人気ブログランキング |

毎年恒例の、神田・まつやで年越し蕎麦

毎年恒例の神田・まつやで年越し蕎麦。。。

今年も変わらず、みなさん並んでます。

毎年恒例の、神田・まつやで年越し蕎麦_d0221430_22200706.jpg

いつもはもうちょっと遅めに行くけれど、

今年は今日、ちょっと早めに行ってみました。

毎年、何故か申し合わせたように、

私達の前に素敵な感じの老夫婦がいつも並んでいたんだけど、

今年はイレギュラーなスケジュールになったので会えなかった(?)。

そういうのは、向こうは全然知らないことなんだけど、

毎年恒例行事になっていて、なんか良い感じだったのです。


30~40分くらい待つのかなと思っていたけど、

結構早く店内へ通された。

混雑してはいるけれど、まだそんなに団体客の忘年会グループはいないみたい。

大勢さんの飲み会グループが重なると、かなり外で待つことになるから、

今日は天気も良くて日差しも暖かかったので、待つのも苦ではなかった。

でも、時折吹きすさぶ強風があって、やっぱり日陰になると寒い。

そんなときは、やっぱり温かいつゆの天婦羅蕎麦ですね。

毎年恒例の、神田・まつやで年越し蕎麦_d0221430_22202281.jpg


天婦羅はサクサクカリカリ派だったので、私はずっと天せいろだったけれど、

美味しいつゆに浸った天婦羅の衣の、

シミシミの沁みる美味しさを知ってしまってからは、

もう年越し蕎麦は、温かい天婦羅蕎麦に限る!ってなことに。

時々、冷たいつゆで”もりそば”を味わいたいと思って、

天せいろにしたりもしたけど、店を出たあと寒風吹きすざぶ中を歩いていると、

「やっぱり冬は温かいお蕎麦にするんだった」と思うことに。

なので、今年は迷わず、しみしみの天婦羅蕎麦。

家に着くまで身体が芯からポッカポカに。

ああ、今年もまつやで年越し蕎麦を食べられて幸せだなあ、と大満足。

大晦日には、持ち帰りのまつやの乾麺を茹でて自家製の年越し蕎麦。

蕎麦を茹でて、天婦羅を揚げての大騒ぎで年越しに間に合わせるスリリング。

クリスマスが過ぎると、一気に大晦日への空気が高まってくる。

それも年中行事が良い感じ。

年末年始は寒くなってくるようなので、

暖かくして過ごしたいものです。。。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2019-12-27 23:41 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30