人気ブログランキング |

黄ばんでしまった生成や白い布のお洗濯方法

生成りや白の帆布やリネン、ヘンプの衣料や袋ものは、


純石鹸成分で洗濯するに限るのですが、


経年のうち、洗濯を繰り返すうちに、黄ばみが出てくることがあります。


なんか黄ばんじゃった、とお嘆きのみなさまへ。


身体や手などの皮脂や石鹸成分が積み重なっていくうちに


酸化して黄ばんだりします。


そういうときは、


すすぎの時に「クエン酸」を用量に合わせて投入してみてください。


黄ばみが濃かったり、上記のすすぎのクエン酸でもダメなときは、


洗濯物を洗う前に、クエン酸を溶いた水に長時間浸しておくと良いです。


洗濯槽に溜めた水に多めにたっぷりのクエン酸を溶かして、


その中に布類を浸しておいてみてください。


黄ばみ具合によって長めにするといいです。


一晩とか半日とか丸一日でも。


このクエン酸が、石鹸成分などで酸化した繊維の黄ばみを中和してくれるようです。


タオルやTシャツの黄ばみなんかも、この方法で改善されると思います。


その後、クエン酸の水は一度脱水してから、


改めて、粉せっけんや純石鹸でお洗濯を始めてみてください。


念入りの場合は、


すすぎの時にクエン酸を少し入れてアルカリ成分を中和してもいいと思います。


これでかなり黄ばみがとれます。


重曹、クエン酸、酵素系漂白剤などを有効に使うと、


お洗濯後の心地良さが断然違います。


石鹸洗剤でリネンなどを洗ったあと、


クエン酸を投入してすすぐと、


洗いあがって、乾かしたときのあの気持ちよさ。


白いリネンなど、曇ったベールを脱いだような白さが際立つこともあります。


是非試してみてください。



 

生成りや白の布ものを


「汚れやすいから」と敬遠される人もいらっしゃるかもしれないですが、


洗いを重ねられるのが良いところです。


でも、たとえ洗えないアンティークやビンテージの生成りや白にも、


経年の味わいや美しさを感じて貰えたらと思ったりします。。。


どうぞご参考までに。


トラックバックURL : https://nazunanet.exblog.jp/tb/27402595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2019-01-18 17:38 | 布のこと | Trackback | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31