ドキドキだった日本代表ポーランド戦!

祝!決勝トーナメント進出!!
勝って決めてほしかったのは正直なところ。
でも、あの場面でよくあんな決断ができるなあと、
もうハラハラドキドキで、感心してしまった。

大抵、これまでの日本代表チームは、
ああいう場面で「勝つために攻めることを潔し」とし、
果敢に攻めに行って敢え無く敗戦することも多々あった。
あそこまでの露骨なボール回しに批判やブーイングもあったけど、
ポーランドもせめて母国に帰るなら1勝して勝ち点3が欲しい。
そして日本もこれ以上得点されたくないし、カードも受けたくない。
そういう二者のウインウインのカタチが合点して
あのようなゲーム後半に終了まで持ち込んだんだなあ。。。

でも、終わったあとの日本選手と
笑顔でユニ交換するポーランド選手たちの姿は、
「複雑なキモチだけど、両者ともに良かったね。。。」とホッとした。

ああいうの、最近なでしこの予選最終戦でもあったなあ。。。

日本もポーランドもお互い攻めないと暗黙の了承があったとはいえ、
ボールポゼッションサッカーで、
全員守備で守り切ったのと同じなワケだし。。。(苦笑)

そういう戦略的で狡猾なプレイを日本もできるぞ、ということでは、
他の各国唖然とさせたんじゃないかな。
批判はあるけど、言わせておけばいい、と思った。
決勝トーナメントに何が何でも出たい、その気迫の決断だと思ってる。
それが、サッカーのスタイルを貫き通すのではなく、
どんなに泥臭くても結果を求めにいくのだということ。。。

セネガルが一点入れていれば最悪の結末だったけど、
きっとその試合の動向も、
コロンビア優勢の終盤という情報が入っててちゃんとわかってたことだと思う。

何にしても、西野監督、面白い!!
次はベルギーとの試合。
本当に楽しみ!!

ニッポン、がんば!


[PR]
by nazunanet | 2018-06-29 15:06 | サッカー | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30