平成30年の師走から、睦月~節分までの風物詩を一挙。。。

ブログの更新がままならず、

昨年末の恒例、

年越し蕎麦のまつや詣でのニッキがなかったので、

年末から節分までのナズナ風物詩を一挙掲載。


d0221430_16580162.jpg

去年は早めに行ってみたら、そんなに待たないで済んだね。

でも、仕事納めの宴会さんが多くて、

”飲み”が入っちゃってたので、

列は少なくてもテーブルはすぐに空かなかったっけ。。。

それも年末の風景の一部。ちょっとくらい待つのもいい感じ。

d0221430_16582108.jpg
d0221430_16584113.jpg

長年の女性スタッフさんも健在で嬉しい限り。

食べ終わってのそば湯がたまらないねっ。


そして、年が明けての平成31年(まだ平成としておこう。。。)。

今年も餅をつきました!

小さい鏡餅をお供え。。。(ミニミニの橙を手に入れられなかった!)

d0221430_16511599.jpg
d0221430_16514227.jpg

いつもの白味噌のお雑煮は、

大根をまあるく薄く切ったのと、

みつばとかつお節で飾る。


まあるく、まあるくいきたいです。


常日頃のご加護の氏神さん参りを終えて、

今度は目黒不動へも初詣。
d0221430_16551246.jpg

d0221430_16531127.jpg
d0221430_16545631.jpg

都会の真ん中にありながら、

ちょっと田舎的素朴さのある町。

このお寺も近隣に愛されてる感じ。

参道の商店街に出るお漬物屋さん。

伽羅蕗の佃煮やりんご酢きゅうりのお漬物は美味しくて、

帰りに必ずといっていいほど買って帰る。


d0221430_16542926.jpg
七草粥。

白味噌雑煮の次に大好き。

お粥さんだけじゃなくて、お餅を入れるのも食べなれた実家の味。

白菜とカブの一夜漬けを一緒に食べるのも、ずっと一緒。

d0221430_16560964.jpg

いつもの定点観測地。

ここは今や有名な桜の名所になりました。

右奥にのっぽの煙突があったけど、

今は解体されている途中。

解体&新設工事なので、ずいぶんかかりそう。

d0221430_16555130.jpg
節分の福豆を頂きにまいりましたよ。

厄払い、招福、鬼はそと、福は内。。。


目黒に来たら、仁王餅で御馴染みの和菓子屋さん「玉川屋」さんへ。

d0221430_17004201.jpg


奥はよもぎ餅、手前は仁王餅。

よもぎはちょっと苦手な私。

うぐいす餅にしようか迷ったけど、やっぱり仁王餅。

わらび粉が入って懐かしいおいしさ。

d0221430_17005789.jpg

そして、塩大福も。

ここのは本当にあっさり、甘さ控えめです。



年末から節分の風物詩といいつつ、

なんだかやっぱりフード系になってしまいました。。。















by nazunanet | 2019-02-06 17:36 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28