人気ブログランキング |

ごはんを炊く

毎日のごはんは宮崎製作所のステンレスのライスポット。

炊き込みご飯をライスポットで作ると、

どうしてもお焦げが出来ない。

白いごはんは、全く焦げのない完璧な白飯が炊ける。

お焦げをつけようったって、簡単じゃない。

だから、炊き込みご飯の醤油の入ったダシがあっても、

最後の仕上げによっぽど火加減を強火にしないとできない。

強火にしたって殆ど焦げないし。

なので、やはりお焦げが楽しい炊き込みご飯は、

土鍋のご飯釜で作るべし。。。

最初に2合炊きを買って、炊き込みご飯用の具を入れるとパンパンになるので、

また3合炊きを買い直したという。。。

大は小を兼ねる、という言葉は大事。


鍋を火にかけたら、沸騰するまでは中火で。

沸騰してガタガタと蓋が鳴り出したり、

土鍋の場合は穴から湯気が勢い良く出始めたら、

ごく弱火にして12分きっかり、

土鍋でお焦げを作りたいときは15分。

15分経ったら、強火で一気に火力をあげて10秒。

5分から7分蒸らしたら出来上がり!


前は何分炊くのか決まってなくて、匂いで判断してたり。

でも、白飯は12分、炊き込みは15分にしてから失敗がない。



電気炊飯器じゃなく、

コンロの直火で、そして鍋で炊くとお米がもち米のようにもちもち甘い。

ふっくら、美味しく炊ける。


毎日毎食ステンレスのライスポットを使っているので、

お手入れが簡単だったりすると、土鍋のご飯釜の出番が本当に無くなっている。。。

でも、やっぱり炊き込みご飯は土鍋に限るね。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2017-07-26 22:28 | キッチン | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31