W杯、日本2戦目のセネガル戦、勝てたかもしれなかったね!

強敵、身体能力が脅威のセネガル相手にドロー!
でも、見ていて、勝てると思った。
それだけに悔しい。

最初の失点がチームもサポも、相手チームのマネ選手も驚きだったけど、
乾選手の得意の位置からのシュートで追いついて。
また勝ち越され、そして、また追いついたというシーソーな試合。

動きも攻めも、守りも、コロンビア戦よりもよくなっていた。
ディフェンスから前へのパスミスが多いのが気になるけれど、
失点されても慌てず連携を乱さないのは素晴らしい。

何と言っても、大迫のポストプレーと原口の異様なモチベーションと、
柴崎選手の2戦連続して素晴らしいプレイ。
昌子選手もかなり良くなってきてる!海外のクラブに行ってほしいと思う。
最後、岡崎選手の献身的な動きも素晴らしく、
日本代表のチームプレイは強豪国の選手たちが嫌がってるなと思った。
三戦目はポーランドとの試合で決勝トーナメントに行けるか決まるのかな。。。

今日は勝てたかもしれない試合だった。
だから、試合後の選手達のインタビューから悔しさがよく伝わってくる。

西野監督に交代してから皆がいきいきと
のびのびと思い切ってやっていけてるようなのが本当に嬉しい。
あとは選手がW杯を悔いなく終えられるように、
思う存分うやってくれたら、と思う。

それにしても、今大会は波乱、大波乱で驚きの毎日。
ブラジルがやっと勝てたし、アルゼンチンはまだ勝利がない。
前回王者のドイツは初戦を落とし、
昨日のドイツとスウェーデン戦は負けたら敗退という瀬戸際の戦いだった。
途中でドイツは退場者を出して10人になり。。。
もう何度もあぶない場面を乗り越えて、
最後のアディショナルタイム1分を切ったところで勝利をもぎ取った。

レアルマドリー所属のクロースの見事なFKからの勝利が嬉しい。
レアルの面々が各国で大活躍しているのも誇らしく。

日本に限らず、ドイツやブラジル、アルゼンチンなど、
どの国も国内で代表チームへの批判が渦巻いていて、
ストレスとプレッシャーの中で厳しい試合を戦っている。
もう大会が始まったら、批判しずぎるのもどうかと思う・・・。

走力が劣るチームは世界ランキングに関わらず、勝ちを取れてない感じ。。。
ポゼッションサッカーにこだわると、走り負けてるような。
やはり、ブラジル大会からの流れなのか、
ポゼッションサッカーよりも、
ダイナミックなサッカーの方向へ動いている感じもする。
スペイン、そしてバイエルンでグアルディオラ監督の影響を受けたドイツなど、
どうなっていくか、勝ち進んでいければ、まだその戦術が強いということだけど。
見ていて楽しく、ワクワクするのは、
ボールと人がスピーディにダイナミックに動き回るサッカー。
近い距離でボールを回してボールキープするチームは少し苦戦しているかも。。。

ベルギー、イングランドの勢いは止まりそうにない。。。
日本が決勝Tに進出出来れば、最初に対戦するのはこのどちらかのチーム。

コロンビアに勝ち、セネガルに引き分けたニッポン。
日本はボールを回しながらも、よく動き、よく走っている。
ここまで頑張っているんだから、
この勢いでポーランド代表の嫌がる試合運びで勝って、
決勝Tへ進出してほしい。

ニッポン、がんば!



[PR]
by nazunanet | 2018-06-25 02:41 | サッカー | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31