に出会うまでキッチンには、

一般的なプラスティックの水切り籠があった。

洗った後、水気を切れるまで置いておくものだけど、

ついつい、すぐに拭き上げて仕舞わずに、

しばらく籠の中に食器を置きっぱなしになっていたり。

また、水受けトレーの部分は夏場はぬるぬるしやすかったりして、

大きなかごと水受けトレーを洗ったり、塩素漂白するのも面倒になる。

プラスティックは傷がつきやすく、すぐに汚れが付着しやすくなるし。

ずっと置きっぱなしにするのは不衛生かも、と、それらを廃棄して、

洗ったら大判タオルなどに食器を置いて拭くようにしていたけど、

やっぱり、陶器や木製のものはしばらく置いて乾かさないといけない。

そんなときに出会ったのが竹製のお茶碗かごだった。

そこにタオルを敷いて、洗って水気を切った食器を入れて、

しばらく置いておくと、もうすっかり乾いている。

他に、韓国製のアルミの蒸しザルもお茶碗かごとして使っているけど、

金属製のかごは、竹製のものに比べると、いつまでも水気が乾かない。

勿論、タオルを敷いて使っているのに。

金属製のは最終的に拭いて仕上げないとだめ。

竹製のものはタオルで拭き上げなくてもいいくらい乾く。

天気の良い日は天日干しして使っているけど、

もう20年選手なので、だんだん古ぼけてきてる。

でも、このお茶碗かごは、本当に買って良かったなあと今でも思う。


 追記;竹籠、今度画像を撮っておきます。

でも、韓国のアルミザルはかなりのお気に入り。

竹で編んだお茶碗籠_d0221430_21520363.jpg

恵分社で蒸しザルというのを見つけて購入。
でもあまりに大きいのでどの鍋にも組み合わせられない。(笑)
なので、お茶碗かごとして愛用。便利、便利です。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2020-02-04 17:59 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30