「大いなる沈黙、グランド・シャルトル―ズ修道院」の映画に引き続き、

そんな風に、映画や絵画を観るとき、

衣装や小物、布の質感などを見てしまう。

ヨーロッパやアメリカ映画の歴史ものは、

忠実に衣装を再現しているので、実に興味深い。


イタリア映画の巨匠ヴィスコンティの作品は、

貴族社会を描いたものなら、階級に忠実に、

全てが最上質のもの。

窓のカーテンに至るまで。

「ベニスに死す」に登場する避暑地にやってくるブルジョア階級の、

海辺の普段着の華麗なこと。。。

白とネイビーのストライプをあしらった白いレースのドレス、

レースも遠目にも上質なものばかり、

リネン、シルクなどのまるでアンティークかと見紛うまでの

見事な衣装を揃えていて、

それがふらっと画面を通り過ぎる登場人物であっても、

そこに滞在する人々は全員が上流階級、特権階級という設定なので、

どれを一つ取ってもなおざりにされているものがない。


今の娯楽作品の方が往年の映画よりも莫大な予算が掛かってるだろうけれど、

往年の名画など、細かく見ていると、

どれほどの手間とこだわりが詰まっているかは計りしれない。。。


少し前に観たのが、1965年制作の日本映画の「怪談」(小泉八雲原作)の、

衣装や小物、舞台設定、演出の美しいこと。。。

こういう映画はもう日本では作れないだろうと思う。。。

作品中に登場する市場のシーン。

今は高価な値で取引される日本の麻の反物がいっぱい並べてあって、

見ているうちに欲しい気持ちが湧いてくるほどに。。。

使われている機織りや染めの工房らしきシーンのものも、

時代や道具の考証の確かさも感じて、

本当に名作だなあと感動してしまう。。。


海外映画では、フランス宮廷を舞台にした「宮廷料理人ヴァテール」も、

小道具や衣装が面白い。

ストーリーは、太陽王ルイ14世の時代の僅か数日のお話し。

王が貴族の屋敷に逗留し、その晩さん会を任される野心家の宮廷料理人。

物語は失墜した王の信頼を取り戻そうとする主人に仕える料理人ヴァテールと、

権力争いの貴族ら、王妃の侍女と王との恋の駆け引き、

主人に翻弄される召使たちの悲哀、などなど、様々に入り組んで、

晩餐の趣向を凝らした演出や、食材を調達するために、

まさに名誉と命を懸けるほどの。。。


王や貴族らの招待客らが目にすることのない、

邸の台所、キュイジーヌで働く召使たちの衣装が心つかまれる。

フラックス色のリネンの長いローブのような上っ張り(!)、

エプロンも共布に、袖のカフスはどこまでも長く、

前合わせのボタンは小さいものが幾つも並んでいるのも素敵で。

貴族や王妃や侍女たちの煌びやかな衣装よりも、

料理長ヴァテールや職人達の衣装が気になった。


中世の時代ものの映画は、

リネンのシャツのギャザー使いや、

上着やコートの流れるようなドレッシーなラインが魅力。。。

生地もちゃんと当時存在しているものを厳選していたり。


古今東西を問わず、映画や舞台を見る時は、

必ず衣装と小物をチェックしているかも。。。

ここを雑に扱っている作品は大抵あまり良い作品じゃないことも多い。。。


衣装デザインが有名な映画というと、ちょっと昔の映画になるけど、

「アンタッチャブル」のアルマーニの衣装とか、

「炎のランナー」の衣装も良かった。。。

どちらもメンズ系なのが私好み。。。


ジャン・ジャック・アノーの映画「ラ・マン(愛人)」は、

センセーショナルな描写で話題になった作品だけれど、

戦前のインドシナの繁華街が描かれているシーンが美しい。

小さな路地にひしめきあう屋台や人々の当時の衣装が、

忠実に時代を再現していて、藍染めの長上着や真っ赤なチュニックなど、

当時の衣装を着ているインドシナの人々の姿に見とれてしまう。

屋台もフランス領だったインドシナらしく、

オリエンタルでエキゾチックな、シノワズリなデザイン。

吊るされているランタンの灯に、

照らし出される茶器や陶器の何と風情のあることか。

屋台の食堂の趣味がいいことといったら。。。


マルグリット・デュラスの自叙伝が原作なだけに、

セクシャルな描写が多い映画だけど、

衣装や街の景色の演出が凝っていて、

さすが、アノーの作品だなと。。。


また時代ものの佳作作品を観直さなくちゃ。。。





[PR]
# by nazunanet | 2018-11-20 23:34 | art、 music,movie,etc | Comments(0)

以前、厳格な修道院を20年以上という長期にわたって交渉し、

ようやく1年を掛けて取材したというドキュメンタリー映画を見た。

『大いなる沈黙へ グランド・シャルトルーズ修道院』

フランスアルプス山脈に建つグランド・シャルトルーズ修道院。

創立以来900年の間、ほとんど変わることのない厳しい生活。

 

一人一人、個室を与えられて、

日々のほとんどの時間を沈黙と清貧と規律を守り、暮らしている。

(日曜日と祭日だけ談笑することが許される。厳しいー。)

修道院に入ってすぐの修道士に最初に衣服を与えられるシーンがある。

普段の生活で纏うローブやチュニックなどの衣類を賄う係の助修士もいて、

(助修士:修道院での暮らしを支える人達)採寸し、布を裁ち、仕立てていく。

きっと、中世と変わらぬやり方で。

ウンベルト・エーコ原作の「薔薇の名前」の映画

(ジャン・ジャック・アノ-監督、ショーン・コネリー主演)の世界と、

現代でも殆ど変わらないような。。。

 

厚手のフェルトのようなウールの生成り生地を、

フードつきのチュニックローブに仕立てていく作業も興味深く。。。

シンプルなカタチ、そして小さなポケット、ずっしりとした生地、

縫うこと、仕立てることも助修士の日々の勤めの一つであり、

沈黙のうちに仕立てられていく。

肉厚のフェルト生地のチュニックローブは見るからに重そうで、

それを着用して、ただじっとしたまま祈るだけで修行のようにも感じるけれど、

あの中世から変わらぬ暮らしの、静謐さと清貧の美しさが忘れられない。

 

ああいうチュニックやローブは暖かそうだなあ、なんて思ってみたり。

修道士の持つかばんや袋にも興味ある。

素朴でいながら、いつも肌身離さず持っていたくなる袋もの、仕立ててみたいなあとも思う。




[PR]
# by nazunanet | 2018-11-20 23:09 | art、 music,movie,etc | Comments(0)

きつねうどんの思い出。

以前もニッキに書いたことがあったけど。

幼稚園のお弁当をおかあさん方が用意できなくて子供に持たせていけないとき、

先生にお願いして、近所のうどん屋さんから出前を取ることが出来た。

姉も在園中に一度だけ。

その時に、「きつねうどん、すごく美味しいん!」と聞かされていて、

私も出前のきつねうどんを食べてみたい、とずっと思っていた。

いつもは、お手製のお弁当のときもあれば、幼稚園の前にサンドイッチ屋さんが来ていて、

そこのハムとキュウリのサンドイッチとメロンサワーを買って貰うのも楽しみだった。

そこのお手製のサンドイッチは、とびきり美味しかった。

ある日、母が急ぎで出かけなければならず、幼稚園の送りも出来ない朝、

「先生にお昼ごはんのおうどんの出前をお願いしておいたから」と送りだされた。

(今と違って、私の幼少期の当時は幼稚園はみんな独りで通っていたし、

帰りも親の付き添いもなく、ひとりで帰るのは当たり前な感じだった)

そして、お昼時になって、きつねうどんが自分の席に運ばれてきた時の嬉しさ、どこか誇らしいような。(笑)

よく味のしみこんだ大きな油揚げが載っていて、おつゆのだしの美味しかったこと、

きつね揚げの甘過ぎず、しょっぱすぎず、丁度いい塩梅のふっくらした味の美味しかったこと。

今も忘れられない味。

 

近所に美味しくて評判のうどん屋さんがあるけれど、

そことは違う味。

幼稚園の裏手にひっそりあったお店は私が小学生になった頃、

もう店終いしてしまっていたようだった。

同じ幼稚園の同輩たちとは学区が違ったので、

屋号や店の場所などの詳しいことも分からず。。。

あれから、色んな大阪、京都の美味しいお店に行ってはあの味を探している私。

「美味しいけど、やっぱり違うなあ。。。」と。

一軒だけ、味の似た感じのお店が京都にあった。

三条界隈の商店街の小さなうどん屋さん。

ちょっと違うのは、そこは油揚げを京都らしく刻んであるきつねうどん。

また行って確かめてみたい。。。

 

あの味に近付きたくて、時々作るきつねうどん。

お出汁は昆布とじゃことかつお節。天塩で味付けして、風味付けにうすくち醤油。

東京では”うすくち醤油”はあまりポピュラーではなくて、

スーパーでは売っていないところもあるくらい。

今度、関西の薄口しょうゆを買っておこう。。。

油揚げの味つけも、東京暮らしの方が長くなってきて、

自分の舌がだんだん東京好みの甘辛っぽくなりつつある。。。


d0221430_22262828.jpg


でも、昆布だしの効いたつゆは、やっぱり身も心も暖かくしてくれる。。。

関西のうどん、やっぱり大好き。

 

追記:

関西にあるような、大きな油揚げがなかなか無いのね。

大きいと厚みもすごくて、厚揚げ風になっちゃう。

カラっと菜種油で揚がった大判のふっくらきつねが手に入ったらなあ、と思う。。。




[PR]
# by nazunanet | 2018-11-20 22:29 | 日々のあれこれ | Comments(0)

九品仏は自由が丘のそばで、この界隈もパン屋さん激選区でもあります。。。

九品仏の駅向こう(お寺とは反対方向)の商店街をいくと、

「Boulangerie NEUF9(ブーランジェリー・ヌフ)」があります。


d0221430_22150582.jpg

小さなパン屋さんだけど、美味しそうな気配!

d0221430_22154472.jpg

ヌフで購入したのは、洋梨(カスタードクリームとビターなカラメル)のデニッシュ、

その場でカスタードクリームを詰めてくれるコルネ、

リッチな味わいのブリオッシュとクロワッサン。

クロワッサンとデニッシュは、他店とパイ生地の層の食べ比べをしたいので買ってみた。

どれも美味しい。コルネの生地のパリパリ感といったら!!!

デニッシュもいい、クロワッサンも皮が限り無く薄い。。。

ここはお気に入りになってしまった。今度はバゲットや角食を試したい。

 

てくてく歩いて、奥沢へ。。。

九品仏から歩くと結構距離があったけど、

奥沢にあるバゲットの美味しいお店を目指して、テクテク歩いてみた。ヘトヘト。。。


d0221430_22152667.jpg

辿りついたのは、CUPID(クピド)というパン屋さん。

前回来たときも、家から電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、事前に予約しておいたパンを買いに行ったことがある。

予約したとはいっても、実際に行ってみて無かったら困るので、

念の為、行く直前に電話して前日に予約したものがあるかどうか確認してみた。

「ちゃんとお取り置きしてあります」の言葉に、ウキウキとお店に行ってみたら、

「実は御予約の商品を他のお客さんに出してしまいまして。。。」と平謝りされて。。。

(だから電話したのにーーー)と思ったけど、

仕方がないですよねー、とその時は違うものを買って帰った経緯あり。。。

今日は予約はせずにその場で好きなものをアレコレ注文して、ワクワク楽しみで店を出た。


d0221430_22155910.jpg

帰宅してウキウキと袋から出してみたら、

何故か注文した覚えのないパンが入っていて、

代わりに今日の一番のお目当てのパンが入ってないっていう。。。

ああーー。。。ホントに残念なキモチ。。。

残念がっても取替えに行けるわけもなく。。。

しょっちゅう行ける距離の店ではないので、たまたま、というか、

こういう時に限ってというか。。。

そういう御縁なんでしょうかね、と諦めるしかない。。。


気を取り直して、、、

店主の方がパリでクロワッサンを食べてパン屋さんに開眼したという

お店自慢のクロワッサンも賞味。

バターの香るリッチなクロワッサン。。。

サクサク、フンワリ、といった食感。

クロワッサンやデニッシュ系のパイ生地のパンを、

色んなお店のを食べ比べをしている、というか、

自分好みのパイ生地のパン屋さんを見つけようと思っていて♪


そういうのでいうと、

CUPIDも美味しいけど、

九品仏の”ヌフ”の繊細なパリパリした極薄の生地の方が好みかなあ。。。

左がヌフ、右がCUPID。


d0221430_22162329.jpg


CUPIDのバゲット、土日限定という石臼挽きという贅沢なものを買ってみた。

バゲットは普通のシンプルなタイプが好きだけど、

せっかくなので石臼挽きの粉のパンを味わってみようかなと。

噛むごとにしっかり滋味深いという感じ。

メゾン・カイザー系というか、”ICHI”や

駒場東大前の”Le・Ressort”のパンの風味にも似ている感じもする。

味わい深いパンなので、バターやスプレッドは必要ない感じ。


d0221430_22164506.jpg

その日のメニューは、猫の花屋の味の濃い野菜とチキンのソテー、

そしてニンニクのロースト。

バゲットに合う、合う。

それから、イチジクやクルミの入ったバゲットもとても美味しかった。

 

また近々九品仏に紅葉を見に来たときに、パン屋巡りをしに行こう。。。




[PR]
# by nazunanet | 2018-11-20 22:24 | food | Comments(0)

11月も半ば。そろそろ紅葉を見たいと思い、都内の穴場の名所へ。。。

世田谷にある九品仏というところ。

駅近くにある浄真寺というお寺。

d0221430_22013263.jpg

小さな駅舎を降りて踏切りを渡って、すぐ目の前に参道が。

(駅は上下線の真ん中にあるので、改札を出ると踏切りのど真ん中。。。

間近に電車が走るのでちょっとドキドキ。)


d0221430_22015167.jpg

静かな参道を歩き、山門をくぐると。。。

(山門の額は『扁額 般舟場(はんじゅじょう)と書かれてあります。

”当山第二世珂憶上人の高弟珂慶上人の御筆で流麗雄渾な筆致である。

般舟とは般舟三昧の事でつねに行道念仏して現前に諸仏を見奉るを言う、

般舟三昧経三巻は弥陀経典中最古のもので浄土三部経と共に古来より

重ぜられている当山は院号を唯在念仏院と称し念仏の道場であり

参ずる人々に願往生の心を自然に発さんが為書かれたものである。”

と門横の説明書きがありました。。。)


d0221430_22021221.jpg

d0221430_22023034.jpg

・・・・紅葉とは言っても、8割9割はまだまだ緑のもみじ。

日射しがよく当って、寒暖差がないと紅く色付かないので、

ずっと暖かいままの都内なので、紅葉もほんの一割くらいだった。

でも、ここは殆どがもみじとイチョウ。

鎌倉など名刹と違って、歴史も古いのに佇まいも静かで、観光客や参詣客も少なめなのがいい。。。

(しかも拝観料もない。。。)


d0221430_22024506.jpg


d0221430_22030385.jpg


d0221430_22032350.jpg

d0221430_22034585.jpg
d0221430_22040182.jpg

御堂の手すりに瑞雲の意匠。

瑞雲、やっぱり可愛い。。。


d0221430_22045781.jpg

九品仏の九品とは。。。(詳しくは調べてね)

下品下生から上品上生まで、極悪人から聖人まで、九通りの極楽浄土に至る有り様が説かれています。

極悪人とまではいかなくてもフツーの人間ならではの、

知らずのうちにしてしまっている行ないに応じての死後の行く末。。。

知らず知らずでさえも、道のり険しいことがあるならば、

故意のいじめやイジワル、ましてや悪意や悪事ならばどれほどか。。。

最初の山門を入ってすぐに、閻魔さまと脱衣婆の像の御堂もありました。

お寺の境内のすべてがワンダーランドというか、ちょっとした曼陀羅風になっているのかも。

山門に入ると(三途の川を渡り)すぐに、閻魔様のお裁きを受けて、

苦しみの中から南無阿弥陀と唱えることでみほとけの導きを受けて、

やがて阿弥陀如来の世界=極楽浄土へと至る、という。。。

とにもかくにも”南無阿弥陀”と唱えれば今からでも間に合います、

このお寺で阿弥陀様にお詣りしておきましょう、ということなんですかね。。。

 

地獄極楽思想は、恐ろしく、そして美しいものだけど、

お寺は清清しく、それぞれの御堂の佇まいも静謐で。。。

本堂の大伽藍の絢爛な御仏さまは圧巻。。。


d0221430_22043840.jpg

長く東京に暮らしていながら、ここに来るのは今日が初めて。

仏像を前に手を合わせていると、ふんわりした気持ちに。。。

それにしても居心地の良いお寺。


d0221430_22041814.jpg


裏手の霊園にはどんぐりや巨大なマツボックリがいっぱい。

都会の真ん中にありながら、喧騒とは懸け離れた静かな聖地。。。

もう少し時期をずらして紅葉を目指して再度来てみようと思う。

ここは穴場のパワースポットだなと思う。




[PR]
# by nazunanet | 2018-11-20 22:13 | 日々のあれこれ | Comments(0)

小物入れとバッグ

薺nazunaの手縫い服。

新しい挑戦に取り掛かって、

少しずつ完成してきたので、

バッグや小物入れなどの布小物の制作も平行して進めることに。



色んな新しい布に触れて、

質の良い古布にも触れて、

手になじむ、日々の暮らしにとけこむ布の道具の制作を。

木彫りの留め具を作ることから始まった布手仕事の薺nazuna。

手彫りした未塗装の木肌や、

質の良い布とのコンビネーションを味わってもらえるようなアイテムを、

と思っています。

薺(なずな)は、英名でシェパーズパース(羊飼いのバッグ)ともいいます。

野草の薺と羊飼い。。。

そんな屋号を感じられるような、

ブナの林に風が吹き渡っていくような、

心地よさを感じて貰えるような、

アイテムを制作していければ、と思います。



製作真っ最中でしばらく更新が滞っておりました。

またちょこちょことブログとニッキも綴っていきます。

どうぞ宜しくお願いします。
























[PR]
# by nazunanet | 2018-10-27 18:23 | 薺nazunaの手仕事 | Comments(0)

「袋もの屋 薺nazuna」と「nazuna_antique」作家兼店主の日々のあれこれ。布のこと 麻のこと Antique FOOD 古道具 手仕事する人々のこと 


by nazunanet
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31