人気ブログランキング | 話題のタグを見る

イングリッシュマフィンを焼く

薺nazunaを始める前、手作りパンにはまっていたことがあって、

毎日、コネコネ、バンバンと粉と格闘していた。

パン屋さんって楽しいだろうなあ、と思ってみたり。

でも、作るほどにパン屋さんの仕事はどんなに大変かと。

分刻み、秒刻みで発酵の手順を考えて、

もう寝る間も休む暇もないのでは。。。

自分が毎日パンをちょっとだけ作るのにもこんなに大変なのにと。


必死でコネコネ、バンバンして粉をこねても、

パンの名店があまりに近所にいっぱいあるので、

食べ比べると、あれほどの苦労をしてもプロのパンにはかなわない。

美味しいパン屋さんがないような街に引っ越したら、

自分でパンやケーキを作ればいい、今はプロの味を堪能しよう、と。

まあ、ある意味、諦めた訳で。。。

でも!

力を使わず、こねる時間も手間もいらない

低温長時間発酵パンのつくり方を知ってからは、

最近滅多にパン屋さんでパンを買わなくなってしまった。
(それもちょっと寂しいかな)

そもそもパンを自分で作ってる時間がないけど、

手作りのパンを焼きたいという私にピッタリなので。


ホームベーカリーがあるじゃないかという声が聞こえてきそうだけど、

以前、家族がホームベーカリーを買ったというので、

焼きたてパンを食べてみたけど、うーむ。。。(ごめんね)

機種や粉によるのかもしれないけど。。。

やっぱり、手作りの焼きたてパンの方が断然大好き。

オーブンから出してくる感じが良いのよね。


でも、イングリッシュマフィンはフライパンでも焼けるんだとか。
イングリッシュマフィンを焼く_d0221430_16452225.jpg
見た目は長野名物「おやき」のようなイングリッシュマフィン。

いつもの要領で低温発酵で、こねずに美味しいパン。

フライパンで焼くこと10分(両面)。

食べるときに、半分に割って、トーストして食べる。

イングリッシュマフィンを焼く_d0221430_16454388.jpg
イングリッシュマフィンを焼く_d0221430_16550075.jpg
外はパリッとカリッと香ばしく、

中はもちもち、ふわふわで美味しいイングリッシュマフィン。

セーグル粉をブレンドしたので風味も良い感じ。

自家用パンなので、余りものの粉を適当にブレンドして

焼いてみたりするのも面白くて。

自家用の、素人の焼いたパンだけど、

焼きたてのパンは、香りも味も格別。

粉と水と塩、ちゃんと選んだシンプルなものだけで出来てるのも安心。。。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2017-08-09 17:13 | 手作りパン | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31