人気ブログランキング |

猫のしもべにならないために その2

そう、こうなったのも、

(以前のニッキにも書いたけど)

子猫時代のにゃんこ先生が仕掛けてくる戦いに、

痛いよ~、降参、降参~とデレデレと接していたからなのだ。(笑)



猫はこうした子猫時代の遊びの中で、

暮す仲間同士の序列を整えているのだ、ということを知ったのは、

にゃんこの私を見る目が、

かつての子猫時代の愛くるしいいまん丸目じゃなくて、

まさに「にゃんこ先生」の鋭いような上から目線になってからだった。


ここまで野生的な猫は初めてだった。

メス猫たちと実家で暮らしていたときに、

そんな序列を決する戦いを仕掛けてくるような猫たちはいなかったし、

他のオス猫たちものんきなものだった。


でも小さいときから「山猫っぽい」と言われていたヤンチャなにゃんこ先生は、

私とダンナさんとにゃんこの3人の中で、

ちゃんと序列を確認して暮らしたいらしく。。。

そんな挑戦が組まれていたとも知らず(笑)、

大事な戦いに自分からワザと負けてしまった私は一番格下になってしまい、

ソファに座る場所も奪われ。。。

それも序列の一つらしく、

私が台所から戻ってくると、ダンナさんとにゃんこが悠々とソファに座っている。

のびのびリラックスのにゃんこ先生は、

私のスぺ―スを譲る素振りも全くない。

ソファは二人で使うものであって、

にゃんこ先生の中では3人のスペースはないらしい。

なんで3人で悠々と座れる余裕があるのに、

私が床に直に座るのはおかしいよ、と

グイグイと横入りして取り戻したけど、

毎日ソファの場所取り、寝る場所の取り合いの戦いはあった。(笑)


にゃんこ先生は初めて哺乳瓶から育てた猫だったからなのか、

これまで物心ついた時から猫と暮し、

様々な猫たちと出会ってきた私は、

猫との距離感をクールに保ってきたつもりだったけど、

にゃんこ先生はそんな思い入れもあって、

まるで自分の子供のように密に接していたのもあった。

そういう溺愛が自らを猫下僕にしてしまったのかもしれないなあ。。。(笑)



ずいぶん大人になってからのにゃんこ先生は、

野性味も影を潜めて穏やかになって、

物腰もすべて柔らかに、優しくなっていくんだけど、

子猫から思春期、青年期、壮年期、

そう、10歳になるまでは相当に激しかった。。。

あのまま保護しないまま野良猫ちゃんだったとしたら、

この地域の立派なボス猫になっていたのかな。

いやいや、体は大きくても心は臆病で優しい猫だったので、

飼い猫になってよかった。。。


くれぐれも、

猫のしもべにならないように。

子猫時代のケンカ遊びにはたかが遊びと油断召されぬように、

ご注意のほど。。。

可愛いからといってワザと負けてはいけません。

にゃんこの序列を決める戦いに、再挑戦という言葉はないみたいです。(笑)

飼い猫、子猫といえども野生です。

本気で噛んでくるちっちゃい猫に、

決して弱みを見せてはいけません。(笑)

本気で返してあげましょう。

他に兄弟&姉妹猫がいない場合は、

痛みを覚えないと噛みレベルも分からないし、

猫の親のつもりで噛んでやりましたよ、ええ。(笑)

一度でも負けたら、猫のしもべは避けられないですから。。。



(あんなに甘えていたダンナさんにも、生涯に渡って

時々序列を決する戦いを挑んでたっけ。

あれ?にゃんこは再戦してるのに、私はダメなんておかしい。。。)


猫エピソード、続きます。。。



名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2017-06-28 14:12 | | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31