人気ブログランキング | 話題のタグを見る

かや麻と蚊帳織りの袋もの ~過去の作品から~

蚊帳として使われていたもの、という手織りのアサの生地。

かや麻と蚊帳織りの袋もの ~過去の作品から~_d0221430_18101529.jpg
アサ、と呼んだのは、それが亜麻リネンでもなく、

苧麻ラミーなどのからむしでもなく、

おお麻、大麻布ヘンプ布でもないようで。

大昔の日本人は、衣服や日用に使う布にするために、

いろんなものから繊維を取り出して生地に織っていたと聞きます。

かや麻と蚊帳織りの袋もの ~過去の作品から~_d0221430_18110934.jpg
これは一見すると、蚊帳生地に使われていた”アサ”と思っていたけれど、

あとで出会って蚊帳織り生地と比べると、

ずいぶん繊維の様子が違うのです。

最初のものは、幕末から明治頃のもののよう。

植物をなめして取り出した繊維を糸に手紡ぎした糸の感じも

柔らかで、優しい風合い。
かや麻と蚊帳織りの袋もの ~過去の作品から~_d0221430_18132549.jpg
これはたぶん、昭和初期のもの。

手織りで状態も良いものなので、

きっと蚊帳として未使用の反物だったのだと思います。


かや麻と蚊帳織りの袋もの ~過去の作品から~_d0221430_18134369.jpg
蚊帳の生地と着物用の上布を4種類。

そして、どれも生成りのままの生地だけを使って。

前ポケットだけは菜の花色の上布。


蚊帳織りの生地は手触りがよいので、

状態と織りの良いものに出会ったら、小物入れやポーチに仕立ててきました。


かや麻と蚊帳織りの袋もの ~過去の作品から~_d0221430_18125327.jpg

繊維そのものの風合いやナチュラルさが美しい生成の糸で織られた生地。

その魅力にはまると、生成の色の違いだけのものを作ってみたくて

仕方がなくなってしまう。。。



でも、それ以外にも藍染や天然染料などの美しいものも、

また少しずつ仕立ててご紹介できれば、と思います。


名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by nazunanet | 2017-06-08 19:37 | 小物入れ | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30