長時間低温発酵パンの焼き比べ

冷蔵庫で長時間発酵させるだけのこねない楽々パン。。。

材料をボウルに混ぜるだけで、

冷蔵庫に保存しておくだけで、

魅惑のおいしさ。

大体、500gの粉で生地を作るので、いつもの大きさのパンだと、

8個作れる量。
d0221430_13042854.jpg
冷蔵庫から半分の分量の生地をちぎって、

室温発酵させてから焼いた。4つ分。

大体、24時間冷蔵発酵で半分を焼いて、

翌日また焼くので、最長でも48時間。


今回は都合ですぐに焼けなかったので、

48時間と72時間の発酵させることになった。。。


発酵が長ければ長いほど、皮が薄くパリパリ、中は柔らかになる感じがする。

72時間(三日間)の発酵は結構イイと思う。

冷蔵庫での長時間発酵はかなり持つようなので、

また試してみようと思う。

[PR]
by nazunanet | 2017-09-11 13:14 | 手作りパン | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30