江戸東京博物館「発掘された日本列島2017」

08. 文月(SAT) 晴れ


土曜日に、「発掘された日本列島2017」の展示を見に行く。

両国・江戸東京博物館へGO!

d0221430_00011075.jpg

3万年前の旧石器時代の百花台遺跡(長崎県雲仙市)の発掘や、

海に埋もれている水中遺跡の発掘調査など興味深い。

 

旧石器時代から近代、現代まで、遺跡や遺構の発掘が行われているものの展示。

d0221430_00030647.jpg
d0221430_00032508.jpg

青磁茶碗の色、紋様が美しい。

 

岩手県宮古市の高根遺跡。

東日本大震災の復興道路建設のために、事前調査が行われて発掘された縄文時代中期の大規模な遺跡から。

d0221430_00034258.jpg

縄文土器はやはり何度見ても美しい。

この独特の紋様、様式美、世界広しと言えども似たようなものはどこにもない。

唯一無二のもの。

最近になって縄文土器の評価が年々高まってきたとのことなので、

縄文時代に生み出された発掘品の数々の希少性が高まってくると思う。

 

d0221430_00040159.jpg

可愛らしいキノコの土製品。これは紛れも無くシイタケに間違いない。(笑)

 

今日は週末ということもあって、博物館はいつになく大勢の観光客で大にぎわい。

博物館の他の展示コーナーには外国人の姿が多いけれど、「発掘された日本列島展」は日本人が多い。

展示コーナーのそれぞれの説明文に英文表記がないせいもあるので、素通りして行ってしまう。

もっと内外の人達にも知って貰いたい気もするけれど。。。

 

以前の展示のときに、欧米系の観光客らしき家族が見学しているのを見かけた時のこと。

中でも熱心に見入っているおじいさんと孫という感じの二人が、

「信じられない。。。アメージング」という言葉を連発しながらじっくり展示物を見ていて、

一つ一つを幼い少年に色々説明しているようだった。

それを聞いていた孫らしき少年も驚きの表情で発掘品を見入っている。

やはり3万年とか1万5千年前の石器や土器などの発掘品に驚かれている様子だった。

分かる人には、ここにあるものがどれほど凄いものなのかが分かる筈なんだけどね。。。

 

既に発掘された遺跡や古墳の石室など、熊本での大地震で崩れてしまったものもあって、

近年の災害などで損壊してしまったものも多いようだった。

地道な発掘調査や修復がなされているので、これからもこのシリーズが楽しみでもある。



[PR]
by nazunanet | 2017-07-10 15:42 | art、 music,movie,etc | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31