生成りのカンタ

ひざ掛けサイズの布で始めたカンタ刺繍。

日々の用事や作業や他の興味に時間を取られていると、

完成するのはいつなのか、というくらいまだまだ未完成。


音楽を聴きながら、ラジオを聞きながら、

何かをしながら、ちょっとした時間に

気軽に進められるのもカンタ刺繍のいいところ。

他の刺繍やこぎん刺しは目を数えたり、糸足をそろえたり、

集中力が大事だけど。。。

カンタは望月先生のおっしゃってたように、

どこか自由で縛りがなくて、

心のままに好きなように刺していける。。。

そういう気軽さと出来上がっていく布の心地よさ、

何より、細かな縫い目で作り上げる紋様の見事さに心惹かれて。


けれども、ワークショップで先生がおっしゃってたように、

一日5分でもいいから、

ちょっとずつでも針糸を進めないことには、

全く完成が見えてこない。(笑)


キルトを作るのは、初めてじゃない。

随分昔、細かなパーツをはぎ合わせて作るパッチワークキルトの

ベッドカバーを仕上げたときも、

全部手縫いで作ったのでかなり時間がかかった。

綿や裏布を当てるのも、

部屋いっぱいのスペースを使うので結構大変なものだなとも思った。


でも、そんな風に手縫いで作ったキルトは本当に柔らかで、

肌に掛けると、ほんわかと暖かいキモチになる。

ミシンで密に縫うと、どうしても肌に当たる部分が固く感じてしまう。

なので、こうした肌掛けのものも、

やっぱり手縫いが一番だなと思ったりする。。。


カンタ刺繍で使う糸も、

撚りの殆ど掛かってない木綿の糸で縫っている。

オーガニックの手織りのインドコットンに、

甘撚りの木綿の糸で縫い目の紋様を作っていく。

今夜は少しでも進めてみよう、

毎日、ほんの数分だけでも、

針糸を進める習慣をつければいいのだし。


余談ですが、

子供の頃からずっと、

薺nazunaを始めるまでは、

爪がふにゃふにゃと柔らかくて、

すぐに折れたり割れたりする方だったのに、

手縫いや手彫りをするうちに、

爪がしっかりしてきて、割れたりすることは殆ど無くなった。

たぶん、指先を良く使ったり、力を入れたりすることで、

血行が良くなって爪が丈夫になったのかも。。。

その分、手指の皮も厚くなったような。(笑)










[PR]
by nazunanet | 2018-01-09 18:16 | 日々のあれこれ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31