感謝!

今日、たまたま隣合わせたご年配の方が

ちょっとしたものの取り扱いに困っておられた。

誰もがその場に居合わせたら、

同じように簡単に説明するであろうことをしただけだったのに、

その場を立ち去る際に、わざわざ私のところまで戻って来られて、

とても深々とお辞儀をされて、丁寧なお礼の言葉まで。

そんなこととは思っていなかったので、びっくりして酷く慌ててしまった。

きっと同年代同士なら、「ども!」と軽い会釈で

終わったことかもしれないのだけど、

本当に丁寧に挨拶をして下さって、

こちらの方こそ、なんとも言えず感謝の気持ちでいっぱいになりました。



そんなことがあって、


自分は「その時、その時に」、ちゃんと挨拶や感謝を言えてるかな、

と思ってしまった。



思い出したことで、もう一つ、感動したことがある。

ちょっと前のことだけど、

空手を習っているという小学生の姉妹に会った。

武道を真剣に(しかも何かの大会で優勝もしている)取り組んでいるので、

礼儀と挨拶が清清しい少女達だった。

ちょっとしたことでもしてもらったことには、

「ありがとうございました!」とキチンと頭を下げてハキハキとお礼を言う。

しかも親や家族からやらされてる感など微塵もなく、

屈託ない笑顔がその年齢の子供らしさで輝いてる。

大人の話しでも一生懸命に聞いて一生懸命に答えてくれる。

もうその一つ一つに、「なんて可愛い子たちなの!!」

と感激してしまった。

この子達の為ならきっと何でもしてあげたくなってしまうよ、大人達は。(笑)

私がこの姉妹の年齢の頃、こんなにしっかりと礼儀が出来たかなと思い返すと、

いやいや、もう妙な冷や汗が出てくる(笑)。

子供時代は極度の人見知りだったので、きっとモゴモゴしていたに違いない。



その爽やかな姉妹達は私がその場を立ち去る時に、

わざわざ立ち上がって「さようなら!」と頭を下げて笑顔で送ってくれた。

今思い出しても、「素敵な子たちだったなあ!」と思う。


「たかが挨拶」とか「いちいち言わなくても」と思うかもしれないけど、

こんなに人を感動させる力があるんだな、と思う。


ホントに、自分はこんなに感謝や挨拶が出来ているのかな。。。
[PR]
by nazunanet | 2013-09-28 01:36 | 雑記 | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30